スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタズラから垣間みえる論理的思考力

2010.07.27
先日の記事、「キッチンはパラダイス☆」や「そ~っと、そ~っとね」でも触れましたが、Kathはキッチンに侵入してゴソゴソと調理器具や保存食を漁るのがすっかりお気に入りの遊びになりました。

「危ないから締め出した方がいい!」
「躾がなっていない!キッチンは遊び場じゃないことを教えるべきだ。」
などといった声がきこえてきそうですが、私自身は、

「子どもの好奇心を大切にしたい。危険な箇所をなくしたり、親が子どもを見守ってあげることで、日常生活の空間すべてを遊び場にしてあげたい。」

というふうに考えています。

というわけで、キッチンのシンク下(包丁が入っているところ)やコンロ下(調味料の瓶が入っているところ)、引き出し(箸やフォークなどが入っているところ)、食器棚の引き出しや開き戸には、赤ちゃんガードの鍵を夫に取り付けてもらいました。
食器棚の鍵1

ちなみに、この鍵は
(1)親指と人差し指で両側を挟んで押しながら
(2)親指側を上に押し上げて開ける
という構造になっています。

食器棚の鍵2

Kathはこの鍵に興味津々なのですが、子どもには(1)が難しいようで、今のところ絶対に開けることができません。

鍵をポリポリひっかいたり、無理矢理こじ開けようとつまんで引っ張ったり叩いたりしています。

「Kathちゃん、開かないよ~。
と私が声をかけても、Kathは私をじっとにらみ返して、しぶとく挑戦し続けるところが、Kathらしい粘り強さと感じられ、微笑ましく見守っています。

そして、Kathは自分が納得するまで挑戦し、しばらくすると諦めて他に興味が移っていきます。

ちなみに、引き出し用の鍵は
(1)蓋を開ける
(2)ボタンを押しながら引き抜いて、外す
という構造になっています。

引き出しの鍵1

引き出しの鍵2

こちらに関しては、Kathは(1)の蓋を開けるところまではすでにできています。

なるべくKathの目の前では開けないようにしているのですが、子どもはしっかり見て学習しているのですね。



そ~っと、そ~っとね」でお伝えしたように、Kathはプラスチック製の密閉容器が大好きです。

一番下の深い引き出しに収められている容器を、大事そうに持ち運び、机の上に持って行ったり、ただ手に持って歩き回ったりして遊んでいます。

いつの間にかおもちゃ箱にしまい込まれていることも(笑)

最近では、先日買ってあげたおままごとセットと一緒に遊んでいて、
「へぇ~!教えなくても、自分でこんなふうな遊びを始めるものなんだな。
と感心させられています。

調理中、おんぶされて肩越しに私が料理している姿を見ながら育ったKathは、お料理の様子を極めてありふれた光景として捉えているのがうかがえます。

そして、キッチンに侵入してくるKathの姿で、私がもっとも興味深く感じているのは、引き出しから容器を取り出す様子です。

密閉容器

たとえば、上の写真のように容器が入っているとします。

するとKathは、次のような行動をとります。

(A:チューリップ柄の容器、B:大きな青い蓋の容器とします。)


引き出しを開ける
  ↓
欲しいもの(target)を発見(もしくは選定)
  ↓
少し考えている様子で、引き出しの中をじっと見つめる
(ココがポイント!)
  ↓
両手でBを取り出す
  ↓
左手でBを脇に抱える
  ↓
右手でtarget Aをつかみとる
  ↓
左手に抱えたBを放し、引き出しの中に戻し入れる
(これにはビックリ!)
  ↓
左手で引き出しを押し閉める
(またまたビックリ!!)
  ↓
右手につかんだAを両手で大事そうに持ち直し、「えへへ」とニコニコ嬉しそうに歩き去る



このように、Kathはフローチャートで書き表せるような秩序立った行動を見せるのです!

しかも、

◎むやみに取ろうとするのではなく、取る前に「考える」様子を見せている

◎欲しいもの(target)を取るために、まずは手前にあるBを取る、という

  if (take B) then (get A)

 という条件文(もし~したら、・・・となる)を活用した思考パターンを見せている

◎目的が達成されたら、きちんと元に戻し、引き出しを閉めている

という点が注目に値します。

これらは、前頭前野の神経ネットワークを賦活(活性化)させた論理的思考力の萌芽と捉えられるでしょう。

・・・と、また、自分の興味分野になると、つい専門的に熱く語ってしまうのですが・・・

とにかく、Kathのこのような姿を見て、母親としての率直な感想は、

「わぁ~!Kathちゃん!!すごぉ~い♪
「よくできたねぇ☆おりこうさんだね!

という感動と喜びです。

こうしたKathの姿が、見方によっては単なるイタズラと捉えられますが、私個人の意見では、まさに立派な論理的思考に基づく行動なのです。

私は、こう見えても、早期教育や英才教育には懐疑心を抱いていて、どちらかというと(あからさまに)反対派です!

でも、ありふれた日常のなかで、しかも、親子とのふれあいのなかで、子どもが多くのことを発見し、いろんなかたちで頭をめいっぱい使って考えたり感じたりしてくれる姿にこそ、「学び」の本質を見いだしています。

世の中には、「脳トレ」だの「子育てマニュアル」だの、あらゆる情報が氾濫していますが、私個人の意見としては、少なくとも赤ちゃんから幼児期にかけては、その子ども一人ひとりの個性や成長のあゆみに合わせたオーダーメイドの教えというものが、子どもにとって一番ストレスなく、自然に、スムーズに学べるきっかけとなっていると、こうして子育てをしながら実感しています。

しかも、親の愛情をたっぷり注いであげながら、時には見守り、時には教え導いてあげる、というように、状況に合わせた柔軟な教育というのが、親子間における「学び」の本質だと考えています。

・・・こうして書き綴っていると、教育ママみたいですね。

私はただ、ひたすら娘Kathがかわいい、いとおしい、見守ってあげたい・・・
そうした止め処なく溢れる愛情に素直に身を任せ、子育てを楽しんでいるだけなのですが・・・


子育てスタイル参加中♪


ぽちっとクリックよろしくお願いします☆皆様の応援に励まされてます!
「足あとClick」も楽しみにしています♪


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆
スポンサーサイト

サバの八角煮

2010.07.27
今夜のメインは「サバの八角煮」でした。

鯖の八角煮


★「鯖の八角煮」のレシピ★


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪


先日、「鶏手羽元の八角煮」を作ったとき、思いのほか、八角の風味が家族から好評を得たので、ぜひ青魚の煮付けでも八角を活用したいと思って作ったメニューです。

八角の独特の風味が青魚のクセを消し、食欲のそそる一品となりました。

ショウガとニンニク、ネギの香りもしっかり引き立たせているので、いつもの醤油煮が本格的な中華料理に早変わり!

私は常備している大葉ニンニク醤油を使いましたが、醤油でもOKです。

大葉ニンニク醤油を使ったほうが、大葉の爽やかな香りもプラスされて、ますます風味豊かな煮付けになります!

大葉ニンニク醤油は、大葉とニンニクの輪切りを漬けたお醤油です。
大葉とニンニクの水分をしっかり切ってから醤油に漬け込めば、夏場でも冷蔵庫で長期保存可能なので、ぜひみなさんも常備してみてください♪
いろんな料理に活用できて、とっても重宝しますよ!
まさに、万能調味料☆

ちなみに、サバは焼いてから煮付けると独特のクセが気にならなくなります。

辛いのが大丈夫なご家庭では、ニンニクやネギと一緒に鷹の爪も入れて香りを出してからサバを焼くと、さらに臭みが消え、食欲アップまちがいなしの煮付けになります☆


今夜の献立は、

サバの八角煮(鯖、長ネギ、ニンジン)
アスパラガスとキャベツの柚子胡椒ツナマヨサラダ(アスパラガス、キャベツ、ツナ)
茹でトウモロコシ
お味噌汁(玉ネギ、ニンジン、えのき茸、油揚げ、小ねぎ)
麦ごはん
納豆(小ねぎ)

でした。


Kathも前回の「鶏手羽元の八角煮」ですっかり八角の香りに慣れたようなので、今夜のサバも抵抗なく食べていました。

サバは、イワシやアジよりも肉質がかためなので、「好き嫌いがなくなる(?)魔法の海苔巻き」方式で、細かく裂いたサバの身をのせた海苔巻きをKathに食べさせました。

何気に、こうして海苔巻きにすると、すべての食材をまんべんなく食べさせることができるうえに、パクパクよく食べるので、一番バランスのいい食べ方になっています。

茹でトウモロコシは、今夜ももちろん1/4本完食!
最近、私が食べられるKathの残り部分がなくなってしまったので、トウモロコシはKath用のお皿にドンとのせて与えようと思います。
私も旬のトウモロコシが食べたい!(笑)

我が家は私とKathが昼ごはんと晩ごはんをシェアして食べているのですが、最近、食欲が旺盛なKathと私は弱肉強食の争奪戦で食べている気がします・・・。動物的!?

ついお口にあ~んとしてあげたくなるのですが、1歳5ヶ月になったし、そろそろKath用のアンパンマンのお皿に少しずつ盛って、自分で食べる訓練を本格的に始めようかと思います。
(ちなみに、1歳を過ぎた頃から練習しているのですが・・・ぼちぼち頑張ろう!という感じです。)


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

自然の力で心もカラダもキレイになれるハーブティー「ハーバルウエルネスティー」

2010.07.27
モニプラで日本緑茶センター株式会社が提供する「ハーバルウエルネスティー」のお試し6Pセットが当たりました!

日本緑茶センター株式会社は、世界のハーブ&ティー専門商社として世界中から選りすぐりの原料を直輸入している通販専門店です。

美味しさへのこだわりはもちろん、安心安全で、健康に良い食材を求めて世界中を飛び回る日本緑茶センター株式会社のバイヤーが厳選したハーブティー、それが、「ハーバルウエルネスティー」なのです。

ハーブティー6P

「ハーバルウエルネスティー」は、創業125年以上の歴史を持つ世界最大級のハーブ&ティーメーカーのティーカネ社の製品というだけあって、原材料のハーブにこだわりが感じられます。

適地適作の良質なハーブを世界中から取り寄せ、定温乾燥により風味を活かした最上級のハーブをすぱやくパックしているのだそうです。

ティーバッグで本格的なハーブティーが楽しめるのは、とってもありがたいですよね♪

独身時代は、ハーブをガラスのティーポットに入れて、ジャンピングするリーフを眺めながら優雅にティータイム、なんてことができていましたが、家庭を持ち、家事と育児で一日があっという間に過ぎていく生活の中では、ティーバッグの紅茶やハーブティーを飲めるだけでも幸せ、という感じです。

こだわり抜かれた高品質のハーブティーはリーフでしか味わえないと思っていましたが、「ハーバルウエルネスティー」に出会って、まさに青天の霹靂というくらいその美味しさに衝撃を受けました!!

今回、お試しセットに入っていたのは、次の6種です。

『ポメグラネイトディライト』
女性に人気のローズヒップとリコリスをブレンド。さわやかなざくろの香りがストレスを感じた時、気持ちを前向きに切り換えてくれます。

『トリプルミントトランクイリティー』
東西の代表的なミント三種類をブレンド。さわやかな香りは気分転換に最適。気持ちをゆったりと落ち着かせてくれます。

『イブニングプラム』
ゆったりと心を落ち着かせるカモミールをベースにプラムの甘い香りをブレンド。1日の終わりに静かなひとときをお楽しみいただけます。

『レモンツイスト』
ハイビスカスにレモンの香りをブレンド。すっきりとした目覚めをもたらしてくれるお茶です。1日の始まりを元気にしてくれます。

『マンダリンブリーズ』
緊張を和らげるといわれるスペアミントとカモミールにマンダリンオレンジの香りをブレンド。ストレスで不安な時に、やすらかな気持ちにしてくれます。

『ハニーバニラブリーズ』
心を穏やかにしてくれるカモミールと体にやさしいルイボスをブレンド。ほのかな甘さでゆったりとおくつろぎいただけます。

日本緑茶センター株式会社の紹介記事より抜粋)

私はまず、一日の終わりに、家事と育児を頑張ったご褒美として『イブニングプラム』をいただきました。

プラムティーバッグ

しっかりと密封されたアルミ個包装を開けると、ふわ~っとプラムの甘酸っぱいいい香りが広がりました。

う~んこの香りだけでも癒されちゃう♪

私は今までカモミール単体のハーブティーはよく飲んでいたのですが、この『イブニングプラム』のように素敵なブレンドがなされたカモミールティーは新境地でした!

プラムティー

精神を落ち着かせて心地よい眠りへと導いてくれるカモミールの香りに、ほっと心が和む甘酸っぱいプラムの香りが見事に調和していて、「え!これがティーバッグでいれたお茶?」というくらい、本格的な味わいを楽しむことができました。

私は、もうかれこれ10年以上ハーブティーをこよなく愛してきて、生活の一部として欠かせないアイテムとなっているので、こだわりも強いのですが、この「ハーバルウエルネスティー」はダントツ一位の美味しさです!!

美味しいものを求めればキリがないけど、ティーバッグでいつでもどこでも誰でも簡単にいれることができて、かつ、このお値段で提供されているのはビックリ!
価値ある1杯だと思います☆
市販の安いハーブティーバッグでまさに「お茶を濁す」よりも、こうして厳選された安心素材の美味しいハーブティーをいただいたほうが、本当に心もカラダもきれいになれそうな気がします☆

残りの5パック、どの順番で飲もうかな~♪と、究極の選択に悩まされています。

ハーブティー5P

みなさんもぜひ、日本緑茶センター株式会社が提供する「ハーバルウエルネスティー」を試してみてくださいね!

特に、今までハーブティーは苦手・・・と思っていた方は必見です!
これまでのハーブティーの概念をいい意味で覆され、ヤミツキになるの間違いなしです!!

気になった方は、下をクリック!!
ようこそ!日本緑茶センターサイトへファンサイト応援中

完全無添加の植物性石けん 『薬用ナチュラルソープ』が届きました!

2010.07.27
モニプラで当選した『ファンプレゼ 薬用ナチュラルソープ』が昨日届きました!

ファンプレゼ 薬用ナチュラルソープ1

ファンプレゼ薬用ナチュラルソープは、天然由来成分のみを配合した『無添加』にこだわった100%植物性の石鹸なのだそうです。

防腐剤などの製品安定化剤類・着色料・香料などの「添加物」を一切使用せず、 「キャリーオーバー成分ゼロ」も実現・・・ということなのですが、この

「キャリーオーバー成分」

ってご存知ですか?

ファンプレゼの公式サイトによると、キャリーオーバー成分とは、化粧品の原料となる成分の防腐や酸化防止等の目的で配合される「添加物」のことなのだそうです。

これは「化粧品の成分として配合される目的ではない」ということで、微量な場合は添加物としての表示義務はないとのこと!
そのため、キャリーオーバー成分を含む原料が使用されていても、消費者にはその情報がきちんと伝わっていないという可能性があるのだそうです。

「無添加」ということばに踊らされるのも良くないけれど、敏感肌の私は、つい、「無添加」のものが気になってしまいます。

「無添加」と思って選んでいたものが、実は、キャリーオーバー成分に添加物が含まれているという可能性もあると思うと、それを知らずに使い続けるのはこわいですね!

薬用ナチュラルソープは、100%植物性の無添加にこだわり、製品安定剤類は一切使用していないのだそうです。

ファンプレゼ 薬用ナチュラルソープ2

薬用ナチュラルソープの粘土のような色は、海洋深層水ゲルの天然の色なのだそうです。

自然な色合いが安心の証なのですね☆

また、カワラヨモギエキスの抽出剤(溶剤)には、天然由来のスクワランを用いているのだそうです。

スクワランは今まで使っていて、とても肌に合う成分のひとつなので、安心して使い続けられそうです♪

早速、今朝の洗顔から『ファンプレゼ 薬用ナチュラルソープ』を使ってみました♪

泡立てネットに入れた石鹸をもみもみして、空気を含ませるように泡立てると・・・

「わぁ~!すごい!!
これが噂のもっちり泡☆

肌に吸い付くような濃密な泡がモコモコッと出来上がりました!

マシュマロみたいな泡を頬にのせると・・・
「おぉ~!肌に吸い付く♪

薬用ナチュラルソープは、濃密で豊かな泡立ちが特長なのだそうです。
海洋深層水ゲルの天然ミネラルイオンを含んだもっちり泡が、毛穴の奥まで入り込み、肌トラブルの原因となる汚れや過剰な分泌皮脂を、 肌に負担をかけずにしっかりと洗浄してくれるようです。

たしかに、このもっちり泡でマッサージするように洗顔できるので、余計な力が入らず、肌に負担がかからないのを実感しました☆

しかも、濃密な泡なのに泡切れがよく、スッキリと洗い流せました!

洗顔後の肌は、サッパリ!だけどちゃんと潤いは残っている感じでした♪


今まで、敏感肌用のスキンケア石鹸や洗顔フォームを試してきましたが、「低刺激」をうたっているだけあって、泡立ちがイマイチだったり、洗顔後のスッキリ感が得られず、「ちゃんと汚れ落ちてるのかな?」と心配になって二度洗いしてしまったり・・・

その結果、気づくと乾燥が進んでしまったり、ということが悩みでした。

でも、この『ファンプレゼ 薬用ナチュラルソープ』なら、もっちり泡でしっかり洗浄してくれ、洗い心地スッキリだけど、プルンとしたうるおい感はちゃんと残っていて・・・

天然由来成分のみの無添加せっけんなのに、この泡立ちと洗浄力はスゴイ!と思いました。

この『ファンプレゼ 薬用ナチュラルソープ』は、アレルギー肌やアトピー肌の方にも使えるのはもちろん、肌が過敏な赤ちゃんにも使える低刺激処方のようなので、ぜひ1歳の娘とバスタイムで一緒に使いたいと思っています☆




薬用ナチュラルソープ ファンプレゼファンサイト応援中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。