スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナスとひき肉のトマトグラタン

2010.05.21
今夜のメインは「ナスとひき肉のトマトグラタン」でした。

五月も後半に入り、日中は日差しが強く蒸し暑い日が続いています。
夏が近づいてくると、ナス、トマトなどの夏野菜が食べたくなりますよね。

そこで今日は、旬には少し早いですが、だんだん安く手に入るようになってきたナス(4本150円!)と、疲労回復効果があるビタミンB1たっぷりの豚ひき肉を使って、サッパリとしたトマトソースのグラタンを作りました。
我が家は1歳児のKathがいるので、トマトソースにニンニクや鷹の爪を使いませんでしたが、大人向けのトマトソースにするなら加えたら美味しくなりますね。
うちではその代わりに、ひき肉を炒めるときにカレー粉を加えています。ほんの少しなので、ひき肉の臭み消し程度が、カレーの風味がほんのり効いて、トマト味が引き立ちます。
カレー味とトマトは相性がいいので、カレー粉を増やしても美味しいと思います。

【材料】(2人分)
豚ひき肉       200g
ナス         2本
玉ねぎ        1/2個
ニンジン       1/3本分
トマト缶       1缶(400g)
グリーンピース    適量
オリーブ油      適量
塩・こしょう     少々
カレー粉       小さじ1/2
コンソメ(顆粒)   小さじ1
ケチャップ      大さじ2
ウスターソース    大さじ1
白ワイン       大さじ1
砂糖         小さじ1
バター        少々(耐熱皿に塗るため)
とろけるチーズ    2枚
パン粉        大さじ1
ミックスハーブ    小さじ1


【作り方】
(1)ナスは7~8mm厚さの輪切りにし、水にさらしておく。玉ねぎ、ニンジンは極細かいみじん切りにしておく。
(2)フライパンにオリーブ油を多めに入れて熱し、ナスを並べてこんがりと焼き、皿に取り出しておく。
(3)別のフライパンにオリーブ油大さじ1を入れて熱し、カレー粉を入れて炒め、香りを引き立たせる。そこに豚ひき肉を加え炒める。ひき肉がほぐれてきたら、玉ねぎ、ニンジンを加えて塩コショウをし、さらに炒める。
(4)(3)にトマト缶を加え煮立たせ、コンソメ、ケチャップ、ウスターソース、白ワイン、砂糖を加えて、中火で10分ほど煮詰める。
(5)耐熱皿にバターを塗り、(2)のナスを並べて敷き詰める。その上に(4)のミートソースをかける。さらにその上にナスを並べ、ミートソースをかける。
(6)(5)の上にグリーンピースを散らし、とろけるチーズをちぎってのせる。その上にハーブパン粉(パン粉大さじ1にミックスハーブ小さじ1を混ぜたもの)をふりかけ、オリーブ油少々をふりかけておく。
(7)予熱したオーブントースターで、チーズがこんがり焼けるまで、5~6分焼いて、出来上がり。



ナスとひき肉のトマトグラタン





レシピブログに参加しています♪



ミートソースが大好きなKathも、今夜のトマトグラタンをおいしそうに食べてくれました。
初レシピでしたが、夫にも大好評でした。


今夜の献立は、

ナスとひき肉のトマトグラタン(ナス、豚ひき肉、玉ねぎ、ニンジン、トマト、グリーンピース、チーズ)
ほうれん草としめじのサラダ
お味噌汁(大根、ニンジン、えのき茸、油揚げ、小ねぎ)
コーンとグリーンピースの彩りごはん
納豆(小ねぎ)


いつもはグリーンピースだけで炊くごはんですが、今日はコーンも入れてみました。さらに彩り豊かな、味わい深いごはんになりました。
米3合に対して、グリーンピースの茹で汁とコーン缶1/2缶を汁ごと加えて炊き、茹でたグリーンピースを茶碗にごはんを盛る前に混ぜるのがポイントです。
生のグリーンピースを入れてごはんを炊くと、どうしても豆の緑色がくすんでしまいますが、色鮮やかに茹でたものを食べる前に混ぜ込むことで、きれいなグリーンが保てます。
この方法は、料亭を営む伯母から教えてもらった秘伝のポイントです。


コーンとグリーンピースの彩りごはん




blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。