スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒸し鯛の香味ソース

2010.06.21
今夜のメインは「蒸し鯛の香味ソース」でした。

今日は福岡産天然レンコダイ1尾600円を使いました。

今夜は手軽にフライパンで蒸しました。
ポイントは、ごま油で炒めた長ネギの上に鯛を並べて、鯛にゴマとネギの香りを移してあげることです。
長ネギがたっぷりあるときは、ぶつ切りにして敷き詰めても、蒸している間にトロトロにやわらかくなって美味しいです。

香味ソースには、ベースに「大葉ニンニク醤油」を使っています。
大葉やニンニクはこの醤油に漬けてあるものを使いました。
ミョウガは、そのまま薬味にすると夫には刺激が強いようだったので、香味ソースに混ぜ込んでみました。
いろんな香味野菜がブレンドされて、深みのあるソースになりました。
ハチミツを加えるので、まろやかな甘みがプラスされます。
このソースは、からあげや冷奴にもよく合います。

それでは、「蒸し鯛の香味ソース」のレシピを紹介します。


【材料】(3人分)
レンコダイ1尾
小さじ1
ごま油大さじ1
長ネギ1本
1/2カップ
大葉6枚
《香味ソース》(作りやすい分量)
ショウガ1片
ミョウガ2本
ニンニク1片
長ネギ10cm分
大葉10枚
大葉ニンニク醤油大さじ4
大さじ4
ごま油大さじ2
少々
マスタード大さじ2
レモン汁大さじ2
ハチミツ大さじ2
白ゴマ大さじ2



【作り方】
(1)《香味ソース》を作る。ショウガ、ミョウガ、長ネギは極細かいみじん切りにする。大葉ニンニク醤油の大葉とニンニクを取り出し、みじん切りにする。
(2)ボウルにしょうゆ・酢・ごま油・マスタード・レモン汁・はちみつを入れ、よく混ぜ合わせる。さらに(1)の香味野菜を加えて混ぜる。
(3)長ネギは5mm厚さの斜め切りにする。鯛は3枚おろしにして、頭は縦半分に、身は6等分の切り身に、アラは適当な大きさに切り、塩を振っておく。
(4)熱したフライパンにごま油を敷いて長ネギを入れ、塩少々をして中~強火で長ネギがしんなりするまで炒める。
(5)(4)のしんなりしたネギの上に鯛の切り身を載せ、煮切っておいた酒を入れて蓋をし、沸騰したら弱火にして10分ほど蒸す。
(6)蓋を取り、汁気が残っていたら火を強めて汁気を飛ばしながら、ネギがとろりとするまで煮詰める。
(7)皿に大葉とネギを敷き、上に鯛を載せて出来上がり。


蒸し鯛の香味ソース




レシピブログに参加しています♪


夫には、食後のデザートに「ベイクドチーズタルト」を用意しました。


ベイクドチーズタルト(1/6ピース)


今夜の献立は

蒸し鯛の香味ソース(レンコダイ、長ネギ、ショウガ、ミョウガ、大葉、ニンニク)
小松菜のおかか和え(小松菜、カツオ節)
ポテトサラダ(ジャガイモ、ニンジン、キュウリ、レタス)
お味噌汁(大根、ニンジン、えのき茸、油揚げ、小ねぎ)
白ごはん
納豆(小ねぎ)

でした。

Kathは今日もたんぱく質たっぷりを求め、レンコダイと納豆をしっかり食べていました。
レンコダイを蒸したものは身がやわらかく、食べやすかったようです。
とろとろになったネギも甘くておいしかったので、気に入って食べていました。
相変わらず、大根とニンジンの「がじがじ」が大好きです。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。