スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極の?イカ大根

2010.07.09
今夜の副菜として「究極の?イカ大根」を作りました。


一昨日、七夕メニューとして「イカのふんわり蒸し~七夕の願い☆~」を作りました。

イカのふんわり蒸し~七夕の願い☆~

このとき、蒸し上がったイカから綺麗な紅色のエキスが染み出て、器にいっぱい溜まっていました。

イカのいい香りが残っているし、捨てるのはもったいないな・・・
そう思って、器に入れ直して取っておきました。

我が家はイカ大根が大好き♪
一昨日のイカの蒸し汁が残っていたを見て、においを嗅いで、真っ先に「イカ大根、食べたいなぁ」と思いました。
この汁で大根を煮たら、「『イカ大根』の大根」のようになるかな、と思いつきました。


私はよく、魚の煮付けをしたときに残った煮汁を取っておき、次の日に野菜(大根やゴボウなどの根菜中心)をその煮汁で煮て副菜としています。
魚のおだしが染み出ていて、とっても美味しい煮物になるのです。

それと、我が家の食のバイブル『美味しんぼ』でも、山岡さんが究極のメニューとして「『ブリ大根』の大根」を出していました。
その大根は、もちろん、ブリと一緒に煮たものですが・・・


そこで、今日はイカの蒸し汁を活用した大根の煮物にすることに決めました!
イカはないので、代わりにプリッとした食感が似ているブナシメジをプラスしました。

作ってみて、大正解!!
まさに、「『イカ大根』の大根」に仕上がっていました。

イカの蒸し汁が残る機会はほとんどないとは思いますが・・・
オススメです♪

それでは、「究極の?イカ大根」のレシピを紹介します。


【材料】(3~4人分)
大根1/3本
ブナシメジ1袋
昆布10cm角
イカの蒸し汁3//4カップ
1カップ
砂糖大さじ2
大さじ2
しょうゆ大さじ2



【作り方】
(1)大根は皮を剥いて5mm厚さのいちょう切りにする。ブナシメジは石突を切り落として半分の長さに切り、小房にほぐしておく。
(2)鍋に昆布を敷き、大根を入れ、イカの蒸し汁と水を注ぎ、砂糖を加えて中火で煮立てる。
(*根菜は水から煮ます。砂糖だけ始めから入れておくと、細胞に穴を開けて煮汁の染み込みが良くなります。)
(3)煮立ったら酒、しょうゆを加え、落し蓋をして弱火で15~20分煮る。煮汁が少なくなってきたら、シメジを加えて軽く混ぜ合わせ、さらに5分くらい煮る。
(4)火を止めて、鍋のまま冷ます。
(*煮物は冷めるときに味が染みていくので、鍋のままおいておきます。)
(5)器に盛って、出来上がり。


究極の?イカ大根


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆


甘辛く煮付けた味・・・イカが入っていないのに、まさにイカ大根でした!!

イカを蒸した次の日は、これで決まりです♪


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。