スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴーヤ好きになる!絶品カレーポテトサラダの豚肉巻き2011(携帯サイト「エスカーラモビ」でレシピ掲載されます!)

2011.08.01
ゴーヤ好きになる!絶品カレーポテトサラダの豚肉巻き(2011)

●「ゴーヤ好きになる!絶品カレーポテトサラダの豚肉巻き」のレシピ●
【材料】(4人分)
豚薄切り肉(ロース、バラ、もも肉など)約200g
ニンジン1本
塩、コショウ各少々
小麦粉、サラダ油各適量
(A)ゴーヤ1本
(A)玉ねぎ1/2個
(A)ジャガイモ(男爵)4個
(A)カレー粉小さじ2
(A)ウスターソース小さじ1
(A)マヨネーズ大さじ5
(A)塩、コショウ各少々
(A)サラダ油大さじ1/2
(B)お好み焼きソース大さじ3
(B)カレー粉小さじ1


【作り方】
(1)ニンジンは皮を剥いて横半分(約5cm)に切り、1cm角の棒状に切る。深皿に人参、ひたひたの水、塩少々を入れて600Wの電子レンジで約7分加熱する。ザルにあげて水気を切り、冷ます。
(2)(A)でポテトサラダを作る。ゴーヤは縦半分に切って種とワタを除き、薄切りにする。フライパンに油を熱し、中火でゴーヤを炒め、カレー粉とウスターソースで味を調える。皿に広げて冷ます。
(3)玉ねぎは皮を剥いて薄切りにし、塩少々を振って約10分置き、軽くもんで水気を絞る。
(4)ジャガイモは皮を剥いて水から茹で、熱いうちにつぶす。マヨネーズと塩・コショウで味を調える。
(5)(4)に(2)と(3)を加えて混ぜ、ゴーヤ入りカレーポテトサラダを作る。
(6)豚肉に塩・コショウし、小麦粉を薄く振る。(5)のカレーポテトサラダ約大さじ1を手前に広げ中央に(1)の棒状ニンジンをのせてギュッと巻く。
(7)フライパンにサラダ油を熱し、(6)の巻き終わりを下にして並べ入れ、ころがしながら中火でこんがりと焼く。
(8)皿に盛り、(B)を混ぜ合わせたソースをかけていただく。


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪

子育てスタイル参加中♪

ぽちっとクリックよろしくお願いします☆皆様の応援に励まされてます!
「足あとClick」も楽しみにしています♪♪


ゴーヤが苦手な家族や友人、そして子どもに美味しくゴーヤを食べてもらうために、みんな大好きなカレー風味×ポテトサラダ×肉巻きの組み合わせで絶品メニューを作り出したのが、昨夏のことですが・・・

今年も、ゴーヤが美味しい夏となり、改良を重ね、より簡単で、より美味しいレシピに進化させました!!

これを食べた人は絶対にゴーヤ好きになる!という自信があるくらい絶品のポテトサラダ肉巻きです☆

ゴーヤにカレースパイスを効かせておくことで、特有の苦味がやわらぎます。

スパイスたっぷりのウスターソースやお好みソースが相性バッチリ!

このカレーポテトサラダは、そのまま食べても、パンに挟んでサンドイッチにしても美味しいです♪

こちらの肉巻きで、ニンジンを巻いているのは、ニンジンのオレンジ色を添えて見た目を鮮やかにするためと、やわらかいポテトサラダを肉巻きにするので、ニンジンを芯に入れるとしっかりと巻けるためです。

あらかじめ、芯となるニンジンにポテトサラダを均一に巻きつけるように付けておき、その棒状になった”ニンジン入りポテトサラダ”を豚肉で巻くようにすると、写真のように、ニンジンが中央にきて切り口がきれいに仕上がります。(作り方(6)を、このやり方でも試してみました。)


さて、こちらの肉巻きは、昨夏つくったときも「りらりるり」の記事と、レシピブログのレシピ集にも載せたのですが、そちらのレシピが、

エスカーラ・モビ

という女性向けモバイル情報サイト内の

「今週は、これ食べよう♪おうちごはんレシピ」

というコーナーにて、紹介していただけることになりました。

【掲載期間:8月1日~8月5日】

▼「ゴーヤ好きになる☆絶品豚バラ肉巻き」(2010版)

昨年は、タレを照り焼き風に絡めましたが、今回(2011年版)は、しゃぶしゃぶ用の豚ロース薄切り肉を使ってよりヘルシーに仕上たので、その焼き上がりのパリッとした食感を活かすために、タレを煮絡めず、混ぜ合わせた簡単カレーソースをかけていただきました。

こちらも、とっても美味しく、また、見た目もちょっぴりオシャレに仕上がるのでおすすめです♪
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。