スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごはんが進む♪ひき肉とキュウリのスンドゥブチゲ

2011.08.28
ごはんが進む♪ひき肉とキュウリのスンドゥブチゲ

●「ごはんが進む♪ひき肉とキュウリのスンドゥブチゲ」のレシピ●
【材料】(3~4人分)
スンドゥブチゲの素1袋
絹ごし豆腐1丁
生卵1~2個
合い挽き肉約100g
玉ねぎ1/2個
キュウリ約1本
100cc
塩・コショウ少々


スンドゥブ1

【作り方】
(1)玉ねぎは薄切りに、キュウリは千切りにする。
(2)鍋に合いびき肉と玉ねぎを入れて中火で炒める。塩・コショウで下味をつける。
(3)(2)の鍋にスンドゥブの素と水100ccを加えて煮立たせる。
(4)絹ごし豆腐を大さじですくいながら加え、表面に浮き出たアクをとりながら、約4分煮立てる。
(5)卵を落とし、刻みキュウリを加えて出来上がり。

韓国食材の料理レシピ
韓国食材の料理レシピ


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪

子育てスタイル参加中♪

ぽちっとクリックよろしくお願いします☆皆様の応援に励まされてます!
「足あとClick」も楽しみにしています♪♪

レシピブログのモニター企画「おうちで楽しもう!韓国食材第1弾 家族でワイワイ楽しめるアイデアレシピ」に参加しています。

美容や健康に良いと注目されているスンドゥブチゲ(おぼろ豆腐の鍋)の素を使って、ボリュームたっぷりの、ごはんが進む一品を作りました。

とろとろ豆腐が美味しいスンドゥブチゲにひき肉を加えて、コクと旨みたっぷりの鍋に仕立てました。

キュウリをトッピングするとサッパリ感がアップして、暑い夏でも美味しくいただけます☆

こちらのスンドゥブチゲの素には、あさり、ムール貝、いわし、昆布、たら、のり等の魚介エキスと牛肉エキスがふんだんに使われているので、豆腐と卵があれば十分美味しく出来上がります。

今回は、辛いものが苦手な子供でも美味しくいただけるように、食べやすいひき肉を加えてみました。

だし汁と同じ魚介類や、豚肉もスンドゥブチゲによく合うそうです。

だし汁がとっても美味しいので、〆にごはんを加えて雑炊にすると、子供も大喜び!

スンドゥブチゲをまるごと楽しめます♪
スポンサーサイト

味噌煮込みおでん

2011.01.31
味噌煮込みおでん


●「味噌煮込みおでん」のレシピ●
【材料】(4人分)
牛すじ肉約300g
青ネギ、生姜の皮など適量
大根2/3本
ニンジン1本
コンニャク1枚
ゆで卵4個
ジャガイモ4~6個
厚揚げ1パック
練り物適量
(A)だし汁1,000cc
(A)酒大さじ3
(A)砂糖大さじ2
(A)醤油大さじ1
(A)生姜(すりおろし)1片分
(A)合わせ味噌大さじ2
(B)赤味噌大さじ2
(B)みりん大さじ1
少々
練り辛子適宜


【作り方】
(1)【前日】牛すじ肉は食べやすい大きさに切り、青ネギや生姜を加え圧力鍋で15分加圧して脂抜きする。冷めたら適量ずつ串に刺しておく。
(2)大根は2cm幅の輪切りにし、米の研ぎ汁で下茹でする。ニンジンは乱切りにする。
(3)こんにゃくは厚みを半分にして三角に切り、細かい斜め格子の隠し包丁を入れ、薄い塩水で下茹でし、ザルにあげておく。
(4)鍋に大根、ニンジン、こんにゃく、ゆで卵を入れ、(A)のだし汁と酒、砂糖を加えて煮る。煮立ったら牛すじを加える。
(5)醤油と生姜を加え、中火で約20分煮る。煮汁を取り分け、(A)の味噌を溶かしてから鍋に加えてひと煮立ちさせる。そのまま一晩寝かせる。
(6)【当日】鍋に浮いた脂をすべて丁寧にすくい取る。
(7)厚揚げと練り物はサッと下茹でして油抜きする。食べやすい大きさに切り分ける。
(8)ジャガイモは洗って皮のまま1個ずつラップに包み、1,000Wの電子レンジで約10分加熱し、皮が浮くまで蒸す。熱いうちに皮を剥く。
(9)おでん鍋が煮立ったところに(7)と(8)を加える。煮汁を取り分け、(B)を溶かして鍋に回し入れる。味をみて塩少々で調える。
(10)沸騰させないように弱火で温め、ひと煮立ちしたら出来上がり。


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪


1/29(土)の晩ごはんです。

この日はマイホームの基礎工事が始まって以降、初めて現地見学に行く予定を組んでいたので、前日に作っておきました。
(大根の面取りをしていない・・・という手抜きがちょっと恥ずかしい写真です。前日から煮込むので、煮崩れしにくいように面取りをしておくのをオススメします。反省!)

おでんは、作り置き料理にぴったりです。

毎週のように食べても、ちっとも飽きないです☆

牛すじ肉には生姜と味噌が良く合うと思い、生姜を効かせた味噌煮込みおでんにしました。

生姜と味噌の香りが牛すじの美味しさを引き立てます。

赤味噌を加えるのがオススメ♪

ジャガイモは当日蒸してから加え、ホクホク感を味わいましょう(初めから入れると溶けてしまいます)。

味噌を加えたら沸騰させないように注意しましょう!

前日に下味をつけておいて、当日に味噌を加えて仕上げているので中までしっかり味が染み込んでいました☆


そろそろ、マイホーム記事も復習がてらまとめたいと思っています。

日が過ぎていくほど、書きたいことが積み重なっていくので、こまめにメモしておくのが懸命ですね。


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

昆布の旨味が効いてる☆すき焼き

2011.01.23
昆布の旨味が効いてる☆すき焼き


●「昆布の旨味が効いてる☆すき焼き」のレシピ●
【材料】(3人分)
牛薄切り肉300g
牛脂適量
白ネギ2本
白菜1/4株
大根1/3本
人参1/3本
椎茸6枚
しらたき1袋(350g)
焼き豆腐(水切りしておく)1丁(300g)
(A)昆布10cm角1枚
(A)水100cc
(A)酒100cc
(A)みりん100cc
(A)醤油100cc
(A)三温糖(砂糖)大さじ3
溶き卵適宜


【作り方】
(1)前日に割り下を仕込んでおく。鍋に(A)の酒とみりんを入れ、煮切る。水、醤油、砂糖を加え、ひと煮立ちさせたら火を止め冷ます。
(2)固く絞ったふきんで表面を拭いた昆布を(1)に加え、一晩ねかせておく。
(3)材料を切っておく。白ネギは斜め切り、白菜は芯を削ぎ切り、葉をざく切り、大根は半月薄切り、ニンジンは斜め薄切りにする。
(4)椎茸は石突を切り落として表面に十文字に切込みを入れる。しらたきは水から茹でてアク抜きし、食べやすい長さに切る。
(5)豆腐は水切りして、1~1.5cm厚さに切る。牛肉を食べやすい長さに切っておく。
(6)熱したすきやき鍋に牛脂を塗り、牛肉と白ネギを焼く。割り下を半量加え、焼き付ける。(ここで、先に肉をいただくか、取り出しておく。)
(7)大根、人参、白菜と残りの割り下を加え、蓋をして蒸し煮する。
(8)(6)の牛肉と白ネギを戻し入れ、煮えばな(グツグツいい始める前)にいただく。


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪


1/22(土)の晩ごはんです。

この日はマイホームの打ち合わせ、そして、ついに住宅ローンの「つなぎ融資」の契約取り交わしがありました。

「この紙1枚で、4,100万円の価値があるんですよ。」

という、資産管理課の担当者さんの重たいひと言を噛みしめつつ・・・

夫が“ご褒美”としてお取り寄せしてくれた、どど~んとたっぷりの黒毛和牛様をすき焼きにして、しっかりと噛みしめてお祝いしました☆

実は、(普段は牛肉を使った料理が少ないため、あまり口にする機会がないけれど、)牛肉大好きなKathも、牛肉、野菜、しらたき、豆腐、そしてごはんをバランス良く箸でつまんで食べてくれました♪

まずは、私たちが食べている様子をじっと観察して、その後、私たちと同じような食べ方をします。

バランス良く、上品に食べるのも、親から子へしてあげられる“食育”のひとつだと痛感します。


すき焼きの肉は、煮込むというよりも鍋肌に焼き付けるようにします。

火を通し過ぎないように、煮えばなを見極めましょう!

割り下は少なめに加えておき、野菜の水分が加わった状態をみながら、割り下を加えていきます。

割り下を分量よりも多めに作っておけば、調整に便利です。

残った分は煮物に活用できます。

前日に作っておくことで、当日の鍋料理の手際が良くなる上に、割り下に昆布の旨味がしっかりと染み渡り、素朴ですが美味しい“我が家の味”に仕上がります。


記事にするのが遅れましたが、12/29(水)、夫の2010年仕事納めの日も、黒毛和牛くんですき焼きでした。

12/29すき焼き

お、お肉が少ない!

お互い遠慮しながら牛肉をいただき、「牛肉の旨味が染み込んだお野菜」をたっぷりといただきました。

夫は私が作ってあげるまで未経験だったようですが、すき焼きに大根も美味しいです☆


和牛と言えば・・・

我が家のお気に入りは、何と言っても、熊本・阿蘇の「あか牛」!

阿蘇高原でのびのびと育った「あか牛」は、脂肪が少なく、肉質がやわらかくて最高です☆

九州・長崎県五島列島でも、知る人ぞ知る、美味しい牛肉が食べられるらしいので、いつか訪れたいと思っています。


マイホーム準備金、住宅ローン・・・

だけど、やっぱり、グルメは幸せ☆


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

鶏鍋

2011.01.17
鶏鍋


●「鶏鍋」のレシピ●
【材料】(2人分)
鶏もも肉1枚(約280g)
(A)酒小さじ1
(A)塩少々
白菜1/8切
白ネギ1本
ニンジン1/3本
豆腐150g
(B)水600ml
(B)味覇(中華スープの素)小さじ2
(B)酒大さじ1
(B)大葉ニンニク醤油(醤油)大さじ1
(B)生姜(すりおろし)1片分
粗挽き黒コショウ適宜
青ネギ(小口切り)適宜


【作り方】
(1)白菜は芯と葉に切り分け、芯は削ぎ切り、葉はざく切りにする。白ネギは斜め切りにする。ニンジンは花型に抜く。豆腐は4等分に切る。
(2)鶏もも肉は一口大に切り、(A)を振りかけて約10分おいておく。
(3)鍋に湯を沸かし、(B)のスープの素、酒、醤油の半量、生姜、ニンジンを加え、煮立てる。
(4)鶏もも肉、白菜の芯を入れ、ひと通り火が通ったら残りの具を入れ、残りの醤油の半量も加え、中火で約15分煮る。
(5)仕上げに粗挽き黒コショウをしっかり効かせ、青ネギを散らせば出来上がり。


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪


今夜の晩ごはんです。

寒い夜、遅く帰宅した夫が、ココロもカラダも芯から温まるやさしいメニューを考えました☆

白菜と白ネギの甘みがあるので糖分は不要!

やさしい味のスープも飲んで温まるように、調味料は控えめにしてあります。

白菜や白ネギの自然の甘みが美味しいです☆たっぷりと加えましょう!

調味料は、中華だしの王様「味覇」と、自家製「大葉ニンニク醤油」が決め手☆

「大葉ニンニク醤油」は、しっかり水気をきった大葉とニンニクの輪切りを醤油に漬け込み一晩寝かせるだけ!

いろんなお料理に活用できるので、保存瓶に作り置きしておくと重宝します♪


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。