スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イトヨリの煮付け~実山椒風味~

2010.06.05
今夜のメインは「イトヨリの煮付け~実山椒風味~」でした。

今日は土曜朝市で、福岡産天然イトヨリの上物が500円でした。
野菜市では大分産の実山椒が1パック100円であったので、今夜は山椒の風味を生かした煮付けにすることにしました。

山椒の実は、塩茹でしてアク抜きし、佃煮にしておいてから、イトヨリの煮付けに加えました。

一般的には、青魚の臭み消しのためによく使われますが、実山椒のピリっとした辛さと清々しい香りがいいアクセントになって、食欲が減退しがちな夏場にピッタリの味になります。

実山椒の佃煮を作っておくと、ちりめん山椒にしたり、普段の煮物に加えたり、ソースの隠し味にしたりと、いろいろ応用がきいて便利です。

それでは、「イトヨリの煮付け~実山椒風味~」のレシピを紹介します。


【材料】(2人分)
イトヨリ1尾(体長30~40cmくらい)
シシトウ6本
《煮汁》
1/2カップ
しょうゆ1/4カップ
砂糖大さじ2
1カップ
山椒の実約70g
ひとつまみ
《煮汁》
大さじ2
みりん大さじ1
しょうゆ1/2カップ


【作り方】
(1)実山椒の佃煮を作る。
実山椒の小枝をひとつひとつ丁寧に取り除き、流水で汚れを洗い落とす。沸騰した湯にひとつまみの塩を入れ、きれいに洗った実山椒を入れて10分間茹でる。茹で上がったら冷水に30分間さらしてアク抜きし、水切りしておく。水気が切れたら、鍋に実山椒を入れ、酒、みりん、しょうゆを入れ、弱中火で煮る。煮汁がほとんど煮詰まってきたら火を止め、鍋のまま冷まし、冷めたら保存瓶に入れて冷蔵庫で保存する。
(2)イトヨリはウロコを落とし、内臓を取り除いて流水で洗い、半分に切って、煮汁が染み込みやすいように飾り包丁を入れておく。シシトウは茎を洗って茎を切り落としておく。
(3)鍋に酒を入れて煮切り、水、砂糖、しょうゆを加えて煮立ったら、(2)のイトヨリを入れ、落し蓋と鍋蓋をして弱中火で約10分煮る。
(4)煮汁に少しとろみがついてきたら、シシトウと実山椒の佃煮を加え、さらにとろっとするまで煮詰める。
(5)皿に盛り、イトヨリに実山椒を散らして出来上がり。



イトヨリの煮付け~実山椒風味~





レシピブログに参加しています♪



今夜の献立は、

イトヨリの煮付け~実山椒風味~(イトヨリ、シシトウ、山椒の実)
ニラとえのき茸のおひたし
茹でソラマメ
お味噌汁(玉ねぎ、ニンジン、しめじ、油揚げ、小ねぎ)
白ごはん
納豆(小ねぎ)

でした。

Kathもイトヨリを美味しそうにパクパク食べてくれました。
山椒の香りがKathには向かないかな、と心配しましたが、Kathも気に入ったようです。
イトヨリの身はやわらかく食べやすいので、Kathもお気に入りです。

ソラマメが旬になってきました。今日は鹿児島産のソラマメが、市場に出回っている倍の量で150円でした!
ソラマメを食べると、夏の到来を感じます。
Kathもソラマメをかじって味わっていました。
旬のものを食卓に取り入れて、季節を感じていきたいです。



blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。