スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花舞う☆キャベツの和風サラダ

2010.10.24
花舞う☆キャベツの和風サラダ

★「花舞う☆キャベツの和風サラダ」のレシピ★


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪


突然ですが、私の母の得意料理は「千切りキャベツ」ではないかと思うくらい、母は「千切りキャベツ」がとっても上手です。

なんと、母は「千切りキャベツ(または玉ねぎスライス)専用」の包丁を持っていて、ビックリするほどリズミカルに、素早く千切りキャベツを仕上げます。

いつか、その包丁を譲り受けられる日を心待ちにしている私・・・

いつになるかわからないくらい、母は何十年先までキッチンに立ち続けそうなので、私も「身体化された包丁」を見つけたいと思います。


さて、母のおかげで私の大好物は「千切りキャベツ」と答えたくなるほど・・・

なのですが、千切りキャベツをすると、芯側が残りますよね。

加熱すると、甘みたっぷりでとっても美味しいキャベツの芯。

これから寒さが日ごとに厳しくなり、温かいものが恋しくなる季節。

食卓にも、温かいメニューを並べましょう☆


この「花舞う☆キャベツの和風サラダ」は、先日姪と一緒に作った「ごはんがすすむ♪元気になるサラダ」(ID: r155514)の簡単バージョンです!

茹でたてのキャベツに、たっぷりの花がつおをたっぷりとのせていただきましょう。

塩昆布ドレッシングのおかげで、ごはんがモリモリ進みます♪


キャベツは、千切りキャベツをした残りの芯側の部分でOK!

軽く塩もみして茹でることで、キャベツの甘みが引き立ちます。

電子レンジで加熱なら、朝ごはんにパパッと作れるくらい簡単に済ませられます♪
(目安として、1000Wで5分加熱、庫内で3分、余熱で蒸らすと、甘みたっぷりに仕上がります。)

茹でたてのほかほかキャベツの上にたっぷりと花がつおをのせれば、花が舞うようにゆらゆら鰹節が揺れる姿が美しいです☆

今回使った鰹節は、愛用している浜弥鰹節さんの

本花けずり

大阪・心斎橋の有名寿司店から「これでなくては!」と重宝されているだけあって、市販品とは別次元の、とっても上品なお味です☆

それもそのはず!
鹿児島の職人さんが丁寧に作り上げた鰹節を、浜弥鰹節の削り職人さんが、まさに「一削入魂」で花びらのように薄く削り上げた、珠玉の一品なのです。

寒くなってくるこの季節、ほっこり味のホットサラダでココロもカラダも温まりましょう。


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。