スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人見知り卒業宣言!

2010.06.19
今日はいろいろとお出かけしました。

Kathは、大勢の人のなかでもいつものようにいっぱいおしゃべりしてごきげんでした。
今までは、おうちでは大声でおしゃべりしても、外出先では黙っていることが多かったのですが、今日はとりわけごきげんで、抱っこしているパパに向かって
「おとうたん」
と呼びかけたり、お買い物で少し離れた私を探して
「おかあたん」
と大きな声で呼んだりしていました。
そして、いつもごきげんな時に歌うように発する
「ばっばっばっばっば」
も、人前でニコニコ笑いながら発声していました。

パパやママ以外の人に見つめられたり話しかけられたりしても、まったく泣かなくなりました。
まだ、愛嬌よく笑いかけることはないのですが、じっと相手を見つめて、「誰だろう?」と考えているような表情をしていたものの、以前のように大泣きしてビックリさせることはなくなりました。

今日のKathの様子を見て、もう人見知りから卒業したと言えるな、と確信しました。

思い返せば、Kathはちょうど1歳を迎えた頃から、急にひどい人見知りになりました。
核家族暮らしなので、人慣れしにくい環境ということもありましたが、それまではまったく人見知りの気配すら見せなかったので、当時はとっても驚き、戸惑っていました。
母子健康相談などで、助産師さんが「泣くのをおそれずに、どんどん人のなかに連れ出したほうがいい」と助言してくださったので、できるだけ積極的に外出してきました。
Kathが泣き出しても、「人見知りが激しくて」と相手に説明して、Kathには「大丈夫だよ」と抱きしめてあげて安心感を伝えるように努力してきました。
私が取り乱したら、Kathにもその不安が伝わって、余計に泣かせてしまうと思ったので、気をつけていました。
これまで約3ヶ月間は、まさに火をつけたように大泣きして、Kathの泣き声がまわりに響き渡っていましたが、今月になったころから、すっかり泣かず、ぐずることもなくなりました。

今日は、一日中とってもごきげんだったので、今日をもってKathの「人見知り卒業」を宣言したいと思います。
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。