スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佇む

2010.05.11
5月に入った頃から、Kathはふと、つかまり立ちしている手を離して、自分の足でしっかりと立つことが多くなってきました。

今日も、何度も仁王立ちで力強く立っていました。数秒、長いときは十秒以上もその場に佇みます。
じっと前を見据え、遠くに視線をおき、ぐっと唇を噛み締め、凛々しい顔つきです。
きっとKathは、「よし、がんばるぞ!」と気合を入れて、自分の二本足だけで立つというチャレンジに挑んでいるのでしょう。

パパとママは、そんなKathをそっと見守ります。一度、ママが嬉しさのあまり「わぁ!Kathちゃん!すごい!!」と大きな歓声をあげてしまったとき、Kathはびっくりして泣き出してしまったのです。Kathのチャレンジをあたたかいまなざしで応援する、それが私たちにできることだと悟りました。「手を離して、立つ」という一連のチャレンジが終わったところで、私はKathを抱きしめ、頭をなでてあげながら、Kathの瞳を見つめ、「Kathちゃん、すごいね、えらいね!がんばったね!」と、めいっぱい褒めてあげます。

Kathはただ佇むだけでなく、ぎこちない足取りで、一歩、また一歩と、前へ進むこともあります。二、三歩歩いたところで、ガクッと膝が折れ、その場に座り込むか、ハイハイして突進します。
時には、パパやママのもとへよちよち歩いてやってきてくれます。自分の足で歩んでたどり着けたとき、Kathは「えへん!すごいでしょ☆」という感じで、満面の笑みを湛えながら「えへへ」と笑いかけてくれます。

一年前はベビーベッドで仰向けに寝ていたKathが、今では自分の足で立ち、歩くことに挑戦しています。赤ちゃんの発達は、本当に驚きと感動に満ち溢れています。

Kathを授かり、彼女の成長をいつもそばで見守ることができて、私は本当に幸せです。
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。