スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラフル☆生春巻き

2010.11.15
カラフル☆生春巻き

大学時代にハマッた生春巻き☆

久しぶりに作ってみました。

・・・というのも、先日、熊本へ日帰り温泉ドライブに行ったとき・・・

紫生芋

「むらさき山芋」を発見!思わず買ってしまいました♪

はじめて扱う食材なので、調理法がわかりませんでしたが、普通の山芋と同じように調理すればいいそうで・・・

オススメ調理法に、「生春巻き」とありました☆

確かに、生春巻きの皮に鮮やかな紫が透けて見えたら、とってもキレイ!


もうひとつ、使いたかったものが・・・

プロおろし

親友Aoiがはるばる遠方から贈ってくれた「和田商店のプロおろし」!!

(中央のキレイな空のポストカードに温かいメッセージを添えて・・・ありがとう☆Aoi

9月に贈ってくれたのですが、その後すぐに体調を崩してしまったので・・・

遅ればせながら、デビュー♪

この「プロおろし」、Aoiが絶賛するのも納得!!

すごく使いやすい~☆

繊維をつぶさないよう刃の形状と角度が工夫されていて、おろす力加減によって、粗くも細かくもおろせるのです!

底面には滑り止めゴムが付いているので、山芋のように滑りやすくすりおろしにくいものでも、しっかりと安定してすりおろせます♪

大根おろしはもちろん、「すりおろし玉ねぎ」や「すりおろし高野豆腐」など、私はお料理の隠し味にあらゆる食材を「すりおろす」ことが多いので、まさに、この「プロおろし」は宝物です。

しっかりとコシがあり粘りのある「むらさき山芋」のすりおろしには、その濃紫色を生かすために、粗塩少々と白コショウで味付け。

旨みをプラスするために、とろろ昆布と糸かつおを混ぜ込みました☆

紫生芋+昆布と鰹節

このむらさき山芋のすりおろしは、新鮮なうちにすりおろして、残りは小分けにして冷凍保存。

ほかには何を作ろうかな?

「昆布+鰹節」のうまみをプラスした紫山芋は、生春巻きで余った分を納豆に加えていただきました☆

麦ごはんにかけて醤油をひと垂らしして食べても美味しそう!


生春巻きの具には、

●海老(厚みを半分にスライス)
●鶏ささみ(茹で汁はその晩のスープに活用)
●オクラ(今年はこれで最後かな~)
●三つ葉
●サラダ水菜
●炒り卵
●スライスチーズ
●むらさき山芋

タレは2種類用意しました。

★わさび味噌マヨソース★
マヨネーズ 大さじ1
白味噌   大さじ1/2
ねりわさび 小さじ1~2
レモン汁  小さじ2

白味噌を加えるのがポイント!お醤油を加えると色がくすんでしまいますが、白味噌ならわさびマヨネーズの若草色をキレイに保てるうえに、自然の甘みとコクが加わるのでオススメです♪

★ピリ辛コチュジャンソース★
醤油     大さじ1/2
ナンプラー  小さじ2
コチュジャン 小さじ1~2
酢      小さじ1
ごま油    小さじ1
砂糖     少々
白炒りゴマ  大さじ1


生春巻きをはじめて食べた夫も「モチモチして美味しい♪」と喜んでくれました☆

ベトナムでは、棒状に切って揚げた魚なども具材として使うのだそうです。

今回はヘルシーに生&ボイルの食材を包みましたが、揚げたりしっかり味付けした具材もよく合いそうです♪


来週はThanksgiving Day、そして来月はクリスマス・・・

年末年始を控え、何かとイベント続きになりますね!

パーティーの一皿に、色とりどりのカラフル☆生春巻きはいかが?


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。