スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/31ことばの記録

2010.12.31
《ことば》《場面》
あべーここ1週間、「あぴー」よりも「あべー」の出現頻度の方が高い。「あべー」と駄々をこねると、おとうちゃんやおかあちゃんが自分の言うことをきいてくれることを覚えたらしい。
あんぱんまんアンパンマンに近いものに対して、「アンパンマン」と呼ぶ。(例. アンパンマンのおもちゃ、テレビアニメの『アンパンマン』、赤いもの、オムツのキャラクター(ただし、アンパンマンではない)等)
どすどすまるで金太郎がクマを倒すときのように、おとうちゃんの上にまたがり、勢いをつけて思いっきり何度もしりもちをつくとき。その様子がおかしくて、私たちが「どっす どっす!」と笑いながら掛け声を出すのを真似して。
おいちー私の作った「がめ煮(筑前煮)」を食べながら。ほっぺの横で両手を合わせ、首をかしげながら可愛らしく何度も「おいちー!」と言ってくれた。



もうすぐ、2010年も終わりです。

今年は、Kathの目覚しい発達に驚かされ、感動させられっぱなしの一年でした☆


まだブログを始めていませんでしたが、パソコンに記録していた育児日記を読み返してみると・・・

★★★★★

2010年1月1日

あーとっ

あけましておめでとう!Kathちゃんにとってはじめてのお正月がやってきたね。今朝、Kathちゃんに「あけましておめでとう」と新年の挨拶をしたら、Kathちゃんは「あーとっ」と、「あけましておめでとう」
と言っているように挨拶を返してくれたよ。最近、Kathちゃんはパパやママの言った言葉を真似することが多く、似たような言葉をお話できるようになったね。来年のお正月には「あけましておめでとう」と言えるようになっているかもね!

★★★★★


育児日記というものは、改めて読み返すたびに、いつも心がほんわかあったまるものです。

Kathは、やはり2010年のお正月からおしゃべりだったんだなぁ♪

今年2月26日に1歳のお誕生日を迎え、その後、ココロもカラダもますます大きく成長しました。

3月頃からは、「パパ」「ママ」という呼び方から、「おとうちゃん」「おかあちゃん」という呼び方に変わりました。

4月頃から、人見知りが猛烈に激しくなり、どこに行っても、誰に会っても、私が美容院で髪型を変えてきても、「うわぁ~ん!!」と大きな声で泣き出していました。

5月には、ひとりで歩けるようになりました。

その後、たった一ヶ月で転ぶこともなく、後ろ歩きや横歩きしたり、タップダンスまで踊るようになりました!

今夏、1歳半を迎える頃になると、すっかり人見知りしなくなり、誰にでもニコニコ愛嬌をふりまき、大きな瞳でじ~っと見つめるので、どこに行っても、特に母と同世代のマダムたちに大人気になりました。

今年一年で、いろんなことをして遊べるようになりました。

ブロック遊びにおままごと、パソコン遊びまで、一人で遊んだり、おとうちゃんやおかあちゃんと遊んだり、同世代のお友達と遊んだり・・・

子どもにとって「遊び」の場が、ことばや心の発達にとって、いかに大切かということを実感しています。

心、とりわけ“知恵”といえば、「イタズラ」「泣きまね」「『あーん』と食べさせようとして、食べさせずに自分が食べる」などといったこともできるようになりました。

(まだ卒乳はしてないけれど、)やわらかい離乳食を卒業し、大人と同じものを、好き嫌いなく何でも、自分で箸やスプーン、フォークを使って食べるようになりました。

おいち~

今夜のメインは、博多のお正月料理には欠かせない「がめ煮(筑前煮)」。

Kathは、大好物のレンコンをどんどんおかわりして、「そんなに食べちゃうの!?」というくらいお腹いっぱい食べていました。

そして、満面の笑みで言ってくれたのが

「おいちー!!」

しかも、ほっぺの横で両手を合わせ、首をかしげながら可愛らしく何度も言ってくれました☆

これぞ、私がお料理を頑張れる原動力!!

今日は、とりわけ何度も繰り返し、大きな声で、笑顔いっぱいで「おいちー!」と褒めてくれました。

Kathちゃん、おかあちゃんは来年もKathちゃんが「おいちー(→おいしい)!」と喜んでくれるような栄養満点のごはんをいっぱい作ってあげるね♪


★★★★★
今年もご愛読ありがとうございました。

来年からも、皆様に興味をもっていただけるような記事を発信してまいります。

「ことばの発達」に関しては、2011年2月にはKathが2歳(24ヶ月)齢になり、「語彙爆発」、幼児語から成人語への移行、また、文法の萌芽もみられ、ますます面白くなってくると思われます。

どうぞ、ご期待下さいませ。

それでは、来年からも宜しくお願いします。

よいお年を・・・


子育てスタイル参加中♪


ぽちっとクリックよろしくお願いします☆皆様の応援に励まされてます!
「足あとClick」も楽しみにしています♪

blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆
スポンサーサイト

牡蠣フライ弁当

2010.12.31
牡蠣フライ弁当

12/17のお弁当です。

前日の「牡蠣フライ&牡蠣の海苔巻き天ぷら」をメインとしたお弁当を作りました。

お弁当に入れるにも、牡蠣フライは大粒がオススメ!

牡蠣フライ&牡蠣の海苔巻き天ぷら」でも触れましたが牡蠣が小粒の場合には、2個をずらして重ね合わせて衣を付けたら、大粒のように食べ応えのある牡蠣フライに仕上がります☆

いつもシンプルな卵焼きを入れますが、この日は、Kathの納豆トッピング用のほうれん草のみじん切りと、鮭フレークをのせて巻き込みました。

彩りもキレイになって、栄養価も上がるのでオススメです!


12/17のお弁当は、

●牡蠣フライ&牡蠣の海苔巻き天ぷら(グリーンリーフ)
●ゴボウの天ぷら&インゲンの天ぷら
●鮭とほうれん草の卵焼き
●紅白なます(カブ、ニンジン)
●カブの葉の胡麻おかか和え
●白ごはん

でした。

お弁当作りはしばらくお休みで、来春頃に再開予定です。

来年も、夫の希望に合わせて、美味しく栄養満点のお弁当を作り続けていきたいと思います☆


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪

blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

美容液「スキンリバイバルEX」で冬に負けない潤い素肌に☆

2010.12.31
リッツ スキンリバイバルEX

エイジング対策の美容成分がたっぷり配合された話題の美容液スキンリバイバルEX」を試してみました☆

無香料・無着色なのはもちろん、パラベンやアルコールなども無添加なので、敏感肌の私でもずっと使い続けられるので安心です。

使い続けてみて1週間近く経ちますが、肌質にうれしい変化が!!

夜、洗顔後にローションで保湿してから、この美容液スキンリバイバルEX」を塗って眠ると、翌朝もぷるぷる潤い肌が続いています♪

最近、冬場の乾燥でお肌がつっぱる感じが気になっていたのですが、この「スキンリバイバルEX」を使い始めて、しっとり感が一日中続くようになりました。

マリンムチン(人工皮膚成分)と海藻由来成分のモイストムチンEXが、お肌をやさしく包み込んで長時間守ってくるのだそうです☆

たしかに、「スキンリバイバルEX」を塗ったら、お肌がふんわりとヴェールに包まれたような感じ・・・もしくは、美容マスクをつけている感じです。

吸収力が違うECM-Eヒアルロン酸や、ハイビスカス由来のアミノ酸、酵母由来の細胞呼吸因子TRFなど、エイジング対策成分がたっぷり含まれているので、私は顔だけでなく、年齢が出やすい首筋やデコルテラインにもしっかり塗ってケアしています。

効果に対してお手頃価格なので、こうして気になるところにたっぷりと塗ってケアできるのもポイントが高いです♪


美容液 スキンリバイバルEX


モニターに参加しています。

「ポイントマジックPRO プレストパウダー」で透明肌メイク☆

2010.12.31
プレストパウダー

ファンデいらず”で@コスメ堂々1位のプレストバウダー「ポイントマジックPRO プレストパウダー」を試してみました☆

化粧直し用のパウダーですが、カバー力が高く、肌をきれいに見せてくれるので、ファンデーションの代わりとしても十分使えます!

「ファンデーションを付けた時、肌が重く感じるのが苦手・・・」「できるだけナチュラルメイクにしたい」という人にはピッタリだと思います。

私も、毎日娘とお散歩に出かける時、娘の相手をしながらパパッと準備しなければいけないので、この「ポイントマジックPRO プレストパウダー」がとっても重宝しています☆

日焼け止めや化粧下地を塗って、このプレストパウダーを軽くのせるだけでも、肌が明るくキメが整って見えるので、十分お出掛けメイクとして通用するのが嬉しいです。

先日、近所のママ友にも、「肌、きれいだね~!何使ってるの?」ときかれました♪

ミネラル成分92%配合で、日中、付け心地は軽いのにしっかりと潤いをキープしてくれるのも気に入っているポイントです。

コンパクト自体は小さいけど、蓋を開けたら全面鏡で、顔全体をしっかりと見ることができるので、化粧直し用にポーチに入れておくのに最適です。

どんな季節でも肌をしっかり守ってくれながらきれいに見せてくれる「ポイントマジックPRO プレストパウダー」を使い続けようと思っています☆


ポイントマジック ファンデいらず

モニターに参加しています

「エクセル パウダー&ペンシル アイブロウNA」でめざせ眉美人☆

2010.12.31
アイブロー

1本3役で使いやすいと評判のアイブロウ「エクセル パウダー&ペンシル アイブロウNA」を試してみました☆

仕上がりによって顔の印象が変わる眉は、実はメイクアップの中で一番重要なポイントです!

この「エクセル パウダー&ペンシル アイブロウNA」は、ペンシルとパウダーとブラシが一体になっているので、持ち運びにも便利です。

ペンシルは楕円芯になっていて、1本1本の眉毛の流れを意識して細かく描けました。

ブラシも肌への負担が少なく、きれいに整えられるので、ペンシルで描いた後にぼかしたり整えたりするのに重宝しています。

仕上げに、パウダーチップでぼかしたら、自然な眉メイクが完成!!

素人でも、とっても簡単に、サッと眉メイクが完成するのが嬉しいです♪

私は一番暗めのナチュラルブラウンを使っていますが、カラーバリエーションはなんと6色!

髪色に合わせて、自分に合った色味を選べるのもポイントが高いです。


アイブロウ



マーケティング会社 ブランディング

12/30ことばの記録

2010.12.30
《ことば》《場面》
おかえりー朝、両側から夫と私がKathの寝顔を眺めていたら、ふと目を覚まし、し、パッチリ目を開けて私たちの顔を往復して見つめ、Kathのほうから「おかえりー(『おはよう』のつもり)」と挨拶してくれた。
くりー『おかあさんといっしょ』を観ていて、『くりとくり』の歌の時、うたのおにいさんとおねえさんが両手の指を交差させて栗の形にしているのをKathも真似しながら言っていた。ちょっと節をつけて、歌っているようだった。
ないない私たちがやるように、私のノートパソコンの蓋を閉じ、マウスパッドを蓋の上に置き、さらにその上にマウスを置いて、テレビ台に置きながら言っていた。何かをお片付けするときに「ないない」と自発的に言うようになった。
てっくてっくてっく行進するように一歩一歩踏みしめて歩きながらずっと言っていた。私が、Kathと手をつないでお散歩する時、「♪てくてくてくてく歩いていて~ あーくしゅーでこんにちは♪」などと歌うと喜んでくれていたので、記憶に刻まれたのかもしれない。



今日は大荒れの天気でした。

冷たい雨から霰のような雪へ・・・

今日も、やはりKathはカーテンを開け放ち、雨(雪)を窓越しに見つめながら、

「ひらひら~ ひらひら~」

と両手を挙げて揺らしながら言っていました。

しかも、今日は手をひらひらさせながら、お部屋をぐるりと回っていたので、まるで雪のダンスをしているように見えて・・・

我が娘ながら、「雪の妖精さんみたいだな☆」と、その可愛らしさに微笑んでしまいました。

「くりー」も「てっくてっくてっく」も同様に、

「歌いながら、踊る」

ということができるようになりました♪

「歌いながら踊る」のは、私も大好き!

親子で陽気に歌って踊って、寒さを吹き飛ばして過ごしています。


寒いといえば・・・

最近、Kathがやっとコタツのぬくもりを求めるようになってきて、

こたつKath

こんな風に、おコタにちょこんと座ってテレビを観たり、コタツのテーブルにパソコンやブロック、おままごと道具を置いて遊ぶようになりました!

今までは、私がおコタに誘導しても、決して暖を取ろうとしなかったKathですが、さすがに、雪が舞い散る日には、おコタが恋しくなってきたようです。

去年まではこうして自分の意思でちょこんと座ることもできなかったのに・・・

すっかり大きくなったなぁと、娘の小さな背中を見つめ、しみじみと思いました。

ちなみに、Kathの着ているのは、母(“ばあちゃん”)が送ってくれた、母とお揃いのような作務衣です。

裏起毛付きで暖かいので、寒い日には羽織らせています。

この作務衣を上下セットで着せると、なんだか昭和の子みたいな風格で、ますますおコタが良く似合うなぁと、つい微笑んでしまいます☆

我が家はエコのため、健康のために暖房(エアコン)はつけないので、この冬も暖かい格好とコタツで乗り切ろうと思います。


子育てスタイル参加中♪


ぽちっとクリックよろしくお願いします☆皆様の応援に励まされてます!
「足あとClick」も楽しみにしています♪


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

牡蠣フライ&牡蠣の海苔巻き天ぷら

2010.12.30
カキフライ主体

大粒の牡蠣があったら・・・

やっぱり、牡蠣フライをしたくなりますね♪

先日、両親が牡蠣を持って来てくれました。

新鮮なものを冷凍して届けてくれたので、まずは解凍。

魚介類を、旨味や鮮度を落とさずに美味しく解凍するにはどうすればいいか・・・

実は、私にとっては「目からウロコ」な、逆転の発想だったのですが、

牡蠣の解凍

「氷水に浸けて、解凍する」

のがベストなのだそうです!!

以前、情報番組で観て、それ以来、貝類やイカ・海老などはもちろん、魚もこの方法で解凍しています。

血合いのドリップなどが流出せず、臭みや雑味を抑えることができるのだそうです!


牡蠣は、塩をふって下味をつけた後、大根おろしで洗います。

砂や貝殻の欠片など、きれいに汚れを落とすことができ、牡蠣特有のニオイも抑えられるので、この手順は必須です!


牡蠣フライもいいけど・・・

せっかく両親が来てくれたから、ちょっと変わった創作レシピを☆と思い、

「牡蠣の海苔巻き天ぷら」

を作ってみました♪

というのも、とっておきの海苔を使いたかったから!

コラーゲン海苔

食育ママの強い味方、広島の海苔メーカー「前田屋」さんの、

コラーゲン配合海苔「美肌組 麗華」

この海苔は、なんと美肌成分の「コラーゲン」が含まれているのです。

コラーゲンを効果的に摂取するには、少しずつでも継続的に摂取するのが理想なのだそうです。

日本人の食卓には欠かせない「海苔」。

ごはんのお供に、おにぎりに巻いて、おかずにアレンジして・・・

我が家でも、海苔は欠かせない存在です☆

1歳10ヶ月の娘Kathは、離乳食の時から海苔を溶かしたお粥を食べていたためなのか、海苔が大好物!!

ごはんやおにぎりと一緒に食べるのはもちろん、10時や3時のおやつ、ごはんの前に待ちきれなくて、ちょっと小腹を満たすためにも、海苔を求めてきます♪

おばちゃんキラーのKathは、お出かけ先でよく、

「お肌がきれいだね~!髪もツヤツヤ、ふさふさだね~!!」

なんて、話しかけられます。

それも、この海苔のおかげかな♪

これからも、家族みんなでコラーゲン配合海苔「美肌組 麗華」を食べて、健康的な素肌を保ちたいと思っています☆

今回作ってみた「牡蠣の海苔巻き天ぷら」は、実は「もったいない」対策メニュー!

牡蠣フライを作るとき、小麦粉、卵、パン粉とつけていきますが、つい、多めに用意して、余ってしまいますよね。

その小麦粉と卵、そして氷水を少し混ぜ合わせて、天ぷらの衣にしました☆

肝機能の強化、貧血防止、免疫力アップ、イライラ予防などの効果がある「海のミルク」=牡蠣と、コラーゲン配合海苔「美肌組 麗華」を組み合わせたら、とってもヘルシーな天ぷらになるかな・・・と思いつき、巻いてみました。

コラーゲン配合海苔「美肌組 麗華」は比較的、醤油やみりんの味付けがしっかりされているので、おかずにプラスすると、調味料代わりにもなって便利♪

海苔が牡蠣の水分を吸収してくれるので、天ぷらの衣も纏わりやすく、油ハネも防げます!

なお、小粒の牡蠣の場合は、二つをずらして重ねて衣を付けて揚げたら、食べ応えのあるジューシーな牡蠣フライ(天ぷら)を味わえます。


旬の牡蠣を楽しむメニューとして、「牡蠣の海苔巻き天ぷら」も、ぜひオススメです☆


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪

blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

おうち居酒屋へようこそ☆トリス<エクストラ>ハイボールと絶品おつまみ用意しております♪

2010.12.30
ハイボール主体

先日、両親が我が家で1週間過ごしてくれた時に、

サントリーのトリス<エクストラ>ハイボールセット
トリス1

で、「おうち居酒屋」を楽しみました♪

ちなみに、モラタメからいただいたサントリーのトリス<エクストラ>ハイボールセットのセット内容は、

・トリス〈エクストラ〉 700ml×1本
・ソーダ 500ml×2本
・特製マドラー×1本

トリス3

そして、なんと、アンクルトリスがとってもキュートな特製ジョッキも!

トリス2

・ジョッキ ×2個

このセットがあれば、たちまち「おうち居酒屋」の準備はOK!!

あとは、私が腕によりをかけて、トリスのハイボールにぴったりなおつまみ料理を用意するのみ♪


12/12、大安吉日の日曜日に、来春3月完成のマイホームの地鎮祭を執り行った祝宴も兼ねて、ハイボールセットが届いた16日(木)に、賑やかな「おうち居酒屋」を“開店”しました☆

両親が、地元・広島の大粒でプリップリの牡蠣を持ってきてくれたので、みんな大好き!「牡蠣フライ」を作ることにしました。

カキフライ主体

ちょっと変り種で、牡蠣に海苔を巻いた天ぷらも作ってみました☆

シャキシャキごぼうとインゲン豆の天ぷらも!!

たっぷりの千切りキャベツと彩り野菜、そして瀬戸内レモンも添えて。

黄金色に揚がった牡蠣フライが、

サクッ!プリッ!!ジュワ~!!!

とお口いっぱいに広がって・・・

アチッアチッと口をハフハフさせてほおばりながら、目の前にあるのは、そう、

特製☆トリスハイボール

すっきり爽やかで、キレ味の良いのどごしが楽しめるハイボールは、牡蠣フライにぴったりなお酒なんです。

私が目の前で作ってあげたハイボールを片手に、「マイホーム、楽しみだね♪」なんて話を弾ませながら、みんな、とっても幸せそうな顔をして牡蠣フライや天ぷらを食べてくれていたので、“店主”の私も大満足☆

家族が揃って、ちょっと早めのお正月気分だったので、「柚子釜の紅白なます」も添えました。

柚子の香りたっぷりの酢の物にも、トリスハイボールは良く合うと好評でした!


ウィスキーといえば、私はロック、父は水(湯)割りが好みだったのですが、炭酸水で割った「ハイボール」も気に入りました。

おうちで気軽に、美味しい食事を囲みながら「居酒屋」気分でグビグビ飲めちゃうのは、断然ハイボールですね!

最後に・・・

サントリーのハイボール特集サイトにも載っていますが、トリスハイボールの美味しい作り方は、

(1)ジョッキに氷を山盛りに入れて、

(2)トリスを注いで、
(*トリスとソーダの比率は、1:3~4がオススメ!)

(3)冷えたソーダを氷に当てないように、静かに注いで、

(4)マドラーで縦に一回、炭酸が逃げないように。

というのが鉄則です。

私はこの日、熊本産の「シークヮーサー」を絞って爽快感をアップさせました☆

もちろん、レモン果汁でもOKです。


年末年始、家族や友人と集まる機会に、ぜひ、

「トリスハイボール」×「牡蠣フライ」

をお楽しみください☆

日立マクセル「ボルテージ」でパワフルにパソコン遊び♪

2010.12.30
ボルテージ

モラタメで、日立マクセルのアルカリ乾電池「ボルテージ」(単3形)をモニターさせていただくことになりました☆

マクセルが特許を取得した新亜鉛合金の採用により実現した「液もれ防止設計」により、5年間液もれ補償を実現したという「ボルテージ」!

「瞬発力」(デジタルカメラやストロボ、強力モーターで駆動するRCカーなど、瞬時に大きな電流を必要とする機器で威力を発揮!)

「持久力」(大きな電流をスムーズに流せるため、シェーバーなどモーターを使用する機器や玩具、携帯電話の充電器などで威力を発揮!)

「大馬力」(ゲーム機や携帯音楽プレーヤー、電子辞書、ラジオなどで威力を発揮!)

という長持ちトリプルパワーが魅力です☆


娘も1歳10ヶ月になり、いろんなおもちゃで遊ぶようになりました♪

最近ハマっているのが、アンパンマンのパソコン!

Kathパソコン

音が鳴ったり、動画が流れたり・・・

私たちと同じように、キーボードを両手でカタカタ、マウスをグリグリしながら使いこなしています。

単3電池が電力源なので、我が家には単3電池が欠かせません。

今回、このパソコンのおもちゃに、日立マクセルのアルカリ乾電池「ボルテージ」を入れてあげました。


“長持ちトリプルパワー”の「ボルテージ」がおもちゃの乾電池としてオススメなもうひとつの理由は、液もれの心配がないこと!

乾電池の放置による液もれ・・・有害物質が流出して、万が一子どもが触ったり舐めたりしたら大変です!!

実際、我が家でも、おもちゃではないのですが、非常用懐中電灯に入れていた乾電池が液もれしていて、ヒヤッとした経験があります。

子どもが安心・安全におもちゃで遊べるためにも、

日立マクセルのアルカリ乾電池「ボルテージ」

を使い続けたいです☆

赤ちゃんにも、敏感肌にも使える「ママ&キッズ」でぷるぷるスキンケア♪

2010.12.30
ママ&キッズ

敏感肌の私たちは、乾燥する冬の季節はほっぺがカサカサに!

どんなスキンケア製品でも合うわけではないので、入念に情報収集して、肌にやさしい、低刺激なものを選んでいます。

今回、モラタメで

ママ&キッズ ふっくらお肌トライアルセット

をモニターさせていただくことになりました☆

「ママ&キッズ」が高品質なのは、次の3つのポイント!!

(1)小児科皮膚科医の協力のもとで研究開発。効果を確かめるため、大学病院皮膚科での臨床テストも実施。

(2)4種のオリゴ糖からなる「スーパーオリゴ」が、うるおいを長時間キープし、すこやかな肌へ。このほか、ビフィズス菌やアミノ酸、セラミドなどの厳選した美肌成分も配合。

(3)香料や着色料はもちろん、肌の負担となる成分を一切カット。天然由来の厳選成分だけを使用することで、生まれたての赤ちゃんでも使えるやさしい使い心地を実現。


「ママ&キッズ」のスキンケアはとってもシンプルです。

1.洗う(石鹸)

2.うるおす(ローション)

3.保護する(乳液)

の3ステップ!

とっても簡単なので、忙しいママにも、ジタバタ動き回る元気なキッズにもぴったりなスキンケアです。


早速、トライアルセットを親子で続けて使ってみました。

石鹸はモチモチとした泡立ちで、肌をこする心配がなく、洗い流す時も泡切れがよかったのが気に入りました☆

ローションはサラッとした使い心地で、べたつかないから子どもが嫌がらないと思います。

ミルクも、サラッとしてべたつかないのは同じですが、適度にとろみのあるテクスチャーがしっかりと肌に保護膜をつくってくれて、しばらく経ったらモチモチ、しっとり潤ってくれます。

屋外と屋内の温度差によって、ほっぺがカサついて真っ赤になりやすい私と娘は、「モイスチャーオリゴクリーム」を、乾燥が気になる頬や皮膚の薄い首筋などに丁寧に塗っておきました。

翌朝には、赤みもカサつきも治って、ぷるぷる素肌に!!

夏だけでなく、一年中、紫外線対策が必要なのは、大人も子どもも一緒ですよね。

軽い付け心地が魅力の「UVライトベール」が、日中降り注ぐ紫外線から私たちの敏感な素肌を守ってくれました☆


オリゴ糖からできているスキンケア製品ははじめて使ってみましたが、刺激がなく、肌にス~っとなじむので、うまれたての赤ちゃんにも安心してつけてあげられるな、と思いました。

妊娠中も肌質が変わってますます敏感になるので、マタニティ期の方にもオススメです♪

香ばしくて、後味スッキリ!富士の赤なたまめ茶

2010.12.30
赤なた豆茶

今回、国産(静岡産)の赤なたまめ茶を試してみました!

なたまめ茶の健康食品オンラインショップで販売されている

「富士の赤なたまめ茶」

は、自社農園で農薬や化学肥料を使わずに育てた赤なたまめが原料ということで、家族みんなで安心して飲み続けられそうです☆

専門の職人さんが丹念に焙煎したなたまめ茶は、とっても香ばしくて、お茶を沸かしいれるのも楽しみになるくらい♪

クセがないので食事中にも良く合うだけでなく、香ばしくてスッキリしているので、食後のコーヒーや紅茶の代わりにいただくのが、私のお気に入りです。

なたまめ茶は、美味しいだけでなく、健康効果もしっかり!!

原料となるなたまめは、

・良質のミネラル
・「コンカナバリンA」などのたんぱく質
・「カバナニン」などのアミノ酸
・「ウレアーゼ」などの酵素
・食物繊維
・ポリフェノール
・鉄分

などが含まれていて、体の膿を出すお茶として知られているのだそうです!

私は貧血がひどいので、日常的に飲むお茶に鉄分が含まれていると嬉しい限りです☆

健康茶なのに苦味はまったくなく、むしろ、香ばしさの中にほんのりと甘みも感じられるので、子どもにも飲ませやすいですね。

1歳10ヶ月の娘にも飲ませてみたら、とっても美味しそうに、最後の一滴まで飲み干していました!

健康茶が大好きな私は、ドクダミの葉をブレンドした麦茶を娘と一緒に飲んでいるのですが、この「富士の赤なたまめ茶」なら、美味しいので娘も喜んでくれそうです♪

健康食品オンラインショップファンサイト応援中

12/29ことばの記録

2010.12.29
《ことば》《場面》
たべーKathにあげようと思っていたウェハースを求めて、右手のひらを差し出しながら言った。朝、ご機嫌ななめになるほどお腹がすいていた。「それ、食べるー!」と訴えかけているような感じだった。私が「これ、食べる?食べようね!」と言ってお皿に入れている間も、「たべー!」と言っていた。
おめんメルちゃん(人形)の「リンゴ型のお風呂」の蓋を顔に当てて笑いながら遊んでいたので、夫と私が「Kathちゃん、“おめん”みたいにしてかぶってるね。」「おめん、かわいいね!」と話していたら、Kathも「おめん」と言いながら駆け回っていた。



明日から「暴風雪」の予報が入っていたので、今日中に年末最後の買い出しや廃品処分などを済ませて、一日が過ぎていきました。

夫の提案で、思いがけず、お気に入りの「一風堂」で「赤丸かさね味」(博多ラーメン)とチャーハンでランチできたことが、Kathにとっても私にとっても嬉しかったです☆

「我が家の忘年会だね」と言って、車のなかで大笑いしました♪

Kathは、もうすっかり博多ラーメンの虜になっています。

離乳食を卒業した頃から、一風堂のラーメンとチャーハンをこよなく愛しているKathちゃんです。

日常は、私の作る「粗食」的なヘルシーごはんを好き嫌いなく何でも食べてくれているので、外食した時くらいは、Kathの好きなものをしっかり食べさせてあげています☆


さて、今日のことばについて。

今日は、これまでと同じことばを多く話していました。

相変わらず、

「あぴー」

「あべー」

で感情を表現し、私たちに一生懸命「いま、自分は何を求めているか」を訴えかけてくれています。

Kathの声色や視線の動き、ジェスチャーなど、ことば以外の情報から、Kathの要求が読み取れるようになった私は、夫から

「(『サザエさん』の)タイコさんとイクラちゃんみたいだね!」

と驚かれています。

娘に対してはタイコさんのような母親であり、夫に対してはお舟さんのような妻でありたいと願う私です☆


今日の新しいことばとして注目したいのが、「たべー」と「おめん」です。

●「たべー」

最近、少しずつ動詞が増えてきています。

面白いのが、

「あった」
「おちた」
「できた」

など、過去(もしくは完了)をあらわす助動詞「た」が付属しているかたちで言うこと。

また、今日のように、

「たべー」

そして、これまでのように

「あけー」

と、語幹だけを言うこと。

語幹を言っていることばは、今のところ上記の二語です。

これらは、Kathがよく言っている「あべー(BAD)」と似ています。

しかし、

「たべー」の場合は、語頭「た」の/t/が、

「あけー」の場合は、二番目の音「け」の/k/が、

はっきりと発音されています。

これらの動詞を適切な場面で使っているので、おそらく、Kathは私のことばから、動詞(の語幹)を聞き拾い、使い始めているようです。

これから、どんな動詞が増えていくのか、また、それに伴ってどのような助動詞が増えていくのか、大変興味深いです。


●「おめん」

茶目っ気たっぷりのKathは、こんな風にして遊んでいたのです!

おめん

これは、実はメルちゃんの「リンゴのお風呂セット」の蓋です。

りんごのお風呂

「おめん」と笑いながら何度もつぶやき、“おめん”に見立てたリンゴの蓋を顔に当てて、まるでナマハゲのようにノッシノッシと大股で駆け回っていました♪

なお、このリンゴのお風呂は8月のお盆休みに買ってもらったものですが、その当時から今まで、Kathは蓋を頭にかぶって、帽子やヘルメットのようにして遊んでいました。

自分がかぶるだけでなく、夫や私にそ~っと近づいて、背後からかぶせてきたことも!

このときも、私や夫は「ぼうしにしてるね」「ぼうしみたいだね」などと言って来ましたが、まだ、「ぼうし」ということばは出てきていません。

今日の「おめん」ということばは、即時模倣に近いかもしれませんが、明日以降、同じように顔に当てて遊ぶか、また、その時に「おめん」と自発的に言うか(遅延模倣)、非常に気になっています。


このように、Kathは最近・・・1歳9ヶ月を過ぎた頃からでしょうか・・・、

「見立て」の遊び

が増えてきました。

(*「見立て」:ある物の様子から、それとは別のものの様子を見て取ること。「比喩遊び」とも言う。)

恩師が指摘してくださったように、三角のブロックを積み上げて「屋根」に見立てたり、今日のようにリンゴ型の片割れを「おめん」に見立てたり・・・

ブロックの要塞1
(12/15の「Kathのおうち」)

ブロックの要塞2
(12/16の「Kathのおうち」)

「屋根」に見立てた作品は、毎日作ってくれますが、上の二つは、両親が我が家に滞在していたとき、おじいちゃんやおばあちゃんに見守られながら、Kath自身がひとりでデザインし、数分で作り上げたものです。

ちょうど、マイホームの地鎮祭や打ち合わせなどが立て続いていたので、両親はKathに、

「Kathちゃんの新しいおうちをつくってごらん。」

と話しかけながら、ブロックの作品をつくらせていました。

日々、独創的な作品を次々とうみだしているKath。

ブロック遊びが一番好きだったというおとうちゃんに似たのかもしれません☆


これも1歳9ヶ月頃からですが、Kathは帯状になっている絵本(ディック・ブルーナ著 『ブルーナの0歳からの本』)を腰に巻きつけ、「(変身)ベルト」に見立てて遊ぶのが大ブームです!

ベルト

甥っ子からのお下がりでもらった、仮面ライダーの変身ベルト。

円盤を回すと音が鳴るので、Kathも大変気に入っています☆

これと同じように、『ブルーナの0歳からの本』も、自分で広げ、腰にぐるりと巻きつけて、家中をノッシノッシと強そうに歩きます。

正義の味方になったつもりなのかな?

お姫様ではなくて、正義の味方を目指しているのが、なんとも我が子らしいです☆

子育てスタイル参加中♪


ぽちっとクリックよろしくお願いします☆皆様の応援に励まされてます!
「足あとClick」も楽しみにしています♪

blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

【GABANナツメグ☆レシピ】コンソメバーグとスライス大根のサンド~レモン&バルサミコソース~

2010.12.29
コンソメバーグとスライス大根のサンド~レモン&バルサミコソース~

●「コンソメバーグとスライス大根のサンド~レモン&バルサミコソース~」のレシピ●

【材料】(4人分)
豚ひき肉約240g
木綿豆腐(水切り)300g
玉ねぎ1/2個
バター10g
(A)卵1個
(A)塩・コショウ少々
(A)GABANナツメグ〈パウダー〉少々
パン粉適量(約1カップ)
キャノーラ油大さじ2
バター10g+20g
白ワイン大さじ2
熱湯200cc
固形コンソメ1個
大根(薄くスライス)約10cm分
塩・コショウ各少々
(B)バルサミコ酢大さじ4
(B)ウスターソース大さじ2
(B)レモン・マーマレード大さじ2
好みの付け合せ野菜適宜


【作り方】
*(1)~(7)は、「やさしいママの味☆コンソメバーグ~ローズマリー風味」とほぼ同様。

(1)玉ねぎはみじん切りして、平らな耐熱皿にリング状に広げてのせ、バターをちぎって散らし、ラップをふんわりかけ、1000Wの電子レンジで約4分加熱、庫内で約3分蒸らして冷ましておく。
(2)ボウルに豚挽き肉を入れて粘りが出るまでしっかりと練る。
(3)溶き卵、塩、コショウ、ナツメグ、(1)の玉ねぎ、水切りして崩した豆腐を加えてさらによく混ぜる。
(4)(3)の肉ダネを等分して丸く成型し、パン粉をまぶしつける。
(6)フライパンにキャノーラ油とバターを入れて熱し、バターが溶け切る前に(5)を入れて、中弱火で両面こんがり焼く。(焦げやすいので、火加減に注意する!)
(7)白ワインをふってアルコールを飛ばし、熱湯と固形コンソメを入れて軽く煮込む。
(8)大根は薄くスライスし、耐熱皿に並べて軽く塩・コショウし、ラップをふんわりかけて1000Wの電子レンジで約4分加熱する。
(9)深めの耐熱容器に(B)を入れて混ぜ合わせ、600Wの電子レンジで約2~3分、様子を見ながら加熱し、トロミがつくまで煮詰める。
(10)好みの野菜を盛りつけ、(8)の大根スライスを敷き、(7)で仕上げたコンソメバーグをのせ、さらに大根スライスをのせて、(9)のレモン&バルサミコソースをかけたら出来上がり。


レシピブログのGABANスパイスを使った肉料理レシピモニター参加中


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪


前々日に作っておいた「コンソメバーグ(ローズマリー抜きのパン粉で、シンプルに)」。

12/24(金)、X'masイブのディナーのメインディッシュにアレンジしてみました☆

この日は一日中おでかけの予定が入っていたので、帰宅してから調理したのでは、腹ペコ娘のKathが待ちきれないと思い、すぐに仕上がるように「コンソメバーグ」は作り置きしておきました。

当日は、

大根をスライスしてレンジでチン!

フライパンでコンソメバーグを再加熱している間に、バルサミコソースを混ぜ合わせてレンジでチン!

お皿に野菜を盛りつけ、大根→コンソメバーグ→大根の順に置いて、ソースをかけたら出来上がり♪

という、スピード調理でした!

冬野菜の王様、大根の甘みがコンソメバーグのやさしい味を引き立ててくれ、一緒に口に運ぶと、ますます幸せ気分♪

1歳児のKathも、スライス大根とコンソメバーグを一緒にほおばって、「むふふ~♪」と嬉しそうな笑みを浮かべていました☆

芳醇な酸味の効いたバルサミコソースを添えることで、味の輪郭がキリッと引き締まるのでオススメです。


こちらの「コンソメバーグ」、豚ひき肉と木綿豆腐がベースなのですが、やはり

GABANナツメグ〈パウダー〉
GABANナツメグ

が大活躍!!

ひき肉料理やジャガイモ料理、またお菓子作りにも使われる「GABANナツメグ〈パウダー〉」は、実は和の食材、お豆腐にも合うのかもしれません♪

これからも、いろんな料理に合わせて、新しい発見を楽しみたいです☆


マイホームの関係で予定いっぱいのX'masだったので、特別なことはできなかったのですが・・・

プクリンママさんの「薄衣をまとったコンソメバーグ」のおかげで、家族みんなが笑顔になれる、幸せいっぱいのX'masイブを過ごすことができました。


コンソメバーグを多めに作っておけば、「ちょっとだけアレンジ」でいろんな味わいを楽しめます!

冷めても美味しいので、お正月料理のひとつにも加えたい一品です。


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

【GABANローズマリー☆レシピ】やさしいママの味☆コンソメバーグ

2010.12.29
やさしいママの味☆コンソメバーグ

●「やさしいママの味☆コンソメバーグ~ローズマリー風味」のレシピ●

【材料】(4人分)
豚ひき肉約240g
木綿豆腐(水切り)300g
玉ねぎ1/2個
バター10g
(A)卵1個
(A)塩・コショウ少々
(A)ナツメグ少々
(B)パン粉適量(約1カップ)
(B)GABANローズマリー大さじ1
キャノーラ油大さじ2
バター10g+20g
白ワイン大さじ2
熱湯200cc
固形コンソメ1個
好みの付け合せ野菜適宜


【作り方】
(1)玉ねぎはみじん切りして、平らな耐熱皿にリング状に広げてのせ、バターをちぎって散らし、ラップをふんわりかけ、1000Wの電子レンジで約4分加熱、庫内で約3分蒸らして冷ましておく。
(2)ボウルに豚挽き肉を入れて粘りが出るまでしっかりと練る。
(3)溶き卵、塩、コショウ、ナツメグ、(1)の玉ねぎ、水切りして崩した豆腐を加えてさらによく混ぜる。
(4)パン粉とGABANローズマリーを混ぜ合わせて「ローズマリー風味のパン粉」を作る。
(5)(3)の肉ダネを等分して丸く成型し、(4)をまぶしつける。
(6)フライパンにキャノーラ油とバターを入れて熱し、バターが溶け切る前に(5)を入れて、中弱火で両面こんがり焼く。(焦げやすいので、火加減に注意する!)
(7)白ワインをふってアルコールを飛ばし、熱湯と固形コンソメを入れて軽く煮込む。
(8)好みの付け合せ野菜とともに皿に盛りつけて、出来上がり。


レシピブログのGABANスパイスを使った肉料理レシピモニター参加中


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪


12/22(水)、夫が単身生活を終え、自宅に帰宅してくれた日の晩ごはんメインディッシュです☆

特別なメニューにしたくて・・・

プクリンママさんのレシピで気になっていた

薄衣をまとったコンソメバーグ

に挑戦してみました!!

こちらのハンバーグ、タダモノではないのです☆

なんと、パン粉を後付け!

豚挽き肉を使うところと丸めた生地に直接パン粉をまぶして焼くのがポイント!

プクリンママさんがおっしゃっていた通り、パン粉がバターとコンソメスープをギュギュッと吸い込んでくれます。

バター×コンソメ味、たまらなく美味しいですよね♪

夫の大好きな組み合わせです。

はじめて食べたのに、どこか懐かしい感じがして・・・

心も体もぽっと温まりました。

私にとって、「料理のママ」として慕っているプクリンママさんの愛情が伝わってきたのかも☆

こちらの「コンソメバーグ」は、プクリンママさんのお母様の味なのだそうです。

“娘”気分の私は、ちゃっかりプクリン家の伝承の味を受け継がせていただきました♪

ちょっとアレンジして、パン粉と相性の良い

GABANローズマリー
GABANローズマリー


をプラス!

バターとコンソメにも良く合うので、とってもまとまりのある味に仕上がりました。

GABANローズマリーの爽やかな香りが鼻にス~っと通り抜け、バターのコクとコンソメのまろやかさをより一層引き立ててくれます☆

愛娘Kathも、「やさしいママ(=プクリンママさん」のコンソメバーグをとっても気に入ってくれて、Kathの手のひら大のミニバーグをペロリと平らげた上に、私の大きなハンバーグを半分近くも横取り♪

(もちろん、多めに作っておいたコンソメバーグを私がおかわりしたのは、言うまでもありません。)


多めに作ったのは・・・

24日、X'masイブのディナーに変身させるため!
(そのレシピは、また後ほど・・・)

24日は終日おでかけの予定だったので、晩ごはん準備を少しでもラクしようという作戦でした。

こちらのコンソメバーグ、お豆腐が入っているので、冷めても、再加熱しても、ふわふわやわらかいので、お弁当や作り置きおかずにもオススメ!!

年末年始で慌しいこの頃・・・毎日が続きます。

おせち料理も楽しみですが、こんな変り種ハンバーグで食卓にバリエーションをつけたいですね!


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

かつお菜と厚揚げの旨煮

2010.12.29
かつお菜と厚揚げの旨煮

●「かつお菜と厚揚げの旨煮」のレシピ●

【材料】(4人分)
かつお菜葉5枚
厚揚げ約200g
(A)だし汁300cc
(A)酒大さじ2
(A)みりん大さじ1と1/2
(A)醤油大さじ2
(A)砂糖大さじ1
ごま油数滴


【作り方】
(1)かつお菜は、塩茹でして食べやすい長さに切っておく。
(2)かつお菜の茹で汁で厚揚げをサッと湯通しし、油抜きしてから、3~4cm角に切っておく。
(3)鍋に(A)を煮立たせ、(2)の厚揚げを加えて中火で約10分煮る。
(4)(1)のかつお菜を加えて約5分煮含める。
(5)最後にごま油少々を垂らし入れ、鍋を揺すって香りを立たせてから火を止め、鍋のまま冷まして味をなじませる。


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪


12/14の晩ごはんの副菜です。

両親に、博多の郷土野菜、「かつお菜」を食べてもらいたくて作りました。

両親の大好物の厚揚げと組み合わせて。

ごま油をチョロッと垂らして、コクと旨味を引き立たせました☆

高菜好きの両親も、

「美味しいね~!」

と感心しながら食べてくれました。


厚揚げを先に煮含ませてしっかりと味を入れてから、かつお菜を煮しめます。

かつお菜の緑を鮮やかに保ち、シャキッとした食感を保つために、

「葉物はサッと塩茹でして、後から入れる」

のがポイントです☆

両親も、珍しい「かつお菜」を見てビックリ!

かつお菜

高菜の仲間だそうで、「かつお菜」はこんなに大きいのです!

長さ50cm以上はあります。

博多のお正月には欠かせない「かつお菜」。

お雑煮の青みとして加えるのだそうです。

私も、もうすぐやってくるお正月のお雑煮には、「かつお菜」を添えようと思います。

・・・と思って、お買い物に行ったら、14日には5枚で100円だったかつお菜が、今日は198円!

お正月価格ですね。

こんなことを予測して、先日、この煮物を作ったときに、塩茹でしたかつお菜の青いところを少し、小分けにしてラップで包み、冷凍保存しておきました☆


もうすぐ、毎年お取り寄せしている「青山蒲鉾店」の美味しいかまぼこが届くはず。

お正月限定の「サクラはんぺん」を浮かべて、博多風のお雑煮を作ってみようと思います。


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

【離乳食】もずくと卵のお粥

2010.12.29
もずくと卵のお粥

●「もずくと卵のお粥」のレシピ●

(1)浸水させた米(もしくは残りごはん)にだし汁(昆布と鰹節)を加えてお粥を作る。
(2)もずくを入れ、サッと煮立たせる。塩少々で味を調える。
(3)フツフツ沸いているところに溶き卵を回し入れ、ふんわりとまとまったら出来上がり。


Kathはもう大人と同じメニューを食べてくれるので、離乳食ははるか昔に作っていたものなのですが・・・

先週のX'masあたりはマイホーム関係のお出掛けで忙しかったので、その翌日26日(日)はゆっくりとお寝坊♪

ブランチした後、昼下がりにKathがおなかをすかせて

「あべー!まんま!」

と訴えかけてきたので、前日の残りごはんでパパッと作ってあげました。

ついでに、おとうちゃんとおかあちゃんも♪、と親子三人、揃ってお粥をいただきました☆

お菓子で小腹を満たすより、健康的かな、と思って。

もずくで食物繊維とミネラルを、卵でたんぱく質を補給できます。

約1年前、Kathがまだ「モグモグ期(7~8ヶ月)」の頃、よく作ってあげていた組み合わせです。

この頃の離乳食はシンプルに、、

「野菜(海藻)類」 × 「肉/魚/卵」

の組み合わせでお粥を作ってあげていました。

もずくは、下ごしらえしなくてもパックからすぐにお鍋に入れればいいので、ストックしておくと安心♪

ワカメや昆布などと違って、刻む必要もないので、忙しいママにオススメです☆

卵も、「溶いて、かき混ぜるだけ」です。

とっても簡単なのに、白粥よりもグッと栄養価アップ↑

もずくが苦手な夫も、

「あ、これなら食べられる!美味しいね☆」

と完食してくれました♪

赤ちゃんだけでなく、ママのダイエット食にもピッタリです。

なお、お粥の決め手となる「だし汁」は、赤ちゃんのために、天然の素材で丁寧にとりたいものです。

もちろん、パパッと“手抜き上手”をしたいときには、無添加のだしパックを活用♪

私は、Kathには「昆布」「鰹節」「いりこ」でとっただし汁を、6ヶ月齢頃からずっと食べさせて(飲ませて)きました。

「舌の記憶」というものは、とっても鋭敏なもので、Kathは私がたまに粉末だしでお味噌汁を作ると、汁を飲んでくれません。

この半年で身長は7~8cm高くなり、体重は1.5kg近く重たくなったKathちゃん。

どこに行っても「健康優良児」と太鼓判を押され、風邪ひとつ引かずにまぁるいほっぺをツヤツヤさせている我が娘をながめていると、やはり、食が私たちのいのちを支えているんだなぁと、しみじみと痛感します。


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪

子育てスタイル参加中♪


ぽちっとクリックよろしくお願いします☆皆様の応援に励まされてます!
「足あとClick」も楽しみにしています♪

blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

12/28ことばの記録

2010.12.28
《ことば》《場面》
ないないKath自身が出してきた絵本を読み終わって、絵本棚に立てて返しながら(うまく差し込めず、何度か挑戦していたが、最後は平積みで置いていた。)
あけーペットボトルの蓋を開けてほしい時。(私にペットボトルを差し出しながら。今までパソコンの蓋を「上下の動きで」開ける場面だけだったが、ペットボトルの蓋を「ねじって」開けることも、「あけー」と言うようになったのに注目したい。)
わーお!アンパンマンのパソコンの蓋を開けて、電源ボタンを押した直後(両手を挙げながら。ニコニコ笑顔で、感嘆の表情だった。)
いない いない ばあ!人形の顔を下にして隠している時、「いない いない」と言い、顔を上に向けてあげた時「ばあ!」と言って遊んでいた。
できた私が晩ごはんを作っている様子を見て、何度も言っていた。
じゃー空のペットボトルを傾けて自分のコップに水を注ぐ真似をしながら。
いたーきーたごはんを食べる前、合掌しながら。
ごちー/ごちーしーたごはんを食べた後、合掌しながら。
ありろりろりろりろりろり私がKathにおもちゃを渡してあげたり、お茶やおやつをあげた時。(以前よりも、「りろりろ・・・」のところが長くなった。)
ちゃちゃコップを差し出して、お茶を求めて。
あんぱんまん部屋干ししていた洗濯物の「赤い」シャツを指差しながら。/同じく、部屋干ししていた洗濯物の「赤い」アンパンマンのズボンを指差しながら。
ひらひら窓にうちつける激しい雨の音を聞き、窓に近づき、カーテンを開けて、雨を指差し、手を挙げて“ひらひら”揺らしながら。



今日は一日中不安定なお天気だったので、おうちで遊んで過ごしました。

いろんな生活場面、また一緒に遊んでいる中で、Kathはどんどん新しいことばを話してくれています。

ちょうど1週間前からKathの「ことばの記録」を始め、「言語表出」にばかり注目していますが、現在、1歳10ヶ月(22ヶ月)齢のKathはほとんど私たち親のことばを「(言語)理解」しています。

はっきりとした「言語理解」のはじまりは、1歳4ヶ月頃だったようです。
(「『パチパチパチッ!』でごあいさつ」参照)

今では、私たちの言葉(注意)に対してあからさまに反抗したり、わざと騙したり・・・なんてこともしています。

大きくなったなぁ~☆


今日のKathのことばも、興味深いものばかり!

●「いない いない ばあ!」の遊びについて。

Kathは、先日、地鎮祭の日に家電量販店の電子ピアノ・フェアでお姉さんにもらった“うさぎちゃん”の風船人形が大のお気に入り♪

今日、そのうさぎちゃんで、なんと、「いない いない ばあ!」の遊びをしていました!!

うさぎのいないいないばあ1
「いない いない~」

うさぎのいないいないばあ2
「ばあ!」

と言いながら、何度も遊んでいました♪

私には思いもよらなかった遊び方だったので、とっても感動しました☆

さすが、子どもは発想が柔軟だなぁ~。

ちなみに、人形で「いない いない ばあ!」をして遊ぶのは、今年の5月頃(Kath1歳3ヵ月頃)からやり続けています。

4月に私のホスト・ファミリーが訪問してくれた時、“granddaughter(孫娘)”のKathへのお土産として、“sock monkey”(靴下でできたサルの人形。アメリカの伝統的なおもちゃらしいです。)をプレゼントしてくれました。

このおサルさんはとっても柔軟なので・・・

モンキーのいないいないばあ1
「いない いない」

モンキーのいないいないばあ2
「ばあ!」

と言いながら、よく夫がKathを笑わせてくれていました。

その後、Kathは自分の顔を隠して「いない いない ばあ!」の遊びを好んでするようになりました。(1歳6ヶ月頃から)

今後、おサルさんでも、大人がやってあげていたのと同じようにして遊ぶようになるのか、注意して観察していこうと思います。


●「できた」という言葉について。

今までは、Kath自身の行動に対して、つまり、自分が何か「できた」(例.ブロックの作品が完成した)ということを私たちに主張するために

「できた!」

と言っていましたが、今日の昼下がり、私がごはんを作っている時に、

私が食材を切った後、

私がお鍋に食材を入れた後、

私が包丁とまな板を洗ってカゴに伏せた後、

という、複数の場面を私の背後に立って“監督”してくれながら言っていました。

ひとつひとつの動作がキリ良く終わった後に!

私も、Kathが遊んでいる時に、何かができたら

「Kathちゃん!すごいね!できたね!!」

と、頭をなでながら褒めてあげるのですが、私も、Kathに

「できた!」

と元気良く言ってもらうたびに、まるで褒めてもらっているような感じがして、心がぽっと温まりました☆

Kathは、「(何かの行為が)できた」ということの概念のようなものを獲得してきているのでしょうか。

自分の行為だけでなく、他者の行為が完了したことに対しても、

「できた」

ということばを使い始めたのは注目に値します。


●「いたーきーた」、「ごちー/ごちーしーた」

今まで、ごはんを食べる「前」のあいさつは、自発的に

「いたーきー」

と合掌しながら言うことができていました。(1歳7ヶ月頃~)

同様に、食べた「後」のあいさつは、

「ごち」

と言っていたのですが、数回言った後、しばらく言わなくなっていました。

今日は、晩ごはんのとき、おなかがいっぱいになったら、自発的に

「ごち」

と言って合掌、おじぎしていたほか、その後、夫と私も「ごちそうさまでした」と言って合掌したら、

「ごちーしーたー」

とKathも合掌しながら言うことができました!

だいぶ、幼児語から大人語へと変化してきているようです。


●ちゃちゃ

上記と同様に、大人語へ近づいている過渡期のことばとして、お茶のことを

「ちゃちゃ」

というようになりました。

今までは、Kathとしては「飲み物」や「飲み物を入れるコップ」を広く指していた

「じゅーちゅ」

を使っていましたが、今日は、喉が渇いたときに、コップを差し出して

「ちゃちゃ」

と言いました。

朝ごはんの一杯のほかは、基本的にお茶(しかも、どくだみブレンドの麦茶)を与えているのですが、そのときに、私は

「Kathちゃん、『おちゃ(または、ちゃちゃ)』飲もうね。」

と言いながら、コップに入れたお茶を手渡します。

その言葉を直前に言ったわけではなかったのに、Kathが自発的に言ったことが興味深かったです☆


●あんぱんまん

Kathはアンパンマンが大好き☆

おうちの中にも、アンパンマンのグッズが増殖中!

従兄弟のお下がりですが、アンパンマンの赤いズボンがお気に入りで、足の丈が短くなっても、嬉しそうに履いています。

今日は天気が悪かったので、お洗濯物を部屋干し。

アンパンマンの赤いズボンも干していました。

そして、Kathの赤い長袖シャツも。

上にずらりと並んだ洗濯物を見上げて、まず、赤い長袖シャツを指差して

「あんぱんまん!」

と言いました。

その後、少し離れたところに干してあった、アンパンマン柄の赤いズボンを指差して、

「あんぱんまん!」

と言いました。

先に、アンパンマン柄ではない赤いシャツを「あんぱんまん」と呼び、その後に、アンパンマン柄の赤いズボンを「あんぱんまん」と呼んだのが面白いです!

あくまで、共通なのは「赤い」ということ。

明らかに、シャツとズボンの形は違うのに、共通した「赤色」のものを「あんぱんまん」と呼んだのです。

現在、Kathの脳の中では、「あんぱんまん」という言葉は果たしてどのような概念で形成されているのか。

むやみやたらに、赤いものを「あんぱんまん」というわけではないので、単に、間違って言っただけなのか。

しかし、今日のお洗濯物を指差して言っているKathを観察していましたが、明らかに、赤いシャツのことを「あんぱんまん」と何度も言っていました。

アンパンマン・・・確かに、真っ赤なお鼻とほっぺが特徴的ですよね!

家にあるアンパンマンのおもちゃにも、赤が多く含まれています。

どんな実験計画を立てたら、Kathの現在の「ことばと概念」を検証できるのか・・・


●ひらひら

週末、Kathは窓越しに雪を見つめながら

「ひらひら~」

と挙げた手を揺らしながら可愛くささやいていました。

今日は、窓にたたきつけてくるほどの激しい風雨。

その様子に驚きながらも、窓に近づいてカーテンを開け放ったと思ったら、

「ひらひら~」

と、雪を見たときと同じような反応を示していました!

やはり、「何かが上から降ってくる様子」を

「ひらひら~」

と手を挙げてゆらゆらさせることで表現し、そのように認識しているようです。


以上、今日も発見が盛りだくさんの一日でした☆


子育てスタイル参加中♪


ぽちっとクリックよろしくお願いします☆皆様の応援に励まされてます!
「足あとClick」も楽しみにしています♪

blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

【GABANあらびきブラックペパー☆レシピ】ひと口SOY☆ポークステーキのオイスター照り焼き

2010.12.28
ひと口SOY☆ポークステーキのピリ辛照り焼き

●「ひと口SOY☆ポークステーキのピリ辛照り焼き」のレシピ●

【材料】(2人分)
豚もも肉(切り落とし)約100g
塩・GABANあらびきブラックペパー各少々
木綿豆腐1/2丁(150g)
小麦粉少々
ごま油大さじ1
(A)酒大さじ1
(A)オイスターソース大さじ1
(A)醤油大さじ1/2
(A)ハチミツ小さじ2
GABANあらびきブラックペパー適宜
水菜適宜


【作り方】
(1)木綿豆腐はしっかりと水切りして、食べやすい大きさ(約5cm×3cm大、厚さ約1.5cm)に切る。
(2)豚肉に塩・GABANあらびきブラックペパーを振って下味をつけておく。
(3)豚肉を重ねて広げ、小麦粉を薄くはたき、豆腐を巻く。
(4)熱したフライパンにごま油を敷き、(3)を入れて両面こんがり焼く。
(5)(A)を混ぜ合わせたタレを回し入れ、照り良く煮絡める。
(6)GABANあらびきブラックペパーをしっかりと振り、水菜を飾って出来上がり。


レシピブログのGABANスパイスを使った肉料理レシピモニター参加中


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪


12/12(日)、地鎮祭の日、お清めの日本酒をいただきました。

両親と夫がお祝いの晩酌を美味しくいただけるようなおつまみを作ってみました♪

・・・と言いつつ、前々日の「ひと口SOY☆ポークステーキ」のアレンジ・レシピ☆

GABANあらびきブラックペパーをしっかりと効かせることで、いつもの照り焼き味がキリッと引き締まります!

ビールにも日本酒にも良く合うと大好評でした。


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

【昆布レシピ】水菜とエリンギのイワシロール~梅肉オイスター風味~

2010.12.28
昆布大使のmcmaskyです。

12/11、両親が地鎮祭に参加するためにやってきてくれたとき、お酒大好きな父のために作ってあげた一品を紹介します。

美味しさを引き立ててくれるのは、やはり、「(とろろ)昆布」の旨味です♪

●「水菜とエリンギのイワシロール~梅肉オイスター風味~」のレシピ●

水菜とエリンギのイワシロール~梅肉オイスター風味~



【材料】(4人分)
イワシ8尾
(A)酒小さじ1~2
(A)塩少々
とろろ昆布適量(3つまみぐらい)
水菜1束(約100g)
エリンギ大1本
(B)梅肉1~2粒分
(B)オイスターソース大さじ2
(B)みりん大さじ1
(B)ニンニク(すりおろし)1片分
ごま油大さじ1


【作り方】
(1)水菜は約5cm長さのざく切り、エリンギは約5cm長さの食べやすい大きさに切っておく。
(2)イワシは三枚卸にし、(A)をふっておく。
(3)身側を上にして置き、(B)を混ぜ合わせた梅肉オイスターソース、とろろ昆布、水菜、エリンギをのせて、しっかりと巻き、爪楊枝で留める。
(4)フライパンにごま油を敷き、(3)を全面こんがりと焼いたら出来上がり。


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪


とろろ昆布を敷くことで、食材やソースの水分を適度に吸収してくれ、油ハネを気にすることなく、こんがりと焼き上げることができます☆

「梅肉×オイスターソース」、初めて組み合わせてみましたが、とっても好相性!

ニンニクを効かせることで、香ばしさがアップ↑

「もうひとつ・・・」

と、ついつい手が出る美味しさです♪

1歳10ヶ月の娘はイワシ大好きなのですが、同じく大好物のとろろ昆布と一緒にモリモリ食べていました☆

家族みんながおいしく味わえる一皿、お正月のおもてなしにも役立ちそうです。


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

小イカの佃煮

2010.12.28
小イカの佃煮

●「小イカの佃煮」のレシピ●

【材料】(4人分)
小イカ約250g
土生姜1片
(A)酒100cc
(A)みりん大さじ2
(A)砂糖大さじ2
(A)醤油大さじ3


【作り方】
(1)小イカは水洗いし、沸騰させ塩少々を加えた湯でサッとゆがく。色が変わったらすぐにザルにあげる。
(2)土生姜は皮を剥き、千切りにする。
(3)底が平らな小鍋に(A)と(2)を入れて沸かし、(1)の小イカを加えて 中火で約5分煮る。
(4)いったん小イカを取り上げ、煮汁にとろみがつくまで煮詰めてから、小イカを戻し入れてサッと煮絡めたら、出来上がり。


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪


先日、12/11、両親がやってきてくれたときに作った「酒の肴」。

ちょうど、朝市で大分産の小イカが手に入ったので、お酒が進む佃煮にしてみました。

もちろん、ごはんのお供にもピッタリ♪

これからお正月を迎え、来客をおもてなしする機会が増えてきます。

こんな佃煮を作っておくと、酒の肴にも、〆のごはんのお供にも、好適です☆


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

12/27ことばの記録

2010.12.28
《ことば》《場面》
おかえりー(おじぎ)私が「Kathちゃん、おはよう」と、寝起きのKathに向かって朝のあいさつをした時
あけー(私の、もしくはKathのおもちゃの)パソコンの蓋を開けてほしい時
わうわうおとうちゃんと晩ごはん後に戯れながら。
こちょこちょこちょ私のわき腹をくすぐりながら。
できた私がお昼ごはんのお皿を並べていた時。
じゃー夫や私の湯のみから自分のコップにお茶を移しながら。



毎日、起きている間は絶えずおしゃべりしているKathちゃん。

まさに、ことばが「積み重なっている」感じです。

今までと違う場面で話したり、それに伴って、意味が少しずつ違ってきたりしているのが興味深いです☆

ここ数日、夫や私のことを、

「パパ」
「ママ」

と、ふと呼んでくるようになりました。

1歳を過ぎてから

「おとうちゃん」
「おかあちゃん」

が定番で、こちらが

「パパ/ママだよ。」

と話しかけても、「おとうちゃん/おかあちゃん(時には、とうちゃん/かあちゃん)」と呼んでいたのに・・・

Kathのなかで、どういう変化が起こったのでしょう?

もちろん、依然として、7割方は

「おとうちゃん」
「おかあちゃん」

ですが。

注意していると、夫は

「パパ/ママ」

を使うことが多く、私は、Kathの発言に合わせることが多いので

「おとうちゃん/おかあちゃん」

を使うことが多いです。

ここ数日、Kathが

「パパ/ママ」

と言うのも、夫のいる前で言っていることに気付きました。

「相手によって、ことばを使い分ける」ことをし始めたのかもしれません。

知人の3歳の男の子は、父親のことは「パパ」、母親のことは「お母さん」と呼んでいるのだそうです。

幼児には、こうした非対称性が成立するのが面白いです。


昨日のことばを振り返って・・・

Kathにとって、「おじぎをしながら、あいさつをする」時のことばは、

「おかえりー」

で定着してきたようです。

先週あたりから、

「ありがとう」

「おはよう」

「いただきます」

「バイバイ」

といった挨拶の言葉を周りの大人が発した時、それに対することばとして、どんな場面でも

「おかえりー」

というようになりました。

しかも、必ず頭を下げておじぎをしているところがミソです!

「おかえりー」

と言ったKathに対して、私は

「Kathちゃん、『おはよう』だよ。」

と訂正して教えますが、やはり、Kathは

「おかえりー」

と言い直さずに、自分のスタイルを貫き通しています。

それも、言語発達のひとつのプロセスなので、

「へぇ~!Kathちゃんは、いま、『おかえりー』をあいさつのことばとして使ってるんだな。」

と興味深く観察しています。

どんな場面でも「おかえりー」と言い、しかも、おじぎを必ずして、私の言い直しを無視し続けているKath。

今後の変化に注目しています。


また、この2日間で「あけて」という意思表示のことばが、

「あけー」

に定着してきました。

私が、Kathの「あべー(BAD)」のイライラを見て、

「パソコン、あけてほしいんだね。」

とか、

「ふた、あけとこうね。」

などと言っているのですが、共通する

「あけ」

をちゃんと拾っているのでしょうか?

ほかの動詞でも、語幹部分だけを使いこなすか、今後が期待されます。


今日は、先週末、Kathがハマってつぶやいていた

「ぽてと」

をまったく言いませんでした。

Kathの「ぽてと」のつぶやきが気に入っている夫が、「ぽてと」を言わせようと、一生懸命Kathに向かって

「Kathちゃん、『ぽてと ぽてと』」

と言っていました。

でも、Kathは一向に言いませんでした。

最近Kathは、こちらが教えたことばを即座に模倣して繰り返すことは少なく、自発的に、意思を持ってことばを発することの方が断然多くなりました。


昨日の午前、ブロック遊びに1時間以上集中していた時のこと・・・

ブロック作品

こんな作品を作っていました!

Kath一人のちからで!!

同じ形、同じ大きさのブロックを、ほぼ、違う色が隣り合うように、カラフルに敷き詰めていました☆

見ていると、Kathはブロックを無作為に手に取ってはめ込んでいたのではなく、箱の中をじっくり見ながら探って目的の形、大きさのブロックをつかみ、丁寧にはめていました。

しかも、同じ色をつかんで一旦はめた場合でも、じっと見つめた後、すぐにそれを外し、脇に置いておいて、ほかの色を探してから、はめ直していました。

まるで、Kathは「こんなデザインにしよう」という構想があるように感じました!


最近、一緒に遊んでいて、Kathは私が手を出すと、

「あべー」

と眉をしかめて不快な感情をむき出しにして手を払いのけることが多いです。

まるで、

「じゃましないで!」

と言っているように。

なので、私はあくまで見守っていることが多く、Kathのほうから私におもちゃを差し出したり、手を引っ張ってきた場合には、私も遊びに参加しています。

ブロック遊びは、自分ひとりでやりたいことが多く、逆に、おままごとは私や夫と一緒にしたがることが多いです。

お人形遊びは、ひとりでお人形をお散歩させたりして遊んでいることもあれば、私たちのところに持って来て、一緒に遊ぼうとせがむこともあります。

遊びを通じたことばの発達にも、注目していきたいと思います。


子育てスタイル参加中♪


ぽちっとクリックよろしくお願いします☆皆様の応援に励まされてます!
「足あとClick」も楽しみにしています♪

blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

12/26ことばの記録(1歳10ヶ月(22ヶ月)齢に入りました。)

2010.12.27
《ことば》《場面》
てって明け方の寝言。横で寝ていた私に背を向けていたが、手を差し伸べながら言った。起きているのかと思ったが、ぐっすり眠っていた。嬉しくて思わず、Kathの手を両手で包んで握ってあげた。
これKathと夫の中間地点にあるおもちゃ(積み木の入れ物の屋根)がほしい時、夫に向かって「これ(それ)、とって」というように、おもちゃに向かって右手を広げて指し示しながら、夫に訴えかけた。夫は、「Kathちゃんに、アゴで使われた!」とその“おませさん”ぶりに驚いていた。
おかえりー洗濯物のタオルを洗面所まで運んで持って来てくれたので、「Kathちゃん、ありがとう」とお礼を言っておじぎしたら、Kathは「おかえりー」と言いながらおじぎしてくれた。今のところ、おじぎをする場面で「おかえりー」と言うことがほとんど。
ひらひら深々と降る雪を、窓を開放してベランダから見せてあげたら、両手を挙げて手のひらを広げて“ひらひら”揺らしながら、外の雪と私たちの顔を往復して見ては、「ひらひら」と何度も言っていた。目をキラキラ輝かせて、しばらく雪が降るのを見つめ、「ひらひら~」と両手を挙げて言い続けていた。
ないない手に取ったスプーンをキッチンの引き出しにしまって、引き出しを閉めながら/引き出しのロック(乳幼児のイタズラ防止用)を締めながら/お人形のメルちゃんの服を脱がせて、なぜかゴミ箱に捨てながら/お昼ごはんを食べ終わって、「もういらない」というように、私にお椀を突き出しながら/洗面所の洗濯関連品の棚の扉を開け、洗濯バサミを両手にひとつずつ取り、手元を見た後、左手にふたつ持ち替え、空いた右手で扉を閉めながら/キッチンと廊下につながるドアを閉めながら(一旦閉め、再びドアを開けて顔をのぞかせたときは「おかえりー」と言った。「ないない(閉める)」「おかえりー(開ける)」を何度も繰り返して、笑いながら遊んだ。)
きれい きれい私が泡ハンドソープを手に取って、両手をこすり合わせて洗っているのを下から見上げながら/私がシャンプーをしていた様子を見ながら/私が洗顔石鹸を両手でこすり合わせて泡立てていたのを見ながら/私が泡で顔を包み込んで洗っていたのを見ながら/私がボディソープをつけて泡立てたタオルで体を洗っていたのを見ながら
じゃー私がかけ湯でシャンプーの泡を洗い流しているのを見ながら(いつも、Kathのシャンプーをしてあげる時、「泡さん、流すよー!じゃー!」と言ってから髪をすすぐので、それを覚えていたのか?)
こちょ こちょ夫のわき腹をくすぐりながら。夫や私がKathを笑わせるのにくすぐる時、「Kathちゃ~ん♪こちょこちょこちょ」と戯れながら言っているのを覚えていたのか?
てぃっく てぃっく私の背後に立ち、目の前のおしりを両手でバンバンたたきながら。私も夫も、このオノマトペは使わない。Kath特有。
ぽてと天井を見上げながら。なぜか、ここ数日、「ぽてと」をふと口にする。フライドポテトやポテトチップスなどは食べていないのに・・・。ポテトといえば、23日の晩ごはんで作った、「Ham and Cheesy Potatoes(ホストマザーに教わったアメリカ料理)」を作ったとき、私と夫が「Cheesy Potato(es)」と繰り返し話題にして言った(例、「Cheesy Potato(es)、美味しかったね!」「Cheesy Potato(es)、またた作るね!」等)。その翌日から三日間、Kathはふとしたときに、「ぽてと」とつぶやく。Kathも、「Ham and Cheesy Potatoes」を気に入っていっぱい食べてくれていた。
あけーKathのパソコンの蓋を開けてほしいと訴えている時



12/26(日)は、朝から深々と雪が降っていました。

前日まで、バタバタと終日おでかけしていたので、昨日は丸一日おうちで休息日。

夫の単身生活の荷物を片付けたり、来春のマイホームに向けた荷物を片付けたり・・・

マイホームの間取りやインテリアを見直したりして、夫に“設計図”を書き直してもらったり・・・
(マイホームの最終版プランについては、別途詳しく記事にまとめます。)

そして、一日中、Kathといっぱいふれあいました☆

上記の「ことば」の表にあるように、Kathはいっぱいおしゃべりしました。

今までのことばも、新しいことばも。

おうちでリラックスして、おもちゃで遊んだり、からだを使ってふれあったりする日には、ことばが多い気がします。

外出先では、やはりどこか緊張気味になります。


さて、昨日のことばですが、多くの発見がありました!

まず、明け方の寝言に感動☆

今までは、

「むにゃむにゃ」

など、無意味語を寝言として発することはあったのですが、昨日、初めて

「てって(手)」

と、意味のあることばを寝言として言いました。

しかも、手を差し伸べて!!

顔を覗いてみても、軽くつついてみても、まったく起きることなく、ぐっすり寝入っていたなかで発した

「てって」

夢の中でも、私たちの手を求めてくれていたのかな、と思うと、感動して胸いっぱいになりました☆

最近、1歳9ヶ月を過ぎた頃からでしょうか・・・

Kathのほうから手をつないできたり、手をつないだまま歩いてくれたりするようになりました。

「手をつなごう」

という意思表示、またその行為は、こんなにも心を豊かに、満たしてくれるものなのだと、Kathのおかげで気付くことができました。


もう一つ、とても感動したのが、キラキラとした瞳で雪を見つめながら、「ひらひら」と言ったことです☆

しかも、両手を挙げて“ひらひら”とジェスチャーをしながら!

雪を「ひらひら」と表現するのは、Kath特有です。

私や夫、また、本やテレビ番組などで、雪(が降ること)を「ひらひら」と表現したことはありません。

しかし、お散歩中、または本やテレビを見ている時、花びらや木の葉が舞い降りている様子を見て、私がKathに

「Kathちゃん、お花(葉っぱ)さん、『ひらひら~』だね!きれいだね!」

と語りかけることはありました。

もしかして・・・あくまで推測ですが、

「何かが上から(揺れながら)舞い降りてくる様子」



「ひらひら」

と認識してきているのかな、と思います☆

私は、Kathが雪を「ひらひら」と表現したセンスに対して、深く感銘しました。

どんな有名な芸術作品よりも・・・

子どもとふれあう中で、いつも心洗われる毎日です☆


最後に、最近の流行・・・

X'masプレゼントに、両親に買ってもらったアンパンマンのパソコンが、最近のKathの必携品!

キーボードを押したりマウス操作して遊ぶだけでなく、蓋に付いている3枚のディスクを外したりはめたりするのも、Kathお気に入りの遊びです♪

ディスク遊び1

ディスクを外すと、こんな感じに、ディスクと同じ絵が描かれています。

Kathは、買ってもらってから数日ほど、母とディスクをはめる遊びを教わりながら一緒にしていた中で、間違えることなく、同じ絵柄のところにディスクをはめることが自発的にできるようになりました!

ディスク遊び2

ディスク遊び3

ところが、昨日から、行動が変わってきました!

同じ絵柄のところにディスクをはめるのですが、

ディスク遊び4

ディスク遊び5

「パソコンの蓋に描かれている絵と、ディスクに描かれている絵を重ね合わせるようにして、裏向きにはめる」

ようになりました。

これは大変興味深い変化です!

行動を観察していると、裏側のモノトーンの柄が気に入ったから、というわけではなさそうでした。

まず、ディスクを手に取り、表の絵、たとえばアンパンマンの顔をじっと見つめ、パソコンの蓋のアンパンマンに視線をやり、ふたつのアンパンマンに対して視線を往復させながら、身長に重ね合わせるようにしてはめます。

「同じ柄を重ね合わせる(くっつける)」

ということを意識しながら行動しているように思いました。

また、このディスクを外すには、

「中央の出っ張りを押しながら、ディスクの縁に指を引っ掛ける」

ことが必要で、けっこうな力を込めて外さなければ、簡単に外れないようになっています。

今までは、

「あべー!」

と主張したり、私たちの手をディスクの上に持ってきて、外してちょうだい、と訴えていましたが、昨日から、Kath自身のちからで外すことができるようになりました!

「押しながら、引き上げる」

という、二つの動作を同時におこなうのは難しいことですが、私たちがやっているのをじっと見つめているうちに、Kathはその複合的な動作を習得したようです!


日に日に賢くなっていく我が子を目の前にして、「私も、前を向いてあるこう」と元気をもらう毎日です☆


子育てスタイル参加中♪


ぽちっとクリックよろしくお願いします☆皆様の応援に励まされてます!
「足あとClick」も楽しみにしています♪

blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

12/25ことばの記録

2010.12.26
《ことば》《場面》
あべーマイホーム打ち合わせに待ちくたびれて、ご機嫌斜めになったときに、泣きながら/おとうちゃんやおかあちゃんに、自分の言うことを聞かせるために、泣き声ではなく、強くはっきりとした口調で発した(例.おもちゃのパソコンのディスクを外してほしい時、おとうちゃんの水の入ったコップがほしい時)
あべー→あぴーKathがご機嫌ななめで「あべー」と泣き顔で言い続けるので、夫と私が「Kathちゃん、『あべー』じゃなくて『あぴー』だよ♪」と笑顔で楽しそうに、Kathの目を見て言ってあげたら、思いが通じたのか、Kathは、はじめは真剣に、「あぴー」と言い、私たちがほっとして笑うと、それにつられて「あはは」と笑いながら、その後は「あぴー」と言い続けた。
はい朝、私が掃除中、床掃除用モップを自分に渡してくれとせがむ時、右手のひらを上に広げて私のほうに差し伸べながら(「ちょうだい」と言っているように)/ショールームのお姉さんがKathにジュースを持ってきてくれた時、Kathが持っていたお菓子の袋をお姉さんの手元に差し出して言った(「はい、あげる」というように)/車の中で、運転中の夫に、自発的に自分のお菓子をあげようとして、斜め後ろから、お菓子を持った右手を夫のほうに向けて差し伸べながら(「はい、どうぞ」というように)
ぽてとブロック遊びをしていて、黄色いブロック(2×3×6cm)を手に持ち、言った。
ぃえ~い!晩ごはんのシチューを上手に食べられたから、「いっぱい食べたね」と褒めてあげた時、両手をバンザイしながら何回も言った。
おほほほほ教えていないのに、おじいちゃんに教わったのを思い出したのか、湯晩ごはんの後にブロックで遊びながら、口元に右手を当てて笑った。


一日遅れの記録です。

朝から晩までお出掛けだったので、ゆっくりと遊んであげる時間がとれず・・・

心なしか、Kathの発言は「あびー」が多く、種類が少なかったように思います。

しかし、大変興味深いことばの使い方が見られたのに注目です!


12/25、クリスマス、私たちは朝からマイホームの打ち合わせに出かけました。

粉雪が舞い散る、とても寒い一日でした。

午前中、約2時間の打ち合わせ。

追加変更工事について、また、資金計画についての真剣な話だったので、Kathには、はじめ、キッズスペースで大好きな『アンパンマン』を観ながらおやつを食べておいてもらいました。

ひとりで約1時間、『アンパンマン』を観たり、ブロックや車でひとり遊びしたり、多少ウロウロ歩き回りながら、ビックリするほど(心配になるくらい)おとなしく待っていてくれました。

後半の1時間は待ちきれず・・・
(オムツが気持ち悪いのを「あべー」と言って泣きながら知らせてくれました。オムツを交換してほしい時、「あべー」」と言って不機嫌になって訴えてきたり、時にはオムツを持って来たりするようになったのが、1歳8ヶ月(20ヶ月)齢からです。)

Kathは一人前に打ち合わせのテーブルに参加し、ひとりでイスに座って、図面や資産計画表を指差しながら、私の横にいました。

だんだん、しびれを切らし・・・

ついに、「あべー」と泣きわめいて、抱っこしても反り返って、暴れ始めました。
(これが、想像していた姿です。)

話もひと段落したので、約2時間で打ち合わせを終えました。

その後、家電量販店で昼食。お気に入りのインド料理店にて。
(地鎮祭の後も、両親を連れていってあげました。)

バターチキンカレー

「バターチキンカレー」というのが日替わりランチで、2週間前も同じメニューでしたが、とっても美味しくて気に入っていたので、同じものを注文。

ナンを食べるKath


Kathは、ナンやカレーが大好きなので、いっぱい食べてくれます。

それから、本屋さんでKathの(・・・私の?)X'masプレゼントを買ってあげました(ポイント活動で貯めた図書カードで!)。

あいうえおの本など

一昨日、24日に歯医者さんで待つ間、私がKathをおんぶして本棚から絵本を選ばせてあげたら、真っ先に

あいうえおのえほん

を「これ!」と言って選びました。

私も、子どもの頃から大好きな「いもと ようこ」さんのイラストです☆

Kathは、絵本の中の動物たちの絵を指でさしたり、私の手を持って自分の指し示したいところにもっていったり、ときには、ひらがなの文字を指でツンツンつついたりしていました。

見開き2ページにつき、ひらがな1文字が取り上げられています。

左側ページには、大きなひらがなの文字とその書き順が。

右側ページには、かわいい動物たちの絵が、その文字にまつわるお話付きで載っています。

まだ早いかな、とも思いましたが、Kathがとっても大切そうに、興味津々でペラペラめくったり、じっくりと読んでいたので、買ってあげようと思いました☆

絵だけでなく、文字にも興味を持ち始めてくれて、活字好きの私は同志ができたようでとても嬉しいです♪

もう一冊は、名著、Shel Silversteinの

おおきな木

村上春樹の訳ということで、どんな感じだろうと興味を持ちました。

子どもの頃から何度も何度も読んで、読むたびに、その時の自分と照らし合わせて、深く内省させられた絵本。

Kathに読み聞かせするなかで、Kathと一緒に、「愛」について考えていきたいと思っています。


家電量販店では、本屋さんの後、マイホーム用のTVモニター付インターホンとリビング用照明器具を購入。

Kathは、大人しくチャイルド・カートに乗っていることはなく、歩き回って満足していました。

危ないとき、Kathの歩みを制止すると、「あべー」と泣きじゃくりながら、地面に這いつくばる勢いで抵抗していました。

昨日もいっぱい待って、ちょっとイライラが募っていたようでした。

無理もありません。


さて、昨日の、面白かった出来事。

まず、上述のことばの表にも書きましたが、Kathが、不機嫌を示す

「あべー」

とぐずっているとき、私たち親が

「Kathちゃん、『あぴー』だよ♪」

と楽しそうに、幸せそうに語りかけてあげると、

「あぴー」

と、HAPPYな気持ちを表すことばに切り替わったことです。

笑顔、そして、大笑いまで引き出せました。

もちろん、すべての場面で成功したわけではありませんが・・・

感情は伝播するもの。

特に、親子関係では強くそう感じます。

子どもが不機嫌になったり泣きわめいても、「おおきな愛」で、

「いま、わたしたちは、しあわせなんだよ!」

と伝えたい、包み込んであげたい・・・

私は、そう思います。


二点目に、

「はい」

という単純なことばに、

「ちょうだい」

という要求の意味と、

「はい、どうぞ」

という勧誘の意味の二つが込められて、場面によって使い分けていることを見い出しました。

前者の、要求の「はい」の由来として考えられるのは、Kathが私に何かを要求してきた時(「はい」と言う前は、「んー」でした)、私がKathに対して

「はい、どうぞ」

と言ってから手渡すことが多かったため、と推察されます。

「はい」

という短い言葉の中に、Kathは、ものを受け取る立場と、渡す立場の両義を込めているところが非常に面白いです。


意味が対にはなっていませんが、Kathの得意とする

「あべー」

ということばに、“BAD(不快)”という意味のほかに、

「あれ、して(あれ、とって)!」

という、要求の意味を込めて使うようになりました。

まさに、「箱入り娘」のように大事に大事に育てている一人娘なので、Kathが不快な様子になると、つい、言うことをきいてあげたくなります。

知恵をつけてきたKathは、

「おとうちゃんとおかあちゃんは、私が『あべー』と言ったら、なんでも言うことをきいてくれる」

と悟ってきたような行動です。

最近、厳しく躾をしているつもりですが・・・

まだまだ、振り回されてしまいそうです。

知恵がついた、といえば、Kathは1歳8ヶ月(20ヶ月)齢頃から

“泣きまね”

をするようになりました。

両手を目の下に当てて

「ぅえ~ん!」
「あべー」

と泣き声を出しますが、涙は流さず、指の隙間からこちらをのぞいている様子で・・・

教えていないのに、

「泣いたふり」

をおぼえるなんて、不思議です。


三点目は、帰宅後、私たちが手洗いうがいをしたり、片付けをしている間に、Kathが真っ先にしていたこと・・・

パソコン2台体制

なんと、私のパソコン(黒のネットブック)と、夫の単身赴任用パソコン(白のネットブック)を、Kathがひとりの力でテーブルに置き、蓋を開け、電源まで入れていたこと!

黒のネットブックは、テーブルのすぐそばにあるAVボードの上に置いてあったので

「持ち、運ぶ」

だけでしたが、白のネットブックは、専用ケースに入れてあったので、

「マジックテープを外し、ケースの蓋を開け、ネットブックを引っ張り出し、テーブルの上に置き、電源をつける」

という、極めて複雑な動作をしなければなりませんでした。

それを、私たちがまったく気付くこともないくらい静かに、そ~っとおこなっていたのです!!

Kathがあまりにも自然に、ごく当たり前のようにパソコン2台体制でキーボードを両手打ちしていたのが、面白くて・・・夫と顔を見合わせて大笑いしました。

当の本人、Kathはキョトンとしたまま、パソコンの前にいました。

いったいどんな意図があって、帰宅早々、「パソコン2台体制」をとったのか・・・

コンピュータのエキスパートのおとうちゃんが、パソコンを駆使している姿を、自然と見ているのでしょう。

帰宅早々、パソコン2台に向かうKathは、まるで「デキル女」のように見えてかっこよかったです☆


子育てスタイル参加中♪


ぽちっとクリックよろしくお願いします☆皆様の応援に励まされてます!
「足あとClick」も楽しみにしています♪

blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

12/24ことばの記録

2010.12.24
《ことば》《場面》
ばんばーぐ絵本『おべんとうバス』を一緒に読んでいて、ハンバーグくんのところを読んであげていた時、私が「ハンバーグくん」と言った後に言った。
いたーきー絵本の「スプーン」の絵を見て指差しながら自発的に言った。いつもスプーンとフォークとお箸を出してあげて、好きなものを使って食べさせているので、「スプーン」と「(これから)食べること」が繋がってものと思われる。大変興味深い“言い間違い”!/晩ごはんの後、食べる前だけでなく、食べ終わった後も「いたーきー」と合掌して言った。
あぽー(apple)絵本のリンゴの絵を見ていて、私が何も言わなくても、Kathから自発的に指差ししながら、上を見上げて私と目を合わせて言った。/洗濯した布製ミトン(鍋敷)に描かれたリンゴの絵に対して、夫が「リンゴだよ」と言い、私が「apple」と言った後、Kathは「あぽー("apple"に聞こえる)と言った。"apple"は、Kathが3ヵ月頃に「あぽー」と言い始めたのが面白くて、(私にできる限り、英語の発音で)実物のリンゴや絵のリンゴを見るたびに"appleだよ"と言い聞かせてきた。
ぽてと布製ミトンのリンゴの絵を指差しながら、自発的に言った。それを聞いてみんなで大爆笑した後、夫と私が「リンゴ(apple)」だということを教えてあげた。たしかに、見方によっては「(赤い)ぽてと」に見える絵だった。
はい夫または私がたたんだお洗濯物を両手で抱えて持ち上げ、私に渡してくれながら言った。引き出しまで持って行って、引き出しを引き、洗濯物を押し込み、引き出しを押して収めるところまでしてくれるときもある。(私が洗濯物を引き出しに収めている時、私の後ろについてきた場合)
くまー乾いた洗濯物にあった、お気に入りの「リラックマ」のトレーナーをたたんでいた夫から奪い取り、抱きしめながら言った。いつもは「べあ」なのに、初めて「くま」と言った。




今日はX'mas Eve☆

我が家は夫が有休を取ってくれ、おでかけ・・・ではなく、

午前中は歯医者さん(私の親不知抜歯後の消毒と、夫の検診&治療)、午後は不用品を処分し、区役所に住宅ローン申請用の書類を取りに行ったり・・・

という感じで、現実的な一日でした。

今は、すべてがマイホーム建築を中心に回っているので、まぁ、仕方ないかな。


歯医者さんは思ったより時間がかかり、約2時間、今日もKathを待ちぼうけにさせてしまいました。

でも、かかりつけの歯科クリニックにはちゃんと「キッズコーナー」があって、(おもちゃはないけど)絵本がたっぷり♪

私もKathも「本の虫」なので(*過去記事『ほんのむし』参照)、居心地の良い空間です☆

今日もいっぱい絵本を読みました。

Kathは、自分の本は割とダイナミックに持ち出して読みますが(時には、かじったり・・・)、公的な場所や病院などに行くと、ものすごく“良い子”に、大人しく本を読み、自分で本を立てて片付けます。

何事も、親が手本を見せたり、優しく誘導してあげると、はじめはできなくても、子どもはいつの間にか、それを自然と身に付けてくれるものです。

それが私の理想の「躾」です。

さて、今日は私と1時間半以上、絵本を読んで遊びました。

お膝にのせて読み聞かせしたり、おんぶしてあげて本棚の高いところの本を選ばせてあげたり、手遊び歌を歌って遊んだり・・・

いろいろしていたら、意外とあっという間に過ぎるものです。

家にはない、面白そうな絵本を見つけては、Kathは興味津々でじっくりと読み入っていました。

私がページをめくるのではなく、Kathが自分のペースでページをめくるのがポイント!

1歳半を過ぎた頃から、何でも自分でやりたいお年頃のKathちゃん。

おかげで、私は観察に集中できます☆

絵本を自発的に読んでいるKath姿や、一緒にことばを覚えながら読み聞かせした親子の絵本タイムを通じて、今日もいっぱい面白い言葉が出てきました。

ちなみに、Kathは手遊び歌が大好き!

おもちゃがなくても、いつでもどこでも、手遊び歌があれば「キャハハ」と笑ってご機嫌になってくれます。

「むすんでひらいて」
「げんこつやまのたぬきさん」
「ひげじいさん」

など、私も子ども時代、親に歌ってもらい、自分で歌って遊んでいたもの。

Kathとも共有できるのが嬉しいです☆

Kathは、「むすんでひらいて」の、「ひらいて」以外、つまり、「むすんで」「てをうって」「そのてをうえに」を、動作もタイミングもバッチリマスターしています!

「むすんで」

(ひらいて)

「てをうって」

「むすんで」

(まーた ひらいて)

「てーをーうって」

「そーのーてーを うーえーにー」

*おまけで、「Kathちゃん、バンザーイ!」

というように、「」は上手にできて、()部分は飛ばします。

グーにするのは簡単で、その後、手を開くのが意外と難しいのかな・・・

でも、拍手はできているのにな・・・

「ひらいて」の部分で、「てをうって」のための準備(readiness)となっているのかな?

などと、いろいろと考えながら、いつも、繰り返し繰り返し、手遊びをしています。

Kathは、「げんこつやまのたぬきさん」や「ひげじいさん」で、グーをしたまま両手を打ち付けるのはとても上手にします。

1歳8ヶ月(20ヶ月)齢くらいからでしょうか。

「げんこつやまのたぬきさん」の、「ねんねして」で両手を重ねてまぁるいほっぺの横に当て、首をかしげる姿がなんとも可愛いです☆


さて、KathへのX'masプレゼントですが・・・

去年プレゼントしてからずっと『ノンタン サンタクロースだよ』を読み聞かせたり、Kath自身が取り出して読んだりしていますが、「クリスマス」というものを、まだはっきりと認識していないようです。

しかし、有難いことに、プレゼントはいっぱいです☆

今年は(も?)、大好きな「クマ」グッズをたくさんもらいました♪

クリスマス・くま

(左端にあるオレンジのチェックのトレーナーが、「ことばの記録」表にある「くまー」と呼んだリラックマです。)

中央のX'mas絵本(洋書)とテディベアは、アメリカのホストファミリーからの贈り物♪

くまのプーさんのハンカチと巾着袋は、(X'masプレゼントではありませんが、ちょうどX'masプレゼントになった)、恩師からのプレゼントです☆

皆さんからのプレゼント、本当にKathは幸せ者です。


子育てスタイル参加中♪


ぽちっとクリックよろしくお願いします☆皆様の応援に励まされてます!
「足あとClick」も楽しみにしています♪

blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

12/23ことばの記録

2010.12.23
今日は家族みんなで美容院へおでかけ。

X'mas前なので、みなさんキレイにしたいのか、人が多くて・・・

3時間以上もかかってしまいました。

もちろん、飛び回りたい元気なKathが3時間もベビーカーに座って待てるはずもなく、早く終わった夫とともに、先に帰宅しておいてもらいました。

1時間強ほど、Kathと離れ離れに・・・

おもちゃ(アンパンマンのお絵かきボードやお医者さんごっこの電子カルテ)で遊んだり、おやつを食べたりして、なんとか1時間は待てましたが、その後は動き回りたいのを制止されてイライラ爆発!

かわいそうに、大泣きしながらベビーカーに乗せられて帰宅していくのを見送るのが、母親として辛かったです。


帰宅後も、今日は全般的にご機嫌ナナメで、「あ~、おかあちゃんに放っておかれて、恨んでるな」という暴れっぷり!

普段は、一日のうちに話すKathの言葉の大半が

「あぴー(HAPPY)」

なのに、今日だけは、7割方が

「あべー(BAD)」

でした。

泣いては、私が抱っこしても暴れてアゴや頬を足蹴にされましたし・・・

お風呂で、「ちゅー」とkissを求めても、唇をつまんで、ひねられ・・・

今日は、虫の居所が悪かったようです。

まぁ、1歳児といえど、自我が芽生え、人一倍感情豊かな我が子です。

機嫌の悪い日もあるでしょう。

今日、時間がとれなかった分、明日はしっかりと時間を割いて、いっぱい遊んであげたいと思います☆

こうして、子育ても日々反省、顧みることが多く、それだけ、学ぶことも多いです。


さて、Kathのことばの記録ですが、最近、ことばが増えてきて、よく言うことば(例.「おとうちゃん」「おかあちゃん」「あぴー」「あべー」など)は毎日欠かさずしゃべっているので、

前日との差分(同じ語でも使い方が変化していたり、新しく話し始めた語があった場合)

を記録していこうと思います。


《ことば》《場面》
ばーちゃん夫(おとうちゃん)に向かって/私(おかあちゃん)に向かって
パパ最近、ずっと「おとうちゃん」と呼びかけるのに、ものすごく久しぶりに、夫に向かって「パパ」と呼びかけた
ママ同じく、1歳を過ぎてから「おかあちゃん」と呼び続けているのに、今日は久しぶりに「ママ」と呼んでくれた(8ヶ月齢に初めて「ママ」と呼んでくれ、それから4ヶ月間は「ママ」「パパ」でした。)
ないないチョコレートの包み紙をゴミ箱に捨てに行って、私のほうへ戻ってきながら言った。「捨てたよ!」と言っているような感じで、誇らしげに、達成感に満ち溢れた満面の笑みで言っていた。
てて、きれいきれい私が帰宅後手を洗っている姿を横で見ながら言った。
あぴー、おかえりー私が玄関ドアを開けて「ただいま」と言った後。「おかあちゃん」の呼びかけはなかった。
あい私を待っている間、家で夫とKathが「電話ごっこ」をしていた時。Kathが夫の携帯電話を持ち(奪い)、夫がKathのおもちゃの携帯電話を持って、「もしもし、Kathちゃんですか?」などと言っていたのに対して、Kathは「はい」「はい」とずっと応答していたらしい。私と遊ぶ時も、このやりとりがお気に入り。



今日は、悲しき哉、大半のことばが「あべー」だったので、少なめです。

ただし、昨日までの表にあることば(例.「ありろりろ(ありがとう)」「いたーきー(いただきます)」など)は、同様の場面で、同じように言っていました。


今日の面白かったこと。

Kathが一人で熱中して、お気に入りの「ダイヤブロックジュニア」で遊んでいた時のこと・・・

まず、最近買ってもらったディズニー・プリンセスのフラフープを床に置き、その中に入ってブロックをしていました。

まるで、そこがKathのテリトリー(領域)のように。

私がそばに近寄ると、「邪魔しないで!」という感じで、手で払いのけられました!

そっと観察していると・・・

12/23ブロック1

平らに積んだブロックの上に、三角のブロックを積んで、「屋根」のようにしていました。

12/23ブロック2

こうした積み方は、私や夫、両親と一緒に遊ぶ中で、手本を見せてあげたり、Kathが自発的に積むのをサポートしてあげたり、できたことを褒めてあげたりするなかで、1歳9ヶ月(21ヶ月)になった頃からできるようになりました。

「Kathちゃん、すごいね~!お屋根がついた立派なおうちができたね!!」

などと声をかけていたので、Kathも、「屋根のついたおうち」を作ろうと意識しているのかも・・・なんて思ってしまいます。

そ~っと観察していた時、屋根を並べていたKathが、

「あべー!」

とイライラし始めました。

どうしたのかと近づいて見てみると・・・

12/23ブロック3

ブロックがはまらなくて、落としていました。

12/23ブロック4

なぜか・・・

12/23ブロック5

(私の荒れた手は、目をつぶってもらって・・・)

ブロックの方向が違っていたのです!

12/23ブロック6

正解は、回転させて、こうしなければはまりません。

Kathは、5回ほど、意固地に誤った方向のまま押し込もうとしては、落として・・・

その後、私に「あべー!」と言って泣きそうな顔をして、ブロックを差し出して、助けを求めてきました。

「こうするんだよ~」

と言いながら、ぐるりと回して見せてあげ、はめてあげました。

すると、Kathは「ふん!」と鼻息を荒くして、私がはめた青い三角のブロックを外し、再び、自分でガチャっとはめ込んで満足していました。


「泣く」といえば・・・

1歳9ヶ月(21ヶ月)を過ぎた頃から、Kathは

「泣きまね」

をするようになりました!

「ぅえ~ん!!」

と大きな声で泣いているかと思って駆け寄ると、涙を流さず、両手を目の下に当てて泣いている素振り・・・

おぉ~、もう、泣きまねをして親を困惑させる時期になってきたのか~、と感心しました☆

ちなみに、思い通りにならず、本気でいじける時には、床に這いつくばって、手足をばたつかせて大声で泣いたり、人生を絶望した人のように、両手と両膝を床について頭をもたげ、おいおいと泣きむせびます。

1歳半を過ぎてから、喜怒哀楽がめざましハッキリとしてきて、そのバリエーションも豊かなので、観察していてとても面白いです。

(ちなみに、泣いている時は、観察ばかりせず、ちゃんと親らしく、慰めたり抱きしめたり、フォローしてあげています!)

「笑い」の種類ですが・・・

随分前になりますが、7月5日に

『あ・い・う・え・(お)』の笑い声♪

の記事に書いたように、Kathは笑う時、

「あはははは」

「いひひひひ」

「うふふふふ」

「えへへへへ」

といろんな笑い方をするのですが、先週、両親が滞在していた時、父が

「女性はおしとやかに、口に手を当てて『おほほほほ』と笑いなさい。」

と冗談半分(本気?)でKathに教え込んだので、先週はKathが

「おほほほほ」

と右手を口に当てて笑っていました!

しかし、父が帰った後は、そうやって教え込む人がいないので、「おほほほほ」と笑うこともなくなりました。

そのまま、「おほほほほ」と人前で笑うと恥ずかしいので・・・

父よ、余計なことは教えないでいいからね。


子育てスタイル参加中♪


ぽちっとクリックよろしくお願いします☆皆様の応援に励まされてます!
「足あとClick」も楽しみにしています♪

blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

12/22ことばの記録

2010.12.22
昨日から本腰を入れて、Kathの「ことばの記録」をつけていく決心をしました。

そのことを、今日で単身赴任を終えて無事帰ってきた夫に報告しました。

このブログをチェックして、昨日のKathの「ことばの記録」表をじっくりと読みながら、

「これ、おもしろいね~俺も興味ある!」

と意気揚々と反応してくれた夫☆

現在はまったく畑違いの仕事をしていますが、言語情報処理の研究をしていただけあって、「ことば」に敏感です。

工学的観点からみて、どんなところに興味があるのか、どんなふうに分析したいのか・・・

Kathのことばのデータを収集し、夫と議論を交わしたいと思っています。


さて、今日も、Kathは元気に遊び回るなかで、いろんな“おしゃべり”を聞かせてくれました。


《ことば》《場面》
ちちー母乳がほしい時/お風呂で触れながら
あぴーテレビ(『おかあさんといっしょ』)を観ながら、ふと顔を上げ、キッチンに立っていた私と視線を合わせた時/ぬいぐるみをいっぱい出してきて積み上げ、その上にどすんと寝転がった時/おやつの野菜せんべいを食べながら
あべー型にはめ込むタイプのブロックに、うまくはめ込めなくてイライラしている時/Kathのパソコンを自分で開けられない時/電灯のリモコンを使って電灯を付けたり消したりして遊んでいたので、私がKathからリモコンを取り上げた時/仕上げの歯磨きをしようと、私が上の歯を磨こうとした時
これ私と絵本を読みながら、そこにある対象物を指差しながら(指差しは、自分が指差す場合と、私の指を持って操作し、目的の対象物の上に私の指を持っていく場合の2パターンあった)
あれお風呂で、手の届かない遠くにあった湯桶をほしがって、手のひらを広げて湯桶に向けていた時/お風呂で、私が洗顔中、湯船にいたKathがそれを見ながら、私の洗顔石鹸をほしがった時/
きれいきれいお散歩の後、一緒に手を洗いながら/お風呂で私が洗顔をしていた時
あんぱんまんテレビアニメの『アンパンマン』を観ていた時/アンパンマンのお絵かきボードにアンパンマンを描いてあげた時(今日は、濁音をつけたようなしゃがれた声で言わなかった)
ありろりろ「じゅーちゅ」と言うので、指差していたお気に入りのコップを取ってお茶を入れて「はい、どうぞ」と渡してあげた時/カウンターの上にあったペットボトルをほしがって「んー」と言いながら指差していたので、「はい」と渡してあげた時/「おやつだよ」と言っておやつをあげた時/私が掃除中、コロコロ粘着テープをしていたら、その近くにあったフローリングモップをほしがったので、「はい、どうぞ」と渡してあげた時(その後、Kathはとても嬉しそうに廊下を拭いてくれた)
はい(あい)Kathが手に取って満足した後、私にペットボトルを返してくれた時/お風呂で、手にした湯桶を私に渡してくれた時
あーん私がKathに納豆を食べさせようと「Kathちゃん、あーんして」と言った後、Kathが大きな口を開けて食べようとしながら/晩ご飯の時、夫にKathのハンバーグを箸ですくって食べさせてあげようとしながら/夫の食後のおやつのクッキーを奪い取ってひと口食べた後、残りのクッキーを夫に食べさせようとしながら
じゅーちゅ食器棚のなかにあるお気に入りのリラックマのコップを指差しながら(12月初旬頃は、冷蔵庫の前に行き、扉を触りながら「じゅーちゅ」と言っていたが、昨日も今日も、食器棚のコップを指差して「じゅーちゅ」と言った。温かいお茶を入れてあげても満足して飲んでいたから、もしかしたら、今のところ、Kathにとって「じゅーちゅ」はお気に入りのコップを指しているのかもしれない)
じゃーお風呂で、私が湯桶で湯を汲んで体を流していた時(Kathと一緒にお風呂に入って、Kathを洗ってあげるとき、私はいつも「Kathちゃん、『じゃー』するよ」と言いながら、または流しながら「じゃー」と言いながら、頭や体にお湯をかけます。それを真似していうようになったのでしょうか。不思議と、Kathを洗ってあげている時は言いませんが、私が自分を洗っている様子を見ながら言っていました。)
だん!私と一緒におもちゃをおもちゃ箱に片付ける時、おもちゃを投げ入れながら
あった(おった)私がほかの部屋に行った時、Kathが「おかあちゃん」と呼びかけながら、私の存在を見つけた時
おとーちゃん、あぴー、おかえりー(おじぎ)初めて3語をつなげてしゃべった!久しぶりにおとうちゃんが帰ってきてくれたことが余程うれしかったみたい。
おかーちゃん、おかえりーゴミ出しに出たベランダからKathのいる部屋へ扉を開けて帰ってきた時
できた、いぇーい!(拍手)はめ込み式ブロック(ダイアブロックジュニア)をきちんと積み上げられた時/おままごとでマジックテープでくっついた野菜等をフライ返しで上手に分断できた時/お散歩後、自分で靴下を脱げた時
いないいない、ばあ教育番組『いないいないばあ』を見ながら(手で顔を隠して、「ばあ」で手を広げる)/夫や私と向かい合って「いないいない、ばあ」の遊びをしながら/お風呂上り、夫がKathの顔を拭いてあげている時(今日から夫が帰ってきてくれたので、私がお風呂を入れたときは夫が拭き上げ&着替え係です。)



今日、夫の指摘で面白い発見をしました。

親子で指差し

晩ごはん後、夫のお膝の上に乗ってKathが一緒に絵本『ノンタン がんばるもん』を読んでいたときのことです。

見開きの線画を見ながら、Kathが夫の手をつかんで、指差しをさせていました。

夫は、

「うさぎさん、ぴょんぴょん」

「ぶたさん、ぶーぶー」

「これは、ノンタン!」

「これは、くまさん、べあー」

などと言って、Kathに「これは何か」を教えてあげていました。

私も、毎日のようにこんな感じでKathと絵本の読み聞かせをしたり、「これ、なぁに?」遊びをしているので、何気なく、二人の様子を眺めていたのですが・・・

夫が、

「Kathちゃん、すごいね!ちゃんと『顔検出』してる。どれも、ちゃんと顔のど真ん中に俺の指を置いてる。」

と言いました。

ほぉ~、なるほど!さすが、情報学的観点から切り込んでますね。

私にはKathが「顔検出」しているという視点で、その様子を観察できていませんでした。

たしかに、うさぎさんにもぶたさんにも「目・鼻・口」がはっきりとあり、Kathは目と口の間、または鼻のあたりに夫の指を置いていました。しかも、毎回!

「ことば」だけでなく、「顔検出(ひいては、顔認識)」についても、観察していこうと思います。

夫の助言を受けながら・・・(よろしくね!)


子育てスタイル参加中♪


ぽちっとクリックよろしくお願いします☆皆様の応援に励まされてます!
「足あとClick」も楽しみにしています♪


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

【GABANあらびきブラックペパー☆レシピ】ひと口SOY☆ポークステーキ

2010.12.22
【GABANブラックペパー☆レシピ】ひと口SOY☆ポークステーキ

●「ひと口SOY☆ポークステーキ」のレシピ●

【材料】(2人分)
豚もも肉(切り落とし)約100g
塩・GABANあらびきブラックペパー各少々
木綿豆腐1/2丁(150g)
小麦粉少々
オリーブ油大さじ1~2
ニンニク(スライス)1~2片分
GABANあらびきブラックペパー適宜
チンゲンサイ適量
プチトマト(赤・黄)適量
レモン適宜


【作り方】
(1)木綿豆腐はしっかりと水切りして、食べやすい大きさ(約5cm×3cm大、厚さ約1.5cm)に切る。
(2)豚肉に塩・GABANあらびきブラックペパーを振って下味をつけておく。
(3)豚肉を重ねて広げ、小麦粉を薄くはたき、豆腐を巻く。
(4)フライパンにオリーブ油とスライスしたニンニクを入れ、弱火で熱して香りを立たせる。中火にして(3)を両面こんがり焼く。
(5)皿に盛り、たっぷりとGABANあらびきブラックペパーを効かせ、茹でたチンゲンサイ、プチトマト、レモンを飾って出来上がり。


レシピブログのGABANスパイスを使った肉料理レシピモニター参加中


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪


もう2週間近く前になりますが、12/10(金)の晩ごはんのメインです。

翌日から両親が来て、ご馳走三昧にしようと意気込んでいたので・・・

その直前は、ヘルシー&節約料理で!

ポーク・ステーキに見立てた“かさ増し”レシピ♪

お豆腐を活用するのは、主婦の家庭料理の常套手段ですね。

今回は、お得な切り落とし肉(100g100円)を、1丁100円の木綿豆腐と組み合わせて、とってもリーズナブルなメイン料理にしてみました。

もちろん、予算があれば「豚ロース薄切り肉」のほうが、重ねる手間が省けて上手に巻けます。

我が家は、やわらかい豚もも肉、しかも、はじめから小さいひと口サイズの切り落とし肉のほうが、1歳9ヶ月の娘Kathにとって食べやすいので、いつも重宝しています☆

このアイデア、学生時代からの節約技!

当時は、特別な日に「(牛)ステーキ」が食べたくて・・・でも、もちろん手が出せず・・・

100g500円ぐらいの牛切り落とし肉を買ってきて、重ねて重ねて、広げて、当時は格安で手に入った京揚げに巻きつけて、「SOY☆ビーフステーキ」と称して彼(=夫)に振舞っていました(笑)

九州では3倍くらいの値がする京揚げも、当時は特売で68円!

しかも、10cm×20cmくらいの大判です。

毎日のお味噌汁や煮浸しにも京揚げをたっぷりと使えた当時・・・

ある意味、贅沢な食卓でした☆

身が厚く、上品な豆の味わいを楽しめ、ずっしりと食べ応えがある京揚げで作りたかったのですが、今回は、いつでもおトクに買える木綿豆腐で!

お豆腐の方が、1歳児には食べやすくてちょうど良かったです。

オリーブ油でこんがりと焼いたニンニクを効かせて、たっぷりとGABANあらびきブラックペパーを振りかけて、サッパリと味わえる一皿に仕立てました☆

Kathも二切れちかく、ペロリと平らげてくれました!!

レモンを絞ると、さらにサッパリ感がアップして美味しいです。


ここでは、「2人分」で載せましたが・・・

実際は、豚肉とお豆腐を倍量使って、たっぷり4人分くらい作りました。

というのも、これを、翌日、ビール好きの父のおつまみに変身させるため!

基本、「前の日の残り物は食べない」主義の父ですが・・・

マイホーム資金のため、イチに節約、ニに節約・・・の我が家。

前の日のおかずをリメイクして一品増やして、満足してもらいました♪

そのレシピ紹介は、またあとで☆


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

12/21ことばの記録

2010.12.21
しばらく、育児日記をこちらに記録するのがおろそかになっておりました。

最近は、お料理やモニターの記事が中心になってきて・・・

また、以前よりも、Kathと一緒におもちゃで遊んだり、体を動かして遊ぶ時間が増えました。

いろんな遊びに興味津々で、お昼寝時間も少なくなってきたので、自然と、Kathとふれあう時間が長くなってきました。

その時々で、気がついたことはメモしてきたのですが、やはり、きちんとこちらに毎日記録しようと思います。

というのも、今日、私が心から尊敬する恩師と久しぶりにお話させていただく機会を得ました。

「実験室ではわからない、日常のシーンから発見できることがあるでしょうね。」

「語彙爆発が起こり、多語発話に移行していく時期ですね。助詞や助動詞もでてきていることとおもいます。誤用があるこどもとない子どもがいるようですが、記録してみたりしてください。」

などの貴重なお言葉をいただき、ハッと気付きました。

そうだ・・・私は、それをしたかったのだ!

研究室に戻ることはなくても、こうして主婦として、母として、我が子の成長を家庭で見つめ続けることで、学ぶことは多くあります。

ですから、たとえメモ書きでも、毎日、Kathのことばの発達、認知活動の発達で気付いたことなどを記録していきたいと思います。

毎日、どんな言葉を発して、それはどんな場面なのか、また、語彙だけでなく、文法の方もどのように獲得していくかは、やはり、毎日の発話の中から見い出せると思います。

24時間、我が子に寄り添っていられる専業主婦の特権を生かして観察することで、それを言語発達の研究とつなげていきたい・・・少なくとも、自分にとっての・・・と思い立ちました。

まだ、どんな形式で記録していこうか定まっていませんが、とりあえず、メモ書き程度に記録しておきます。


《ことば》《場面》
ちちー寝起きでグズって、母乳をほしがった時
あぴー遊んでいてご機嫌な時/私と一緒に踊っていて楽しい時/ごはんを箸で上手に食べられて、それを私に「すごいね!」と褒められて嬉しかった時/私と追いかけっこをして大笑いした時/ボール遊びでうまくキャッチできた時
あべー手を伸ばしてもほしい物(みかん)が取れなくてイライラしている時/Kathのパソコンを自分で開けられない時/パソコンに付いているディスクを取れない時/オムツが濡れて気持ち悪い時/頭を机で打って痛かった時/おもちゃの箱が開かない時/お腹がすいた時/喉が渇いた時/眠い時(すべて、私を見つめて大声で言って、助けを求めていた)
ないない本を片付けてほしい時/実家の母との電話を切ってほしい時/ごはんをもう要らないという時
きれいきれい私と一緒に手を洗う時/手を洗った後タオルで拭いた時/お風呂で私がKathの頭、顔、体を洗ってあげていた時/私が自分の洗顔をしているのを見ていた時/テーブルの台拭きをしていた時(私が台拭きをしている横で、Kathもハンドタオルで真似して拭いていた)
これ(こいぇ)絵本の登場人物(ノンタン、動物、お姫様など)を自分で指差しながら/または私の手をつかんでKathの指したいものに指差しをさせながら/お風呂で洗面器を取ってほしいと指差しながら
あんぱんまんテレビアニメの『アンパンマン』を観ていた時
あ”ん”ばん”ま”ん”アンパンマンのお絵かきボードを「んー!」と差し出してきて私に描くように求めてきたので、私がアンパンマンを描くと、それを見て、わざと低くしゃがれた声で(まさに濁点をつけたような言い方で)いつも言う/夫がアンパンマンを描いても同様
おいちー『アンパンマン』のなかで、バイキンマンが「おいしい」と言った直後に真似して言った/その後、晩ごはんにほうれん草入り納豆を食べていた時言った(それを受けて、私が「うん、おいしーね」と言った)
いたーきー(合掌しながら)食べる前のあいさつ
じゅーちゅ食器棚を開けようとしながら、飲み物がほしい時(ジュースだけでなく、大半は温かいお茶を求める)
ありろりろお茶を入れたコップを私がKathに手渡した時/ブロックを手渡した時/本を拾って渡してあげた時/Kathが箱を開けられずに「あべー」とヘルプを求めてきたので、開けてあげて「はい、どうぞ」と手渡した時(どうやら、「ありがとう」のことらしい)
だん!私と一緒におもちゃをおもちゃ箱に片付ける時、おもちゃを投げ入れながら/絵本を絵本棚に積み重ねて返しながら(どうやら、物が投げ入れられた時の音をあらわしたオノマトペ(擬音語)のようでもあるし、英語で聞く「(I've) done.」をあらわしているようにも思える。)
あった探していたおもちゃ(ままごとの桃の片割れ)が見つかった時
あ、おちたノンタンの絵本を机から落とした時、食事中にスプーンが落ちた時
おかーちゃん、おかえりー私がトイレから扉を開けて出た時、お風呂場からKathのいる洗面所に扉を開けて出た時、ゴミ出しをしに出たベランダからKathのいる部屋へ扉を開けて帰ってきた時
できた、いぇーい!(拍手)はめ込み式ブロック(ダイアブロックジュニア)をきちんと積み上げられた時/ブロックで塔のような作品が出来上がった時/おままごとでマジックテープでくっついた野菜等をフライ返しで上手に分断できた時/ごはんを箸ですくってお茶の入っているコップに入れた時
いないいない、ばあ教育番組『いないいないばあ』を見ながら(手で顔を隠して、「ばあ」で手を広げる)/私と向かい合って「いないいない、ばあ」の遊びをしながら/Kathの上着(かぶるタイプ)を着せられながら/お風呂上り、私がKathの顔を拭いてあげている時/私が自分の顔を拭いていた様子を下から見上げながら


その他、「ことば」には含まれないかもしれませんが、

「みんみんみん」
「みむめもまも」
「りるりろりろ」
「ぴかぴかぴか・・・ちゅー」(夫曰く、ポケモンのピカチューそっくり!たしかに・・・声も似ている気がします。)
「ぴーぽーぴー」(救急車のおもちゃのことを「ぴーぽーちゃん」と私が言うので、真似して言っているような、ただ単に、発声しやすいから発しているような・・・)
「まんめ、てぃ、とぅい、めんめ、ぷい・・・」(このような意味不明な発声を、起きている間じゅう、ず~っと発しています。きっと、本人としては、独り言を言っていたり、拍子がついている時もあるので、歌っているのだと思います。)

ちなみに、Kathが

「できた」
「おちた」
「あった」

など、助動詞「た」(過去、完了)を使い始めたのは1歳7ヶ月(19ヶ月)齢です。

私たち大人が

「Kathちゃん、できたね」

「あら、おちたの」

など、助詞「ね」や「の」を付けて言っていても、Kathは助詞を付けることなく、

「○○た」

と言っています。

それが興味深いポイントです。

今日、初めて発した言葉としては

「おいちー」

です。

いつも、「美味しい」の合図は

「あぴー(ポジティブ(好意的)なこと全般に使っている)」

または、

「うーん!」

と満面の笑顔でうなる、または、まばたきを大げさにしています。

「ギュッとまばたき」は、Kathが言葉を発しないときから、授乳中に私がKathに向かって「おいしい?」と訊きながらKathの目を見つめながら、大げさにまばたきをして合図していたことが影響していると思います。

まずは、私の模倣をして、さらに、それを面白がって私も真似して・・・の連続で強化されてきたものと思います。

「おいしー」を発するようになったのは、今日観た『アンパンマン』のなかのバイキンマンのおかげです。

そういえば、「いないいない、ばあ」も、1歳半(18ヶ月)を過ぎてから、教育番組『いないいないばあ』のワンワンが大好きになったおかげで、発するようになったり、動作をするようになりました。

テレビの影響の大きさを感じます。

ちなみに、今お気に入りのアンパンマン。

先週、両親がやってきた時、X'masプレゼントとしておもちゃの(でも、立派な機能満載な)パソコンを買ってもらいました。

Kathパソコン

「あべー」は、このパソコンの正面にあるボタンを押しながら開ける、という動作がまだできないため、イライラしながら、私にヘルプを求めて発します。

また、パソコンのディスクというのは、

アンパンマンディスク

パソコンの蓋に付いている、これらの3枚のことです。

いっぺんに3枚すべてを外さないと怒ります。


少しずつ、自分のスタイルを見つけながら、Kathのことばの発達の様子を記録し続けたいと思います。


子育てスタイル参加中♪


ぽちっとクリックよろしくお願いします☆皆様の応援に励まされてます!
「足あとClick」も楽しみにしています♪

blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

【GABANあらびきブラックペパー☆レシピ】豚もも肉のシトラス・マリネ

2010.12.21
豚もも肉のシトラス・マリネ

●「豚もも肉のシトラス・マリネ」のレシピ●

【材料】(4人分)
豚もも肉300g
塩・GABANあらびきブラックペパー各少々
片栗粉大さじ1
キャノーラ油大さじ1~2
(A)酢1/4カップ(50cc)
(A)砂糖大さじ2と1/2
(A)塩小さじ1/4
(A)柚子の搾り汁大さじ3
(A)昆布10cm角1枚
(A)鷹の爪1本
(B)レモンの絞り汁大さじ1
(B)カボスの絞り汁大さじ1
(B)シークヮーサーの絞り汁大さじ1
カイワレ適量
GABANあらびきブラックペパー少々
紅白なますの残り適宜


*基本的に、「柚子釜の紅白なます」の残りの甘酢(紅白なますの残り少々も含む)を活用して作ります☆

【作り方】
(1)豚肉は塩・コショウで下味をつけ、片栗粉をまんべんなくまぶす。
(2)熱したフライパンに油を敷き、(1)を中火で両面こんがりと焼く。
(3)「柚子釜の紅白なます」の残りの甘酢(A)に(B)の柑橘類の搾り汁を加え、よく混ぜる。
(4)(3)のシトラスを効かせた甘酢に(2)の豚肉を半日以上漬ける。
(5)器に盛り、カイワレを飾り、GABANあらびきブラックペパーを振って出来上がり。


レシピブログのGABANスパイスを使った肉料理レシピモニター参加中

↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪


美味しく出来上がった柚子風味のなます。

酢の物は、ちょっとだけ余ったり、漬けていた甘酢がたっぷり残ったり・・・

そのまま捨てるのはもったいないですよね!

そこで、私はいつも、野菜類のなますを作った後は、魚や肉を揚げたり焼いたりしたものを漬けてマリネにリメイクします☆

味をみて、その時々で、酢や砂糖、塩、コショウなどを加えて微調整♪

今回は、あり合わせの柑橘類(柚子に加え、レモン、カボス、シークヮーサー)の搾り汁をたっぷりと加え、さらに

GABANあらびきブラックペパー

をしっかりと効かせて味を引き締めました。

「これが、紅白なますだったの?」

と夫がビックリするくらい、ガラリと様相を変えた一品☆

昔のおばあちゃんのように「もったいない」症の私が思いついた、リメイク技です♪

野菜のなますがちょっと残っていても、肉や魚の添え物になってちょうど良いですし、もし食べ切っていても、同じ野菜、もしくは別の野菜の塩もみをプラスしたら、立派なメイン、もしくは副菜に早変わり!!

今回は、

牛すね肉と茶大豆のトマトシチュー

をメインに据えたので、その副菜として、小さなココットに盛り付けました。

揚げた魚や肉を漬けたものなら、もっとボリュームが出るので、十分メイン料理になります。

今回は副菜にするのが目的だったので、薄く片栗粉をまぶして(パサつきや旨味の流出の防止)、こんがりと焼きました。


彩りもキレイなので、パーティーメニューの一品としてもオススメ!

冬至で、「柚子釜の紅白なます」、

その後、X'masパーティー向けに、この

豚もも肉のシトラス・マリネ

というのはいかがでしょうか?


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆

冬至やお正月の定番☆柚子釜の紅白なます

2010.12.21
柚子釜の紅白なます

●「柚子釜の紅白なます」のレシピ●

【材料】(4人分)
柚子4個
カブ中1個(正味約100g)
ニンジン小1本(正味約60g)
適量
(A)酢1/4カップ(50cc)
(A)砂糖大さじ2と1/2
(A)塩小さじ1/4
(A)柚子の搾り汁大さじ3
(A)昆布10cm角1枚
(A)鷹の爪1本
白ゴマ適宜
柚子の皮(すりおろし)適宜


【下準備】
●柚子はヘタの部分から1cmくらいを切り落とし、下部分の身をくり抜く。
●(A)の酢、砂糖、塩、柚子の搾り汁をよく混ぜ合わせる。
●固く絞った布巾で昆布の表面を拭い、甘酢に加える。
●鷹の爪はぬるま湯に浸けてふやかしてから、種を除き、輪切りにして甘酢に加える。
●(A)をすべて合わせたら、一晩冷蔵庫でねかせる

【作り方】
(1)カブとニンジンの皮を剥き、5cm長さの薄切りにしてから、2~3mm角の千切りにする。
(2)(1)をそれぞれ別のボウルに入れ、塩小さじ1/2~1ずつ振りかけ、よく混ぜ合わせる。10~15分おいてしんなりしたら、布巾にとって固く絞る。
(3)一晩寝かせた(A)の甘酢に半日以上漬け込む。
(4)柚子釜にこんもりと盛って出来上がり。

*今回、バタバタしていて、いつも加える白ゴマと柚子皮を忘れておりました!(3)の漬け込む段階で加えても、(4)の盛りつける段階で散らしても良いです。お好みでどうぞ♪


明日は冬至。

柚子やカボチャを食卓に並べ、風邪を引かないように願います。

我が家では、ちょっと早めでしたが、先週16日の晩ごはんに、この「柚子釜の紅白なます」を作りました。

先週は、両親が我が家に滞在していて、その日は夫も休暇を取ってくれた日だったので、ちょっとしたご馳走メニューだったのです☆
(“ご馳走”については、別記事で・・・)


この「柚子釜の紅白なます」は、もうかれこれ10年近く、私が学生の一人暮らし時代から作り続けています。

私は酸っぱいのが好きなので、甘酢は酸っぱめになっております。

酸っぱいのが苦手な方は、だし汁で薄めたり、お砂糖の量を増やしたり、調味料を鍋に入れてひと煮立ちさせたりして調整してください☆

また、柚子の風味が効いてる美味しい甘酢をリメイク料理に活用するため、普通よりも多めに甘酢を用意しています。


学生時代、バイトや大学院受験対策、卒論のために、年末年始にもかかわらず帰省しなかった時に、一人で過ごす冬至やお正月でも、しっかりと季節を感じられるように、簡単な伝統料理は作るようにしていました。

なので、両親に食べてもらうのは今回が初めて。

「おぉ~!」

という歓声と、

「美味しいね☆」

のひと言が嬉しかったです。

酸っぱいのが苦手な夫には、もう何年も、多少我慢して(!?)、でも、美味しそうに食べてもらっています♪

とても酸っぱそうにしていたので、翌日のお弁当には、だし汁と砂糖をプラスして、マイルドに仕上げてから入れました。

1歳9ヶ月のKathは、隣に座っているおじいちゃんの柚子釜からカブとニンジンをつまんで齧っていましたが、やはり酸っぱかったようで、ひと口で終わりでした。

キュウリとワカメの酢の物は、もっと食べるのですが・・・

この反省を生かして、お正月に作る紅白なますはもう少しマイルドに仕上げたいと思います。

家族の好みに合わせていくのも、家庭料理の極意ですね。

私は酸っぱいのが好みで、素材の味で塩分と糖分を控えめを心がけているのですが、もう一人暮らしではないので、家族みんなに美味しく食べてもらえるように、味を調整していきたいです☆

ちなみに、カブは大根に代えても美味しくいただけます。


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。