スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タオルを連れて、どこまでも♪

2010.07.21
最近、Kathはなぜかタオルを携えてお散歩するようになりました。

その姿は、まるでSchulzの漫画『PEANUTS』の登場人物、ライナスのようです。

ライナス

ライナスはこの“安心毛布”を移行対象(幼い子どもが自立していく過程で、親とのスキンシップの埋め合わせとして愛着をもつお気に入りのもの)としていつも手放さないのですが、Kathの場合は、そうではないようです。




タオルKath1
「あ、Kathちゃん。タオル持ってどこ行くの?」




タオルKath2
「お散歩してるのかな?」




タオルKath3
「あれ?おかあちゃんは無視ですか?




タオルKath4
「お~い!」




こんな感じの光景が毎日見られます。


Kathはちょうど1年前、まだ寝返りもできない3~4ヶ月の頃からタオルが大好きで、しばしば枕にしているタオルを両手で持ち上げて頬に押し当て、気持ち良さそうに頬ずりしていたり、時には頭の下から引っ張り出して目の前でクシャクシャもんで遊んでいたり・・・

そういう意味では、Kathにとってタオルは特別な存在なのかもしれません。

上の写真のように、Kathがタオルを引きずって歩いている様子は、まるでペットとお散歩しているような感じです。

気づけば、お気に入りのタオルだけでなく、おんぶ紐や大きめのぬいぐるみなど、引きずって歩けるものなら何でも連れて歩いています。

2ヶ月前、Kathが歩き始めたばかりの頃、私はKathの手を携えて、ゆっくり、ゆっくりと、部屋中をぐるぐるお散歩して歩く練習をしていました。

今でもKathに手を差し伸べると、Kathは私の手をしっかりと握りしめてくれるので、仲良く手をつないで歩くのが楽しみのひとつとなっています。

もしかしたらKathは、同じような感覚で、タオルたちをお散歩してあげているのかもしれませんね。


子育てスタイル参加中♪


ぽちっとクリックよろしくお願いします☆皆様の応援に励まされてます!
「足あとClick」も楽しみにしています♪


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。