スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛タンとレンコンのカレーライス

2011.05.13
牛タンとレンコンのカレーライス1

●「牛タンとレンコンのカレーライス」のレシピ●
【材料】(6人分)
牛タン約300g
塩・黒コショウ各少々
レンコン中1節
新玉ねぎ1個
ニンジン中1本
ジャガイモ(メークイン)中3~4個
サラダ油大さじ1
ローリエ1枚
カレールー(横濱舶来亭カレーフレーク)1袋(180g)
麦ご飯適量


【作り方】
(1)牛タンは塩・黒コショウをふって常温に戻しておく。新玉ねぎはくし切り、レンコン、ニンジン、ジャガイモは乱切りにする。レンコンは酢水に、ジャガイモは水につけてアクを抜く。
(2)圧力鍋に「キチントさん フライパン用ホイルシート」を敷き、油をなじませる。十分温まったら牛タン、レンコン、ニンジン、ジャガイモの順に加え、中火でこんがりソテーする。(シートを敷けば鍋にくっつかない!)
牛タンとレンコンのカレーライス2

牛タンとレンコンのカレーライス3

(3)水750mlとローリエを加え、蓋をして高圧で約10分加圧する。火を止めて自然冷却する。
(4)圧が下がって安全ピンが下がったら蓋を開け、新玉ねぎを加えて5~10分煮る。
(5)火を止め、ローリエを取り除いてからルーを加えて混ぜる。弱火で約10分煮込む。
(6)アツアツの麦ご飯にかけて召し上がれ☆
(7)次の日には、焼きたてパンに添えて、お手軽カレーパンで♪
牛タンとレンコンのカレーライス4
(ふわふわのパンと一緒でも・・・)
牛タンとレンコンのカレーライス5
(カリカリのパンの耳と一緒でも、どちらも美味☆)


クレハ「キチントさん フライパン用ホイルシート」を使ったラクラクレシピ大募集!

↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪


5/2(月)の晩ご飯です。

香ばしく炒めた牛タンとレンコンを圧力鍋でほどよく煮込んだスパイシーなカレーです。

新玉ねぎは、あとから加えてサッと煮て、旬ならではの食感と美味しさを楽しみましょう♪

キチントさん フライパン用ホイルシート」を敷いて、フライパンを使わなくても、煮込み用鍋ひとつで焦げ付かず調理できました!
(洗い物が減って、楽チン♪・・・この日も、夫が洗い物をしてくれたのですが。夫が家事をしてくれるときこそ、「キチントさん フライパン用ホイルシート」を活用するようにしています。)

生でも食べられる新玉ねぎを圧力鍋で煮込むと溶けてしまうので、後から加えましょう。

一緒に煮込む場合は、最初に炒めてあめ色玉ねぎにするといいですね☆



この日は夫が連休中だったので、親子三人で近所のコミュニティセンターの遊びの広場に参加してきました。

新しくお友達になったママ&キッズと一緒に、夫も混じって楽しく遊びました♪

Kathは一箇所でじっとおとなしく遊ぶというより、いろんなものに興味を示して、いろんなお友達と遊ぼうと終始走り回っていました。
(後半は、母乳を恋しがって泣き叫んでいましたが・・・)

一日中遊んで帰った後は、ちょっとでも楽ちんなメニューで☆

からだをいっぱい動かして腹ペコのKathは、大好物のカレーライスをもりもり食べてくれました!

Kathがまだ何でも食べていた1歳児の頃から、いろんなスパイスを効かせたお料理を好き嫌いなく食べてくれて慣れているのか、偏食気味になった今でも、Kathはこちらのスパイス感たっぷりの中辛カレーが大好物です。

まろやかにするためには、牛乳とブレンドしてあげたりします。

カレールウの裏面のレシピ通りに牛乳を入れてみたら、意外と美味しいのでビックリ!


今回の牛タンは、大分産のものを朝市で見つけ、カレーライスでいただきました。

プクリンママさんが牛タンシチューを作ってらっしゃったのを見て、シチューと迷いましたが、Kathがよく食べるカレーライスにしてみました。)

牛、といえば、最近偏食気味のKathちゃん、どうやら、牛肉は大好物なようで、この日も牛タンを食べ、先日はスーパーの試食でおじちゃんからもらったステーキを食べ、最近つくった肉じゃがの牛薄切り肉も大人顔負けに食べていました。

牛肉がブームなのでしょうか?

とはいえ、食育にウルサイ私は、「魔法の海苔巻き」方式で、悪戦苦闘しながらも、断固、いろんなものをこっそり食べさせています。

そのまま食べさせようとすると警戒して食べてくれないものでも、大好きなごはんと海苔と一緒に巻いてあげたら、不思議と食べてくれるので、「魔法の海苔巻き」今でも効果大なのを感じます。

・・・でも、やっぱり、以前のように、私の作ったごはんを何でも、自分からすすんでモリモリ、ペロリと食べてくれるKathちゃんに戻ってほしいなぁ、と切に願う母です☆

まだまだ、娘の好き嫌い克服への道は険しく続きそうです。
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。