スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イサキのガーリックハーブ焼き

2010.06.23
今夜のメインは「イサキのガーリックハーブ焼き」でした。

今日は長崎産イサキ1尾500円を使いました。
30cmくらいの大きさだったので、2つ切りに。
グリルで塩焼きすることが多いのですが、今日のは身が厚かったのでオーブンで焼きました。
大好きなガーリックハーブとエクストラヴァージンオリーヴオイルで。

高温のオーブンで焼くと、皮はパリッと、身はふっくらジューシーに仕上がりました。
庫内のニオイが気になると思って、オーブンで魚を焼くのは控えていましたが、美味しく仕上がったのでこれからは魚もオーブンで焼くことが増えそうです。
盛り付けに、フレッシュハーブを添えられたら良かったです。

それでは、「イサキのガーリックハーブ焼き」のレシピを紹介します。


【材料】(2人分)
イサキ1尾
粗塩小さじ1と1/2
黒コショウ少々
ニンニク1片
プロヴァンスハーブ大さじ1
エクストラヴァージンオリーヴオイル大さじ2
レモン汁適量
プチトマト5個
コーン適量


【作り方】
(1)粗塩をフライパンに入れて乾煎りし、サラサラの状態にしておく。ニンニクを輪切りにして芯は抜いておく。
(2)イサキはウロコを落として頭と内臓を取り除き、2つ切りにする。背骨に沿って身が離れないように切り開く。
(3)(2)のイサキに塩と黒コショウをして5分くらいおく。身の間にニンニクとプロヴァンスハーブを挟む。
(4)耐熱皿にクッキングシートを敷き、ハーブをふりかけて、その上に(3)のイサキを乗せてオリーブオイルをかける。
(5)下段に角皿を入れて230度に予熱したオーブンで、(4)を15分焼く。
(6)皿にイサキを載せ、耐熱皿に残ったハーブオイルとレモン汁をかける。プチトマトとコーンを飾って出来上がり。


イサキのガーリックハーブ焼き




レシピブログに参加しています♪


今夜の献立は

イサキのガーリックハーブ焼き(イサキ、ニンニク、プチトマト、コーン)
ポテトサラダ(ジャガイモ、ニンジン、キュウリ、レタス)
お味噌汁(大根、ニンジン、えのき茸、油揚げ、小ねぎ)
白ごはん
納豆(小ねぎ)

でした。

Kathは今日もモリモリお魚を食べていました。
ガーリックハーブ風味なので大丈夫かな、と思っていましたが、ハーブが付いているイサキの身も美味しそうに食べていてビックリしました。
今日のイサキはふっくらやわらかく焼けたので、Kathにとっても食べやすくて美味しかったようです。
今日はお魚だったので、ごはんもいっぱい食べてくれました。
ここ1ヶ月間、たんぱく質重視で食べているので、Kathの脚に筋肉がついてきたのを感じます。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。