スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海軍さん風肉じゃが

2010.06.27
今夜のメインは「海軍さん風肉じゃが」でした。

「肉じゃが」は夫からのリクエスト。
普段はだしを生かして調味料ひかえめの肉じゃがを作ることが多いのですが、今夜は趣向を変えて、しっかりとした味付けの肉じゃがにしてみました。

肉じゃがは定番メニューですが、あらためて「肉じゃが」について調べていると、明治時代にビーフシチューをもとにして日本海軍の厨房で生み出された料理ということを知りました。

全国で京都・舞鶴だけに残っているという旧海軍厨業管理教科書を紹介した「まいづる肉じゃがまつり実行委員会」のレシピを参考にして、我が家流にアレンジさせてもらいました。

いつもの肉じゃがよりも砂糖と醤油の甘辛さが効いていて、冷めても美味しく、お弁当にも合いそうな味付けでした。

それでは、「海軍さん風肉じゃが」のレシピを紹介します。


【材料】(3~4人分)
牛薄切り肉240g
ジャガイモ(男爵)中3個
ニンジン中1本
玉ねぎ1個
生芋糸こんにゃく250g
いんげん6本
しょうゆ大さじ3
砂糖大さじ3
大さじ1
ごま油少々



【作り方】
(1)ジャガイモは皮を剥き4つに割り、水にさらしておく。ニンジンは皮を剥き乱切りにする。玉ねぎは皮を剥き1cm幅のくし切りにする。糸こんにゃくは水から茹でてアクを抜き、水気を切って4~5cm長さに切る。インゲンは塩茹でして2~3cm長さの斜め切りにする。牛肉は食べやすい大きさに切っておく。しょうゆ、砂糖、酒は計量してそれぞれ小鉢に入れて用意しておく。
(2)鍋を火にかけて、十分に熱くなってきたらごま油を敷く。
(3)火入れから3分後に、牛肉を入れて炒める。
(4)7分後に、砂糖を加えて牛肉に絡めながらよく炒めて、水分を引き出す。
(5)10分後に、酒としょうゆを半量加えてさらに炒め、牛肉の佃煮のように味をよく含ませる。
(6)14分後に、水気を切ったジャガイモ、ニンジン、糸こんにゃくを加えてざっと混ぜ合わせ、ひたひたになるまで水を加える。強火で加熱し、煮立ったら中火にして、ときどき鍋底を返しながら煮含める。
(7)31分後に、玉ねぎと残りのしょうゆ半量を加えて、煮汁が均一にまわるよう底からかき混ぜる。
(8)34分後に、インゲンを加えてひと混ぜし、器に盛ってできあがり。


海軍さん風肉じゃが




レシピブログに参加しています♪


今夜の献立は

海軍さん風肉じゃが(牛もも肉、ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、糸こんにゃく、インゲン)
栄養満点☆ブナピーの彩りマリネ(ブナピー、アスパラガス、ニンジン、コーン、パストラミハム、カッテージチーズ)
お味噌汁(大根、ニンジン、えのき茸、油揚げ、小ねぎ)
白ごはん
納豆(小ねぎ)

でした。

栄養満点☆ブナピーの彩りマリネ」は、「きのこアイディアレシピ2010夏」参加のために作ったものです。
今夜のメニューの組み合わせにはちょっと合わないかな、でも作ってしまったし・・・と不安に思いながら食卓に並べましたが、あっさりしたマリネだったのでおひたしや白和え感覚で食べられました。

Kathは、今夜も肉じゃがを美味しそうに食べてくれました。
ぶなピーもつるっと食べてくれました。
最近は納豆がブームのようで、日に日に食べる量が多くなっています。
なので、納豆に小松菜のみじん切りを混ぜて食べさせることにしました。
納豆とごはんを交互に食べるのがお気に入りです。
1歳3~4ヶ月で中粒納豆をこんなにたっぷり食べるものなんだと、我が子ながらビックリしています。


blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!

スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。