スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手をつなごう

2010.06.11
今日も快晴。お散歩日和でした。
九州は明日から雨続き・・・いよいよ梅雨入りしそうです。

梅雨に入る前に、青空の下でお日さまに包まれながらお散歩を楽しもうと、今週はたくさんお出かけしました。
アジサイが咲き始めていたり、街路樹の木々の緑が濃くなっていたり、初夏の薫りを感じました。

Kathが歩くようになってからもう半月近く経ちました。
家の中では裸足でパタパタと、すっかり上手に歩けるようになりました。
昨日は私の不注意でつまづかせてしまいましたが、バランスを崩してこけることはほとんどなくなりました。

赤ちゃんが歩けるようになるのは、ことばが話せるようになるのと同様、不思議がいっぱいで興味深いです。
(直立二足歩行および言語獲得が、遺伝によってあらかじめ決定づけられた生得的神経回路によるものなのか、あるいは後天的な環境要因が関わる学習によるものなのか、という議論については考察したいことが山ほどありますが、別記します。)

今日もお散歩の前に、Kathに靴を履かせて玄関前の廊下を歩きました。
私は抱っこしていたKathを降ろして地面に立たせ、
「Kathちゃん、おててつないで歩こうね。」
と私からKathの手をつなぎ、ゆっくりと歩きました。
数日前までは、私がKathと向かい合って両手を持ってあげて歩く練習をしていましたが、今では横並びで片手だけつなぐだけで、Kathは靴を履いた状態でもしっかりとした足取りで歩けるようになりました。

まだ、裸足で歩くようにパタパタ歩きませんが、Kathは靴を履いて歩くことに少しずつ興味を示し、楽しんでいるようです。

家の中では、Kathは裸足で思う存分歩き回っています。
最近では、キッチンや洗面所に侵入したり、廊下に出て行って目の届かない部屋に探検しに行ったりするので、私はKathと追いかけっこしているような状況です。
Kathにとっては、私がついてきてくれるのが嬉しいらしく、後から私が来るのを確認すると
「あはははは
とキラキラした瞳で、ちょっぴりいたずらな表情をして笑いかけてくれます。

今日も、Kathが遠くへ行くので追いかけていったら、KathはくるっとUターンして私を見つめ、
「おかあちゃん」
とかわいい声で呼びかけながら、Kathのほうから手を差し伸べてくれました。
Kathから手をつなごうという意思を示してくれたのは初めてのことでした。
本当に、とっても嬉しくて、ことばでは言い尽くせないくらい、幸せで胸がいっぱいになる思いがしました。

私はKathと手をつなぐのが大好きです。
Kathのちっちゃくて温かい、ふわふわとした手を握ると、いとおしさが手のひらいっぱいに溢れてくるように感じます。
Kathもきっと、私と手をつなぐのがうれしい、楽しい、大好きと思ってくれているんだな、と実感した一日でした。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

おはようございます

kathちゃんの、毎日の成長ぶりが、よくわかり
私まで嬉しくなります^^
怪我は、大丈夫ですか?
怪我も、自分で自由に動けるようになった、成長の勲章ですかね^^:

ご心配ありがとうございます

Kathの成長を見守ってくださり、ありがとうございます。

右頬の怪我のほうは、早くも青アザが消えかかっています。さすが赤ちゃんですね!治りが早いです。
大事に至らないような怪我なら、まさに成長の勲章ですね!
母や姉からも、「子どもはそうやって怪我をしながら大きくなっていく」と励まされました。

インターネット上にはKathの写真を公開したくないので(Ravich+さんのように素敵な方もいらっしゃいますが、悪意のある人もいますので・・・)成長の様子が見せられないのが残念です。

文章でしっかりと伝えていきたいと思いますので、今後ともあたたかく見守ってください☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。