スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麦味噌と「味覇」が決め手☆1歳児も大満足のまろやかキムチ鍋

2010.12.04
まろやかキムチ鍋

●「まろやかキムチ鍋」のレシピ●

【材料】(2~3人分)
豚もも肉(切り落とし)約300g
(A)酒大さじ1
(A)塩・コショウ各少々
高野豆腐2枚
白菜キムチ200g
白菜1/4株
白ネギ1本
ニンジン(型抜き)約5cm分
ブロッコリー1/2株分
(B)水4カップ
(B)中華スープの素(味覇)大さじ1
(B)ニンニク(輪切り)1片
(B)麦味噌大さじ4
(B)みりん大さじ2
(B)コチュジャン大さじ1
ちゃんぽん麺2人前


【作り方】
(1)白菜はざく切り、白ネギは斜め薄切り、ニンジンは型抜き、ブロッコリーは硬めに塩茹でしておく。
(2)ぬるま湯で戻し、何度かお湯を変えて、濁りが出ないまで戻す。強めに絞って水を切り、4つ切りにする。
(3)豚肉は(A)をふりかけて約10分置いておく。
(4)鍋に水4カップを沸かし、中華スープの素(ウェイパー)を溶かし、ニンニク、豚肉、高野豆腐、白菜の芯、ニンジンを入れて煮立たせる。
(5)ほぼ火が通ったら、キムチ、白菜の葉、白ネギを加えてさらに煮込む。
(6)具材に火が通ったら、麦味噌、みりん、コチュジャンを混ぜ合わせたものをスープで溶かしてから鍋に加え、最後にブロッコリーを添え、軽く煮立たせる。
(7)〆にはちゃんぽん麺で「みそキムチラーメン」にしていただく。


昨夜は、さむ~い夜にぴったりの「キムチ鍋」♪

私のモットーは「家族みんなで、おんなじごはんを、いただきます☆」です。

1歳9ヶ月の愛娘Kathと、辛いものが苦手な夫にも満足してもらえるようなキムチ鍋を目指して、試行錯誤してみました。

今回のキムチ鍋・・・その結果は?

見事、娘にも夫にも気に入ってもらえました!!

1歳児なのに、キムチ入り(コチュジャンを溶き入れる前の)スープをゴクゴクと美味しそうに飲みながら、Kathの握りこぶし大の豚もも肉をペロリと2かけも!

ちぎってあげたお肉や大好きなニンジン、ブロッコリー、それにキムチかもしれない白菜、白ネギ、そして〆のちゃんぽん麺もぜ~んぶいっぱい食べてくれました♪

Kathには韓国の熱き血が流れているのではないかと思うくらい、初めてのキムチ味を豪快に食べてくれたので、夫も私も笑いが出てしまいました。

辛いものが苦手だけど、私特製、味噌ベースのキムチ鍋は大好きな夫は、今回もさらに気に入って食べてくれました☆

やっぱり、廣記商行「味覇<ウェイパァー>」は万能選手ですね~♪

今度は、プクリンママさんのようにお野菜たっぷり八宝菜を作ってみたいです!

(学生時代の自炊生活から使いこなしてみたかった「味覇」、ついに我が家の定番調味料へ♪)

「味覇」も然ることながら、今回のキムチ鍋のポイントは、やはり九州ならではの甘めの「麦味噌」!!

最近、味噌メニューが続くのは・・・

私の静養期間(10月)、味噌を消費できなかったため、まだ未開封の味噌の発酵が進んだのか、こ、濃い色に!!

お味噌汁で消費するにはちょっと発酵臭が気になりますが、味噌の味は健在で「もったいない」ので、汁物以外で活躍させています。

他の調味料とあわせれば、まだまだ使える・・・はず。


今回のキムチ鍋、もうひとつのおすすめポイントは、「高野豆腐」!!

お鍋といえば、お豆腐は欠かせない存在ですが、今朝の朝市でお気に入りの銘柄のお豆腐を買出しする予定だったので、昨日は買わず・・・

その代わりに、高野豆腐を足してみました。

キムチ鍋といえば、学生時代に流行ったのでよく友達と鍋を囲んだものですが、そのときに、友人のひとりが「油揚げ」を定番具材として紹介してくれて以来、私もすっかり気に入って油揚げを入れることが多かったのですが、昨日はなぜか、「高野豆腐」が入れてみたくてしょうがなくなりました。

というのも、前述で登場した、毎度お世話になっているプクリンママさんが、先日「大根と高野豆腐の煮物」を作ってらっしゃったときのコメントのやりとりで、高野豆腐の話題に花が咲き・・・

『高野豆腐、スポンジの食感だと不人気になっちゃいますよね(>_<)
祖母が作ってくれていた高野豆腐の煮物が大好きだったので、学生時代に自炊していた頃からひたすら作って研究してきたのですが・・・

◎ぬるま湯で戻し、何度かお湯を変えて、濁りが出ないまで戻す。
◎強めに絞って水を切る。
◎煮汁は出汁+調味料を加えて温めておく。
◎高野豆腐を平らに並べ、表面が出ないように温めた煮汁をたっぷりとかける。
◎強火で煮立たせ、落し蓋をして中弱火で煮含める。

と、ぷるん♪ちゅるん♪じゅわ~♪っとした食感に高野豆腐が仕上がりますよ(^-^)v』

と勝手ながら、私の熱き「高野豆腐論」を語って以来、胃袋が高野豆腐モードに・・・

まろやかなキムチ鍋を作る一方で、ひそかに激辛好きの私としては、あのキムチの辛~い唐辛子パワーを全身で吸収したい!という思いから、

「高野豆腐なら、激辛成分をじゅわ~っと染み込んでくれるかも♪」

なんて企んでしまいました。

高野豆腐は、旨みアップにもつながりますしね☆(と、後付け理論)

夫には向かないかとちょっと心配だった高野豆腐・・・

「あれ?俺、(高野豆腐)何個食べたっけ?」

と、気をつけてくれるほど、意外なことに高野豆腐をパクパク、モリモリと優先的に食べてくれていました!!

やっぱり、「旨味」が夫を食欲旺盛へといざなってくれたのでしょうか?

みなさんも、「お鍋に高野豆腐」、ぜひお試しください♪



↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

mcmaskyさん、おはようございます♪

この記事に2回も私の事紹介してくださり、
ちょっぴり照れくさいです^^

家族みんなで同じものを食べるって大切なことですね!!
辛いもの苦手なご主人にもそして小さい子供も食べれるキムチ鍋いいなぁ~♪
こちらではあまりなじみのない麦味噌気になる~♪
お鍋に高野豆腐ものmcmaskyさんらしい^^v

アイデア・愛情たっぷりキムチ鍋!
私も食べてみたくなりました~☆

Re: タイトルなし

★プクリンママさん★

勝手ながら、プクリンママさんのことをいっぱい紹介しちゃいました♪
夫も、この記事のリンクからプクリンママさんのところに飛んで、バックナンバーをい~っぱいチェックしては、「あ~!これ美味しそう!!」「プクリンママさん、スゴイ☆何でも作ってる!」と感動していました(*^-^*)
きっと、私の読者さんも、“*プクママのお料理ノート*”をチェックしてると思います(笑)
いつも参考にさせてもらっているので、ついつい、宣伝しちゃいました(^-^)v

麦味噌、九州地方で主に食べられているようなので、関東の方には珍しいのですね!
甘みがあってまろやかになるので、お味噌汁だけでなく、いろんなお料理に活用できて重宝しています☆
見かけたら、ぜひ注目してみてくださいね♪

このキムチ鍋で、ついに、娘も唐辛子味デビューさせてしまいました(^^;
麦味噌と、プクリンママさんイチオシの味覇のおかげで、まろやかになりましたが、それでもキムチ鍋を食べる1歳児って珍しいだろうね~!と、夫と大笑いしながら娘に食べさせていました(笑)
こうして笑いながら楽しく食卓を囲むことが、一番のごちそうですね♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。