スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がめ煮弁当

2010.11.29
がめ煮弁当1

今日のお弁当は「がめ煮(筑前煮)」をメインにしました☆

最近、少し食が細くなっていた夫がペロリと1.5人前くらい食べてくれた、こだわりの「青口煮干」出汁のがめ煮

今日もいっぱい詰めてあげました♪

副菜には、ほうれん草の胡麻和え(ぽん酢であっさりと)、卵焼き、ウィンナー、プチトマト・・・

そして、私が中高生の時に母が作ってくれたお弁当メニューでお気に入りだった

「ブロッコリーのチーズ焼き」

を入れてあげました。

がめ煮弁当2

アルミカップにマヨネーズ2:トマトケチャップ1を入れて混ぜ合わせ、塩茹でしたブロッコリーをのせ、とろけるチーズをトッピングして、オーブントースターでこんがりと焼くだけ!

今日はモッツァレラチーズを使ったので、焦げ目がつきませんでしたが・・・

素朴な味だけど、食べ飽きない、「あと一品」にピッタリのメニューです☆


余談ですが・・・

博多出身ではない私にとっては、なぜ「がめ煮」というのか、とっても気になり、Wikipediaで調べてみました。

●博多の方言「がめくり込む」(「寄せ集める」などの意)が名前の由来と言われる。

●文禄の役の時に、朝鮮に出兵した兵士が当時「どぶがめ」と呼ばれていたスッポンとあり合せの材料を煮込んで食べたのが始まりと言われている。

●亀煮から「がめ煮」と名づけられたと言われている。

●一般的に「筑前煮」は九州地方以外での呼称である。

●また、「筑前煮」の呼称は、公立の学校給食の普及により、郷土料理の一環として、全国に浸透した。

●家庭科の教科書では「鶏肉を炒りつけて煮る」ことから「炒り鶏(いりどり)」という名前で紹介されていることもある。

のだそうです。


少しずつ・・・でも着実に、博多になじんで、

「ごりょんさん」
(=気立てが良く、しっかり者で、身なりが美しく、男を立てることを忘れない博多の女、良妻賢母)

になりたいものです☆


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。