スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大豆とビーフジャーキーのスパイシートマト煮込み

2010.07.17
今夜のメインは「大豆とビーフジャーキーのスパイシートマト煮込み」でした。

大豆とビーフジャーキーのトマト煮込み

今日は一日中おでかけの予定でした。
外出時に美味しいディナーを味わうのもおでかけの楽しみですが・・・
マイホームのため、外食費はおさえたいところ・・・
でも、おでかけの後にごはんの用意をするのはたいへん

そこで、前日に作っておこうと冷蔵庫のストック食材をチェックしたところ・・・何もない!!

・・・ということで、苦肉の策ですが、momからアメリカ土産としてもらっていたビーフジャーキーをタンパク源として活用することにしました。

ビーフジャーキー

夫は晩酌の習慣がないので、おつまみとしてビーフジャーキーを消費しきれそうになかったので、おかずに変身させてみようと・・・

「ビーフジャーキー」とは、すなわち牛肉・・・に合うといえば、トマトソース。
でも、ビーフジャーキーは乾燥してそのままでは硬いから、焼いたり炒めたりするのには不向き・・・
そうだ、煮込んでみたら、硬いものもやわらかくなるかも!
・・・牛肉とトマトの煮込み・・・ナスも合いそう♪
そうだ、乾燥大豆もストックしてるから、大豆も合わせたら、チリコンカンみたいになるかな・・・

などと考えをめぐらせ、「大豆とビーフジャーキーのスパイシートマト煮込み」を作ることにしました。

煮込みといえば、圧力鍋でビーフジャーキーもやわらかくなるかも、と思ったのですが・・・
なんと、長年愛用していた圧力鍋が故障!
ピンが上がらず、圧力がかからなくなってしまいました。

ナスをいっぱい入れたかったので、ル・クルーゼには入りきらない・・・
なので、あきらめて普通のお鍋でじっくりコトコト煮込むことにしました。

昨日の晩ごはん作りと並行作業だったので、途中、火を止めながら、余熱の力も借りて、大豆を煮たり、トマト煮込みを仕上げました。

思いつきで、おそらく一度しか作らないメニューとして作ってみたのですが、予想以上に美味しかったです!
酒豪ではない夫にも好評でした。
ビーフジャーキーは牛スジの赤身のような食感になっていて、じっくり煮込んだのでトマトソースにたっぷりダシが染み出ているのに、やわらかくなったジャーキーにも燻製の香りとスパイス感がしっかり残っていて、味わい深かったです。
ビーフジャーキーにトマト、ナス、大豆を組み合わせたのも大正解でした。
大豆の茹で汁を加えたのも、良いダシになったと思います。
もし、ビーフジャーキーが余ってしまったら、作ってみてください♪

それでは、「大豆とビーフジャーキーのスパイシートマト煮込み」のレシピを紹介します。


【材料】(2~3人分)
茹で大豆約150g
ビーフジャーキー約100g
ナス3本
オリーヴ油大さじ1
白ワイン大さじ1
トマト缶(カット)1缶
大豆の茹で汁1カップ
トマトケチャップ大さじ2
黒コショウ適量


【作り方】
(1)ナスは1cm厚さのいちょう切りにして塩水にさらしておく。ビーフジャーキーは一口大にちぎるか切っておく。
(2)フライパンにオリーヴ油を敷き、中火でナスをざっと炒め合わせ、白ワインをふって蓋をし、弱火で蒸し焼きにする。全体がしんなりしてきたら、ビーフジャーキーと大豆を入れ、炒め合わせる。
(3)(2)を深めの鍋に移し、トマト缶、大豆の茹で汁、トマトケチャップを入れて中火で煮立たせ、弱火にして30~40分煮込む。火を止めて鍋のまま置いておき、余熱で味をなじませる。
(4)食べる前に温めなおし、皿に盛って黒コショウをたっぷりと挽いて出来上がり。


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆


ちなみに、副菜も作り置き(昨日と同じ「キャベツの甘酢漬け」)、お味噌汁は具材を切っておき素材ごとに密閉容器に入れて冷蔵保存しておいたので、今夜はお米を研いで炊いている間に、小ねぎを切ってお味噌汁を炊くだけ、メインは電子レンジで再加熱、という手順で済みました。

お味噌汁の油揚げは、買ってすぐに熱湯にくぐらせて油抜きし、刻んで水分をしっかり切ってから保存袋に入れて冷凍保存しておくと、いつでも使えて便利です。
冷凍するとき固まらないように、途中で何度か揉みほぐしてパラパラの状態にしておくのがポイントです。

今夜の献立は、

大豆とビーフジャーキーのスパイシートマト煮込み(大豆、ビーフジャーキー、ナス、トマト)
キャベツの甘酢漬け
お味噌汁(大根、ニンジン、えのき茸、油揚げ、小ねぎ)
白ごはん
納豆(小ねぎ)

でした。

さすがに、Kathはビーフジャーキーは食べられないので、大豆をつぶしたものとトロ~っと煮込まれたナスやトマトを食べました。
特にナスが気に入ったらしく、けっこうビーフジャーキーの味が染みこんでいるのにたっぷり食べてくれました。
納豆をほとんど食べたので、たんぱく質はしっかり摂れたかな。
毎晩、納豆でごはんが進みます。


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。