スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【幼児食献立】昆布と椎茸の旨みたっぷり☆豚もも肉とサツマイモの煮物

2010.09.09
昨夜のメインは「昆布と椎茸の旨みたっぷり☆豚もも肉とサツマイモの煮物」でした。

昆布と椎茸の旨みたっぷり☆豚もも肉とサツマイモの煮物

★「昆布と椎茸の旨みたっぷり☆豚もも肉とサツマイモの煮物」のレシピ★


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪


昨日もKathと母娘ごはん。

前日は単品系のメニューになってしまったので、昨夜はきちんと一汁三菜で☆

Kathに食べてもらいたい、だしの旨みをたっぷり効かせて、ほんのちょっとの調味料でやさしい味わいに仕立てた煮物を用意しました。

1歳半を過ぎてすっかり離乳食を卒業したKath。

とりわけ辛いものや濃い味のメニューでない限り、私のお皿から取り分けてKathに食べさせています。

なので、いつもは特別「幼児食」として、Kath用のメニューを用意するというよりは、

●調味料を加える前に取り分けておく(これは、離乳食の時も同じ)

●基本的に、薄味を心がける

ということを実践しています。

実際に子育てしていて実感するのですが、

子どもは、1歳前後になり、自己主張し始めるようになると、食卓で大人と同じものを欲しがります!

たとえ子ども用のお皿を用意していても、大人のお皿に容赦なく手を伸ばしてきたり、突っ込んできたり・・・

好奇心旺盛な証拠ですね☆

私は、こうしたKathの姿を、「お行儀が悪い」ではなく、「食に関する興味が湧いてきた証拠!」として嬉しく思っています。

躾のため、「めっ(=ダメ)!」と一応、叱るのですが。

大人の食べているものを同じものを欲しがっている時には、お口に「あ~ん」してあげたいので、必然的に、私達の食べるものも薄味に☆

私はもともと、素材やだしの旨みを味わうのが好みなので、ちょうどいいです♪

健康管理のためにも、今のうちから薄味に慣れておくのはいいことだと捉えています。

昨夜の煮物は、昆布と椎茸の旨みをじっくりと染み込ませた、ほっこりやさしい気分になれる一皿です。

少なくとも、Kathと私にとっては・・・

大人には物足りなく感じるかもしれないので、日常の煮物にはふさわしくないかもしれません。

でも、離乳食を終えた子どもには、ぜひ、こんな煮物を食べさせてあげたい!!

おなかに大切な命を宿している妊婦さんにもオススメです。

たっぷり2~3人分の食材に対して、調味料は

まず、昆布と干し椎茸をつけておいた戻し汁1カップとともに、
◇砂糖 小さじ1(水から加熱する時、サツマイモに味を染みこませるための「穴」をあけるため)

そして、煮立ってから、アクを丁寧に、丁寧に掬い取った後、
◆酒 小さじ1
◆醤油 小さじ2
◆ハチミツ 小さじ2
◆塩 ひとつまみ



普段の煮物よりも半量以下の調味料で味付けしてみましたが、旨みたっぷりの昆布と干し椎茸のだしがしっかりと染み込んでいて美味しい!!

しかも、豚肉やサツマイモという、それ自体に旨みが詰まっている食材を使えば、ほとんど「蒸し煮」のような感じで素材そのものの味を引き出してあげれば美味しく仕上がります。


だしを取った昆布や干し椎茸は、もちろん一緒にいただきます☆

今回は、Kathに食べてほしいので、Kathが食べやすい大きさ(1cm四方くらい)に切りました。

椎茸は、まだごはんと一緒に「海苔巻き」でしか食べませんでしたが、昆布は

「まんま!(もっとちょうだい!)」

と威勢よくおねだりしてくるほど、美味しく食べているようでした。

1cm四方の色紙切りにするやり方、大成功です♪

子どもが噛み切りやすいし、親が食べさせやすいし、オススメです☆

来月から「昆布大使」として活躍できることになったので、積極的に昆布の食育メニューを考えていきたいと思っています。

今夜のメニューも、その一つ、予告編といった感じです♪

ちなみに、今夜の煮物には、10cm四方の昆布をたっぷり2枚!

調味料を少なめた分、野菜代わりにもなる昆布を倍量にしてみました。

Kathがどんどん、パクパクと食べてくれるので、あっという間に一皿分の昆布が消えていました。

昆布が旨みを出してくれるだけでなく、昆布自体にも豚肉やサツマイモ、干し椎茸の美味しさをギュッと凝縮していて美味しかったです。

干し椎茸も、また、然り。

フレッシュなキノコも美味しいですが、干し椎茸は甘みが強いのが魅力♪

「昆布+干し椎茸」は、Kathの好みの組み合わせ!

気付いたら、Kathはいつも食材保存棚から昆布と干し椎茸の袋を両手に持って、自分のキッチン(おままごとセット)に持って行き、紛れ込ませています。

時には、昆布と干し椎茸の袋を持ったままお部屋をウロウロお散歩していたり、握ったまま眠ってしまったり・・・

ほんのり香ってくる昆布と干し椎茸の香りに惹かれるのかな?

Kathはこの煮物をいつものようにいっぱい食べてくれました。

豚肉やサツマイモは、そのままガジッとかじらせました。

豚もも肉は、Kathにとって食べやすいということを先日、「豚肉と夏野菜のコチュジャン炒め」で、味付け前に取り分けた炒め物を食べさせた時に気付きました。

昨夜も、いつもよりもよく食べてくれているようでした♪

ちなみに、かたまり肉のように見えますが、おトクな切り落とし肉です。

私の行きつけのスーパーで買う豚もも肉の切り落としは、脂身が少ないのでお気に入り♪

肉巻きができるくらいの長さがあるのですが、加熱してもやわらかくKathでも噛み切れるので、ボリューム感が出て、かつガジッと食べさせやすい(Kathが手づかみしやすい)ように、軽くギュッと握って丸め、かたまり肉のようにして煮込みます。

とてもお得な切り落としとは思えないでしょう♪

一枚でぺラッとした状態よりも、このように丸めたほうがじっくり煮込んでも固くなりにくいような気がします。

ハチミツの効果で豚肉もやわらかくなります。


サツマイモも、ほくほく甘くて美味しい。

昨日は白露。

「陰気ようやく重なり、露凝って白し」(秋が本格的に到来し草花に朝露がつく)

暦の上では、すっかり秋に入ってきました。

食卓も、秋らしいものを取り入れていきたいと思っています。

食べ物で季節を感じるのも、食育のひとつ。

秋はお芋や栗など、ホクホク美味しいものがたくさん♪

今夜のサツマイモも、いろんなだしがしっかり染みて、サツマイモ自体の甘みがほっとするやさしさで、すっかりこころもからだも癒された感じがしました。

幼児食は、大人にとってはリセットメニューになって良いのかもしれませんね!

子どもも、自分と同じものを食べていたら、安心していっぱい食べてくれます☆


ちなみに、昨夜の副菜は、以下の通り。

幼児食の副菜

左手前:Kathの別腹納豆(オクラ、小松菜のみじん切り、小ねぎをたっぷり!)、
中央奥:小松菜のおかかお浸し(おかあちゃん用)
右手前:蒸しカボチャの二色ゴマがけ(レンジで蒸したカボチャに白と黒のゴマをひねってふりかけただけ)

*歌の絵本で遊んで待っていたKathが、「歌って!」と本を持ってきて、私の手をつかみ、ボタンを押させているところが写っています。
片手で撮影でボケボケ~

Kathは蒸しカボチャを手に持ってパクパク食べてくれました♪

サツマイモ同様、やはりカボチャも甘くて美味しい。

蒸すだけで、何もかけずに食べても美味しかったです。

二色のゴマがアクセント♪

何か物足りないな・・・と思う時は、塩ではなく、ゴマをかけることが多いです。

離乳食のおかゆにも、よく摺ったゴマをかけていました。

そして、上の納豆!すごいボリュームでしょう?

Kathはこれを一人でペロリと食べてしまいます♪

このように、オクラや小松菜、小ねぎをたっぷり入れると、納豆と小ねぎだけというときよりもずっとよく食べます☆

しかも、ごはんも進む、進む~!!

健康的なものなので、好きなだけ食べさせています。


味噌汁

お味噌汁も、野菜を食べる感じでいつも具だくさん♪

Kathは、まだ汁は飲まないのですが、具はものすごい勢いで良く食べます!

ビックリするくらい!!

最近は、Kathが手に持てるくらいの拍子木切りにして、汁を切ったお味噌汁の具をKathのお皿に入れてあげ、いつでもガジガジできるようにしてあげています。

すぐにお皿が空になるので、
「まんま~!」
とすぐにおかわりをせがまれます。

よしよし、いっぱい食べてね~♪と、おかあちゃんは嬉しい限りです☆

このお味噌汁も、やはりだしを効かせて!

Kathもすっかりだしの味が気に入ってくれているようです。

母娘ふたりごはんのときは、このような幼児食を中心とした献立で考えていこうと思っています。


昨夜の献立は、

昆布と椎茸の旨みたっぷり☆豚もも肉とサツマイモの煮物(豚もも肉、サツマイモ、昆布、干し椎茸)
蒸しカボチャの二色ゴマがけ
小松菜のおかかお浸し
お味噌汁(大根、ニンジン、ワカメ、えのき茸、油揚げ、オクラ、小ねぎ)
麦ごはん
納豆(オクラ、小松菜、小ねぎ)

でした。


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

おはようございます!

一汁三菜って日本人の心っていうか、原点っていうか。。献立の基本ですよね!
mcmaskyさんのお料理はお子さんや家族を思う気持ちがにじみ出ていますね^^
(暑いを理由に手抜きが多い。。。反省)

豚もも肉とサツマイモの煮物。
私おかずにサツマイモを入れたことなくって。。。
昆布と干し椎茸の旨みたっぷりのこのレシピ。
お孫ちゃんに食べさせてあげたいな♪

Re: タイトルなし

☆プクリンママさん☆

毎日ご訪問くださりありがとうございますo(^-^)o
嬉しいです!!
私もプクリンママさんのおうちの晩ごはんが気になって仕方ありません♪
いつもバランスが取れていてお野菜たっぷりで・・・
理想の食卓です^^

> 一汁三菜って日本人の心っていうか、原点っていうか。。献立の基本ですよね!

バランスよく食べようと思ったら、やはり「一汁三菜」に行き着きますよね♪
プクリンママさんの食卓はいつもおかずがたっぷりでスゴイ!!
しかも、手の込んだ料理から簡単レンジ料理まで幅広くて・・・
勉強させてもらっています(*^-^*)

> mcmaskyさんのお料理はお子さんや家族を思う気持ちがにじみ出ていますね^^

ありがとうございます☆
家族あってこそ、お料理を楽しめている感じです♪
自分の健康管理のためだけでなく、食べてくれる人のために
料理ができることは有難いことです^^

> 私おかずにサツマイモを入れたことなくって。。。

うちも母はサツマイモと言えば大学芋かハチミツレモン煮
だったので、はじめは変な感じでした!
一人暮らしで料理するようになり、肉の量が少なくても
ボリュームが出るので、お芋やお野菜をたっぷり入れる
ようになりました・・・かさ増しですね(^^;

でも、これが意外と美味しいんです♪
お芋はほかの食材の旨みをしっかりと吸収してくれるので、
このサツマイモも豚の旨みが移って、甘いだけではない
深い味わいを楽しめますよ☆

もちろん、サツマイモと言えば大学芋やスイートポテト・・・
甘党です♪

> 昆布と干し椎茸の旨みたっぷりのこのレシピ。
> お孫ちゃんに食べさせてあげたいな♪

プクリンママさんのお孫さんにも気に入ってもらえるといいな~o(^-^)o
この煮物、薄味ですが、だしの旨みが味わえる日本人に生まれて
良かったな~と思える、からだが喜んでくれる一皿で、
ダイエットにもなりそうです☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。