スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶏手羽元とナスの柚子コショウ&オイスター煮

2011.05.24
鶏手羽元とナスの柚子コショウ&オイスター煮

●「鶏手羽元とナスの柚子コショウ&オイスター煮」のレシピ●
【材料】(4人分)
鶏手羽元12本
(A)酒大さじ1
(A)塩・コショウ各少々
ナス2本
ごま油適量
大さじ1
(A)砂糖、醤油各大さじ1
(A)オイスターソース大さじ2
(A)柚子コショウ小さじ2
青ネギ適宜


【作り方】
(1)鶏手羽元は(A)をふりかけておく。ナスはヘタを切り落とし、ピーラーで縞模様に皮を剥いてから、拍子木切りにする。
(2)フライパンにごま油をなじませ、(1)の鶏手羽元を皮目から中火でこんがり焼く。一旦皿に取り出しておく。
(3)(2)のフライパンに油を足してナスを入れ、中火で炒める。ナスに油がなじんだら、酒をふりかけて蓋をし、蒸し焼きにしてとろっとさせる。
(4)(3)に(2)の鶏手羽元を戻し入れ、よく混ぜ合わせた調味料(B)をまわしかける。上下を返すようにざっと混ぜ、中火で煮詰める。
(5)皿に盛り、青ネギを散らして出来上がり☆


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪

子育てスタイル参加中♪

ぽちっとクリックよろしくお願いします☆皆様の応援に励まされてます!
「足あとClick」も楽しみにしています♪♪


4/15の晩ご飯です。

まろやかな旨みが魅力のオイスターソース煮をピリッと引き締めてくれる柚子コショウが好相性♪

柚子コショウの香りを楽しみたいときは、オイスターソースで薄めに味付けし、柚子コショウを添えて、少しずつ付けて食べても美味しいです☆

九州に住む前から、柚子コショウ好きでしたが、こちらでよく見かける、本場大分のフンドーキンの無添加・無着色の柚子コショウがお気に入りです。
スポンサーサイト

豚肉とキャベツの花包み餃子

2011.04.14
豚肉とキャベツの花包み餃子

●「豚肉とキャベツの花包み餃子」のレシピ●
【材料】(4人分)
豚挽き肉240g
キャベツ120g
白ネギ10cm分
生姜、ニンニク各1片
酒、味覇(中華スープの素)、ごま油各小さじ1
餃子の皮30枚
キャノーラ油適量
小麦粉+水適量
大葉適宜


【作り方】
(1)キャベツは粗みじん切り、白ネギ、生姜、ニンニクは細かいみじん切りにする。
(2)厚手のビニール袋(またはボウル)に豚挽き肉を入れ、粘りが出るまでしっかり練り混ぜる。酒、味覇、ごま油を加えてさらによく混ぜ、(1)の野菜類を加えて混ぜる。
(3)餃子の皮の中央に約小さじ1分の肉ダネをのせ、まわりを囲むようにヒダを作りながら包む。
(4)フライパンに油を敷き、(3)を敷き詰めて点火する。底面がこんがりと焼けたら小麦粉水を餃子の高さ半分くらいまで注ぎ、蓋をして蒸し焼きにする。
(5)大葉を敷いた皿に盛り付ける。ポン酢や辛子醤油など、好みのタレで召し上がれ♪


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪


久しぶりのレシピ記事です。

こちらは、引越し前、3月2日(水)の晩ごはんのメインです。

ひなまつりを意識して、お花包みにしてみました☆

とっても美味しかったので、我が家の定番メニューに加わったものを紹介しました♪


新居のお気に入りのキッチンでは、先週から、どうにか日常的な食事メニューを作ることができるようになり、今週からは、お弁当作りもスタートしました。

先週4月4日(月)、新しいキッチンで初めて作ったメニューは

「鯛のあら炊き(八角風味)」

中華食材の八角を効かせたのは、当時、まだ引越し直後で食材(生姜)が揃っていなかったため、魚の臭み消しとして、咄嗟に、スパイスケースにあった八角を少々加えてみました。

八角が苦手な夫にも気づかれず、好き嫌いが激しくなってきた反抗期の2歳児Kathにもパクパク食べてもらえ、意外と成功したので、また後日、新しい照明のもとで撮った写真と共に、レシピを載せておこうと思います。


追加の補修工事があったり、さっそく町内会の用事があったりと、なかなか毎日忙しく、引越しの片付けが捗らないのがもどかしいですが、ふと気づけば、常にお掃除している自分に気づきます。

やはり、「マイホーム」というものは、我が子と同じようにいとおしく、磨きがいのあるものです☆

福は内!節分にもどうぞ♪七宝春巻

2011.02.03
七宝春巻


●「七宝春巻」のレシピ●
【材料】(4人分)
豚挽き肉約200g
干瓢(乾燥)10g(約2m分)
干し椎茸小3枚
ニンジン1/4本
長ネギ(白い部分)1本分
白菜(芯の部分)1枚分
L1個
生姜1片
ニンニク1片
ごま油大さじ1
(A)干し椎茸の戻し汁100cc
(A)味覇(または鶏がらスープの素)小さじ1
(A)酒大さじ1
(A)砂糖大さじ1
(A)醤油大さじ2
(A)オイスターソース大さじ1
塩・コショウ適宜
水溶き片栗粉水小さじ1+片栗粉小さじ1
春巻の皮12枚
揚げ油適量


【作り方】
(1)干瓢はサッと水洗いし、しっかり塩もみしてから熱湯で茹でる。水気をしっかり絞り、千切りにする。(タケノコの代用!)
(2)干し椎茸はぬるま湯で戻しておく。ニンジンは千切り、長ネギは斜め薄切り、白菜の芯は5mm程の千切りにする。
(3)フライパンに薄く油を敷き、溶き卵に塩・コショウ少々を加えてふんわりとした炒り卵を作る。
(4)別のフライパンにごま油を敷き、生姜とニンニクを炒めて香りを立たせ、豚挽き肉を加え、脂がにじむまでしっかり炒める。
(5)(4)のフライパンに長ネギ、ニンジン、干瓢、白菜の芯、椎茸の順に加えて、その都度炒め合わせる。
(6)(5)に(3)の炒り卵と(A)を加えて軽く煮る。味をみて塩・コショウで味を調える。
(7)(6)が煮立ったところに水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。皿に取り上げ、平らに広げてしっかりと冷ます。
(8)(7)を12等分して、春巻の皮でふんわりと包む。(しっかりと巻き込みすぎないほうが、皮がパリッと仕上がります。)
(9)180度の揚げ油でこんがりと揚げる。(浅めのザルに天ぷら敷き紙を敷き、立てかけるようにすると、しっかりと油が切れて、冷めてもパリッと仕上がります。)

春巻2


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪


節分といえば「巻き寿司のまるかぶり」ですが、我が家は昨日、一晩お先に「春巻のまるかぶり」をしました☆

最近、夫が残業で遅い帰宅なので、家族揃って晩ごはんを食べられるのは水・土・日。

貴重な水曜日の昨夜、みんなの大好物の春巻をいただきました。

美味しい具材が7つ入って、「七宝」☆

巻き寿司と同じく、縁起を担いでみました。

こちらのレシピは、親友Aoiのママから直々に伝授してもらった春巻のレシピをベースに、何度も挑戦している春巻です♪

「ふんわり炒り卵」が美味しさの決め手!

まろやかで優しい味わいになり、子どもが大喜びしてくれるの間違いなし!!

愛娘Kathも、両手で持って大胆に「ハーモニカ食い」しながら美味しそうに食べてくれました☆

タケノコの代わりに「かんぴょう」を活用したことにも注目!

シャキシャキ食感が春巻にぴったりです♪

巻き寿司やロールキャベツを縛るためだけに買っていた干瓢・・・眠っていませんか?

だし汁や調味料、ほかの具材の旨みをギュッと凝縮してくれる干瓢は、春巻の具材にも最適です☆

食べだしたらとまらない美味しさなので、多めに作るのをオススメします(笑)


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

決定版!我が家の麻婆豆腐

2011.01.25
決定版!我が家の麻婆豆腐


●「決定版!我が家の麻婆豆腐」のレシピ●
【材料】(4人分)
豚ひき肉約200g
木綿豆腐(水切りしておく)2丁
白ネギ(みじん切り)1/2本
生姜(みじん切り)4片
ニンニク(みじん切り)2片
キャノーラ油適量
豆板醤大さじ3
甜麺醤大さじ3
中華スープ(湯+味覇)200cc
酒(あれば紹興酒)大さじ2
醤油大さじ2
水溶き片栗粉水大さじ2+片栗粉大さじ2
青ネギ(小口切り)適宜


【作り方】
(1)鍋にたっぷりと熱湯を沸かし、塩少々を加えて水切りしておいた豆腐を茹でる。再沸騰して豆腐が揺れ始めたら火を止め、そっと取り上げる。
(2)塩茹でして弾力を高めた豆腐をしばらく放置してしっかりと水切りし、1cm角のさいの目切りにする。
(3)熱したフライパンに油大さじ1をなじませ、中火で挽肉、白葱、生姜、ニンニクを入れ、油大さじ3を加えて、しっかり炒める。
(4)豆板醤と甜麺醤を加え、全体に行き渡るように炒め合わせる。
(5)鍋肌からスープを注ぎ、(2)の豆腐を加える。
(6)酒、醤油を加え、豆腐の水分を飛ばすように、中弱火で煮る。(約1分)
(7)火を強め、グツグツ煮立ったところに水溶き片栗粉を数回に分けて入れる。
(8)化粧油として、油を大さじ3ほど鍋肌に回し入れ、強火にして約40秒加熱する。(でんぷんの糊化、水と油の乳化を促してプルプル食感に!)
(9)皿に盛り、仕上げに青ねぎを散らして、熱いうちに召し上がれ☆


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪


今夜の晩ごはんの主菜として作りました。

夫の大好物「麻婆豆腐」を、いろんな工夫を凝らして作ってみました☆

単純な料理ほど、奥が深いものです。

今まで、なかなか、「これだ!」という完成度に達していなかった麻婆豆腐。

ついに、“我が家の味”を見い出せました!!

寒い冬を乗り切るために、たっぷりと生姜を効かせた、体の芯から温まる麻婆豆腐です。

シンプルな食材を使ったものの、調理法を丁寧に工夫することで、納得の味に仕上がりました♪

もちろん、中華食材「花椒(ホワジャン)」や紹興酒を使えば、もっと味わい深くなるでしょう☆

工夫したところは、

●絹ごし豆腐で「つるん」とした食感も美味しいですが、ずっしりと食べ応えのあるメイン料理にするため、木綿豆腐を使いました。

●さらに、陳建一さんのコツにならって(『ためしてガッテン』より)、木綿豆腐を塩茹でしておくことで、弾力を高め、大豆の旨味を凝縮しました。

●挽肉は脂が透明になり、こんがりと褐色になるまでしっかり炒めました。

●水溶き片栗粉を加えたらしっかり火を通し、仕上げに油を加えるのがコツです☆


以上のポイントに気をつけて、私なりにアレンジしながら、美味しい麻婆豆腐が出来上がりました♪

夫に

「今までに食べた麻婆豆腐のなかで、ダントツ一番美味しい!」

「また、何度でも食べたい!」

と絶賛してもらった麻婆豆腐☆

基本を守りつつ、これからもさらに美味しい麻婆豆腐を探求し続け、娘に伝えていきたいと思います。


ちなみに、こちらの麻婆豆腐、ごはんにのせて「マーボー丼」にすると、ますます食が進みます♪

娘に、豆板醤ナシで作ってあげた麻婆豆腐をごはんにのせてあげたら、モリモリ食べてくれました!


今日は、我が家の基礎工事が始まったとの報告を受けました。

まずは「杭打ち」からだそうです。

無事、杭はすべて打ち込み、明後日からセメントを流すのだそうです。

いよいよ、「マイホーム」が本格的に動き出してきました!!

追って、“マイホーム記事”でも詳しく報告していきます。


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

焼き豚

2010.05.14
今夜のメインは、特製「焼き豚」でした

豚もも肉のタコ糸巻き


焼き豚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。