スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶏もも肉のショウガ焼き

2010.05.31
今夜のメインは「鶏もも肉のショウガ焼き」でした。

この前の土曜朝市でお得に買った鶏もも肉。
どうやって調理しようかな、昨日は洋食続きだったから、今夜はほっこり和食がいいな、と思いながら、
「そうだ!夫の好きな鶏もも肉と(豚の)ショウガ焼きを掛け合わせてみよう☆」
と思い立ち、「鶏もも肉のショウガ焼き」を創作してみました。

この「鶏もも肉のショウガ焼き」は、

*細かいみじん切りにしたショウガ
*タレのベースの「自家製めんつゆ
*隠し味の味噌

がポイントです。

定番のショウガ焼きではすりおろしたショウガを使いますが、今日は見た目も食感も志向を変えて、プチプチしたみじん切りにしてみました。

タレは「自家製めんつゆ」をベースにすることで、しっかりした味だけどまろやかな仕上がりになります。
我が家の味噌は九州仕込みの甘口田舎味噌です。
味噌を加えることで、コクのある甘みが加わり、とろみのあるタレになるのがポイントです。

また、鶏もも肉を焼くときに、ショウガの皮を熱した油で焼くと、ショウガの香りが移って味わい深くなります。


それでは、「鶏もも肉のショウガ焼き」のレシピを紹介します。


【材料】(2人分)
鶏もも肉1枚(約300g)
大さじ1
白ねぎ1本
大葉6枚
ごま油大さじ1
《タレ》
自家製めんつゆ1/2カップ
味噌小さじ2
大さじ1
砂糖大さじ1
ショウガ1片


【作り方】
(1)白ねぎは長さ5~6cmに切る。大葉は冷水にさらしてパリッとさせ、水気をしっかり切っておく。ショウガは皮を剥き、極細かいみじん切りにする。ショウガの皮はとっておく。
(2)鶏もも肉は一口大の大きさに切り、酒大さじ1を振りかけておく。
(3)フライパンにごま油を熱し、中火で白ねぎをこんがり焼き、皿に取り上げておく。
(4)(3)のフライパンにごま油を少量足して熱し、ショウガの皮を入れ、香りを立たせ、取り出す。鶏もも肉を皮目を下にして入れ、中火で皮がパリッとするようにこんがり焼く。
(5)フライパンの余分な油を拭き取り、よく混ぜ合わせた《タレ》を入れ、フライパンを揺すりながら煮絡める。
(6)タレが煮詰まったら火を止め、(3)の白ねぎと大葉を飾った皿に鶏肉を盛り、タレをかける。



鶏もも肉のしょうが焼き





レシピブログに参加しています♪



鶏もも肉&しょうが焼きが大好きな夫も大満足の味でした。
ごはんが進む一品です。
大葉に包んで食べると、これまた絶品です!
「鶏もも肉のショウガ焼き」は我が家の定番メニューになりそうです。


今夜の献立は、

鶏もも肉のショウガ焼き(鶏もも肉、ショウガ、白ねぎ、大葉)
きんぴらごぼう(ゴボウ、ニンジン、黒ゴマ)
お味噌汁(大根、ニンジン、えのき茸、油揚げ、小ねぎ)
白ごはん
納豆(小ねぎ)

でした。


Kathにも、鶏もも肉を小指の先くらいにちぎりながら食べさせました。
とっても気に入ったようで、美味しそうにパクパク食べてくれました。
今夜は、ごはんもほうれん草も大根もニンジンも、いつものようにしっかり食べました。
ちなみに、毎日お昼に納豆を食べています。



blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
スポンサーサイト

急には止まれない

2010.05.31
Kathがトコトコ歩けるようになってから数日経ちました。

Kathは思い通りに歩けるようになったことがとっても嬉しいようで、気がつけばヨチヨチ歩いて遊んでいます。

今までは、
「あ、3歩歩いた!」
「いま、10歩歩けたね!!」
とKathが歩き出すとその度に歩数をカウントしていましたが、最近では、気がつくとKathが自分の思いのままに歩いているので、どのくらい歩いたのか数え切れなくなりました。

6畳間をぐるっと回ったり、廊下に出て行ったと思ったらくるっとUターンして戻ってきたり、Kathは難しそうな方向転換も上手にこなしています。

Kathが歩く様子、特に脚の運びや足元をじっくり観察していると、どうやら、脚の付け根(骨盤)から動かすことはもうすっかりマスターしていて、足の裏もしっかりと大地を踏みしめているようでした。

ランダムに、もしくは「あちらの方へ行きたい」という意思を持って、足の向きを変えることで、上手にターンしたり、くるっとUターンできているのがわかりました。

一方で、いざ、歩くのをやめて止まろうとすると、Kathはうまく止まることができず、つまずいてこけるか、ガクッと膝を折って座り込むか、後ろに「すってんころりん」転んで尻もちをついたり後頭部を打ってしまいます。

私たち大人からすれば、「歩いている状態から止まる」というのはいとも簡単にできてしまう行為です。

しかし、歩き始めたKathにとっては、この「止まる」というのが難しいようです。

簡単なように見える「止まる」という行為が難しいのはなぜか・・・?

夫が、「制御系がちがう」ということをちらっと教えてくれました。

再び、運動制御について学びなおし、歩き始めたKathの状態をしっかりと捉えておきたいと思います。



blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

★☆☆『TAXI NY』

2010.05.31
『TAXI NY』(2004年)を観ました。

これは、リュック・ベッソン監督の『TAXiシリーズ』のハリウッド版リメイク作品です。

最近、ハリウッド映画やリメイク版はあまり観ていなかったのですが、リュック・ベッソン監督の『TAXiシリーズ』がけっこう好きなのと、NYCの街を久しぶりに見たかったので、「TAXI NY」を観てみました。

オープニングの、ビヨンセの「Crazy In Love」と、エンディングに流れるナタリー・コールの「This Will Be」が好きなのも、この映画を観た理由です。

ハリウッド特有のカーチェイスはあまり興味がないのですが、主人公のベル(クイーン・ラティファ)の豪快で大胆ななキャラクター設定にひかれました。
マンハッタンの雑踏を駆け巡るベルの改造タクシーのアクションは見ものでしたが、3D映画になればもっと迫力が出るだろうな、と思いました。

内容としては、私にとってはあまり心に残らない感じでした。



blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

海老フライ

2010.05.30
今夜のメインは「海老フライ」でした。

昨日、オーストラリア産の有頭海老が1尾80円で出ているのを見て、海老フライが食べたくなりました。
我が家では、海老といえばオーストラリア産のものをよく食べます。
本当は国産がいいのですが、あまり見かけません。
夫が海外出張でオーストラリアに行ったときに、海老が美味しかったと言っていたので、オーストラリア産の海老を見かけると、無性に食べたくなります。

海老フライは夫の得意料理ですが、今日はお出かけした後なので、私が昨日のうちに下ごしらえしておいたものを調理しました。
次回は夫に作ってもらおうと思います。

今回は有頭海老を使ったので、まっすぐ仕上げようと思い、加熱したときに海老の背が丸くなってしまうのを防ぐために竹串を刺して揚げ、皿に盛る前に竹串を抜きました。

有頭海老を使うと、ちっぴり豪華に見えるのがうれしいです。



海老フライ



今夜の献立は、

海老フライ(海老、タルタルソース、レタス、プチトマト)
ポテトサラダ(ジャガイモ、ニンジン、キュウリ)
ほうれん草と大根のおひたし
お味噌汁(キャベツ、ニンジン、しめじ、油揚げ、小ねぎ)
白ごはん
納豆(小ねぎ)

でした。

いつも揚げ物のときは玄米か雑穀ごはんなのですが、今日はお出かけから帰って早炊きコースにしたので、急いで白ごはんを炊いてしまいました。

Kathは、今夜は夜ごはんの時間がちょっとずれてしまい、ごはんの前に母乳をたっぷり飲んでしまったので、ごはんはちょっとしか食べられませんでした。

明日からは、またいつも通り規則正しくしっかりごはんを食べさせようと思います。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

ドライブ&ショッピング♪

2010.05.30
今日は快晴

愛車の1ヶ月点検の後、マリノアシティへドライブ&ショッピングに出かけました。

ランチは海の見えるイタリアンレストラン「イルフォルノ」でいただきました。

ベビーカーのままテーブル席にゆったり座れ、とっても快適に過ごせました。
私たちと同じように、小さい子連れの家族もいっぱい利用していました。

「マリノアコース」を注文してみんなでいただきました。
前菜、パスタ、ピッツァ、フォカッチャのおかわり自由で、二人で3,150円のお得なコースでした。

Kathはフォカッチャが気に入って、パクパク食べていました。
おうちでもフォカッチャを作ってあげようと思います。


前菜
イタリアン前菜


海の幸のアラビアータ
海の幸のアラビアータ


辛子明太子とナスのピッツァ
辛子明太子とナスのピッツァ


澄みきった空と蒼い海を眺めながら、美味しいランチをいただけて大満足でした。
イタリアン前菜や辛子明太子とナスのピッツァは、今度おうちでも真似して作ってみようと思います。


その後、お買い物を楽しみました。

Kathにはベビーザらスでかわいい帽子やスタイ、ヘアゴムを買ってあげました。

パパやママのお買い物中、Kathはぐずったり人見知りすることなく、いい子で商品を眺めたりお昼寝したりしていました。

1ヶ月ほど前までは、知らない人と目が合ったりするとすぐにぐずって泣いてしまっていたけど、今日はまったく泣きませんでした。
人見知り卒業かな、と思いました。


明日から、新しい帽子やヘアゴムでおしゃれしてお散歩するのが楽しみです。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!





散らかし放題♪

2010.05.29
今日、Kathはおもちゃ箱の中をめいっぱい散らかして遊び始めるようになりました。

昨日までは、ブロックの箱やおもちゃ箱を自分で開けても、数個おもちゃを取り出してゆったりと遊んでいました。

今日もKathは自分でおもちゃ箱を開けて遊び始めたと思ったら、次々とおもちゃを散らかし始めました!

いかにも子どもらしい姿に、私は感動しました。
おもちゃを散らかすようになったのも、成長のしるしだと思いました。

「Kathちゃん、楽しい~?」
と私が声を掛けると、Kathは
「えへへ~ろりろりろ
といつもの調子でごきげんに歌いながら遊んでいました。

ボールハウスに入ってぬいぐるみと戯れながらボールで遊んだり、ブロックをいっぱい広げて散らかして、その中から気に入ったものを握りしめてヨチヨチ歩き回ったり、空になったおもちゃ箱をたたいて太鼓代わりにしていたり・・・いろんなことをして遊んでいました。

Kathは数日前から急にいっぱい歩き出すようになって、昨日は、空のおもちゃ箱を持ち上げて両手に抱えて歩いていたのを見て、私はとてもビックリしたのと同時に、一人前の大人のような行動をとるので面白くてたまりませんでした。
Kathの小さな体の、どこからそんな力が湧くのでしょう?
Kathにとっては重たい箱を持ちながら、どうやってバランスをとって歩くことができているのでしょう?

ついこの前まで、ハイハイやつかまり立ち、伝い歩きしかできなかったのに、あまりにも突然のように見えるKathの変化に、ただただ驚嘆しました。

子どもの発達は本当に興味深いです。
毎日が発見で満ち溢れています。

かの有名なPiagetのように、私も我が娘Kathをしっかりと観察して研究し続けたいと思います。



blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

とろけるバニラプリン

2010.05.29
今日は土曜朝市で新鮮なさくら卵が1パック10ヶ入り100円でした!

早速、我が家の大人気スイーツ「とろけるバニラプリン」を作りました。

1歳3ヶ月の娘Kathも、離乳食の時期からこのプリンが大好きで、パクパク食べてくれます。

それでは、絶品「とろけるバニラプリン」のレシピを紹介します。


【材料】(底の直径6cm、高さ5cmのココット型6個分)
牛乳(または豆乳)300ml
砂糖70g
生クリーム150ml
卵黄M5個
バニラビーンズ1さや分


【作り方】
(1)耐熱容器に牛乳(または豆乳)と砂糖を入れ、蓋をせずに庫内中央に置く。1000Wの電子レンジで約2分加熱した後、かき混ぜて砂糖を溶かす。
(2)(1)に生クリーム、卵黄、バニラビーンズを加え、よく混ぜ合わせて漉す。
(3)(2)を型に同量ずつ注ぎ、1個ずつアルミホイルで蓋をする。
(4)角皿の内側にキッチンペーパーを2枚重ねて敷き詰める(キッチンペーパーが角皿からはみ出さないように注意する)。(3)を角皿の手前と奥とともに約4cmずつあけ、間隔をあけて安定よく載せる。角皿を下段に入れ、熱湯200mlを注ぐ。
(5)予熱なしの150度のオーブンで約25分加熱後、庫内で約5分蒸らす。縁が固まって、揺らすと真ん中が少し揺れるくらいで出来上がり。
(6)粗熱をとってから冷蔵庫でよく冷やしておく。



とろけるバニラプリン




レシピブログに参加しています♪



とってもシンプルな材料とレシピで、ビックリするくらい美味しいプリンが出来上がります。

新鮮な卵と牛乳で作るプリンなら、子どもに食べさせるのも安心ですね☆

バニラビーンズを入れると、専門店で買ったプリンのように風味豊かに仕上がります。

牛乳の変わりに豆乳を使うと、カロリーやコレステロールを抑えられるのに、まったりと深みのある味わいになるのでオススメです。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

きんぴらごぼう

2010.05.29
今日も土曜朝市で新鮮な野菜をたくさん買ってきました。

来週、夫の好きな「牛肉とゴボウの炊き込みご飯」を作る予定なので、北海道産ゴボウ2本100円も買いました。

炊き込みご飯用のゴボウ150g(約1本)をささがきにし、熱湯でサッと下茹でして冷凍しておきました。
炊き込みご飯を作るのは来週水曜の予定なので、下処理しておきました。
ゴボウは買ったらすぐ調理するか、下処理(切って水にさらし、硬めに茹でる等)して冷凍保存したほうが、アク臭くならず痛まないと母から教えてもらったので、そうするようにしています。

残りの1本は、数日分のサブおかず用に「きんぴらごぼう」を作りました。

今日はシンプルにゴボウとニンジンのみですが、糸こんにゃくを入れるといろんな食感が味わえてより美味しいです。

今日のきんぴらごぼうは、先日作った「自家製めんつゆ」のみで味付けしました。
カツオ節と干し椎茸のだしが効いているので、しょうゆやみりんなどを加えなくても十分美味しいです。
ゴボウの風味が引き立ち、ヘルシーな一品になります。

自家製めんつゆ」を作り置きしておけば、和食メニューを簡単に作ることができてとても便利です♪


それでは、我が家の「きんぴらごぼう」のレシピを紹介します。

【材料】(作りやすい分量)
ゴボウ1本
ニンジン1/2本
ごま油大さじ1
自家製めんつゆ大さじ4
黒ゴマ大さじ1
七味唐辛子少々


【作り方】
(1)ゴボウは土を洗い落とし皮をこそげ、5~6cm長さに切ってから縦に薄切りにし、千切りにする。
ニンジンもゴボウと同じ長さ、細さで千切りにする。
(2)鍋にごま油を熱し、ゴボウとニンジンを入れて炒める。
(3)(2)にめんつゆを回しかけ、水分を飛ばすように炒りつける。
(4)炒った黒ゴマをひねりながらふりかけ、七味唐辛子を振って全体になじませてから火を止め、皿に盛る。


きんぴらごぼう





レシピブログに参加しています♪



blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

キハダマグロの刺身

2010.05.29
今夜のメインは「キハダマグロの刺身」でした。

今日は土曜朝市の日。
鹿児島産の天然キハダマグロが1尾800円でした。

今夜は迷わずマグロのお刺身♪
半分を今日のお刺身用にし、残りの切り落としは後日のおかず用に冷凍保存しておきました。


キハダマグロの刺身



今夜の献立は、

キハダマグロの刺身(キハダマグロ、大根、青じそ、プチトマト)
きんぴらごぼう(ゴボウ、ニンジン、黒ゴマ)
ほうれん草の胡麻和え(ほうれん草、白ゴマ)
お味噌汁(大根、ニンジン、えのき茸、油揚げ、小ねぎ)
白ごはん
納豆(小ねぎ)

でした。

キハダマグロのお刺身は、身がしっとりとして口の中でとろけるような美味しさでした。
脂肪分はなく赤身だったので、ペロッと食べられました。

Kathにはマグロをお味噌汁を煮るときに一切れ入れて加熱調理してから食べさせました。
一切れ分、しっかり食べました。
このマグロは加熱しても身がしっとりしてやわらかく、食べやすかったようです。
ごはんと一緒に口に入れなくても、マグロだけをパクパク食べていました。
もちろん、ほうれん草と大根、ニンジンもしっかり食べました。

九州に住んでいて幸せなのが、こうして新鮮なお魚を日常的に美味しくいただけることです。



blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

歩くのって楽しいね♪

2010.05.28
一昨日から、Kathはひとりでいっぱい歩けるようになりました。

歩いている姿をよく観察していると、今までと質的にも量的にも格段に上達していることがよくわかります。

今日も、一日中、部屋の中をヨチヨチ歩いては、こけて、ハイハイに切り替わったり膝歩きしたりして、またしばらくすると歩き始めて・・・という風にして楽しそうに遊んでいました。

もうすっかり、ぐるりと回って歩いたり、くるっと振り返ってすぐUターンしたりすることができるようになってビックリです。

今日、お昼ごはんの後、私が食器を片付けようとキッチンに向かうと、Kathがニコニコしながらヨチヨチ歩いて私の後ろをついてきていました。

なんだか、親鳥の後ろについて歩くひな鳥のようで、思わず笑ってしまいました。
同時に、Kathのあまりのかわいらしさに感動し、Kathをギュッと抱きしめました。

Kathがちゃんと私のことを母親と認識して、愛着をもってくれているのを実感できたひとときでした。

遊んでいるとき、Kathはたいてい私のもとに歩み寄ってきてくれます。
たまに、Kathが私のところから歩み去っていくこともあります。

今日も、Kathの立ち去る後姿を見て、ヨチヨチ歩きの揺れる手足がかわいいと微笑むと同時に、私のもとから巣立っていかれたような切なさも感じました。
きっとKathが自立して巣立っていくときには、もっとさみしいんだろうな、と胸がキュンと締めつけられるような思いをしました。

まだまだ先の話ですが・・・時は確実に進んでいきます。

毎日、Kathは歩くことを一生懸命マスターしようと頑張っています。
こけてもへこたれないたくましさを、頼もしく感じています。

Kathと過ごす時間のひとつひとつを大切にしていきたいと、あらためて思った一日でした。

イワシの梅煮

2010.05.28
今夜のメインは「イワシの梅煮」でした。

今週は青魚をよく食べました。
青魚好きの我が家(私)です。

夏が近づき、サッパリしたものを欲するようになりました。
梅雨入りもまもなくです。
梅を加えた煮付けなら、お弁当のおかずにもピッタリですね。

我が家の「イワシの梅煮」は、味付けの前にイワシを酢で煮るので、骨までやわらかくなり、カルシウムの吸収も高まります。

それでは、「イワシの梅煮」のレシピを紹介します。

【材料】(2人分)
イワシ(大)4尾
大さじ1
大さじ3
土ショウガ1片
梅干2個
《煮汁》
250ml
大さじ4
砂糖大さじ2と1/2
しょうゆ大さじ2と1/2


【作り方】
(1)《煮汁》の材料を合わせよく混ぜておく。
土ショウガは1片を皮がついたまま輪切りにしておく。
梅干は手で細かくちぎっておく。
(2)イワシは指先で尾から頭に向かってウロコを取り、頭を落として腹ワタを出す。塩水できれいに洗い、水気をきり、3等分の筒切りにする。
(3)鍋にたっぷりの水と酢大3を入れて強火にかけ、煮立ったらイワシを入れる。再び煮立ったら火を弱めて4~5分茹で、火を止めてコンロからおろす。
(4)鍋の縁からそっと流水を入れ、イワシをきれいに洗って水気をきる。
(5)別の鍋に(3)のイワシ、(1)の《煮汁》、土しょうが、梅干を入れ、強火にかける。煮立ったら中火にして、落し蓋をする。鍋の様子を見ながら、20~25分煮詰める。
(6)器に盛り、煮汁をかける。



イワシの梅煮





レシピブログに参加しています♪



今夜の献立は、

イワシの梅煮(イワシ、梅干)
ほうれん草と春菊の胡麻和え
お味噌汁(キャベツ、ニンジン、玉ねぎ、えのき茸、油揚げ、小ねぎ)
雑穀ごはん
納豆(小ねぎ)

でした。

Kathは初めてのイワシでしたが、とっても気に入ったらしく、今までの青魚の中で一番よく食べていました。
小骨が多いので、注意して骨を取り除いて一かけずつKathのお口に入れてあげました。
イワシに梅がついていても、まろやかな味になっているので、梅も美味しそうに食べていました。


最後に、「イワシ」の栄養成分について確認しておきましょう。

「イワシ」の旬は9~10月、秋頃です。

「イワシ」には、血栓防止・動脈硬化予防に効果のあるEPA、脳を活性化し学習能力を高める・アレルギー症状を改善するなどの効果があるDHAが多く含まれます。

そのほか、

骨を丈夫にするカルシウム
血圧やコレステロールを下げ、肝機能を強化するタウリン
カルシウムの吸収をたすけるビタミンD
脂肪代謝、粘膜保護を促進し、健康な皮膚・髪を作るビタミンB2
貧血を予防する鉄分

などを含みます。

また、イワシのたんぱく質であるイワシペプチドが血圧を下げるので、高血圧の予防になります

カルシウムはたんぱく質やビタミンDと一緒に摂ることで吸収率がアップします。
これら3つの栄養成分が豊富に含まれているイワシは、カルシウム摂取に最適な食材です。
酢や梅干を加えて骨がやわらかくなるよう煮込んで、骨ごといただくといいでしょう。



blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

華麗なターン

2010.05.27
昨日、1歳3ヶ月になったのを境に、Kathはびっくりするほど歩けるようになりました。

つい最近までは、数歩進んだら脚がカクッと折れて座り込み、ハイハイに切り替わっていましたが、昨日からは、バランスをとりながら体をユラユラさせながらも、6畳間をぐるっと1周するまでになりました。

今日は、飛行機のようにきれいな円弧を描いて歩いていて、本当に驚かされました。
私から遠ざかって向こう側に歩いていくKathに向かって、
「Kathちゃん、すごいね!」
と私が声を掛けると、Kathはクルッと振り返ってUターンして私の元にかえってきました。

この目覚しい成長の一瞬をカメラにおさめたいけれど、活発に動き回るKathをとらえるのはとっても難しいです。
動画を撮ろうとしても、「あ!」と思ったときにカメラが手元にないので間に合わないのが残念です。

これから、Kathが日に日に上手に歩けるようになるのを見守っていくのが楽しみです。



blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

サバと夏野菜の鍋しぎ風

2010.05.27
今夜のメインは「サバと夏野菜の鍋しぎ風」でした。

「ナスのしぎ焼き」という料理があります。
ナスに油を塗って直火で焼き、ねり味噌で仕上げる料理のことです。
「しぎ焼き」の「しぎ」とは鳥の「鴫」のことですが、なぜ「しぎ焼き」というのでしょうか?
細長いナスの形が、くちばしの長い鴫に似ているからという説、
昔、ナスをくり抜いて甘味噌で味付けした鴫肉を詰めて焼く料理が由来という説、
鴫を焼く料理法と同じように味付けするからという説
などと、いろんな説があるようです。

「鍋しぎ」は、鍋に油を敷き、ナスを間接的に焼いて味噌をからませるか、上から練り味噌をかける料理のことです。

今日は、ナスと相性のいいピーマンと、味噌とよく合うサバを組み合わせて、「しぎ焼き風」の一皿をつくりました。

我が家は1歳のKathも一緒に食べるので、「自家製めんつゆ」を加えて味噌と砂糖の量を減らし、ヘルシーにアレンジしました。
自家製めんつゆ」は天然のだしが効いているので、塩分や糖分を減らしても美味しく仕上がります。
ナスは油で炒めると甘くなってとろけますね。

それでは、「サバと夏野菜の鍋しぎ風」のレシピを紹介します。


【材料】(3~4人分)
サバ         1尾
(下味)
 しょうゆ      大さじ1/2
 しょうが汁     小さじ2
ナス         3個
ピーマン       4個
ショウガ       1かけ
自家製めんつゆ  大さじ1と1/2
味噌         大さじ1と1/2
砂糖         大さじ2
サラダ油       適量
小麦粉        適量


【作り方】
(1)サバは3枚おろしにしてから一口大に切り、下味をつける。
(2)ナスは一口大の乱切りにして水にさらしておく。ピーマンも乱切りにしておく。
(3)ショウガは皮をむき、千切りにして水に放ち、水気をきる。
*ショウガの皮は使うのでとっておく。
(4)フライパンにサラダ油カップ1/2を熱し、ナスを入れて炒め、箸を刺してスッと通るまで火が通ったら取り出す。ピーマンも油通ししておく。
(5)(4)のフライパンに(3)でとっておいたショウガの皮を入れて香りづけをし、取り出す。(1)のサバに小麦粉を軽くまぶして、両面を焼く。
(6)自家製めんつゆ、味噌、砂糖をよく混ぜ合わせて練り味噌を作る。きれいなフライパンに火を通したナス、ピーマン、サバを入れ、練り味噌をからめ、こんがりと味噌の焼けるいい香りが立ち上がったら火を止め、皿に盛って針ショウガを飾る。



サバと夏野菜の鍋しぎ





レシピブログに参加しています♪


今夜の献立は、

サバと夏野菜の鍋しぎ風(サバ、ナス、ピーマン)
ほうれん草と春菊の黒ゴマ和え
お味噌汁(大根、ニンジン、えのき茸、油揚げ、小ねぎ)
白ごはん
納豆(小ねぎ)

でした。

Kathは大好きなミソ味なので、サバもナスも美味しそうに食べていました。
今夜もしっかり食べられました。
「いただきます」らしき言葉も言えるようになってきました!


ここで、今夜の食材の選び方と栄養成分をおさえておきましょう。

【サバ】
「サバ」は大きく、身がかたく、青光りしているものを選ぶと良いです。
腹に金色の模様が浮き出ているものや、うるんだ目をしているものを選びましょう。
サバにはいろいろな種類がありますが、マサバは秋から冬にかけて、今日使ったゴマサバは春から初夏にかけてが旬です。寒サバは10月から2月に五島から対馬海域で大中型巻き網漁業で獲れ、脂が程良くのっていながら身が締まり、刺身が絶品といわれています。

サバの脂質にはDHAやEPAなどが豊富に含まれ、含有量は青魚の中でもずば抜けて多いです。
DHA(ドコサヘキサエン酸)は、脳や神経組織の発育や機能の維持において重要な働きをすることが知られており、記憶力の低下を抑えたり、目によいとされています。
EPA(エイコサペンタエン酸)は、血液中の血小板凝集を抑制して血中のコレステロールや中性脂肪を低下させる働きを持ちます。
また、サバの血合い肉には多くの栄養素が集中しており、鉄分ビタミン群タウリンが多く含まれ、貧血、皮膚炎、胃腸疾患などの予防、老化の抑制などの効果が期待できるそうです。
さらに、カルシウムビタミンDも多く、健康な皮膚や爪、骨や歯の発育に有効です。
そのほかに、肌の健康促進によいとされるビタミンB2、利尿効果があり、むくみの改善に欠かせないカリウムなども多く含まれています。

なお、サバは身に水分が多くてやわらかく、分解酵素で自己消化を起こしやすいため、魚の中でも特に傷みやすいです。
鮮度が落ちるとアレルギーの原因になるヒスタミンが増えるので、新鮮なものを早めに調理し、食べるようにしましょう。

サバは生のまま冷凍すると、解凍した時に出る汁にうまみが逃げてしまいます。
みそ煮にして、冷凍すると煮汁にうまみが閉じ込められ、サバのおいしさをそのまま保存できます。

サバの塩焼きにするときのふり塩は、余分な水分を抜くため、焼く1時間前くらいにしておきましょう。
サバの味噌煮にするときは、酢をふっていったんしめてから煮ると臭みが消えます。


【ナス】
「ナス」の旬は夏から秋です。
紫紺色が濃く鮮明で、光沢がよく、全体的にみずみずしく張りのあるものが新鮮です。
また、トゲが硬く、ヘタの下が太いものを選ぶのがポイントです。
ナスのアクは高温で甘味に変わり、果肉がやわらかくなり、消化しやすくなります。
揚げ物や油炒めの後に味付けすることによりツヤがでて変色を防ぎます。
鮮やかな紫紺色を生かすには、油と合わせたほうがいいようです。

ナスはカリウムが豊富で、ナトリウムとのバランスをとり、塩分の摂り過ぎを防いでくれます。
さらに、ナスの色素のもとであるナスニンポリフェノールはコレステロール値を下げる働きがあります。
そして、ナスはエネルギー量が低いので、和風だしで煮物にしたり、漬物にしたりすれば低カロリーの料理になります。


【ピーマン】
「ピーマン」の旬は春から夏です。
色が濃く、肉厚でツヤとハリがあり、ヘタの切り口が新鮮なものを選びます。
ピーマンも油との相性がよく、βカロテンの体内吸収を高めます。
また、たんぱく質と組み合わせると免疫力アップにつながります。

ピーマンはビタミンCが豊富です。
熱に弱いビタミンCですが、ピーマンは厚い果肉で守られているため加熱してもビタミンCが破壊されにくいのが特徴です。
ビタミンCはメラニン色素が増加するのを防ぎ、美肌効果に優れています。
これからの季節、積極的に摂取したいですね。





blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

★★☆『ロルナの祈り』

2010.05.26
フランス語が好きです。

その流麗な響きに魅了され、もう10年近く経とうとしています。

フランス語への憧憬から、フランス映画、もしくはフランス語圏の映画をよく観ます。



今日は、ベルギー映画『ロルナの祈り(Le silence de Lorna)』を観ました。


この映画は、2008年カンヌ国際映画祭で、世界の名匠ダルデンヌ兄弟が脚本賞を受賞した作品です。
ジャン=ピエール・ダルデンヌとリュック・ダルデンヌの両監督は、『ロゼッタ』、『ある子供』で2度のパルムドールを受賞し、それらを含めてカンヌ国際映画祭で4作連続主要賞を受賞したという快挙を成し遂げています。


『ロルナの祈り』は、ダルデンヌ兄弟が描く初めてのラブストーリーだそうです。

偽装結婚、移民問題、麻薬中毒など現代のヨーロッパ社会が抱える暗闇を背景に取り上げ、単なるラブストーリーの枠組みにとらわれない作品だと思いました。

私は、たいてい映画を観るときにはその主人公に感情移入してその映画の世界に入り込んでしまいます。

ロルナに関しては、アルバニアから移民しベルギー国籍を取得するために麻薬中毒の青年クローディと偽装結婚するという設定で、正直、映画の前半は彼女の気持ちがつかめませんでした。
ベルギー国籍を取得し、同郷の恋人と自分たちの店を持つという夢をかなえるために、好きでもない相手、しかも麻薬中毒者と偽装結婚までするロルナの感情がわかるはずもありません。

しかし、ロルナに生きる希望を託し再起をはかろうとするクローディに対し、ロルナが淡々と、かつ着実に彼に惹かれていく気持ちの変化には共感してしまいました。
クローディ役のジェレミー・レニエの迫真の演技の効果が大きいと思いました。
「どうしようもない、だけど、なぜか気になって、助けてあげたくなる」という青年を見事に演じきっています。女性の母性にはたらきかけてくるような、そんな瞳でこちらを見つめてきます。

再び麻薬に手を出してしまおうとするクローディを制止するため、裸になって彼と向き合うロルナは、頑なな心を彼に対して開放したことを象徴しているように思いました。

その後、クローディの死がおとずれてしまいます。
ロルナは、彼の死を受け止めきれていないように思いました。
クローディの死に加担した贖罪の意識だけでなく、クローディを救ってあげたかった、受け止めてあげたかったという悔恨が、彼に対してほのかに芽生え始めていた愛とともに複雑に絡み合った感情がロルナの心を揺さぶっていたように思いました。

そんな感情から、ロルナは想像妊娠してしまいます。
亡きクローディとの間に命を授かったと幻想を抱くことで、ロルナは今度こそ彼を愛し、助けてみせると決意を固めたように思えました。

ラストシーンがとても印象的でした。
山小屋でひとり、ロルナはおなかに手をあて、ほんのわずかに微笑みます。
まさに、子をいたわる母親そのものの姿でした。
おなかに授かった命にクローディを重ね合わせているロルナの幻想が、なぜか神聖なものに思えました。

原題は「le silence = 沈黙、静寂」とあるのに、「祈り」と邦題がつけられているのは、このラストシーンを象徴したものだと思いました。
言葉少ないロルナの沈黙と静寂に、亡きクローディに対する彼女の祈りが込められている、と解釈されたのではないかと思いました。

何より、エンドロールに流れるベートーベンのピアノ・ソナタ第32番がこの映画のラストカットに込められたメッセージを象徴しているように思いました。


淡々と進んでいくストーリーでしたが、人物のこころの機微をじっくりと丁寧に描いている秀逸な作品だと思いました。




blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!



今日で1歳3ヶ月

2010.05.26
Kathは今日で1歳3ヶ月になりました。

いつも26日の節目には、前月齢の1ヶ月間におけるKathの成長を振り返っています。

「この1ヶ月でこんなことができるようになった」「こんなことをしてしまうようになった」
などを顧みたいと思います。



 離乳食を卒業し、大人とほぼ同じものが食べられるようになりました。

今までKath用にやわらかめのごはん(軟飯)を用意していましたが、上下4本ずつ、8本歯が生え揃い、噛む力がついてきたので、大人と同じごはんを食べるようになりました。

お粥の時期から、玄米、雑穀米も食べていましたが、今では普通に炊いた玄米、雑穀米を白米と同様に食べられるようになりました。

子供用のごはん茶碗に7~8分目くらい食べることができます。

おかずも、肉、魚、野菜、豆類・・・生もの以外は何でも好き嫌いなく食べられます。

特に、ニンジンが大好きで、毎日欠かせません。

みじん切りにしたほうれん草も、昼と夜にごはんと一緒に食べています。

なぜか海苔も大好きです。

納豆も1/5~1/4パック(10gぐらい)食べられます。国産中粒納豆が我が家のお気に入り☆

ちなみに、朝ごはんはつぶしたバナナまるごと1本分とヨーグルト大さじ2杯を混ぜたものを食べています。

とにかく、Kathはからだの割によく食べます。

3食、だいたい決まった時間(8時半、12時半、18時半)に食べるので、おやつはほとんど欲しがりません。
その代わり、まだ、「まんま(=母乳)」は欲しがるときにあげています。



 おまるで「しーしー」ができるようになりました。

毎朝、起きたらすぐにおまるに直行して「しーしー」するのが習慣になりました。

おんぶをして降ろした直後や、お散歩から帰ってきてベビーカーから降ろした直後、また、お昼寝から起きた直後にすぐ連れて行くと、だいたい成功します。

「しーしー」してから20~25分後におまるに連れて行って座らせてみるようにしています。
たとえ「しーしー」が出なくても、おまるに慣れること、おまるに向かうことが大事だと思っています。

今日は、お散歩から帰ってきて、ためしにトイレの便座に座らせてみたら、なんと、見事「しーしー」が成功しました!
しかも、私の「しーしー」の呼びかけの声に合わせて、Kathも「りーりー」と、私と同じラの音で歌うようにお話してくれました。

この1ヶ月で、すっかりおまるで「しーしー」が慣れたようです。



 おもちゃを自分で選んで取り出すようになりました。

音の鳴るおもちゃがお気に入りです。

ボタンをポチッと押すのも大好きです。

ニューブロックは、コンテナを自分で開けて、好きな色と形のブロックを選び出し、きちんと蓋を閉めます。

ボールハウスも大好きです。
ボールハウスの中から、好きな色のボールを取り出し、二つのボールをぶつけ合って音を鳴らしたり、ボールを床に転がしたりして遊びます。
私と向かい合って、50cmくらい離れて転がしキャッチボールをして遊びます。
ちなみに、Kathは一度つかんだボールを離しません。

よく観察していると、日によってKathが選び出すブロックやボールに好みの偏りがあるので驚かされます。

絵本も大好きで、本棚の前に行って自分で選ぶようになりました。
触って楽しむタイプの絵本が特にお気に入りです。
『Mama and Me』も大好きで、いつもじっと眺めています。


今日は、なんと初めてニューブロックを組み立てることができました!
しかも、緑色の恐竜の頭と、同じく緑色の工具みたいな形のブロックをくっつけていました。

Kath初作品(ブロック)

偶然の産物とは思うけど、とてもビックリしました!!



 生活リズムが規則正しくなってきました。

今まで、朝はいつも7時半~8時頃起きていましたが、夜寝る時間がいつもマチマチでした。

母子巡回健康相談で、夜21時~夜中2時頃、成長ホルモンが分泌されるとききました。

やはり、脳とからだの発達のためにも早く寝る習慣をつけなければ、と一丸発起しました。

夜21時には部屋を真っ暗にして、添い寝してあげます。

Kathは、はじめはじっとしていても、次第に暗順応して視力が確保されると、ウゴウゴ活動し始めます。

私はまだ見えなくても、Kathは遊びまわり始めます。

1歳児のほうがロドプシン合成の進行が早く、桿体細胞が再び活動し始めるのが早いのだろうか、
それとも、Kathの空間認識、記憶、自己受容感覚の発達のあらわれか・・・
それを明らかにする実験計画とは・・・
などと私が考えながらKathを観察している間に、Kathは自分が納得のいくまで動き回って、ゴロゴロしながら私にくっつき始めると、いつの間にかKathは眠りについています。

まだ、暗くしてから30分~1時間かかりますが、22時までには眠れるようになりました。

夜中、目が覚めることはほとんどなく、9~10時間睡眠が確保できています。

Kathはよく眠る子なので、午前中に30分くらい、午後に1~2時間昼寝をします。

歩けるようになって外で遊べるようになってきたら、疲れて夜早く寝入るようになるかと思います。



 歯磨きの習慣がすっかり身につきました。

Kathは1歳になったとき、上4本、下2本の歯が生えていました。

3食後、私が見守りながらKathに歯ブラシを持たせ、その後私が仕上げ磨きするようにしていました。

かかりつけの歯医者さんに、歯科でのフッ素塗布はまだ早いけど、家で夜寝る前にフッ化化合物入りのフォーム歯磨きで磨くといい、と助言してもらいました。

それ以来、3食後の歯磨きはもちろん、夜はフッ素で歯磨きが習慣になりました。

よく、1歳前後の子どもは歯磨きを嫌がる、ときいていたので心配していましたが、Kathは嫌がるどころか、むしろ歯磨きに興味を持っていて、喜んで磨かせてくれます。

Kathをおんぶして歯磨きすることもあるので、Kathは私の歯磨き姿をじっと見つめていました。

それが功を奏したのかもしれません。

今は、上の歯4本、下の歯4本がしっかりと生えています。

ピンク色の歯茎に、真っ白でつやつやしたかわいい歯がちょこんとのぞいています。

これからも、Kathの健康な歯を守ってあげたいと思います。



 人見知りが少しなおってきました。

Kathは1歳になった頃からものすごく人見知りが激しくなりました。

知らない人と目が合い、話しかけられると、

キャ~!

とものすごく大きな声で泣き出します。

先月、たくさん外出したり、初対面の人に会う機会が多かったので、だいぶ人馴れしてきたのか、今月に入ってからは、叫び声で大泣きすることがなくなりました。



 ますますおしゃべりになって、いろんな声を出すようになりました。

Kathは8ヶ月の頃から「ママ」「パパ」と私たちを呼びかけてくれていました。

ところが、1歳を過ぎた頃から、爆発的におしゃべりし始めたかと思うと、私のことを「ママ」ではなく、
「おかあちゃん」
と呼ぶようになりました。なぜ?

私が実家の母と毎日電話で話しているとき、母に「お母さん」と呼びかけているのを聞いて、Kathは「おかあさん」という言葉を覚えたのかもしれません。
私が頻繁に言っている「おかあさん」が、私自身を指している言葉だと学習したのでしょうか。

思いっきり笑顔で元気に
「おかあちゃん!」
と呼んでくれるKathがとてもかわいいので、つい、
「はぁい、おかあちゃんよ!Kathちゃんのおかあちゃんよ☆」
と私も応答してしまいます。

なので、私のことは「ママ」ではなく、すっかり「おかあちゃん」という呼び方になりました。

ちなみに、夫のことは「パパ」や「パパパ」と呼んだり、「おとうちゃん」とも呼びます。

Kathは本当によくおしゃべりします。
特に、この1歳2ヶ月の1ヶ月の間で飛躍的にことばが増え、連続してことばを発するようになりました。
30分以上もずーっとお話しているときがあります。
ピアノを弾きながら、太鼓をたたきながら、ご機嫌で歌っているときもあります。

眠くなったときは、自分で子守唄も歌います。
私が歌ってあげているのを覚えてきたのかな?

寝言も言うようになりました!
寝入り始め、まだレム睡眠のときなのでしょう。
起きているときと同じように
「まんまんまんま」
「ぬんぬんぬん」
「トゥックトゥックトゥック」(「たかいたかい」のことかな?)
などKath語をお話しています。
この前、
「むにゃむにゃむにゃ」
と言っていたときには、漫画のようで思わずプッと噴き出してしまいました。

また、ことばの種類も増えましたが、いろんな声色で話すようになりました。
鐘が鳴り響くような高い声、狼の遠吠えのような低い声、部屋中に響き渡る大きな声、耳元で囁いてくれる小さな声・・・Kathはいろんな声を出せることが嬉しくてたまらないという感じで、楽しそうにおしゃべりしてます。

調音器官の運動制御を目の当たりにすることができて、本当に興味深いです。



 髪を引っ張るようになってしまいました。

パパやママの髪を引っ張るようになりました。
パパは髪全体を、ママはうなじの髪を引っ張られます。
1歳児といえど、ものすごい力です!とっても痛い!!
Kathが髪を引っ張るときは、単におもしろがっているときもありますが、
「遊んで」
とか
「おんぶから降ろして」
とKathが私たちに何かメッセージを送ろうとしている時が多いと思います。
すぐに叱るのではなく、Kathの手を止めるとともに、目を見てKathのメッセージを受け止めようと努めています。



このように、1歳2ヶ月の1ヶ月間で、Kathはとてつもなく発達しました。
Kathの立派な成長をずっとそばで見守り続けることができて、本当に幸せです。



blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!



鶏手羽元のロースト~ジンジャーソース~

2010.05.26
今夜のメインは「鶏手羽元のロースト~ジンジャーソース~」でした。


鶏手羽元のロースト~ジンジャーソース~


ジンジャージャム

映画観賞の記録

2010.05.26
映画が好きです。


子どもの頃は、大きな映画館でヒット作を家族で観るのが好きでした。

学生時代は、小さな映画館でマイナーな作品を一人でじっくり観るのが好きでした。


今は、子育て真っ最中。映画館を訪れることもなくなりました。
家で、WOWOWの番組をDIGAに録画して、家事、育児の合間にちょこちょこ観るのが、
私の「娯楽」になっています。


いい映画は、いつの時代になっても、何度観ても、こころ揺さぶられます。

いつか、Kathと映画を観て語り合える日がくるのが楽しみです。

そのときのために、映画を観て感じたこと、考えたことなどを、
気の向くままに書き留めていこうと思います。

タイトルの前に、私の独断で星印をつけています。

★★★:優
★★☆:良
★☆☆:可


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

私の「ぬちぐすい」

2010.05.26
「ぬちぐすい」

今日、このことばをはじめて知りました。


沖縄の言葉で、

「ぬち」は「命」
「ぐすい」は「薬」

という意味だそうです。


「命の薬」といっても、病院や薬局で処方されるいわゆる「薬」を指すのではありません。
たとえば、人から受けた優しさや、お母さんが作ってくれる心のこもった料理など、こころが「ポッ」と温まるような、その存在によって無条件に癒されるようなことを指すことばのようです。


私にとって、「ぬちぐすい」とは何だろう、と振り返りました。


そう、私の「ぬちぐすい」は、娘の存在、そのものです。

ちょうど1年3ヶ月前、娘を出産しました。
娘をこの胸に抱いたその瞬間から、私は何ものにもかえられない幸せと歓びを手に入れたことを実感しました。

娘のためなら、どんなときでも元気な笑顔になれます。
娘のためなら、栄養バランスのとれた美味しいごはんを作れます。
娘のためなら、頑張りすぎる自分の性分を反省し、ふと立ち止まって、無理をしないよう気をつけられます。

娘が産まれたことで、心身ともに健康的な生活を過ごすことができているのを実感します。
まさに、娘は私の「ぬち」、命そのものであり、何にでも効く「ぐすい」=薬、そのものです。


私に抱かれ、「おかあちゃん」とたどたどしく呼びかけ、満面の笑みを浮かべる娘を見ていると、彼女にとっても私という「おかあちゃん」が、まさしく娘の「ぬちぐすい」なのだな、と感じます。

娘を産み、私は強くなれた気がします。
以前、夫に「守るべき者(私)があらわれたから、俺は強くなれる」と言われたことがありました。
私は、今まさに、そのことばを実感しています。
娘という守るべき者が、そばにいてくれる。だからこそ、私は母として、強く、たくましく生きることができきるのだと思います。


ことばを覚え始めた娘にも、この

「ぬちぐすい」

という美しいことばを教えてあげたいと思います。


「建築条件付き土地」とは

2010.05.26
マイホーム、一戸建て住宅、土地探しの情報を集めていると、

建築条件付き土地

という言葉をよく目にします。

この、「建築条件付き土地」とはどういう意味なのでしょう?



調べてみると、「建築条件付き土地」とは


●土地だけでの購入はできず、建物とセットで購入する。

●建物を設計、施工する建築会社が指定されている。

●一定期間内(多くは約3ヶ月以内)に建築請負契約を結ぶ。


という条件がついた土地のようです。



建築条件付き土地で建てた住宅も、一種の注文住宅になるようです。

条件付き、というと、何だか制約があるような印象を受けます。


しかし、

「建売住宅よりも、間取りや設計・設備の自由度がある」

一方で

「建築請負契約のため、建築会社が用意している基本プランから選んでいくことが多いので、
土地+注文住宅よりも段取りが進めやすく、スピーディーに進行できる」

というメリットもあるようです。


また、一般的に、建築会社が用意している基本プランは、注文住宅よりもコスト意識が高く、
合理的な価格設定がなされているので、予算内で建てたい、という人に向いているようです。



「建築条件付き土地」の購入後の流れを示すと、

土地を買う
 ↓
建築請負契約
 ↓
プラン決定
 ↓
着工

というようになります。



建築会社によって、設計・施工方法の得意・不得意があるので、
「建築条件付き土地」が気に入り、かつ、その指定の建築会社も気に入った場合は、
検討したいと思います。


なので、土地を探すのも大切ですが、並行して、建築会社のリサーチもしっかりしておこうと思います。


ついでに、「建売住宅」と「注文住宅」についてもまとめておこうと思います。

「建売住宅」
●土地と建物をセットで販売。
●完成物件なら見学でき、気に入ったら契約、即入居も可能。
●未完成の場合でも、建物の間取りや竣工予定が決まっているので、
予算、予定などをはっきりと決められる。


「注文住宅」
●土地と、設計・施工会社を別々に探す。
●間取りや設計・設備の自由度が高い。
●一般的に、入居までの期間は半年から1年程度かかる。



ちなみに、今のところ、我が家の希望は「注文住宅」です。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!







絵本を選べるよ

2010.05.25
今日、Kathがおもむろに本棚の前に向かい、自分の好きな絵本を選んで出していました。

本棚は、Kathが簡単に手が届かないように机の向こう側に置いているので、まさか本棚に行くとは思っていませんでした。

Kathは本棚のほうを見つめ、机の下をもぐって匍匐前進していき、本棚の前にちょこんと座り込みました。
私は、Kathを本棚から引き離してプレイスペースに戻そうかと思いましたが、しばらく様子を見てみることにしました。

すると、Kathはやたらめったらに絵本を出して散らかすのではなく、じっと絵本を眺め回した後、数冊ほど引っ張り出して、本を開いて確認していました。

まず、Kathが絵本を散乱させるのではなく、じっくりと選んで数冊しか取り出さなかったことにすごく驚きました。
1歳児なので、まだ絵本の種類などの判別がついているわけもなく、ランダムに出しているのかと思いました。
しかし、よく見てみると、「触って楽しむ」タイプの絵本を2冊選んで取り出していました!


1冊は、ママの親友Aoiに昨秋もらった『かず』という知育絵本です。
この本は、1,2,3・・・の基数を覚えられるとともに、動物が登場して、その動物の毛皮を触って楽しむこともできる面白い本です。
Kathは、数字に慣れ親しむとともに、しきりにこの毛皮を人差し指で触って満足している様子でした。

かず





もう1冊は、アメリカのgranpa & granmaにお正月に贈ってもらった『Touch and Feel Farm Animals』という本でした。
この本は、動物の写真が載っているのですが、前者と同様、胴体の部分に動物の毛や皮が使われていて、本物の動物を触っているような感覚を味わえます。
Kathは、特にsheepのふかふかの羊毛を触るのが大好きなようです。

Touch and Feel Farm Animals





私は、Kathが3ヶ月になった頃から、ほぼ毎日絵本を読み聞かせてきました。
特に教育のため、というのではなく、単に私が本が好きだから、というのがシンプルな動機といえます。
それに、絵本を読み聞かせることで、絵本を眺めているKathの表情や、本を読む私の声に耳を傾けるKathの様子を間近で見ることができ、Kathとふれあいの時間がとれることが一番の喜びだから、ずっと続けてきました。

『ノンタン』シリーズや昔話など、物語を読むときもKathは自分の両手で本を持ち、ページをめくるようになってきました。
そういえば、最近、特に今月に入ってから、上に挙げた2冊をより好んで長く楽しんでいたように思います。

これからは、毎日Kathに本棚の前に行って好きな本を選ばせてあげようと思います。



blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

肉じゃが

2010.05.25
今夜のメインは「肉じゃが」でした。

今日は婚約記念日
夫のリクエストにこたえて、ほっこり肉じゃがにしました。

醤油と砂糖の効いたしっかりした味付けの肉じゃがも美味しいですが、1歳児のKathも一緒に食べるので薄味を心がけています。

今日は、作り置きしている「自家製めんつゆ」を使って、ダシの旨味を生かして塩分・糖分を控えめにしています。

全体の味は控えめでも、牛肉を酒、しょうゆ、砂糖で炒りつけて、すき焼きのように味を含ませておくのがポイントです。
落し蓋と鍋蓋をして煮るので、水分は少なめでも中までしっかり味がしみ込み、かつホクホクのジャガイモを楽しめます。

それでは、「肉じゃが」のレシピを紹介します。


【材料】(3~4人分)
牛薄切り肉240g
ジャガイモ4個(煮崩れしにくいメークイン)
ニンジン1本
玉ねぎ1個
生芋糸こんにゃく1袋(250g)
インゲン10本くらい
サラダ油大さじ1
《A》
大さじ1
しょうゆ大さじ1
砂糖大さじ1
《B》
自家製めんつゆ1と1/2カップ



【作り方】
(1)ジャガイモとニンジンは皮を剥き、一口大に乱切りし、面取りする。
玉ねぎは皮を剥き、1/4に切ってから内側と外側に分け、幅1cmくらいのくし切りにする。
糸こんにゃくは4~5cm長さに切ってから、たっぷりの水とともに鍋に入れて沸騰させてアク抜きをし、ザルにあげて水気をきっておく。
インゲンは塩少々を入れた熱湯で堅めに茹で、3cm長さに切る。
牛薄切り肉は一口大に切る。
(2)鍋にサラダ油をしき、中火で牛肉を炒め、その後糸こんにゃくを入れて炒め、《A》を合わせ入れて肉と糸こんにゃくに味を絡める。
(3)(1)のニンジン、玉ねぎ、ジャガイモをこの順に入れ、炒め合わせる。
(4)ひと通り火が通ったら、自家製めんつゆを入れる。
(5)浮いてきたアクを丁寧に取り除いた後、落し蓋をし、さらに鍋蓋をして、中火で20~30分煮る。
(6)蓋を外し、(1)のインゲンを加えて、鍋を軽く揺すりながら水分を飛ばすように混ぜ合わせる。
(7)火を止め、鍋のまま置いておき、味がなじんだら皿に盛る。



肉じゃが





レシピブログに参加しています♪



今夜の献立は、

肉じゃが(牛もも肉、ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、生芋こんにゃく、インゲン)
ほうれん草と春菊の胡麻和え
お味噌汁(大根、ニンジン、えのき茸、油揚げ、小ねぎ)
白ごはん
納豆(小ねぎ)

でした。

Kathは肉じゃがをとっても美味しそうに、たくさん食べてくれました。
牛肉も薄切りなので、小さくすればKathが自分でしっかり噛んで飲み込めているようでした。
薄味だけどダシの旨味と甘みが効いているので、大人も子どもも満足の味に仕上がりました。



blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

せっせっせ~の、よいよいよい♪

2010.05.25
Kathは、「せっせっせ~の、よいよいよい」の手遊びが大好きです。

今日も、いつものように私はKathと向かい合って座り、両手をつなぎ合って「せっせっせ~の、よいよいよい」をして遊びました。
Kathは特に「よいよいよい」で手を揺すり合うのがお気に入りのようです。

私が2~3回続けて「せっせっせ~の、よいよいよい」を歌いながら両手を揺らしてあげると、Kathは
「えへへ
と笑いながら、Kathのほうから私の手を交差しようとしたり、ブンブン揺らしたりして遊んできます。

Kathは、この「せっせっせ~の、よいよいよい」にすっかりハマって、キャッキャと笑いながら何度も何度も繰り返して遊びます。

シンプルな遊びですが、1歳2ヶ月のKathにとっては新鮮な遊びなのだと思います。
それに、私と向かい合って手をつないで、目と目を合わせて笑い合いながら遊べる手遊びは、子どもに愛情と安心感を与えることができているのを実感できます。

ほかにも、「むすんで ひらいて」や「てをたたきましょう」なども、Kathを抱っこして、あるいは向かい合って目を見つめ合って、歌いながら手を取り合って遊んであげると、ものすごく喜びます。

Kathはまだ、自主的には手をたたいて拍手したり、「バイバイ」と手を振ったりはしないのですが、私が手をサポートして動かしてあげると、少し自分で動かすようになってきました。

個人差はありますが、Kathの従兄弟のLiloは1歳ごろに拍手や「バイバイ」をしていました。

そのうち、Kathも自分で「バイバイ」するようになったら、毎朝パパをお見送りするとき、パパはますます嬉しいだろうな、と思います。

これからも、Kathと手を取り合ってふれあいながら、楽しく遊ぼうと思います。



blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

ニューブロックの蓋を開けたよ!

2010.05.24
今日、Kathが自分の力で「ニューブロック たっぷりセット」の蓋を開けることができました。

この蓋は上から下に、てこの原理で力を加えて開けるロックが付いた蓋で、大人でもけっこう力が必要です。

Kathが自分で開けられたので、すごくビックリしました!
そんなに力があるとは思わなかったし、開け方をいつの間に覚えたのだろうと思いました。

キュウリとわかめの和風春雨サラダ

2010.05.24
今日は、副菜として「キュウリとわかめの和風春雨サラダ」を作りました。

夏が近づき、蒸し暑い日が続いています。
こんなときは、サッパリとしたものが食べたくなりますね。

先日、作り置きしておいた「自家製めんつゆ」を使って、和風サラダを作りました。

定番の「キュウリとわかめの酢の物」をアレンジして、ツルッとのどごしのよい春雨をプラスして、まろやかな味付けにしました。

旬の新ショウガやミョウガ、青じそなどをプラスしたら、風味豊かになって美味しいと思います。

我が家では、1歳児のKathも食べるため、香味野菜は避けて白炒りゴマをプラスしました。


それでは、「キュウリとわかめの和風春雨サラダ」のレシピを紹介します。
【】

キュウリとわかめの和風春雨サラダ

ヤズの照り焼き

2010.05.24
今夜のメインは「ヤズの照り焼き」でした。

ヤズの照り焼き

ローチェアを登り降り

2010.05.24
数日前から、Kathは食事時用のローチェアを自分で登り降りするようになりました。

ローチェアの座面は高さ20cmほどですが、備え付けのテーブルの高さは45cmほどあります。
そのテーブルは外すことができないので、パパやママがKathを抱え上げて、ローチェアに座らせていました。

Kathは、チャイルドシートやベビーカーなどに座らせると、途端におとなしくじっとして座っています。
ローチェアも、はじめはじっと座っていました。
でも、だんだんじっとできなくなり、モゾモゾ動いて足を抜いてみたり、横を向いてみたりして落ち着かなくなりました。
テーブルの上にお気に入りのおもちゃを置いたら、はじめはおとなしく遊びますが、しばらくすると、またモゾモゾし始めます。

Kathが足を抜いたり横を向いたりすると危ないと思い、以前はローチェアの背もたれとKathの背中の間にクッションを置いて固定しようとしました。
数週間はそれでじっとしていましたが、先週あたりから、Kathはそのクッションを引っ張り抜いて押し飛ばし、またゴソゴソし始めました。

そして、ついに数日前からは、自分で巧みに足を抜いてイスの上に立ち始め、その後、バランスをとりながらうまくローチェアから下りることに成功しました。
転倒せずに、ケガひとつなくうまく降りるので、正直とても驚きました。

「Kathちゃん、上手に降りるのね~!
と褒めてあげつつ、内心、ケガをしないかとヒヤヒヤしました。
頭ごなしに怒ってもかわいそうだし、Kathにはまだわからないので、
「降りたらメ(=ダメ)よ!イタイイタイするよ!
と注意しました。

こういうとき、まだ分別のつかない1歳児をどうやってしつけるか悩むところです。


私は、ひとつのルールを決めました。


「大人がそばについてあげて見ているときは、多少危なっかしいことでも、Kathが納得するまでやりたいようにやらせてあげる」


1歳を過ぎた子どもは好奇心旺盛です。怖いもの知らずで、何でも挑戦しようとします。

いつも何でも「ダメダメ」と制止していたら、子どもの興味関心の芽をつみ取ってしまい、挑戦しよう、やり遂げようという積極性をおさえつけてしまう気がします。

Kathがローチェアを自分で降り始めたときも、このルールで、Kathの挑戦を見守ってあげることにしました。
バランスを崩しそうになったときだけ、手を差し伸べて支えてあげます。

Kathは自由に降りることができるのがとても嬉しかったようで、1日のうちに、バランスを崩すことなく上手に「いち、にの、さん!」でスッと降りることができるようになりました。

見守っている私たちは、Kathの体の柔軟性と、45cmある高さからうまく足を着いて降りる勇気に、ただ驚くばかりです。

昨日は、朝食の前に私がローチェアを食卓の前まで持ってきたら、Kathは自分でイスに座ってじっと待っていました。
降りるようになったときより、Kathが自分で登ってイスにきちんと座れたことにもっと驚きました!

Kathは、
「おなかが空いたな。もうすぐごはんだな。」
というのがわかったように思いました。

その後も、ごはん前になって、おなかが空いたらローチェアのところに行き、登って座ろうとするので、Kathはごはんのときにはローチェアに座るということを認識しているんだな、と確信しました。
ちなみに、ただ遊ぶときは、ローチェアに登り降りしようとせず、ただつかまってイスの周りをグルグル歩くだけです。


家庭内での事故には十分気をつけなければいけないので、本来は1歳児がイスに登り降りしてはいけないとわかっています。
でも、Kathのこのような成長の姿をみると、Kathのキラキラした好奇心と挑戦心を大切にしてあげたいな、としみじみ思いました。



blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

夢のマイホーム=ポイント御殿!?

2010.05.24
やっと、マイホームについて記事を書きます。

私たちは現在、賃貸マンション暮らし。5年後くらいにマイホーム購入を目指しています。

先日のポイント結果報告で少し触れましたが、マイホーム貯蓄を目的に、ポイント活動を頑張っています。
主にアンケートモニターとポイントサイトの活動、それに加え、今月に入ってブログライターのお仕事を始めました。

最近、エコカー減税制度に便乗して、新車のコンパクトカーを現金一括払いで買いました。
衝動買い!?
ではなく、数年後、子どもがもう一人ほしいので、軽自動車から乗り換えました。

というわけで、マイホーム貯蓄はゼロからのスタート、という状況です。


マイホームとして目指しているのは、新築一戸建て、しかも、自分たちの希望を盛り込める注文住宅です。
土地の購入も必要です。

だいたい、4000万円までを購入費用として考えています。
1/4の1000万円用意できれば理想ですが、現実、それは厳しそう・・・
せめて500万円は準備したいと思っています。

Kathが小学校に上がるのが6歳、5年後です。
それまでにマイホームを建てられれば、と思っています。

500万円の貯金のうち、ほんのわずかでも貢献したいと思い、ポイント活動(アンケート、ブログライターも含む)で貯蓄をちょこっとずつ増やしていきたいと思います。

というわけで、通称「ポイント御殿」を目指して、毎日コツコツ頑張ります☆

これから、私達のあこがれのマイホームの詳細、マイホーム取得のための基礎知識などもまとめていきたいと思います。



下のボタンをぽちっと押してもらえるとうれしいです
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

たいこのスイッチ、オン!

2010.05.23
Kathは太鼓が大好きです。

先日も紹介した、太鼓の絵本でいつも遊んでいます。


たいこ


今まで、Kathはこの太鼓のスライド式スイッチを左から右に動かして電源を切ることがありました。
音楽が流れていたり、太鼓をたたいて鳴らしていたりする途中で電源を切るので、急に音が途切れてしまいます。
自分が電源を切ったのに、Kathは音が鳴らなくなったことに腹を立てて
「キャー!」
と叫んでいました。

「Kathちゃん、こっちに動かしたらスイッチ入るよ。」
と私たちがKathの目の前でスイッチを右から左に動かして見せてあげても、なぜかKathはまた右から左にスイッチを動かして電源を切るばかり。いつまでもその繰り返しでした。

ところが、今日、Kathが自分で太鼓のスイッチを入れて、音を鳴らして遊んでいたのです!
しばらくして、いつものように自分でスイッチを切っていましたが、すぐにスイッチを入れ直して遊んでいました。
「すごいね!Kathちゃん。スイッチ入れられたね!」
と言ったら、Kathは
(うん、そうだよ。)
という感じで、キョトンとしていました。
Kath自身も、意識せずにいつの間にかスイッチの入れ方を覚えたのだと思います。

自分でスイッチを入れて遊ぶことができるようになったのは、「スイッチをこう動かしたら、音を鳴らして遊べる」と認識できるようになった証しだと思います。
やみくもにスライドして動かしている、というより、ちゃんと「音を鳴らす」という意思を持ってスイッチを右から左に動かせるようになって、すごい進歩だなぁとしみじみしました。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

カリッとジューシー☆ポークステーキ

2010.05.23
今夜のメインは「カリッとジューシー☆ポークステーキ」でした。
夫が命名してくれました。

以前、豚ロース肉をフライパンで焼いてステーキにしましたが、火をよく通さないと心配で長く加熱してしまい、肉汁が逃げてベタっとしているけど、なんかパサついている・・・という残念な感じになってしまいました。

そのときの反省を生かして、今日はためしにオーブンで焼いてみたら、見事大成功!
余分な脂分が落ちてカリッと焼けているけど、肉汁はしっかりと閉じ込められていてジューシーな仕上がりでした。

今日は、あっさりシンプルにステーキスパイスとオリーブオイルだけの味付けですが、タレにつけたりハーブオイルにつけた肉を焼いても美味しいと思います。


それでは、「カリッとジューシー☆ポークステーキ」と特製オニオンソースのレシピを紹介します。


【材料】(2人分)
豚ロース肉(トンカツ用)  4枚
ステーキスパイス      少々
オリーブ油         大さじ1

《オニオンソース》
新玉ねぎ(すりおろし)   1/4個
ケチャップ         大さじ2
ウスターソース       大さじ1
マスタード         小さじ2
はちみつ          小さじ2


【作り方】
(1)オニオンソースを作る。すりおろし玉ねぎ、ケチャップ、ウスターソース、マスタード、はちみつをよく混ぜ合わせ、600Wの電子レンジで1分30秒加熱する。
(2)豚ロース肉は赤身と脂身の間を筋切りし、全体を叩いておく。
(3)天板にオーブンペーパーを敷き、間隔をあけて(2)の豚肉を並べ、ステーキスパイスとオリーブ油をまんべんなくふる。
(4)予熱なしで、250度のオーブンで20分焼く。
(5)焼き上がったら皿に盛り、食べるときに(1)のオニオンソースをかけていただく。



カリッとジューシー☆ポークステーキ





レシピブログに参加しています♪



付け合せに、そら豆を添えてみました。夏を感じますね☆
先日、「鶏肉とカラフル野菜のハーブパン粉焼き」のペースト状ソースにグリーンピースを使いましたが、これからの季節には、そら豆がよく合いそうです☆

5月にもかかわらず、地元産のブロッコリーが100円で出ているので嬉しいです。
我が家はみんな、ブロッコリーが大好きです。

今夜の献立は、

カリッとジューシー☆ポークステーキ(オニオンソース、プチトマト、ブロッコリー、そら豆)
ほうれん草と春菊のおかか和え(和え衣に「自家製めんつゆ」のおかかの佃煮を、ダシ醤油としてめんつゆを使いました)
お味噌汁(キャベツ、ニンジン、えのき茸、油揚げ、小ねぎ)
雑穀ごはん
納豆(小ねぎ)

でした。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

自家製めんつゆ

2010.05.23
蒸し暑い日が続きますね。

暑い夏が訪れると、そうめんや冷麦など、冷たい麺類をつるっと食べたくなります。

今日の我が家のお昼ごはんは、早速「そうめん」にしました。


私は、そうめん等の「めんつゆ」は自分で作るようにしています。
きちんとダシをとって、お気に入りのお醤油とみりんをベースに作るめんつゆなら、子どもにも安心して食べさせられますね。

このめんつゆは、家事や育児について何かとアドバイスをくれるベテラン主婦の伯母から教わったものです。
かつお節に加え、干し椎茸の自然の甘みと旨味が効いています。

めんつゆを作っておけば、煮物や和え物の調味料にも使えて便利ですよね!
昆布水(水1リットルに対し、昆布10cm角1枚を入れておいたもの)でこのめんつゆを割れば、ぶっかけ用のつゆにもなります。

それでは、我が家の「自家製めんつゆ」のレシピを紹介します。


【材料】(作りやすい分量)
しょうゆ    1カップ
みりん     1カップ
水       4カップ(干し椎茸の戻し汁も含める)
かつお節    ふたつかみ(30gくらい)
干し椎茸    3枚

【作り方】
(1)鍋にみりんを入れ、煮切ってアルコール分を飛ばす。
(2)干し椎茸の戻し汁も合わせて4カップの水を鍋に入れて沸騰させ、かつお節を加える。かつお節がふわっと浮いてきたら火を止め、アクをすくって取り除く。かつお節が沈んだら、2枚重ねにした布巾でこす。
(3)鍋に(2)のだし汁、しょうゆ、(1)で煮切ったみりんを加え、沸騰しないように煮立たせる。
(4)めんつゆを冷まして、保存瓶に注ぐ。


自家製めんつゆ




レシピブログに参加しています♪


だしをとったかつお節と椎茸は、このめんつゆで煮含めたら、そうめんやおにぎりの具になります。
甘めの佃煮にする場合は、めんつゆのほかに砂糖を加えて煮含めましょう。

Kathにもこの「自家製めんつゆ」のレシピを伝えていきたいと思います。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。