スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツルムラサキの辛子ゴマぽん和え

2010.08.13
8/11の副菜は「ツルムラサキの辛子ゴマぽん和え」でした。

ツルムラサキの辛子ゴマぽん和え

★「ツルムラサキの辛子ゴマぽん和え」のレシピ★


ハウス「特選本香り」をつかった和風ねりスパイスコンテスト参加中


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪


この日は、久しぶりにツルムラサキを使ってみました。

最近、天候不順による野菜の不作で、ついに野菜市から小松菜などの葉物が消え、唯一、ツルムラサキが並んでいました。

独特のクセがあるのですが、ほうれん草以上の栄養価があるツルムラサキを私は好んで食べるのですが、まだKathには向かないと思って、避けてきた食材です。

ここ最近の野菜の価格高騰で、100円台で買える葉物野菜が減ってきたので、今夜はツルムラサキを使うことにしました。

ツルムラサキの旬は真夏なのだそうです。

お浸しや和えものなどの調理にはアク抜きのために茹でますが、1分以上茹でると水っぽくなり、栄養分も減ってしまうので注意が必要です。

ひとつまみの塩を入れた熱湯に茎の方から入れて、やわらかくなってきたら葉も浸してサッと茹でるのがポイントです。

今回は、クセのあるツルムラサキを食べやすくするために、辛子のツ~ンとくる刺激でアクセントを加えてみました。

もちろん、ハウスの「特選本香り からし」を使って♪

からし

ただ刺激的なだけでは、辛いものが苦手な夫には食べにくいと思い、すりゴマを加えてまろやかに仕立てました。

ベースは、お手軽にぽん酢で!

ツルムラサキに酸味を加えてあげると、苦味が和らいで食べやすくなります☆

この「辛子ゴマぽん酢」ダレは、ツルムラサキ以外にも、特にホウレン草やモロヘイヤなどのクセのある青菜によく合うと思います。


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。