スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんみんみん

2010.07.15
今日はやっと連日の大雨が止み、曇り空の一日でした。

雲の合間から太陽の光が差し、蒸し暑くなってきた昼下がり、外から蝉の声が聞こえてきました。
「ミ~ンミンミンミンミン・・・」
夏がやってきたな、と感じました。

夕方、ふとKathが、
「みんみんみんみんみん・・・」
とつぶやき始めました。

今まで、「みん」ということば(発声)は聞いたことがなかったので、とっても驚きました。
もちろん、私たちもKathに向かって「みんみんみん」と語りかけたこともありません。

もしかして、蝉の鳴き真似?と思えるくらい上手に、
「みんみんみんみんみん・・・」
とKathは唇をしきりに動かしてつぶやいていました。

もし、Kathが外から聞こえてくる蝉の鳴き声を聴き取り、それを模倣して、自分の音声として表出していたとしたら、言語発達の大きなステップと考えられます。

単に、Kathの鼻音([m])および前舌高母音([i])の発達と、今日きこえた蝉の声が同期しただけなのかもしれませんが・・・

研究者の視点では冷静に分析しつつも、母親の視点だと、
「あ、Kathがセミさんの鳴き真似ができるようになった!
と、我が子の成長を喜んでしまいました。

理屈は抜きにして、とにかく、Kathが
「みんみんみんみんみん・・・」
と言いながら遊んでいる姿がとってもかわいかったです。

「Kathちゃん、『みんみんみん』、セミさんになったの?おもしろいね!」
と私が話しかけると、Kathは
「んふふふふ
と思わず笑みがこぼれた感じで、得意気な顔をしながら嬉しそうに、
「みんみんみんみんみん・・・」
と言い続けて私を笑わせてくれました。

これから梅雨が明け、夏本番。
うだるような暑さのなか聞こえてくる蝉の声がやかましいと感じていましたが、今年の我が家にはかわいい「Kath蝉」がやってきて、笑顔いっぱいの楽しい夏を迎えられそうです。





blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。