スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぱっぱらぱなし♪

2010.06.30
Kathは絵本が大好き。

特に「ノンタン」シリーズが親子揃ってお気に入りです。

つかまり立ち、伝い歩きができるようになってから、自分で絵本棚の前に行って読みたい本をひっぱり出すようになりました。

しばらくは、おとなしく、そろ~っと絵本を引っ張って、1冊ずつ取り出していました。

それが今では、本棚すべての絵本を次々にひっぱり出して、足元に散らかし放題!
子どものあるべき姿、といえるでしょう。

いつも、大好きなノンタンの絵本を選び出して、その表紙を剥ぎ取ります。
ページをめくる要領で、上手につまんでスルッと取ってしまいます。

グシャグシャッとしますが、破ることはありません。
手を切るような行動も取らないので、「まぁ、いいか」とそのまま好きなようにさせて観察しています。

子どもの絵本は丈夫ですね。
表紙も丈夫。
Kathはけっこう力を込めてグシャグシャしていますが、原型を保っています。

不思議と、いつも選ぶのが『ノンタン おやすみなさい』です。
この本は、Kathが生後3~4ヶ月から、もう1年くらい読み聞かせています。
Kathがなかなか眠れないとき、寝る前にこの絵本を読んであげることが多いので、なじみ深いのでしょうか。
きれいな薄紫色やノンタンの大きな絵で、「いつもの本」ということを認識しているのでしょうか。
好み(preference)がハッキリしてきたのが興味深いです。

Kathは好きなだけ絵本と戯れた後、そのままで他のおもちゃのところへ去っていきます。
まさに、『ノンタン ぱっぱら ぱなし』そのものです。

もう少し大きくなったら、この絵本を通してお片づけの大切さがわかってくれるかな、と思います。



ぱっぱらぱなし






blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

スポンサーサイト

太刀魚のムニエル~レモンバターソース~

2010.06.30
今夜のメインは「太刀魚のムニエル~レモンバターソース~」でした。

今日は大分産の天然太刀魚1尾400円を使いました。
刺身用の新鮮なものでしたが、先日お刺身を堪能したので、今日はムニエルでいただきました。

春から産卵期を迎えている太刀魚。
今日の太刀魚も子持ちで美味しかったです。
脂がのり出す夏頃が旬のお魚だそうです。

太刀魚はあっさりとしたお味なので、どんな調理にもよく合います。
今日はレモンバターソースと組み合わせました。
国産のレモンがあれば、レモンのくし切りも添えたかったです。
黄色がほしかったので、コーンをプラスしてみました。

太刀魚は身がやわらかいので、離乳食や幼児食にもオススメです!
1歳4ヶ月の娘Kathも太刀魚が大好きでパクパク食べてくれます。

それでは、「太刀魚のムニエル~レモンバターソース~」のレシピを紹介します。


【材料】(3人分)
太刀魚1尾
少々
コショウ少々
小麦粉大さじ2
サラダ油小さじ1
バター10g
《レモンバターソース》
レモン汁大さじ3
バター大さじ1と1/2
白ワイン大さじ1と1/2
シシトウ15本
ステーキスパイス少々
プチトマト6個
コーン適量



【作り方】
(1)太刀魚はウロコがないので、洗ってから頭と尾を切り落とし、内臓を取り除いて3等分の切り身にする。塩・コショウで下味をつけ、小麦粉をまぶしておく。
(2)熱したフライパンにシシトウを入れてサッと焼き、皿に取り上げておく。
(3)フライパンにサラダ油とバターを熱し、(1)の太刀魚を入れて中火で焼き色をつけ、弱火にして火を通し、両面こんがりと焼いて皿に取り上げておく。
(4)(3)のフライパンに《レモンバターソース》の材料とコーンを入れ、ひと煮立ちさせてとろみがついたら火を止め、太刀魚にかける。プチトマトとシシトウを添えて出来上がり。


太刀魚のムニエル~レモンバターソース~


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆


今夜の献立は

太刀魚のムニエル~レモンバターソース~(太刀魚、シシトウ、プチトマト、コーン)
インゲンと舞茸のジンジャーソース和え(インゲン、舞茸)
お味噌汁(玉ねぎ、ニンジン、えのき茸、油揚げ、小ねぎ)
麦ごはん
納豆(小ねぎ)

でした。

大好きな太刀魚だったので、今夜もKathは食欲モリモリ!
しっかりとたんぱく質補給できました。
太刀魚は骨が細かいですが、身離れがいいので、上手にお箸が使えるようになったら、ぜひKathに自分で食べさせたいお魚です☆


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

インゲンと舞茸のジンジャーソース和え

2010.06.30
今夜のサブおかずに、「インゲンと舞茸のジンジャーソース和え」を作ってみました。

いつもお醤油ベースの味付けになる和え物を、ちょっと趣向を変えた味付けにしてみました。

といっても、↓のジンジャージャムとポン酢を1:2で混ぜ合わせたお手軽ソースです。

ジンジャージャム

このジンジャージャム、アメリカのmomからクリスマスプレゼントのひとつとして送ってもらったものです。
シンガポールの有名ホテル「Raffles Hotel」のアーケード内にある「Thos SB Raffles」のクリスマス限定ジャムみたいです。
パンにつけても美味しいですが、こうしてソースに活用したらいろんな料理で楽しめます♪

インゲンも舞茸もレンジで蒸して、ジンジャーソースで混ぜ合わせました。
さっぱり美味しく出来上がりました☆

それでは、「インゲンと舞茸のジンジャーソース和え」の簡単レシピを紹介します。


【材料】(3~4人分)
インゲン70g
舞茸150g
少々
ポン酢大さじ2
ジンジャージャム大さじ1


【作り方】
(1)インゲンは洗って3~4cm長さの斜め切りにし、中央をあけて耐熱皿に並べて塩少々を振り、スチームレンジで蒸す。
(2)舞茸は石突を切り落とし、半分の長さに切ってほぐし、中央をあけて耐熱皿に並べ、スチームレンジで蒸す。
(3)ボウルに(1)と(2)を入れ、熱いうちに、ポン酢とジンジャージャムを混ぜ合わせたソースをかけてよく絡め合わせて、粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やして味をなじませておく。


インゲンと舞茸のジンジャーソース和え


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆


「ポン酢とジャム?」という感じですが、意外とよくマッチして美味しいんです!
ジンジャージャム、手作りできないかな、とジャム瓶の裏面を熟読。
新ショウガが手に入るこの季節、作ってみたいです。
でも、きっと「Thos SB Raffles」のシェフの秘伝レシピがこの美味しさを生み出しているのだと思うと、なかなか壁は厚い・・・
長い目で見て、試行錯誤を重ねて頑張ってみたいと思います!



blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

「パチパチパチッ!」でごあいさつ

2010.06.29
Kathは拍手がとっても大好き

拍手ができるようになってから、いつでもどこでも「パチパチパチッ」と拍手をしています。

Kathはだいぶ言語理解が進んできているので、「パチパチパチ」が「拍手すること」を指しているのだとわかっているようです。

夫や私が
「Kathちゃん、『パチパチパチ』は?」
と言うと、Kathは
「えへへへ
と嬉しそうに笑いながら拍手してくれます。

拍手ができるようになる前まで、私達が「パチパチパチ」と言いながら拍手をして見せていたり、Kathの両手をサポートして拍手する動作を教えていたりしたので、「パチパチパチ」という言葉と「拍手すること」という行為の関連付け(mapping)ができてきたようです。

それに加えて、最近では、Kathの中では拍手がひとつの挨拶のかたちになってきているようです。

我が家ではごはんの前後に合掌して「いただきます」「ごちそうさま」の挨拶を欠かさないようにしています。

夫や私が
「合掌」
と言うと、Kathは「パチパチパチッ」と笑顔で拍手してくれます。

私達が合掌で手のひらを合わせる様子を見たり、Kathの手のひらを重ね合わせて合掌のポーズをとらせたりしていたのですが、どうやらKathにとっては、合掌と拍手は同じような動作と捉えているようです。

また、Kathは「バイバイ」と手を振る行為も「パチパチパチッ」の拍手に置き換えています。

「バイバイ」
とKathに向かって手を振ると、拍手して応えてくれるのです。

「手を重ね合わせること」と「手を振ること」が、「手を打ち鳴らす(拍手する)こと」のひとつに集約されているKathの状態が、身ぶりの発達の途上として非常に興味深いです。

Kathは拍手することを気に入っているから、合掌も手を振るのも拍手に置き換えているのでしょうか?
それとも、合掌するつもり、ないし手を振るつもりはあるけれど、拍手という異なる行為をとってしまう、すなわちaction slip(意図と異なる行動をとってしまうこと)が起こっているのでしょうか?

Kathからは内省を聞き出すことができないので、私の推測が膨らむばかりです。

とにかく、Kathは拍手するときいつも嬉しそうに満面の笑みを浮かべて「パチパチパチッ」と手を打ち鳴らしてとっても幸せそうなので、私達も幸せを分けてもらっています。
なので、Kathのあいさつが拍手であろうと、みんなが幸せになれるならいいよね、と思っています。

ちなみに、Kathは音楽に合わせて拍手することもできるようになりました。
テレビの子供向け番組の中の歌に合わせて拍手したり、私が陽気に歌って踊っているのを見て笑いながら拍手して参加してくれます。
しかも、Kathは拍手の速さを上手にコントロールできるようになったのがすごいな、と思います。

Kathがいつ頃まで拍手でごあいさつしてくれるのか、どのように変化していくのか、見守っていくのが楽しみです。





blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!


イワシのソテー~コロコロ野菜のトマトソース~

2010.06.29
今夜のメインは「イワシのソテー~コロコロ野菜のトマトソース~」でした。

今日は大分産大羽イワシ1尾80円を使いました。

イワシといえば甘辛く煮付けるかフライにすることが多いですが、意外とトマトソースにも合うんです。
今夜は、我が家では定番の「コロコロ野菜のトマトソース」と合わせました。
たっぷりの野菜を角切りにしてじっくり炒めて水分を引き出し、角切りのトマト缶を加えて調味するだけなのですが、野菜の旨味が溶け合って、お肉にもお魚にも、パスタやパンにもよく合うトマトソースになります。
今日はナスやピーマンなど夏野菜を加えました。
冬なら、カブを加えると甘くなって美味しいです。

1歳4ヶ月になった娘Kathはトマトソースが大好きなので、今日も大喜び!
このトマトソースなら、ナスやピーマンもやわらかくとろけるので、いつもは皮が気になってガジガジした後ペッとするKathもゴックンできました。

イワシは小骨まで食べられるのでカルシウムたっぷり!
ブナシメジのビタミンDと一緒に食べることで、イワシのカルシウムが腸から吸収されるのを助けてくれます。
離乳食を卒業したお子さんにもオススメのメニューです。

それでは、「イワシのソテー~コロコロ野菜のトマトソース~」のレシピを紹介します。
なお、今日は「コロコロ野菜のトマトソース」を多めに作っています。
明日はパパがお休みなので、ランチのパスタソースに使おうと思っています。


【材料】(3~4人分)
イワシ6尾
少々
コショウ少々
小麦粉適量
オリーブ油大さじ1
《コロコロ野菜のトマトソース》
玉ねぎ1/2個
ニンジン2/3本
ナス1本
ピーマン3個
ブナシメジ1袋
ニンニク1片
オリーブ油大さじ1
トマト缶(カット)1缶(400g)
白ワイン1/4カップ
顆粒コンソメの素小さじ1
トマトケチャップ大さじ2
粗挽き黒コショウ少々
大葉適宜
ドライパセリ適宜



【作り方】
(1)玉ねぎ、ニンジン、ピーマンは7~8mm角に切る。ナスは身がとろけるので少し大きめの1cm角に切る。ブナシメジは石突を切り落として1cmくらいの長さに切る。ニンニクはみじん切りにする。
(2)イワシは頭を切り落として内臓を取り除き、きれいに洗ってしっかりと水気を拭き取り、塩・コショウで下味をつけておく。
(3)フライパンにオリーブ油を敷き、ニンニクを入れてから火をつけ、弱火で加熱する。ニンニクがシュワシュワと揺れながら軽く色づいてきたら、ナス、玉ねぎ、ニンジン、ピーマン、ブナシメジの順に加えて炒め合わせる。
(4)じっくり加熱して野菜から水分を引き出し、しんなりとなったらトマト缶を加えてひと混ぜし、空いたトマト缶に白ワインを注いで缶の内側を軽くゆすぐようにして残ったトマトソースを溶かし合わせ、フライパンに加える。さらに顆粒コンソメの素とトマトケチャップを加え、全体を混ぜ合わせて、中火で10~15分加熱して煮詰める。
(5)トマトソースを煮詰めている間に、イワシをソテーする。イワシに小麦粉を薄くまぶし、フライパンにオリーブ油を敷いてソテーする。
(6)皿に大葉を敷き、(5)のイワシを載せ、その上から(4)のトマトソースをかけ、粗挽き黒コショウとドライパセリを振って出来上がり。


イワシのソテー~コロコロ野菜のトマトソース~




レシピブログに参加しています♪


今夜の献立は

イワシのソテー~コロコロ野菜のトマトソース~(イワシ、玉ねぎ、ニンジン、ナス、ピーマン、ブナシメジ、トマト、大葉)
小松菜のおひたし(小松菜、白ゴマ)
お味噌汁(大根、ニンジン、えのき茸、油揚げ、小ねぎ)
白ごはん
納豆(小ねぎ)

でした。

Kathは今日も食欲旺盛!
大好きなトマトソースとお魚なので、モリモリ食べてくれました。
ナスやピーマンも、このソースならいっぱい食べられます。
今日は上記のメニューすべてを摂取することができました。
Kathが食べにくそうな食材も、切り方や加熱の仕方、味付けなどを工夫して、美味しく食べられるようなごはん作りを心がけていきたいと思います。







blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

★★★『シリアの花嫁』

2010.06.29
『シリアの花嫁(The Syrian Bride)』(2004年、フランス・ドイツ・イスラエル合作映画)を観ました。

先日観て感動した『扉をたたく人』のなかで、シリア系移民青年タレクの複雑な背景を知り、あらためて中東情勢の厳しさを感じました。
この『シリアの花嫁』では、イスラエルとシリアの狭間で翻弄されるゴラン高原が舞台となっていることに興味があったので注目していました。

監督は、「Cup Final」「Lemon Tree」のエラン・リクリスです。

1967年の第3次中東戦争以降、シリアとイスラエルの間にあるゴラン高原は、シリアの領地からイスラエルの占領下となりました。そのため、ゴラン高原に住む人々は無国籍状態になりました。
イスラム少数派とされるドゥルーズ派の花嫁モナが祖国のシリア側へ嫁いでいく一日を、家族たちの揺れ動く心情を中心に、丹念に描かれている作品でした。

私はこの映画の中で、主人公の花嫁モナの心情よりも、姉のアマルの芯の強さや精神的な逞しさに心打たれました。
花嫁の家族はそれぞれ事情を抱えていて、その複雑な背景がところどころに描かれていましたが、その中でも、アマルの強い意志、決意、行動力が印象的でした。
特にラストシーンで、モナとアマルがそれぞれ自分の道を歩んでいく凛とした姿に、同じ女性として、とても励まされました。
後ろを振り向かず、前をしっかりと見据えて歩くモナとアマルは、自立した女性を応援する監督の気持ちが込められているように思いました。

娘が成長したら、また一緒に観たいと思います。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

お風呂でバチャバチャ!バタ足上手♪

2010.06.28
昨日、Kathと一緒にお風呂に入っていると、Kathは自分で脚を動かしてバタ足を始めました。
Kathが自分からバタ足をするのはこのときが初めてでした。

今まで、Kathはお湯に手のひらをたたきつけて「ピチャピチャピチャッ」と水面を揺らしたり、肩から大きく動かして「バシャバシャバシャッ」と大きな波を作ったりして遊んでいたのですが、脚はじっとしたままでした。

先月、1歳3ヶ月で歩き出すようになってからも、お風呂の中では、抱かれている私のモモの上に脚を伸ばしていました。

私はKathの腰が据わってきたころから、母や姉からお風呂の中での遊びとして教わったように、前に座らせているKathの太ももに手を添えて、
「バチャバチャバチャッ!」
と言いながらKathの脚をバタ足させて遊んでいました。
するとKathは、振り返って私の顔を見上げて
「えへへ
と笑いかけてくれるので、楽しんでくれているのを感じていました。

私がバタ足をさせているときには、Kathは脚の力を抜いて、だら~っと伸ばしている状態でした。
完全に私に身を委ねている感じでした。

先月から歩くようになってきたので、「そろそろお風呂の中でバタ足も始めるかな」と思っていましたが、しばらくその気配はありませんでした。
相変わらず、脚を伸ばしてリラックスしている感じでした。

しかし昨日、突然、Kathが自分からバタ足を始めたのでとてもビックリしました。
「Kathちゃん、あんよバタバタ、できるようになったん?すごいね!!」
と私がKathの頭をなでながら話しかけると、Kathはくるりと振り向き、
「うふふふふ
とちょっと得意げに笑っていました。

ひとりで歩き始めたときもそうでしたが、お風呂の中でのバタ足も突然できるようになったので、とても驚かされました。

抵抗のある水中で脚を動かすためには、歩くときよりも力強く動かさなければなりません。
最近Kathは、毎食たんぱく質をたっぷり摂ってふくらはぎの筋肉がモリッとしてきたので、水中でバタ足する筋力がついてきたのかもしれません。

自分の脚で歩くこと、筋肉の強化、それに私が遊びでさせていた受動的なバタ足の手続き記憶の3つが備わって、昨日のバタ足につながったものと思われます。

そして今日も、ベビーバスの中でしたが、Kathは「バチャバチャバチャッ!」とバタ足をして遊び始めました!

水中バタ足における運動スキル記憶の神経機構が備わったかどうかは、行動面からしか判断できませんが、昨日に続き今日もバタ足をしていたのは注目に値すると思います。

バタ足ができるようになったので、ベビースイミングも楽しめそうだな、と思いました。
私は子どもの頃水泳が苦手だったので、Kathには「泳ぐの大好き」と思ってもらえるように幼い頃から水に慣れていってほしいと思っています。





blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

アジの韓国風南蛮漬け

2010.06.28
今夜のメインは「アジの韓国風南蛮漬け」でした。

今日、レシピブログ編集部様から、

「7月20日、『今日のイチオシ!ブログ』にてmcmaskyさまのブログ“りらりるり”をご紹介させていただく予定です」

とのメールをいただきました!!

いつも閲覧したりレシピ検索している「レシピブログ」に紹介していただけるとは、夢のようです。


今日は、長崎産アジ4尾200円という限定品を使って、サッパリとした南蛮漬けを作りました。

先日もアジで定番南蛮漬けを作ったので、ちょっと趣向を変えて、韓国風に挑戦!
・・・といっても、お手軽にキューピーの「具のソース 野菜と胡麻の韓国風ピリ辛ソース」を南蛮ダレに加えてみました。

このソース、焼肉につけてサンチュで巻いて食べたり、キュウリに和えたり、冷奴にのせたり、いろいろ使えて重宝します。
以前、これらのキューピーの「具のソース」シリーズについてのアンケートに答えて意見を述べたので、ちょっと思い入れのある商品です。
具のソース 野菜と胡麻の韓国風ピリ辛ソース」は酢と混ぜ合わせてもよく合っていました。

今日は「レシピブログ掲載のお知らせ」というめでたいニュースがあったので、南蛮漬けに合わせる野菜も紅白でめでたくしてみました。
カクテキ(大根のキムチ)が美味しいので、大根とニンジンの組み合わせで韓国風に味付けしても合うかなと思い、アジに添えてみました。

それでは、「アジの韓国風南蛮漬け」のレシピを紹介します。


【材料】(3人分)
アジ4尾
《下味》
しょうゆ小さじ1
すりおろしニンニク1片分
ショウガの絞り汁1/2片分
片栗粉適量
揚げ油適量
大根1/3本
ニンジン2/3本
粗塩適量
《韓国風南蛮ダレ》
大さじ5
砂糖大さじ3
ショウガの絞り汁1/2片分
具のソース 野菜と胡麻の韓国風ピリ辛ソース小さじ2
コショウ少々
大葉2~3枚
炒り白ゴマ少々



【作り方】
(1)大根は6~7cm長さに切って皮を剥き、かつら剥きして千切りにする。ニンジンは皮を剥いて斜め薄切りにした後千切りにする。大根とニンジンをボウルに入れて粗塩をまぶし、しばらくおいてから揉んでしんなりさせ、軽く流水で洗ってしっかりと水気を切っておく。
(2)大葉は洗って水気をしっかり拭き取り、千切りにしておく。ニンニクはすりおろしておく。ショウガは皮付きのまますりおろし、汁を絞っておく。
(3)アジは3枚におろし、骨抜きを使って血合い骨を丁寧に抜き取り、半分にそぎ切りする。切り身をバットに並べ、《下味》をまぶして10分くらいおいておく。
(4)ボウルに《韓国風南蛮ダレ》の材料をよく混ぜ合わせ、半量ずつ器に分けておく。半量の《韓国風南蛮ダレ》の器に(1)の大根とニンジンを漬けておく。
(5)(3)のアジの汁気を切って片栗粉を薄くまぶし、170度の油でカラッと揚げる。(4)で分けておいた残り半量の《韓国風南蛮ダレ》の器に、揚がったアジをすぐに入れて漬ける。
(6)(4)と(5)を半日以上漬け込み、冷蔵庫で冷やしておく。食べる前に、アジの上に(2)で刻んだ大葉を飾り、大根とニンジンの上に炒り白ゴマをふって出来上がり。


アジの韓国風南蛮漬け




レシピブログに参加しています♪


今夜の献立は

アジの韓国風南蛮漬け(アジ、大根、ニンジン、大葉)
栄養満点☆ブナピーの彩りマリネ(ブナピー、アスパラガス、ニンジン、コーン、パストラミハム、カッテージチーズ)
お味噌汁(キャベツ、ニンジン、えのき茸、油揚げ、小ねぎ)
雑穀ごはん
納豆(小ねぎ)

でした。

「アジの韓国風南蛮漬け」は、Kathにも食べさせたかったのでソースを控えめに加えたので、あまり辛くなりませんでした。
なので、Kathも美味しそうに1切れ半も食べてくれました。
しっかりと酢に漬け込んだのでアジの身がやわらかくなり、食べやすかったようです。
相変わらず、納豆を食べる量が増えている今日この頃です。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

パチパチ!た~っち!!

2010.06.27
今日は一日中大雨、おうちでのんびり過ごしました。

お休みの日は、Kathは「おとうちゃん」に積極的に遊んでもらっています。
普段、夫はお仕事で忙しくてKathとは朝晩、ときには夜Kathが寝ていて朝しかふれあえません。
なので、休日には夫にKathと過ごす時間を大切にしてもらっています。

今日も、私が家事をしているあいだ、おとうちゃんとKathが楽しそうに遊んでいました。

二人は楽しそうに笑い合いながら、パチパチ手をたたいて鳴らしていました。
ケーキを作りながらその様子を眺めていると、おとうちゃんはKathの真似をして
「Kathちゃん、パチパチパチ
と言いながら拍手した後、
「た~っち!」
と言ってKathの目の前に両手のひらをかざしていました。
すると、Kathも「えへへ」と笑いながら、両手を差し出して、おとうちゃんの両手と重ね合わせて、二人がハイタッチしていました。

私はその光景を見てとってもビックリしました!
「すごいね!!いつの間にできるようになったの?」
と夫に尋ねると、昨日から10回くらい練習して教え込み、できるようになったそうです。

ためしに、私もKathと向き合って「パチパチ!た~っち!!」に挑戦してみましたが、パチパチ拍手は一緒にしてくれましたが、両手を出してもKathはキョトンとして、手を出さずにてくてく向こうへ行ってしまいました。
その後、私とも何度か繰り返して練習すると、両手ハイタッチしてくれるようになりました。

休日、夫にKathとふれあってもらうと、私が思いつかないような遊びをして二人が楽しく笑っているので、とても参考になります。
Kathも私も、良きおとうちゃん、夫がそばにいてくれて幸せです。
ありがとう、おとうちゃん

明日からも、「パチパチ!た~っち!!」で楽しく遊ぼうと思います。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

海軍さん風肉じゃが

2010.06.27
今夜のメインは「海軍さん風肉じゃが」でした。

「肉じゃが」は夫からのリクエスト。
普段はだしを生かして調味料ひかえめの肉じゃがを作ることが多いのですが、今夜は趣向を変えて、しっかりとした味付けの肉じゃがにしてみました。

肉じゃがは定番メニューですが、あらためて「肉じゃが」について調べていると、明治時代にビーフシチューをもとにして日本海軍の厨房で生み出された料理ということを知りました。

全国で京都・舞鶴だけに残っているという旧海軍厨業管理教科書を紹介した「まいづる肉じゃがまつり実行委員会」のレシピを参考にして、我が家流にアレンジさせてもらいました。

いつもの肉じゃがよりも砂糖と醤油の甘辛さが効いていて、冷めても美味しく、お弁当にも合いそうな味付けでした。

それでは、「海軍さん風肉じゃが」のレシピを紹介します。


【材料】(3~4人分)
牛薄切り肉240g
ジャガイモ(男爵)中3個
ニンジン中1本
玉ねぎ1個
生芋糸こんにゃく250g
いんげん6本
しょうゆ大さじ3
砂糖大さじ3
大さじ1
ごま油少々



【作り方】
(1)ジャガイモは皮を剥き4つに割り、水にさらしておく。ニンジンは皮を剥き乱切りにする。玉ねぎは皮を剥き1cm幅のくし切りにする。糸こんにゃくは水から茹でてアクを抜き、水気を切って4~5cm長さに切る。インゲンは塩茹でして2~3cm長さの斜め切りにする。牛肉は食べやすい大きさに切っておく。しょうゆ、砂糖、酒は計量してそれぞれ小鉢に入れて用意しておく。
(2)鍋を火にかけて、十分に熱くなってきたらごま油を敷く。
(3)火入れから3分後に、牛肉を入れて炒める。
(4)7分後に、砂糖を加えて牛肉に絡めながらよく炒めて、水分を引き出す。
(5)10分後に、酒としょうゆを半量加えてさらに炒め、牛肉の佃煮のように味をよく含ませる。
(6)14分後に、水気を切ったジャガイモ、ニンジン、糸こんにゃくを加えてざっと混ぜ合わせ、ひたひたになるまで水を加える。強火で加熱し、煮立ったら中火にして、ときどき鍋底を返しながら煮含める。
(7)31分後に、玉ねぎと残りのしょうゆ半量を加えて、煮汁が均一にまわるよう底からかき混ぜる。
(8)34分後に、インゲンを加えてひと混ぜし、器に盛ってできあがり。


海軍さん風肉じゃが




レシピブログに参加しています♪


今夜の献立は

海軍さん風肉じゃが(牛もも肉、ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、糸こんにゃく、インゲン)
栄養満点☆ブナピーの彩りマリネ(ブナピー、アスパラガス、ニンジン、コーン、パストラミハム、カッテージチーズ)
お味噌汁(大根、ニンジン、えのき茸、油揚げ、小ねぎ)
白ごはん
納豆(小ねぎ)

でした。

栄養満点☆ブナピーの彩りマリネ」は、「きのこアイディアレシピ2010夏」参加のために作ったものです。
今夜のメニューの組み合わせにはちょっと合わないかな、でも作ってしまったし・・・と不安に思いながら食卓に並べましたが、あっさりしたマリネだったのでおひたしや白和え感覚で食べられました。

Kathは、今夜も肉じゃがを美味しそうに食べてくれました。
ぶなピーもつるっと食べてくれました。
最近は納豆がブームのようで、日に日に食べる量が多くなっています。
なので、納豆に小松菜のみじん切りを混ぜて食べさせることにしました。
納豆とごはんを交互に食べるのがお気に入りです。
1歳3~4ヶ月で中粒納豆をこんなにたっぷり食べるものなんだと、我が子ながらビックリしています。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

住宅展示場の予約

2010.06.27
先月、ゴールデンウィーク中に、初めて現地住宅展示会に行ってみました。
私たちは建売住宅を買う予定はないのですが、かねてから気になってる大手住宅メーカーA社の物件だったので、参考に見学させてもらいました。

そのときに連絡先を交わしていたので、後日、資料請求の案内を届けてもらいました。

住宅のコンセプトカタログ、資金と税金の本、家づくりの実例ガイドの3冊をいただきました。

さらに、今度、来月11日に住宅展示場に見学に行くことになりました。
そのときに、ファイナンシャルプランナーにライフプラン無料相談をしてもらえることになりました。

以前、保険に加入するときもライフプランニングをしてもらったのですが、今回はマイホーム購入を中心に相談したいと思っています。
ライフプランニングには、日ごろの家計簿管理のデータがとても重要な役割を果たします。

見学が約1時間、ライフプラン相談が約1時間の予定です。

A社に限らず、今後いろんなメーカーの住宅について勉強していこうと思っています。

今回、住宅展示場の見学には時間があるときにふらっと行くつもりだったのですが、じっくりと見学させてもらうには、事前に連絡をとって予約するのが賢明なようです。
見学の前に、資料請求するのもひとつのきっかけになると、今回感じました。

住宅の営業はしつこそうなので、むやみやたらにこちらから個人情報を流すのは気が引けますが、本当に気になった業者には積極的に連絡を取っていこうと思います。

とりあえず、来月の見学とライフプラン相談を通じて、私たちのマイホーム取得計画をより具体的に、明確に考えていく判断材料を得ることができれば、と思っています。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

マイホームは今が買いどき?

2010.06.27
もう10日ぐらい前になりますが、リクルート発行の「SUUMO」(スーモマガジン\0)をもらってきました。

6月16日号のタイトルは「今買う VS 5年後買う どっちが得?」というテーマでした。
私たち夫婦は漠然と、「長女が小学校に入学する、5年後くらいにマイホームが持てればいいね」と話していたので、まさに興味津々の特集でした。

内容は、マイホームの買いどきを決める3つの判断ポイント「価格」「金利」「制度」について、現在と5年後を比較してありました。

結論は、「マイホームが欲しいなら、今が買いどき」ということでした。
「家賃負担がなくなる」、「住宅ローン返済完了の年齢が早まり、老後の家計が楽になる」、「現在の住宅購入支援制度の恩恵を受けるべき」ということでした。

3つのポイントをみていくと、まず、物件価格は200万円以上大幅に下がらない限り、もしくは下げない限り、5年後に買うメリットはないということでした。
う~ん・・・200万円以上も下げるのは、なかなか厳しいです。
オプションを選んでいったら、200万円はすぐにアップしそう・・・

金利に関しては、専門家によると、当面は急激な金利変動はないものと考えられていますが、5年間で貯められる金額よりも家賃で払う金額のほうがかなり上回るので、やはり5年後に買うメリットはないようです。

住宅購入支援制度の代表的な4つの制度は、「住宅ローン控除」「住宅取得資金の贈与の非課税枠」「フラット35S」「住宅エコポイント」です。

「住宅ローン控除」は、2013年までに住宅ローンを利用して購入した場合、年末のローン残高の1%までが、10年間にわたって税金から控除されるという制度だそうです。
ちなみに、長期優良住宅だと、2011年まで1.2%のローン残高が控除されるそうです。
この住宅ローン控除は、対象ローン限度額や最大控除額が2013年までに段階的に縮小されているのですが、少なくとも、5年後よりは3年後までを目指したほうが住宅ローン控除の恩恵に授かれることがわかりました。

「住宅取得資金の贈与の非課税枠」について、私たちは親や祖父母から贈与を受けることがないので関係ないので、省略します。

「フラット35S」は、省エネや耐震など一定基準を満たす住宅に適用され、今年中に申し込みをすれば、本来の0.3%の引き下げ幅が1%に拡大されるとのことです。
今年中の申し込みは、まず無理そうなので、この制度は利用できないと思います。

「住宅エコポイント」も、今年の12月31日までに建築着工した住宅が対象なので、私たちには利用できない制度です。
ちなみに、新築のエコ住宅を購入した場合、30万円相当のポイントがもらえ、省エネ商品や商品券などと交換できるそうです。

以上から、5年後に買うのは得ではないことがわかりました。
ちょっとショック・・・
今買うのは、自己資金が少ないのでどう考えても無理なので、とりあえず、「住宅ローン控除」が受けられる3年後、2013年までを目標として頑張りたいと思います。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

今日で1歳4ヶ月

2010.06.26
Kathは今日で1歳4ヶ月になりました。

毎月26日、Kath誕生「○歳△ヶ月」には、Kathをしっかりと抱きしめながら、
「Kathちゃん、生まれてきてくれて、ありがとう。
とKathの頭をなでて語りかけます。
1年前までは手足をバタつかせて「あぶ~」と言っていましたが、今ではKathは私の瞳をじっと見つめて
「えへへ
「おかあちゃん
とお返事してくれます。
コミュニケーションができるって、本当に素敵なことですね。

節目の日なので、1歳3ヶ月の1ヶ月の間に「こんなことができるようになったよ」を振り返ってみたいと思います。


ついに、ひとりで歩けるようになりました!

つかまり立ちができるようになって、すぐに伝い歩きを始めて約半年ほどその状態が続いていましたが、ついに、ちょうど1ヶ月前、1歳3ヶ月になったその日に、ひとりでヨチヨチ、トコトコ歩き始めるようになりました。
はじめの1週間くらいは、よろよろしながら、つまずきながら歩いていましたが、だんだん歩く足取りがしっかりとしてきて、最近では、小走りくらいのスピードですたすたと部屋中を歩き回るようになりました。
今ではもう、つまずくことはめったにありません。
夜、暗闇の中でもぶつかることなく歩き回っていてビックリします。
この1ヶ月ですっかり歩くのをマスターしたようです。
おうちの中を裸足で歩くのには慣れてきたので、次は、靴を履いて外を歩く練習にステップアップしていこうと思います。


「両親の呼び方=『おとうちゃん』『おかあちゃん』」が定着しました。

Kathは1歳前後のころ、私たちのことを「パパ」「ママ」と呼んでいたのに、この1ヶ月ですっかり
「おとうちゃん」
「おかあちゃん」
と呼ぶようになりました。
もう、「パパ」「ママ」とは呼んでくれません。
いつも、Kathは思いっきり満面の笑みを浮かべて
「おかあちゃん!」
と呼んでくれるのでとっても嬉しいです。
母としての自覚と幸福感で満たされている毎日です。


拍手ができるようになりました。

ついに、拍手ができるようになりました。
拍手しながらリズミカルに歩いていることもあります。
食事の前後の「いただきます」「ごちそうさまでした」の合掌のときにも、Kathが率先して手をたたき合わせてごあいさつしてくれます。
私が
「合掌」
と言ったら、Kathが拍手をしながら
「うふふふ
と嬉しそうに笑っていたり、ときには
「いたたたた(←「いただきます」?)」
「ごじどどど(←「ごちそうさまでした」?)」
と言っています。
食事の前後には、手を重ね合わせてごあいさつするという習慣がすっかり身に付いたようです。
Kathにとっては、拍手は遊びでもあり、あいさつでもあり、音楽でもあるようです。


1歳3ヶ月のKathは、「二足歩行」「(はっきりと意味のある)初語」「拍手」という三つの大きな成長のあしあとを残してくれました。
意思表示、自己主張がはっきりしてきたことも、この1ヶ月で顕著にみられ始めた発達のしるしです。


さて、これから、1歳4ヶ月の1ヶ月間にはどんな成長ぶりがみられるか・・・
毎日わくわくしながら、Kathを見守っていきたいと思います。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

キビナゴのから揚げ

2010.06.26
今夜のメインは「キビナゴのから揚げ」でした。

今日は鹿児島産のキビナゴを買いました。
キビナゴは、春から初夏にかけて産卵期を迎え、脂がのった旬だそうです。
産卵期なのでお腹の中に卵や白子が入っています。
今日買ったキビナゴは100gあたり100円、中指くらいの大きさのもので、卵もしっかり入っていて美味しかったです。
刺身用だったので、目が黒く澄んでいて身に張りがあり、背中の黒と銀色の帯模様がはっきりとしていました。
刺身にするなら、頭と内臓を手開きで落として開いたらいいそうです。

私は九州に住み始めるまでキビナゴを食べたことがなかったのですが、夫から、学校給食の「キビナゴのから揚げ」が美味しかったという思い出話を聞いてから、私も食べてみたいと思い、何度か挑戦しています。

今日は、ショウガ醤油で下味をつけておいたキビナゴに片栗粉を混ぜた小麦粉を薄くはたいて、から揚げにしてみました。
今日買い求めたキビナゴは刺身用の新鮮そのものの状態だったので、素揚げ感覚で揚げました。

学校給食のから揚げは、竜田揚げのようなしっかりとした味付けで衣が厚めだったそうです。
冷めてもおいしいように工夫されていたのでしょう。
お弁当にはそのほうが合いそうです。

美味しいキビナゴをより美味しく食べるために、いろいろ工夫して絶品の味を追求したいと思います。

それでは、今夜の「キビナゴのから揚げ」のレシピを紹介します。


【材料】(2人分)
キビナゴ240g
しょうゆ大さじ1と1/2
ショウガ汁1片分
小麦粉大さじ3
片栗粉大さじ1
揚げ油適量
大葉4枚
プチトマト1個



【作り方】
(1)ボウルに濃いめの塩水を作り、キビナゴを入れて表面のウロコや汚れを落とした後、流水のもとできれいに洗い、ザルにあげてキッチンペーパーでおさえて水気をしっかり切っておく。
(2)バットに(1)のキビナゴを入れ、しょうゆとショウガ汁(皮付きのショウガをおろして絞った汁)をまぶして冷蔵庫で約30分おいておく。
(3)ビニール袋に小麦粉と片栗粉を入れ、汁気を切った(2)のキビナゴを加えて、口をしばって膨らませた状態でビニール袋を振って、まんべんなく粉をつける。
(4)180度の揚げ油でカラッと揚げる。


キビナゴのから揚げ




レシピブログに参加しています♪


今夜の献立は

キビナゴのから揚げ(キビナゴ、大葉、プチトマト)
小松菜と三つ葉のおひたし
ナスのハーブマリネ
お味噌汁(玉ねぎ、ニンジン、えのき茸、油揚げ、小ねぎ)
麦ごはん
納豆(小ねぎ)

でした。

Kathにもためしにキビナゴのから揚げをかじらせてみたら、意外と骨ごとガジガジとしっかり噛んでいました。
頭と尾を除いた部分を5~6尾分くらい、美味しそうにパクパク食べてくれました。
奥歯が生えてきているので、小骨も食べられるようになってビックリです!
キビナゴの背骨や小骨は、口に当たったり刺さるような骨ではないので、1歳4ヶ月になったばかりのKathにも食べることができたようです。
こんなに早く小魚を骨ごと食べることができるなんて、驚きでした!

Kathは最近、歩くようになったし歯も生えかけなので、体がカルシウムを欲しているのでしょうか。

成長に合わせて、食行動や好みが変遷していくのが興味深いです。

今日もKathは納豆を半パック以上食べていました。
納豆と交互だと、ごはんも今までのように進むようです。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

大葉ニンニク醤油で焼きおにぎり

2010.06.26
今日のお昼ごはんは冷麦にしました。

昨日の残りごはんでおにぎりにし、夏の定番、「大葉ニンニク醤油」を塗って焼きおにぎりにしました。

大葉ニンニク醤油」は、祖母の代から伝わる万能調味料♪
夏場に豊富に手に入る大葉とニンニクを使って、夏バテ解消に効く調味料を作って保存しておく、まさに先人の知恵が詰まった秘伝の味です☆

子どもの頃、よくこの焼きおにぎりを食べていたのを思い出し、残りごはんで焼きおにぎりにしてみました。
ニンニクしょうゆの焼ける香りがとっても食欲をそそります。
しょうゆ漬けにした大葉を巻いて、シソの香りも楽しめます☆


大葉ニンニク醤油で焼きおにぎり



blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

はじめまして、Kathです

2010.06.25
先日、某家電量販店のおもちゃコーナーを眺めていたら、Kathにそっくりなお人形を見つけました!

それは、私も子どもの頃から大好きなシルバニアファミリーの「ヒツジの赤ちゃん」です。

シルバニアファミリーのお人形は小さいので、まだKathには早いのですが、あまりにも可愛くて、何よりKathにそっくりだったので買ってしまいました!


ヒツジの赤ちゃん1


このお人形は、大人の親指ほどの大きさです。


ヒツジの赤ちゃん2


お人形と一緒に、「森のおはなし」というとっても小さい本が付いていました。かわいい!!


ヒツジの赤ちゃん3


このヒツジちゃんのように、Kathも大きなまん丸おめめと、ふっくらまぁるいほっぺがチャームポイントです。
丸っこい体つきも似ていますが、何より似ているのは頭部です!
Kathはちょっとくせ毛でカールしているので、このヒツジちゃんの毛の感じがとっても似ていて笑ってしまうくらいです。


ヒツジの赤ちゃん4


この下から見上げたほっぺの膨らみの感じが、これまたそっくりです。


ヒツジの赤ちゃん5


1ヶ月前から自分の足で立って歩くようになり、まさに、この横向きの姿はKathそのものです!


3歳ぐらいになったらシルバニアファミリーのお人形で遊べるようなので、
「Kathちゃんは1歳のころ、こんなかわいい赤ちゃんだったんだよ。
と教えてあげながら、Kathとお人形ごっこをして遊べる日がやってくるのが待ち遠しいです。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

鶏むね肉とたっぷり野菜のオーブン焼き

2010.06.25
今夜のメインは「鶏むね肉とたっぷり野菜のオーブン焼き」でした。

ヘルシーな鶏むね肉とビタミンたっぷりのお野菜を合わせて、シンプルにオリーブオイルとスパイスのみで味付けしていただきました。

鶏むね肉は、皮目をフライパンでカリッと焼いておいて、身はオーブンで加熱するとパサつかずしっとりやわらかく仕上がります。

調味料に、宮島醤油の「ステーキスパイス」を使いました。
このスパイス、牛ステーキだけでなく、豚肉や鶏肉、サラダなどにもよく合うので重宝しています。

それでは、「鶏むね肉とたっぷり野菜のオーブン焼き」のレシピを紹介します。


【材料】(2人分)
鶏むね肉1枚(約250g)
塩・コショウ少々
オリーブ油少々
ジャガイモ2個
ニンジン1本
玉ねぎ1/2個
緑ピーマン3個
赤ピーマン3個
ニンニク2片
エクストラヴァージンオリーヴオイル大さじ2
ステーキスパイス適量
レモン汁適量



【作り方】
(1)ジャガイモは洗って皮付きのまま1個ずつラップに包み、その上からフォークでたくさん穴を開けて耐熱皿に並べ、電子レンジ600Wで約7分加熱する。冷めないうちにキッチンタオル等で皮を剥き、4等分に切り分けておく。
(2)ニンジンは皮を剥き、1cm幅の斜め切りにして耐熱皿に並べ、ラップをして電子レンジで約5分加熱し下茹での代わりとする。
(3)玉ねぎは皮を剥いて細めのくし切りにする。ピーマンは縦半分に切ってヘタと種を取り除き、大きめの乱切りにする。ニンニクは皮を剥き、芽を取り除いてスライスしておく。
(4)鶏むね肉は余分な脂身を切り落とし、一口大の大きさに切り分けて、塩・コショウしておく。
(5)フライパンにオリーブ油を敷き、鶏むね肉の皮目から入れ、まわりに焼き目をつけて皿に取り上げておく。
(6)深めの耐熱皿に(1)、(2)、(3)、(5)を彩りよく並べ入れて、上からエクストラヴァージンオリーヴオイルとステーキペッパーをかける。
(7)170度に予熱したオーブンで20分焼く。
(8)レモン汁をかけて出来上がり。


鶏むね肉とたっぷり野菜のオーブン焼き




レシピブログに参加しています♪


今夜の献立は

鶏むね肉とたっぷり野菜のオーブン焼き(鶏むね肉、ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、緑ピーマン、赤ピーマン、ニンニク)
ナスのハーブマリネ
茹でトウモロコシ
お味噌汁(大根、ニンジン、えのき茸、油揚げ、小ねぎ)
白ごはん
納豆(小ねぎ)

でした。

Kathもたっぷりとお野菜が摂れました。まだピーマンは噛み切れないので、ちょっと齧らせただけでした。
最近、トウモロコシが気に入って「ガジッ」と噛むと美味しそうに、嬉しそうに笑っています。
納豆を1食につき1/2パックくらい食べるようになりました。
納豆と交互だと、ごはんもパクパク食べます。
食べさせるときにバランスが良くなるよう、順番に気をつけています。
小学生のとき、担任の先生が「ひとつのお皿だけでなく、どのお皿も順番に食べていきなさい。」とおっしゃっていたのが、今はよくわかります。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

あらがう

2010.06.24
最近、Kathは意思表示が極めてはっきりしてきました。

特に、「イヤ」ということを、表情、身ぶり、ことばで強く伝えてくるようになりました。

今朝も、朝食の前に、Kathがテーブルによじ登って向こう側にある絵本棚に行こうとするのを
「Kathちゃん、ダメです!後にしようね。」
と私が抱きかかえて制止したら、
「キィ~!」
「ヤ~!」
と叫んで、眉をひそめ睨み目をしながら反抗してきました。

いつの間にこんな表情をするようになったのでしょう。教えてはいないのに。

さらに、Kathは私に抱かれている状態で体をそらせて手足をバタバタして怒り出し始めました。

下におろしてやると、再び、テーブルに登って絵本棚のほうにスルッと移動してしまいました。
躾が・・・と思いつつ、とりあえずKathを観察してみました。

Kathは私のほうを見て、勝ち誇ったように
「おかあちゃん!」
と元気に呼びかけて、大満足の笑みを浮かべていました。
そして、目的としていたであろう、大好きな「ノンタン」の絵本を引っ張り出して、カバーを外してみたり、パラパラとページをめくっていました。

「あとでね。」
「これからごはんだよ。」
「テーブル登ったら、ダメです。」
と、とりあえず言い聞かせておきました。
Kathは、私が話しているときはじっとこちらを見つめていました。
そして、絵本を読む目標が達成されたので、またテーブルをよじ登ってごはんの着席位置に戻ってきました。

とにかく、Kathは近頃、自分が「こうする」と思ったことはやり遂げたいようです。

遠くに行ってしまうので、追いかけていき、手を差し伸べて、
「Kathちゃん、あっちに帰ろう。」
と言っても、Kathはその小さな手で私の手をパチンと払いのけてしまいます。

ごはんのとき、あと「ひと口」をお口にあ~んしようとしても、Kathはグッと口をつむって、顔を横に背けます。
「もういらない」の意思表示です。
今まで、離乳食期のときには、とりあえず口の中に入れて、ほしくないとペッと出していましたが、今は口に入れる前に拒否を示します。

我が子の「抗う(あらがう)」という意思を見てとったとき、私も親になったな、と実感が湧きました。

ニコニコ笑顔で素直に言うことをきいてくれるKathはもちろんかわいいですが、こうやって自分の意思を強く押し通す姿も、成長した証だと頼もしく感じます。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

ヤズのおろし煮

2010.06.24
今夜のメインは「ヤズのおろし煮」でした。

先週土曜に「ヤズとヤリイカの刺身」で骨側の半身を残して冷凍しておいたヤズの切り身を使いました。

最近、ヤズをよく買うのですが、調理法のレパートリーに悩んでしまいます。
基本的にブリやハマチと同じような感覚で扱えばいいようですが、毎週のように食卓にのぼるので、飽きがこないように気をつけています。

と言いつつ、今日も定番のおろし煮にしてしまいました。
サッパリして美味しいし、夫も娘も、もちろん私も好きなので、良しとします。

では、「ヤズのおろし煮」のレシピを紹介します。


【材料】(3人分)
ヤズ1/2尾
粗塩少々
少々
シシトウ9本
舞茸1株
ごま油大さじ1
だし汁1カップ
大さじ1と1/2
しょうゆ大さじ3
みりん大さじ1と1/2
大根おろし2カップ
大葉9枚



【作り方】
(1)シシトウはヘタと茎を切り落としておく。舞茸は石突を切り落としておく。大葉は洗って水気を拭き取っておく。
(2)ヤズは半身を3等分にし、火が通りやすくなるように皮目に切れ目を入れておく。バットに並べて塩と酒を振りかけて10分くらい置き、水気をしっかり拭き取っておく。
(3)熱したフライパンにごま油を敷き、シシトウと舞茸を炒め、皿に取り上げておく。
(4)フライパンに油を少し足し、(2)のヤズを皮目を下にして並べて、両面をこんがりと焼く。
(5)鍋にだし汁、酒、しょうゆ、みりんを入れて火にかけ、半量の大根おろしと煮立ったら(4)のヤズを入れて中火で煮る。
(6)煮汁が少なくなってきたら、鍋に残りの大根おろしを加えて弱火でサッと煮て火を止め、大葉を敷いた皿にヤズを載せ、大根おろしの煮汁と(3)のシシトウ、舞茸を盛る。


ヤズのおろし煮




レシピブログに参加しています♪


今夜の献立は

ヤズのおろし煮(ヤズ、大根、大葉、シシトウ、舞茸)
キュウリの韓国風ソース和え
茹でとうもろこし
お味噌汁(キャベツ、ニンジン、えのき茸、油揚げ、小ねぎ)
麦ごはん
納豆(小ねぎ)

でした。

Kathは今夜ももちろん、たんぱく質のお魚と納豆をモリモリ食べていました。
二足歩行ができるようになって約1ヶ月、運動のための筋肉をつけるためにたんぱく質が必要なため、脳が命令しているのでしょうか。
Kathの食行動の変化を見ていると、そう思わずにはいられません。
先日調べていて知ったのですが、人間の母乳は、たんぱく質が少なく乳糖(炭水化物)がたっぷり含まれているのですね。
まだまだ母乳が恋しいKathには、糖分は満たされているのかもしれません。

今朝から、Kathの朝食メニューを変更しました。
離乳食期から大好きでペロッと完食していた「バナナヨーグルト(バナナ1本を潰したものとヨーグルト大さじ2杯)を、最近残すようになりました。
私たちと同じものが気になるようなので、Kathにも

発芽玄米食パン(6枚切) 1/4切れ
目玉焼き 少々
ヨーグルト 約大さじ1杯分
バナナ
パイナップル

を食べさせてあげました。
食パンは自分で持って上手にちぎりながらモグモグかじって、きれいに全部食べることができました。
もう少し量を増やしても食べそうです。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

★★★『扉をたたく人』

2010.06.24
扉をたたく人(The Visitor)』(2008年)を観ました。

妻を亡くした喪失感をひきずって、ただ、なんとなく生きてきた大学教授ウォルター(リチャード・ジェンキンス)が、シリア系移民青年タレク(ハーズ・スレイマン)と「ジャンベ(djembe)」というアフリカ太鼓に出会うことで、生きる意味を見出していく姿に感動しました。

人は誰しも「生きがい」を見つけたいものです。
生きる意味や目標をなくしてしまったら、抜け殻同然となり、心の扉を閉じてしまう・・・
そのような経験したことが者ならウォルターに共感できると思います。
私も、映画前半の無気力なウォルターに苛立ちをおぼえつつ、ある日の自分に重ね合わせていました。

アフリカンでなくても、ジャンベの音を聴いたら魂が揺さぶられ、体が動き出し、心の扉が開かれるのを感じると思います。
ジャンベの音色、そしてアフロビートのリズムは、鼓動に似ているからでしょうか。
1歳のKathも、ジャンベの演奏が始まるとじっと画面に魅入り、自然と体が揺れて腰を振ったり手を叩いたりしていました。

この映画では、ジャンベの圧倒的な存在感のほかに、9.11以降の移民問題も重要なテーマとなっていると思います。
アラブ系というだけで厳しい目が向けられる現状を問題視しなければならない、という製作者の思いが伝わってきました。

ラストシーンで、親友となったタレクがシリアに強制送還され、ほのかな恋心を抱き始めたタレクの母モーナ(ヒアム・アッバス)とも別れ、再び大きな喪失感におそわれたウォルターが、彼らとの思い出がつまった地下鉄のベンチで無心にジャンベを叩く姿に思わず涙が溢れました。

何度でも観たい映画です。
いつか、私もジャンベを叩いてみたいと思います。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

synchronization

2010.06.23
Kathは「たたく」行為が大好きです。
おもちゃの太鼓を叩いたり、テーブルを叩いたり、ときどき私たちの背中も叩いてきます。
「ドンドンドン」
「バンバンバン」
という音がするのがおもしろいらしく、叩きながら大笑いしています。

最近では、拍手ができるようになったので、Kathは自分の両手をたたき合わせて
「パチパチパチ」
と音を鳴らして、やはり「キャハハ」と嬉しそうに笑っています。

そんなKathを見ていて、私もつい体が動き出します。
とてもリズミカルに音を鳴らしているからです。

私はいろんな音楽が好きなのですが、特にラテン音楽とアフリカ音楽に興味があります。
ラテン音楽、アフリカ音楽を聴くと、思わず口ずさんだり体が動き出します。
先日も、『扉をたたく人(The Visitor)』という素晴らしい映画を観賞しながら、その中に「ジャンベ」というアフリカンたいこが出てきたので、Kathと私はテレビの中の音楽に合わせてテーブルをたたきました。
このように、Kathは私と一緒に音楽を聴いたり、それに合わせて踊っている私を眺めているためか、すっかり音楽好き、踊り好きになってきました。

今日も、Kathが拍手をして歩き回っているのを見て、私が
「タンタンタンタタ タタッタタッタタ・・・
とサンバのようなリズムで歌いながら腰を振っていたら、Kathは一瞬ピタッと動きを止めた後、
「タタタッタタタッタタタ・・・
と同じように/ta/で歌いながらテーブルをたたき始めました。
今度は私がKathの刻むリズムに合わせて歌いながら手をたたくと、Kathも同じように拍手し始めました。
私が早く手を叩くと、Kathもがんばって早く手を叩こうとし、ゆっくりにすると、Kathも手の動きをゆるめて、ちょっと止まりながらゆっくり拍手していました。

このように、Kathと息を合わせて歌ったり拍手したりするのがとっても楽しいです。
「つながってるな」という幸福感が得られます。
Kathも、私に対してそう思ってくれているといいな、と願いながら、毎日陽気に歌ったり踊ったりして笑い転げています。


相手の動きに合わせて、すなわち同期させて自分の運動を制御するというのは、実はものすごく高度な処理がはたらいているのですが、1歳3ヶ月のKathにすでにその能力が備わっている、開花してきているというのに驚かされます。とても興味深いです。
もちろん、私がKathのリズムや動きに無意識的に合わせていることも多いのですが、意識的に観察してみても、やはりKathのほうから私のリズムに合わせてくれるという場面もしばしば見られます。
この「同期~synchronization~」は、前言語的コミュニケーションの萌芽ともいえるのではないでしょうか。


ともかく、理屈は抜きにしても、親子で共鳴、共振し合えるというのは、とっても幸せなことだな、と我が子Kathの存在に感謝する毎日です。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

イサキのガーリックハーブ焼き

2010.06.23
今夜のメインは「イサキのガーリックハーブ焼き」でした。

今日は長崎産イサキ1尾500円を使いました。
30cmくらいの大きさだったので、2つ切りに。
グリルで塩焼きすることが多いのですが、今日のは身が厚かったのでオーブンで焼きました。
大好きなガーリックハーブとエクストラヴァージンオリーヴオイルで。

高温のオーブンで焼くと、皮はパリッと、身はふっくらジューシーに仕上がりました。
庫内のニオイが気になると思って、オーブンで魚を焼くのは控えていましたが、美味しく仕上がったのでこれからは魚もオーブンで焼くことが増えそうです。
盛り付けに、フレッシュハーブを添えられたら良かったです。

それでは、「イサキのガーリックハーブ焼き」のレシピを紹介します。


【材料】(2人分)
イサキ1尾
粗塩小さじ1と1/2
黒コショウ少々
ニンニク1片
プロヴァンスハーブ大さじ1
エクストラヴァージンオリーヴオイル大さじ2
レモン汁適量
プチトマト5個
コーン適量


【作り方】
(1)粗塩をフライパンに入れて乾煎りし、サラサラの状態にしておく。ニンニクを輪切りにして芯は抜いておく。
(2)イサキはウロコを落として頭と内臓を取り除き、2つ切りにする。背骨に沿って身が離れないように切り開く。
(3)(2)のイサキに塩と黒コショウをして5分くらいおく。身の間にニンニクとプロヴァンスハーブを挟む。
(4)耐熱皿にクッキングシートを敷き、ハーブをふりかけて、その上に(3)のイサキを乗せてオリーブオイルをかける。
(5)下段に角皿を入れて230度に予熱したオーブンで、(4)を15分焼く。
(6)皿にイサキを載せ、耐熱皿に残ったハーブオイルとレモン汁をかける。プチトマトとコーンを飾って出来上がり。


イサキのガーリックハーブ焼き




レシピブログに参加しています♪


今夜の献立は

イサキのガーリックハーブ焼き(イサキ、ニンニク、プチトマト、コーン)
ポテトサラダ(ジャガイモ、ニンジン、キュウリ、レタス)
お味噌汁(大根、ニンジン、えのき茸、油揚げ、小ねぎ)
白ごはん
納豆(小ねぎ)

でした。

Kathは今日もモリモリお魚を食べていました。
ガーリックハーブ風味なので大丈夫かな、と思っていましたが、ハーブが付いているイサキの身も美味しそうに食べていてビックリしました。
今日のイサキはふっくらやわらかく焼けたので、Kathにとっても食べやすくて美味しかったようです。
今日はお魚だったので、ごはんもいっぱい食べてくれました。
ここ1ヶ月間、たんぱく質重視で食べているので、Kathの脚に筋肉がついてきたのを感じます。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

噛むちから

2010.06.22
昨日歯科検診に行って、Kathの下顎が発達していると言われました。
そこで、あらためてKathの噛む「ちから」に着目してみようと思いました。

私達が子どもの頃から、「最近の子どもは噛む力が弱くなって、あごが発達せず細いから、歯並び・噛み合わせが悪くなってしまう」といわれてきました。
現代の子どもは、ハンバーグやグラタンなどのやわらかい食べ物ばかりを偏って食べることが問題となっています。
やわらかい食べ物は噛む回数が少ないので、顎が鍛えられないといわれています。

「噛む」という運動によって顎の筋肉が鍛えられるだけでなく骨格も大きく発達するというのは、Kathの成長ぶりを見ていてつくづく実感しました。
たしかに、この1年あまりでKathの顎がしっかりとしてきたのが外見からもわかります。
たまにKathがふざけて私や夫の腕や胸を噛んできますが、その「力」があまりにも強くて、絶叫して飛び上がるほどです。

赤ちゃんは、生まれてすぐおっぱいを飲むときから「噛む」に似たような運動を始めています。
これを「吸啜(きゅうてつ)運動」といいます。
おっぱいをくわえて、舌を唇まで突き出して、リズミカルに波打つように動かす蠕動(ぜんどう)運動のことです。
この吸啜運動が、噛む・吸う・吹く・喋るなどの複雑な動きに発展していき、言語獲得の土台となっていくと考えられています。
Kathをみていると、この説もまったくその通りだと納得しています。

Kathは6ヶ月目ごろから始めた離乳食を1歳2ヶ月頃で完了し、今では大人と変わらない硬さの食事をとっています。
今夜、普段気なく見ているKathの「噛む」行為を注意深く観察したいと思いました。
噛む「圧力」については家庭では簡単に測れないので、よく噛んでいるのか確かめる目安として、噛む「回数」を調べてみようと思いました。
簡単な統計として、平均回数を調べました。

【方法】
夕食時、食べ始めの3口を除く10口を対象とし、乳幼児用スプーンひと口(約小さじ1/2)あたり何回噛むか計測しました。
計測時に与えた食べ物は麦ご飯としました。
なお、ひと口あたり麦が万遍なく含まれるように掬うことに注意しました。

【結果】

咀嚼回数(回)
1口目22
2口目17
3口目18
4口目21
5口目15
6口目17
7口目13
8口目15
9口目11
10口目13
平均16.2
標準偏差3.5



何気なく見ているKathの噛む行為をこうして調べてみると、意外とよく噛んでいることが数値の上でも確認できました。
はじめは20回ぐらい噛んでいましたが、後半になっていくにつれて回数が減ってきているので、顎が疲れてきていることが示唆されます。
Kathの表情をみていても、後半は噛む動きが鈍くなっていました。
10口食べた後、少し休憩してから食べ始めると、またしっかり噛んで食べているようでした。


私が思っていたよりも、Kathはしっかりと噛んでいることが確かめられて、とても感心しました。
Kathの噛む「ちから」は、このように顎をたくさん動かして鍛えた結果よく発達したと実感しました。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

豚肉とキノコのホイル包み焼き~味噌バター風味~

2010.06.22
今夜のメインは「豚肉とキノコのホイル包み焼き~味噌バター風味~」でした。

いつもは鶏ささみ肉や魚介類でサッパリしたホイル焼きを作ることが多いのですが、今夜はトンカツ用の豚ロース肉で、ボリュームのあるホイル焼きを作ってみました。

夫と娘が大好きな味噌バター味で、ごはんが進むおかずになりました。

味噌ダレにショウガを効かせるのがポイントです。

それでは、「豚肉ときのこのホイル焼き~味噌バター風味~」のレシピを紹介します。


【材料】(3人分)
豚ロース肉(トンカツ用)3枚
まいたけ1パック(100g)
しめじ1パック(100g)
シシトウ9本
コーン缶適量
小ねぎ適量
バター30g
黒コショウ少々
《味噌ダレ》
味噌大さじ3
大さじ1と1/2
みりん大さじ1と1/2
しょうゆ小さじ1
ショウガ1片



【作り方】
(1)まいたけとしめじは石づきを切り落として小房に分けておく。シシトウは茎とヘタを切り落としておく。
(2)豚肉はラップで挟んですりこぎで叩き、1.5cm幅に切っておく。
(3)《味噌ダレ》の材料をよく混ぜ合わせておく。
(4)30cm四方のアルミホイルを広げ、中央にバター(分量外)を薄く塗り、その上に豚肉、まいたけ、しめじ、シシトウを1/3量ずつ順に載せる。さらにその上に1/3量の味噌ダレとバター10gを載せて、アルミホイルの端をしっかりと閉じる。同様にして残り2つのホイル包みを作る。
(5)オーブンの角皿に間隔をあけて並べ、グリル機能で15~18分焼く。
(6)アルミホイルの上部を開けて、コーンと小ねぎを散らし、黒コショウをふって出来上がり。


豚肉とキノコのホイル包み焼き~味噌バター風味~




レシピブログに参加しています♪


今夜の献立は

豚肉とキノコのホイル包み焼き~味噌バター風味~(豚ロース肉、まいたけ、しめじ、シシトウ、コーン、小ねぎ)
小松菜の二色胡麻和え(小松菜、白ゴマ、黒ゴマ)
お味噌汁(キャベツ、ニンジン、えのき茸、油揚げ、小ねぎ)
麦ごはん
納豆(小ねぎ)

でした。

Kathも大好きな豚肉と味噌の組み合わせで、とてもおいしそうにパクパク食べてくれて嬉しかったです。
豚肉とキノコは、ナイフで小さく刻んであげました。
Kathは最近、つるっと口に入るキノコが気に入っているようで、かみかみして食べるようになりました。
キノコはビタミンDが豊富に含まれるので、積極的に食べたいです。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

はじめての歯科検診&フッ素塗布

2010.06.21
今日、Kathは初めての歯科検診を受けました。

先日、上顎の第一乳臼歯が左右両方とも生え始め、上下の前歯8本はすっかり伸びたので、虫歯予防のフッ素を塗ってもらおうと思い、近所の歯医者さんに予約して行きました。

春ごろ、パパやママの歯科検診についてきたときには、Kathは人見知りしてずっと大泣きしていましたが、今回は先生と目が合ったり話しかけられたりしても泣きませんでした。
でも、いつも元気におしゃべりしているKathとはうってかわって、ちょっと照れたような表情をして先生をチラッと見ていました。
Kathに「恥ずかしさ」の感情が芽生えてきたように思いました。

まずは診察台に座って、先生がKathに歯ブラシを手渡そうとしてくれましたが、Kathはそばにいた私をつかんで、ちょっと警戒している感じでした。
いつもは歯磨きタイムのときに私から歯ブラシを奪い取るのですが、歯医者さんに対しては緊張気味のようでした。

その後、先生がKathを喜ばせようと、コットンをちぎって見せて
「Kathちゃん、ふわふわだよ~」
とKathの手の甲にポンポンと当ててくれたのですが、Kathは突然、火をつけたように大泣きし始めました。
先生が
「あ、注射を思い出しちゃったかな?」
と苦笑していました。

私と先生がKathをあやしても泣き止まないので、大泣きして口を開けている隙に、まずはブラッシングすることになりました。
先生から、私は横に寝かせたKathの胴体をひじを曲げた状態で挟んで両脇に固定し、Kathの手を握って安心させながら、抵抗しないようにおさえておくよう、指示されました。

私も先生も、Kathに話しかけながらご機嫌をとろうとしましたが、Kathは一向に泣き止まず、もがき続けていました。
私と先生が二人がかりでおさえても動いてしまうくらい、Kathはものすごい力で抵抗し続けていました。
先生が、
「Kathちゃん、1歳なのに力が強いね~!
ととてもびっくりされていました。

たしかに、Kathはとても力が強いです。
特に背筋が強く、反るとパパでもびっくりするくらいの力が出ます。
1kgのサラダ油のボトルを軽々と持ち運び、昨日は5kgの米袋を引きずり下ろしていました。

歯科検診の話に戻ると、Kathは抵抗して泣き続けながらも、先生はKathの口を見て、指で歯茎を触りながら検診してくれました。
Kathは下顎が広く、歯並びも心配ないでしょう、と言われました。
胎内にいたときのエコー写真がパパ似で顎が細かったので、まさか下顎が広いと思わず、とてもビックリしました!
最近、根菜や肉・魚・豆をよく噛んで食べているので、顎が発達したのかもしれません。
ママに似て四角い顔になるかもしれないのは複雑な気持ちですが、歯並びが良くなる、と言われたことには安心しました。
歯も詳しくチェックしてもらい、虫歯はなく、日頃のブラッシングもきれいに磨けていると褒めてもらえました。
上の歯の裏が磨きにくいので、少し磨き残しがありました。
仕上げ磨きをするとき、Kathの頭をおひざに乗せるのですが、顔を横向きにして歯ブラシを横にして磨いてやると磨きやすいとアドバイスしてもらいました。

その後、先生にブラッシング、歯間ブラシできれいにしてもらいました。
歯間ブラシを日常的にしたほうがいいのか尋ねたら、まだしなくていいと言われました。

そして、最後にフッ素を塗ってもらいました。
チューブに入ったフッ素を歯ブラシにとって、歯に軽く当てているようでした。
先生が
「Kathちゃん、何のお味かな~?おいしいよ!」
と言っていたので、子ども向けに甘い風味がするのかもしれません。
日常的に使っているフッ素配合フォーム状歯磨きも、フルーツの香りがします。

Kathは検診中、ずっともがいて大泣きし続け、背面ジャンプのようにピョンと飛んでいきそうな勢いでした。
先生に対して謝ると、「3歳まではどんな子でも泣きますよ」と励まされました。
逆に、泣いたり抵抗しないほうが心配なようです。

今日は、検診費用は公費負担で、フッ素塗布は自己負担の500円でした。
フッ素塗布で使った歯ブラシは滅菌処理してプレゼントしてもらえました。
日常使っている乳幼児用歯ブラシ100円も買っておきました。
1歳児が使える歯ブラシは、スーパーやドラッグストアではなかなか見かけないのです。


次は3ヵ月後の定期検診です。
これから、奥歯も生えてくるので、ますます歯磨きに気をつけようと思います。
幸い、Kathは歯磨きが好きなので、親子で楽しみながら毎食後歯磨きタイムを過ごしています。
虫歯ゼロを目指してがんばります!


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

蒸し鯛の香味ソース

2010.06.21
今夜のメインは「蒸し鯛の香味ソース」でした。

今日は福岡産天然レンコダイ1尾600円を使いました。

今夜は手軽にフライパンで蒸しました。
ポイントは、ごま油で炒めた長ネギの上に鯛を並べて、鯛にゴマとネギの香りを移してあげることです。
長ネギがたっぷりあるときは、ぶつ切りにして敷き詰めても、蒸している間にトロトロにやわらかくなって美味しいです。

香味ソースには、ベースに「大葉ニンニク醤油」を使っています。
大葉やニンニクはこの醤油に漬けてあるものを使いました。
ミョウガは、そのまま薬味にすると夫には刺激が強いようだったので、香味ソースに混ぜ込んでみました。
いろんな香味野菜がブレンドされて、深みのあるソースになりました。
ハチミツを加えるので、まろやかな甘みがプラスされます。
このソースは、からあげや冷奴にもよく合います。

それでは、「蒸し鯛の香味ソース」のレシピを紹介します。


【材料】(3人分)
レンコダイ1尾
小さじ1
ごま油大さじ1
長ネギ1本
1/2カップ
大葉6枚
《香味ソース》(作りやすい分量)
ショウガ1片
ミョウガ2本
ニンニク1片
長ネギ10cm分
大葉10枚
大葉ニンニク醤油大さじ4
大さじ4
ごま油大さじ2
少々
マスタード大さじ2
レモン汁大さじ2
ハチミツ大さじ2
白ゴマ大さじ2



【作り方】
(1)《香味ソース》を作る。ショウガ、ミョウガ、長ネギは極細かいみじん切りにする。大葉ニンニク醤油の大葉とニンニクを取り出し、みじん切りにする。
(2)ボウルにしょうゆ・酢・ごま油・マスタード・レモン汁・はちみつを入れ、よく混ぜ合わせる。さらに(1)の香味野菜を加えて混ぜる。
(3)長ネギは5mm厚さの斜め切りにする。鯛は3枚おろしにして、頭は縦半分に、身は6等分の切り身に、アラは適当な大きさに切り、塩を振っておく。
(4)熱したフライパンにごま油を敷いて長ネギを入れ、塩少々をして中~強火で長ネギがしんなりするまで炒める。
(5)(4)のしんなりしたネギの上に鯛の切り身を載せ、煮切っておいた酒を入れて蓋をし、沸騰したら弱火にして10分ほど蒸す。
(6)蓋を取り、汁気が残っていたら火を強めて汁気を飛ばしながら、ネギがとろりとするまで煮詰める。
(7)皿に大葉とネギを敷き、上に鯛を載せて出来上がり。


蒸し鯛の香味ソース




レシピブログに参加しています♪


夫には、食後のデザートに「ベイクドチーズタルト」を用意しました。


ベイクドチーズタルト(1/6ピース)


今夜の献立は

蒸し鯛の香味ソース(レンコダイ、長ネギ、ショウガ、ミョウガ、大葉、ニンニク)
小松菜のおかか和え(小松菜、カツオ節)
ポテトサラダ(ジャガイモ、ニンジン、キュウリ、レタス)
お味噌汁(大根、ニンジン、えのき茸、油揚げ、小ねぎ)
白ごはん
納豆(小ねぎ)

でした。

Kathは今日もたんぱく質たっぷりを求め、レンコダイと納豆をしっかり食べていました。
レンコダイを蒸したものは身がやわらかく、食べやすかったようです。
とろとろになったネギも甘くておいしかったので、気に入って食べていました。
相変わらず、大根とニンジンの「がじがじ」が大好きです。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

/va/から/ba/へ

2010.06.20
今日は父の日。

Kathはいつもに増して
「おとうちゃん」
「おとうたん」
「おとん」
と夫に呼びかけていました。

1歳前後のころは、Kathは夫のことを
「パパ」
「パパパ」
と呼んでいました。

でも、今では完全に
「おとうちゃん」
です。
私たちの世代で「おとうちゃん」「おかあちゃん」と呼ばせている親は珍しいですが、Kathにとっては「パパ」や「ママ」よりも呼びやすいようですし、何よりかわいいので、そのまま「おとうちゃん」「おかあちゃん」と呼ばせています。

最近Kathは、「パパ」、すなわち/p/の音をあまり発しなくなりました。

でも、相変わらず
「ばばばばば」
と楽しそうに言っている姿は見かけます。

私が抱っこしてあげているとき、お互いの顔を見合わせていると、Kathがおもむろに
「ばばばばば」
と笑いながら言ってくるので、私もKathの真似をして
「ばばばばば」
と言うと、Kathはますます大笑いして、「ばばば・・・」を続けます。
きっと、Kathにとっては、この「ばばば・・・」も何かの意思をあらわす言葉なのだと思います。
たいてい、ごきげんなときに
「ばばばばば」
と歌うように発しています。

Kathが「ばばば・・」というようになったのは、生後8ヶ月前後からでした。

その頃から先月ごろまで、すなわち1歳2ヶ月(14ヶ月)齢までは、Kathは下唇に上の歯を当てて、英語の/va/の音を出していました。
むしろ、日本語にもある/ba/の音は、めったに発していませんでした。
すなわち、
「ばばばばば」
というのは、
「va va va va va」
だったのです。
ひとつひとつ、下唇に上の歯を当てて/v/の音をきれいに発していました。

しかし、1歳3ヶ月(15ヶ月)齢も後半に入った最近では、/v/の音ではなく、日本語の「ば」、すなわち/ba/の音になってきました。
「ばばばばば」と言っているKathの口元を注視しても、もはや下唇に上の歯を当てておらず、上下の唇同士を開閉して発する/ba/になっていました。

研究生活を離れ、最近の言語発達研究の動向にはついていけていないのですが、このようなKathの様子を観察していて、過去に愛読していた言語習得の文献(桐谷滋著、『ことばの獲得』、ミネルヴァ書房、1999年)を読み返してみたくなりました。

乳児の音韻知覚(音の聞き分け)の発達に関しては、次のようなことがわかっています。

乳児期早期には世界中の言語に存在するほぼすべての音韻を弁別する能力を有しているといわれています。
このような能力のことを、「言語普遍的な音韻知覚能力」といいます。
この「言語普遍的な音韻知覚能力」は新生児期から示されることから、動物に対してヒトは、出生時においてすでに、音声の音韻性特徴をカテゴリ的に知覚する聴覚メカニズムを備えていると考えられています。

音韻知覚の弁別能力、すなわち音の聞き分けに関しては、母音知覚に関しては生後6ヶ月前後(Polka et al.,1994)、子音知覚に関しては生後10ヶ月前後(Werker, 1984)に、母語(母国語)には存在しない非母語の音韻対立の弁別能力が低下すると報告されています。

このような非母語の音韻に対する弁別能力の低下は、母語の音韻体系への同化能力の発達を意味し、音声処理がより母語に適合し、母語をより効率的に習得するために必要な発達変化である、と捉えられています。

また、乳児期の母語音韻体系への同化能力の発達と、他の非言語的な認知的能力(視覚的カテゴリ化能力、記憶)との相関も認められています(Lalonde & Werker, 1995)。

つまり、見たものを切り分けてグループにまとめる能力や、見たり聞いたりというような五感で感じたことを記憶しておく能力と、音声をことばとして処理する能力とは、深く関連していることが示唆されています。

以上のように、音韻知覚、すなわち言語音の聞き分けに関することは確かめられたのですが、音韻生成、すなわち言語音を発するほうの研究報告に関しては掴みきれませんでした。

私がいま深く関心を抱いているのは、音韻生成の発達に関してです。

一般的に、音韻知覚、言語認知の発達が先行し、その後に音韻生成、言語表出の発達がやってくるので、上記のような音韻知覚の発達が完了しているからこそ、Kathは母語の子音を表出するようになったと考えられます。

ちなみに、音韻知覚能力の発達について上記の研究をふまえると、あたかも生後10ヶ月が外国語習得の臨界期であるかのような触れ込みが早期英語教育教材などで見かけられますが、実際に子育てをしながら我が子の言語発達を観察してみて、こうした意見には疑問を感じずにはいられません。

『ことばの獲得』にも記述されていますが、生後10ヶ月のころから、「乳児は自分を取り巻く音声環境を、母語の音韻体系の枠組みのなかに整理することによって、これらの組み合わせからなる語構造を抽出し、記憶し、意味と結びつけて、語彙獲得へと進んでいく」という意味で、生後10ヶ月は音韻知覚能力の発達において重要な時期である、ということがいえる、ということにとどまると思います。

私自身、外国語習得が趣味のひとつなので、Kathにもいろんな言語を聞かせていますが、強制的な教育はしていません。
この時期は、むしろ、子どもの周りにいる大人から母国語またはその土地の方言を聞かせ、身につけさせていくことが大事だと思っています。

Kathの/va/から/ba/への子音表出の変化が興味深かったので、つい、夜更かししてのめり込んでしまいました。

これからも、Kathとのおしゃべりを楽しみながら、Kathのことばの発達をあたたかく見守っていきたいと思います。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

夏野菜カレー

2010.06.20
今夜は「夏野菜カレー」でした。

今日は父の日。
夫に「何が食べたい?」と尋ねたら、「カレーライス」とリクエストされたので、父の日ディナーはカレーライスに決まりました。

我が家のお気に入りのカレールーは、エバラ食品の「横濱舶来亭カレーフレーク【こだわりの中辛】」です。
パッケージにひかれて、夫が見つけてくれたのですが、メーカーがあの焼肉のタレで有名なエバラ食品でちょっと意外な感じがしました。

食べてみると、まろやかだけどスパイスが効いていて、コクと旨味が口いっぱいに広がる感じが気に入りました。

カレーライスは奥深いですね。
今度、「GABAN手作りカレー粉セット」も試してみたいね、と夫と話しています。

いずれにせよ、カレーにはあめ色玉ねぎが決め手ですね!
今日は夏野菜と鶏肉のカレーにしました。
夫の大好きな組み合わせです。


夏野菜カレー


今夜は父の日なので、夫の大好物、ポテトサラダも添えました。
夫はカレーライスをおかわりして、満腹になっていました。
父の日スペシャル(!?)として、ライスをハート型にしてみましたが、先にご飯をお皿に載せてしまったので、ご飯につかないようにカレールーを注ぐのに一苦労してしまいました。
その姿を夫に見られてしまい、ちょっと恥ずかしかったです。

今夜の献立は、

夏野菜カレー(鶏もも肉、玉ねぎ、ニンジン、ナス、トマト、シシトウ、赤ピーマン、雑穀ごはん)
ポテトサラダ(ジャガイモ、ニンジン、キュウリ、レタス)
パイナップル

でした。

夏になり、パイナップルが黄金色に完熟し、とっても美味しそうに並んでいるので、買わずにはいられませんでした。
Kathにもパイナップルをかじらせたら、まずは酸っぱそうに口を尖らせて、その後にくる甘みを舌の上でころがして味わっているようでした。
いろんなものを食べて、味覚を発達させていってほしいです。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

ベイクドチーズタルト

2010.06.20
今日は父の日。

夫のリクエストに応えて、ベイクドチーズケーキを作りました。

いつもは、クリームチーズケーキのパッケージに書いてあるレシピで作るのですが、今日は「父の日」、ちょっと趣向を凝らして、タルトにしてみました。

我が家のオーブンの説明書に載っているレシピと、いつものレシピを参考に作りました。

それでは、今日作った「ベイクドチーズタルト」のレシピを紹介します。


【材料】(直径21cmのタルト型1個分)
《タルト生地》
無塩バター60g
砂糖40g
溶き卵M1/2個分
バニラエッセンス少々
薄力粉120g
バナナ1本
《チーズクリーム》
クリームチーズ200g
生クリーム100g
砂糖90g
卵黄M2個
コーンスターチ30g
レモン汁大さじ2
バニラエッセンス少々
卵白M2個



【作り方】
(1)室温に戻してやわらかくしたバターと砂糖を白っぽくなるまで練り混ぜる。
(2)溶き卵を少しずつ加えてよく混ぜ、バニラエッセンスを加える。
(3)薄力粉を2回に分けてふるい入れてサックリと混ぜる。粉っぽさがなくなったら、ひとまとめにしてラップに包み、冷蔵庫で約1時間ねかせる。
(4)ボウルにやわらかくしたクリームチーズと砂糖75gを入れ、ゴムベラでしっかり練り混ぜる。
(5)(4)に卵黄を加えてなめらかになるまで混ぜる。
(6)コーンスターチ、レモン汁、バニラエッセンスを加えてその都度混ぜる。
(7)別のボウルに生クリームと砂糖15gを入れて角が立つまで泡立て、(6)のボウルに加えて混ぜる。
(8)別のボウルに卵白を入れて角が立つまで泡立て、(7)に加えて混ぜる。
(9)ラップとラップの間にタルト生地をはさんで、めん棒で3mm厚さに伸ばし、型にきっちりと敷き詰め、余ったふちはめん棒を転がして切り落とす。焼いたときに膨らまないように底と側面にフォークでたくさん穴をあけておく。
(10)(9)の側面に沿って、3mm厚さにスライスしたバナナを底に敷き、(8)のチーズクリームを流しいれて角皿に載せる。
(11)(10)をオーブン下段に入れて予熱なしの170度で約55分焼く。
(12)焼きあがったら型に入れたままケーキクーラーにのせて粗熱を取り、表面にアプリコットシロップを塗っておく。冷蔵庫でよく冷やしてからいただく。


ベイクドチーズタルト




レシピブログに参加しています♪



我が家は夫と娘がレーズンを食べられないので避けましたが、タルトとクリームチーズの間にラムレーズンを散らしても美味しいです。

先日見つけた、帝国ホテルのチーズケーキは、ベイクドチーズの上にレアチーズが重なり合っていて、粉砂糖でお化粧されて、とっても美味しそうでした☆
そんなお洒落なケーキが作れるようになるために、楽しみながらがんばっていきたいと思います。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

人見知り卒業宣言!

2010.06.19
今日はいろいろとお出かけしました。

Kathは、大勢の人のなかでもいつものようにいっぱいおしゃべりしてごきげんでした。
今までは、おうちでは大声でおしゃべりしても、外出先では黙っていることが多かったのですが、今日はとりわけごきげんで、抱っこしているパパに向かって
「おとうたん」
と呼びかけたり、お買い物で少し離れた私を探して
「おかあたん」
と大きな声で呼んだりしていました。
そして、いつもごきげんな時に歌うように発する
「ばっばっばっばっば」
も、人前でニコニコ笑いながら発声していました。

パパやママ以外の人に見つめられたり話しかけられたりしても、まったく泣かなくなりました。
まだ、愛嬌よく笑いかけることはないのですが、じっと相手を見つめて、「誰だろう?」と考えているような表情をしていたものの、以前のように大泣きしてビックリさせることはなくなりました。

今日のKathの様子を見て、もう人見知りから卒業したと言えるな、と確信しました。

思い返せば、Kathはちょうど1歳を迎えた頃から、急にひどい人見知りになりました。
核家族暮らしなので、人慣れしにくい環境ということもありましたが、それまではまったく人見知りの気配すら見せなかったので、当時はとっても驚き、戸惑っていました。
母子健康相談などで、助産師さんが「泣くのをおそれずに、どんどん人のなかに連れ出したほうがいい」と助言してくださったので、できるだけ積極的に外出してきました。
Kathが泣き出しても、「人見知りが激しくて」と相手に説明して、Kathには「大丈夫だよ」と抱きしめてあげて安心感を伝えるように努力してきました。
私が取り乱したら、Kathにもその不安が伝わって、余計に泣かせてしまうと思ったので、気をつけていました。
これまで約3ヶ月間は、まさに火をつけたように大泣きして、Kathの泣き声がまわりに響き渡っていましたが、今月になったころから、すっかり泣かず、ぐずることもなくなりました。

今日は、一日中とってもごきげんだったので、今日をもってKathの「人見知り卒業」を宣言したいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。