スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子は親の鏡

2010.07.18
「子は親の鏡」

誰もが一度は耳にしたことがある、この言葉・・・
(知らない方は、ぜひ検索してみてください。

これは、1954年にドロシー・ロー・ノルト(Dorothy Law Nolte)が書いた詩のタイトルです。

子どもを育てていると、この詩のなかに紡がれた言葉の意味や、その重みをひしひしと感じることができます。

ちなみに、著書『子どもが育つ魔法の言葉』(1998年刊・アメリカ)は、22ヵ国語に翻訳され、ミリオンセラーとなり、詩「子は親の鏡」は37ヵ国語に翻訳されて、世界中の人々の共感を呼び起こしたそうです。


Kathと接していると、親子だから顔や体の特徴が似ているだけでなく、笑い方や泣き顔、イライラして怒っている様子といった感情表現まで、あらゆるところが私や夫にそっくりなことに気づきます。

おもしろいのは、対面している相手によって、Kathの表情が変わること。

私と一緒だと、私と同じように顔をくしゃくしゃにして、世界の幸せすべてを享受しているかのごとく全身で喜びを表します。

夫と向かい合っていると、おとうちゃんと同じように大きな口を開けておなかの底から笑い、二人で大きな笑い声を部屋中に響かせています。

私や夫が深刻な話をしていると、Kathもそばに近づいてきて、
「だいじょうぶ?」
と言っているかのように、そっと頭に手を伸ばし、触りながら顔をのぞきこんできます。

1歳4ヶ月にして、「場の空気をよむ」という能力が開花していることに感心してしまいます。


「子は親の鏡」ということを逆手にとって、子どもをなだめることもできます。

Kathがぐずって泣いていたりイライラして怒っているとき、
「Kathちゃん、どうしたの~?おかしいよ~
と私が笑いかけながらKathのおなかや腰のあたりをさすってあげたり、頭をなでてあげたり、時には軽くくすぐってあげると、Kathはだんだん落ち着いて、しまいには私と一緒に笑い出します。

子どもがぐずったり機嫌が悪くなると、親のほうもイライラして焦ったり怒ったりしてしまいがちです。
でも、親がちょっと落ち着いて子どもに笑顔をプレゼントしてあげたら、子どももそれに反応して、またはそれを真似して、笑顔でお返事してくれるものだな、とKathを育てながら実感しています。

Kathのこころには、いつも私の笑顔を映し出してもらいたいな、と思っています。





blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆
スポンサーサイト

アジのオーブン焼き~ガーリックハーブ風味~

2010.07.18
今夜のメインは「アジのオーブン焼き~ガーリックハーブ風味~」でした。

アジのオーブン焼き~ガーリックハーブ風味~

今日は、佐賀産アジ1尾150円を使いました。
ちょっと小ぶりだったので計3尾買い、3枚おろしで3切れずつにしました。

刺身用の新鮮なアジだったので、シンプルに食べたようと思い、オーブン焼きにしてみました。

お魚をオーブンで焼くことはめったにないのですが、皮がパリッと、身はジューシーに仕上がるのはお肉と同じで、とっても美味しくいただけました。

グリルで焼くアジの塩焼きも好きだけど、たまにはこんな風にオーブンで焼くのもいいですね。

それでは、「アジのオーブン焼き~ガーリックハーブ風味~」のレシピを紹介します。


【材料】(2~3人分)
アジ3尾
少々
コショウ少々
玉ねぎ1/2個
緑ピーマン1個
赤ピーマン1個
ニンニク1片
プロヴァンスハーブ大さじ1
エクストラヴァージンオリーヴオイル大さじ2
とろけるチーズ2枚
レモン汁適量
ステーキペッパー適量



【作り方】
(1)玉ねぎは繊維に垂直に1cm幅に切る。ピーマンは5mm角くらいの粗みじん切りにする。ニンニクは輪切りにして芯を抜いておく。
(2)アジは三枚におろし、塩・コショウをふって5分置く。
(3)耐熱皿に薄く油(分量外)を塗って、玉ねぎ、アジ(皮目を上に)、ピーマン、ニンニクの順に載せ、エクストラヴァージンオリーヴオイルとプロヴァンスハーブをまんべんなくふりかけ、チーズを1枚ずつちぎって適当に散らす。
(4)230度に予熱したオーブンで約15分焼いて、レモン汁とステーキペッパーをふりかけて出来上がり。


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆


今夜の献立は

アジのオーブン焼き~ガーリックハーブ風味~(アジ、玉ねぎ、緑ピーマン、赤ピーマン、ニンニク)
茹でブロッコリー&トウモロコシ
お味噌汁(キャベツ、ニンジン、えのき茸、油揚げ、小ねぎ)
麦ごはん
納豆(小ねぎ)

でした。


Kathもアジが大好きなので、今夜は1/4切れ分くらいパクパク、モリモリ食べることができました。
アジだけを口に入れてあげるよりも、アジをごはんにのせて一緒に口に入れてあげたほうが食が進んでいる感じでした。

ブロッコリーはひと口かじったけど、今日は固ゆでにしていたので、Kathには少しかたかったようで、それ以上は食べてくれませんでした。

離乳食ではブロッコリーを軟らかく茹でてすりつぶしたものを気に入って、とてもよく食べていたので、ブロッコリーの味は大好きなはず。
特に、離乳食期はブロッコリーの芯が甘くて食べやすいようでした。

まだ歯が完全に生え揃ったわけではないので、食材によってかためにしたりやわらかめにしたり、調理法を工夫していきたいと思います。


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。