スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地鎮祭でも「昆布」が大活躍!

2010.12.20
昆布大使のmcmaskyです。

先日、12月12日(日)の大安に、地鎮祭を執り行いました。

来年3月完成のマイホーム♪

神様に工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る儀式として、地鎮祭(じちんさい/とこしづめのまつり)を行なうのだそうです。

地鎮祭当日の午前中は、幸い、見事な快晴に恵まれました☆

地鎮祭1

娘を真ん中に座らせてもらいました。

まだ1歳9ヶ月なので、式中、ウロウロ歩き出すかと思っていたのですが・・・

神職の大きな祝詞の声にビクともせず、約30分間、一人でじっとイスに座って大人しくしていたのでビックリ!!

お供え物に興味津々になって、触りに行ったりしないかなぁと心配していましたが、娘はじっと真正面を見つめて、まるで大人たちを観察しているかのように、冷静に落ち着き払っていたのが、かえって面白かったです☆


お供え物といえば、「昆布」も立派に飾られていました!!

海の幸として、尾頭付きの「めで鯛」、そして、「よろ昆布」☆

山の幸として、バナナ、リンゴ、グレープフルーツなどの果物。

野の幸として、地面の上にできる野菜(キュウリ、ナス、トマト等)と地面の下にできる野菜(大根、ニンジン、サツマイモ等)

が飾られていました。

日本人にとって大切な慶事の時に、「昆布」がいかに重要な役割を果たしているかを感じました☆


無事、地鎮祭が終わり、乾杯の音頭とともに・・・

地鎮祭2

昆布とスルメが配られました!!

娘にも、「はい、どうぞ」☆

初対面のおじさんに差し伸べられたので、ちょっと警戒していました。

昆布が苦手な夫は、神主さんに初穂料を渡すために、固い昆布を急いで飲み込んでしまい・・・

「昆布が喉に刺さった~!」と大慌て!!

ますます、昆布に苦い思い出ができてしまったようです。

昆布大使の私は、しっかり噛んで、美味しく昆布を味わわせていただきました☆


夫や娘が「よろこんぶ」になれるような昆布メニューを作ってあげて、二人にも、地鎮祭の分まで喜んでもらいたいと思います♪


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。