スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煮込みハンバーグ

2010.06.11
今夜のメインは「煮込みハンバーグ」でした。

家族みんなが大好きなハンバーグ☆
今夜は赤ワインとデミグラスソース、そしてあめ色玉ねぎが決め手の煮込みハンバーグにしました。

付け合せのジャガイモとニンジンは電子レンジで調理しました。
栄養素の損失をおさえ、光熱費も削減できます。
ジャガイモを1~2個だけふかすときは、電子レンジを使ったほうが早いですし、ホクホク感が残ります。
ニンジンも、バターとお砂糖でグラッセも美味しいですが、ここで紹介する方法で調理すれば、カロリーがおさえられ、かつニンジン本来の甘みが味わえておいしいです。
赤ちゃんの離乳食や幼児食にも向いています。

それでは、「煮込みハンバーグ」のレシピを紹介します。


【材料】(4人分)
合い挽き肉400g
玉ねぎ1/2個
バター10g
1個
パン粉1/2カップ
牛乳大さじ2
小さじ1/2
黒コショウ小さじ1/3
ナツメグ少々
サラダ油大さじ1/2
《煮込みソース》
デミグラスソース285g
トマトケチャップ大さじ2
赤ワイン1/2カップ
玉ねぎ1個
サラダ油大さじ1/2
《付け合わせ》(2人分)
ジャガイモ2個
ニンジン1/2本
シシトウ10本



【作り方】
(1)ハンバーグ用の玉ねぎはみじん切りにする。熱したフライパンにバターを溶かし、玉ねぎを入れ、軽く色づくまで炒める。皿に取り上げ、冷ましておく。
(2)煮込みソース用の玉ねぎは薄切りにし、耐熱皿にのせ、600Wの電子レンジで約2分加熱しておく(あめ色玉ねぎを作るとき、フライパンで熱する時間を短縮するため)。熱したフライパンにサラダ油を敷き、半量の玉ねぎを入れ、あめ色に色づくまでじっくり炒める。
(3)パン粉を牛乳に浸してふやかしておく。
(4)ボウルに合挽き肉を入れ、塩、ナツメグ、ブラックペッパーを加えて粘り気が出るまでよく混ぜる。そこに、(1)の玉ねぎ、(3)のパン粉、溶き卵を加えてさらに混ぜる。
(5)(4)をを4等分し、それぞれ小判型に形を整え、両手でキャッチボールをするようにして空気を抜き、真ん中にくぼみをつけておく。
(6)フライパンにサラダ油を熱し、(5)のハンバーグを入れる。まず中火で1~2分焼いて焼き色をつけ、ひっくり返して同じように焼き色をつけてから、いったん皿に取り出しておく。
(7)フライパンに残った脂と汚れをキッチンペーパーで拭き取り、(2)で残しておいた半量の玉ねぎを透き通ってしんなりするまで炒める。
(8)(7)に赤ワインを入れ、アルコール分を飛ばし、デミグラスソース、ケチャップを加えて煮立ったら、(6)のハンバーグをフライパンに戻す。
(9)蓋をして中火で7~8分煮込み、ハンバーグをひっくり返してから再度蓋をして弱火で7~8分煮込む。
(10)付け合わせのジャガイモは洗って、皮付きのままラップに包み、全体的にフォークで穴を開けてから、600Wの電子レンジで約8分(1個あたり4分)加熱する。
(11)ニンジンは輪切りにし、ハート型でくり抜いて、深めの耐熱皿に入れ、ニンジンが浸るくらいの水と塩少々、砂糖少々を加えて、1000Wの電子レンジで約2分加熱する。
(12)フライパンにサラダ油を薄く敷いて熱し、フライパンでこんがりと焼く。
(13)(9)~(12)をきれいに皿に盛ってできあがり。



煮込みハンバーグ





レシピブログに参加しています♪



今夜の献立は、

煮込みハンバーグ(合い挽き肉、玉ねぎ、ニンジン、ジャガイモ、シシトウ)
小松菜とキノコのイタリアンサラダ
お味噌汁(ワカメ、ニンジン、えのき茸、油揚げ、小ねぎ)
麦ごはん
納豆(小ねぎ)

でした。


Kathは今夜の煮込みハンバーグもたいへん気に入ったようで、1/3くらい食べてくれました。
今までで一番よく食べたのではないか、というくらいしっかり食べることができました。



blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。