スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茹で鶏~香味黒ゴマソース~

2010.07.23
今夜のメインは「茹で鶏~香味黒ゴマソース~」でした。

茹で鶏~香味黒ゴマソース~

★「茹で鶏~香味黒ゴマソース~」のレシピ★

↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪


今日は夫が会社の夏祭りで、仕事の後に会社の敷地でビアガーデン
・・・とはいうものの、ほんの少ししか飲食できないらしく、晩ごはんはおうちで食べる予定だったので、「暑い中飲んだ後でも、何かサッパリ食べられ、栄養価の高いものを・・・」と思い、蒸し鶏にしようと考えていました。

しかし、今日、私は美容院に行って帰りが遅めになり、暑い中歩いてちょっと疲れてしまい・・・

こんなときは、やっぱり簡単料理

蒸し器は出さずに、フライパンでできる簡単茹で鶏にすることに。

深めのフッ素加工フライパンを使えば、鶏肉が鍋底にくっつくのを気にせずに最低限の水量で茹でることができるんです!

火を入れる時間は約10分、あとは余熱調理におまかせです。

鶏むね肉の調理ポイントは、「加熱しすぎないこと」!
グツグツ茹でずに最低限火を通したら、あとは蓋をして待つ(放置)・・・

鶏スープの中に浸された鶏むね肉は、余熱で中まで火が通り、やわらかジューシーに仕上がります。

鶏の臭み消しにはショウガの皮と長ネギの青い部分がベストですが、今日は長ネギを切らしていたので、ショウガの皮に加えて、大根の皮とニンジンの切れ端(今夜のお味噌汁の材料の余り)を入れてみました。
ネギと同様、鶏の臭みも消え、肉質がやわらかく仕上がっていました。

大根の根の部分にはでんぷん質を消化する酵素「ジアスターゼ」、たんぱく質分解酵素「プロテアーゼ」、脂肪分解酵素「リパーゼ」が含まれています。
これらの酵素は加熱すると消失しますが、水から茹でたので、多少酵素がはたらいたのかもしれません。

ちなみに、鶏もも肉の上に大根おろしをたっぷりのせて蒸すと、もも肉でもサッパリとした、とってもやわらかジューシーな蒸し鶏に仕上がります。

今夜の茹で鶏には、ショウガやニンニク、ナンプラーの香り豊かなソースに炒った黒ゴマをたっぷり加えて、ヘルシーな一皿に仕上げました。

黒ゴマを炒ってあげる「ひと手間」を加えることで、香ばしさがグッと引き立ちます。
オーブントースターを使うと簡単です。


今夜の献立は、

茹で鶏~香味黒ゴマソース~(鶏むね肉、大葉、ニンジン、さやえんどう、トウモロコシ、ブナシメジ)
鶏皮とピーマンのソースきんぴら(鶏皮、緑ピーマン、赤ピーマン)
お味噌汁(大根、ニンジン、えのき茸、油揚げ、小ねぎ)
麦ごはん
納豆(小ねぎ)

でした。

鶏むね肉は、Kathにとって離乳食期からなじみの深い食材です。
以前はすりつぶして食べていたけど、今では小指の先くらいの塊を「パックン!モグモグモグ・・・♪」としっかり噛んで食べています。

奥歯も生え始めてしっかり噛めるようになり、離乳食期が終わる頃には、こうして家族みんな同じものを食べられると、ますます食が進みます。

やはり、子どもも大人と同じものが食べられると嬉しいんだな、と実感しています。


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。