スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【味の素「アジシオ」で作る簡単・かわいいデコおにぎり】節分に♪赤鬼どんと青鬼どん

2010.11.25
赤鬼どんと青鬼どん

先日、娘と一緒に幼児テレビ番組を観ながら歌っていたら、

「赤鬼と青鬼のタンゴ」

が流れてきました。

この曲、私が子どもの頃から大好きで大好きで、よく姉と一緒に“赤鬼どん”と“青鬼どん”の真似をしながら踊っていたものです♪

いまは娘Kathと歌って踊っています。

『つのつの一本 赤鬼どん
つのつの二本 青鬼どん♪』

を作ってみたくなり、味の素「アジシオ」でデコおにぎりに挑戦してみました☆


【材料】
(A)赤鬼どん
・ごはん
・鮭のほぐし身(アジシオで塩加減を調整!)
・とろろ昆布
・海苔
・ブロッコリーの芯(ツノ1本)
(B)青鬼どん
・ごはん
・青海苔
・炒り卵(卵1個にアジシオとコショウを各少々)
・海苔
・ブロッコリーの芯(ツノ2本)

【作り方】
(A)“赤鬼どん”は、ごはんにアジシオと鮭のほぐし身をまんべんなく混ぜ込み、丸型ににぎる。
とろろ昆布をモジャモジャの髪の毛にし、頭の上に三角に切ったブロッコリーの芯(ツノ)1本を差し込む。
海苔で表情をつける。

(B)“青鬼どん”は、ごはんにアジシオと青海苔をまんべんなく混ぜ込み、俵型ににぎる。
炒り卵を作り、ふわふわとした髪の毛をあらわす。頭の上に三角に切ったブロッコリーの芯(ツノ)2本を差し込む。
海苔で表情をつける。


先日、家族のデコおにぎりを作ったとき、私のくせ毛をKathの好きなとろろ昆布で表現してみたら、モジャモジャ頭が鬼さんのように見えたので・・・

今回も、“赤鬼どん”に活用!

たんぱく質とミネラルのバランスがとれるように、

赤鬼どん:鮭×とろろ昆布
青鬼どん:青海苔×卵

としました。

それぞれ、アジシオで塩加減を調整できるのがうれしいですね☆

市販のふりかけより、幼い娘に向いた減塩おむすびができるので安心です。

Kathが大好きなブロッコリーの芯でツノを表現してみましたが、色合いが皿と同化してあまり目立たず・・・

ニンジンにしたら良かったな、と反省。

表情も・・・“赤鬼どん”が座敷わらしのような顔になってしまいました。


もっと練習して、節分にかわいい“赤鬼どん”と“青鬼どん”を作ってあげたいな♪」


「アジシオ」デコおにぎりコンテスト参加中


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。