スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/29ことばの記録

2010.12.29
《ことば》《場面》
たべーKathにあげようと思っていたウェハースを求めて、右手のひらを差し出しながら言った。朝、ご機嫌ななめになるほどお腹がすいていた。「それ、食べるー!」と訴えかけているような感じだった。私が「これ、食べる?食べようね!」と言ってお皿に入れている間も、「たべー!」と言っていた。
おめんメルちゃん(人形)の「リンゴ型のお風呂」の蓋を顔に当てて笑いながら遊んでいたので、夫と私が「Kathちゃん、“おめん”みたいにしてかぶってるね。」「おめん、かわいいね!」と話していたら、Kathも「おめん」と言いながら駆け回っていた。



明日から「暴風雪」の予報が入っていたので、今日中に年末最後の買い出しや廃品処分などを済ませて、一日が過ぎていきました。

夫の提案で、思いがけず、お気に入りの「一風堂」で「赤丸かさね味」(博多ラーメン)とチャーハンでランチできたことが、Kathにとっても私にとっても嬉しかったです☆

「我が家の忘年会だね」と言って、車のなかで大笑いしました♪

Kathは、もうすっかり博多ラーメンの虜になっています。

離乳食を卒業した頃から、一風堂のラーメンとチャーハンをこよなく愛しているKathちゃんです。

日常は、私の作る「粗食」的なヘルシーごはんを好き嫌いなく何でも食べてくれているので、外食した時くらいは、Kathの好きなものをしっかり食べさせてあげています☆


さて、今日のことばについて。

今日は、これまでと同じことばを多く話していました。

相変わらず、

「あぴー」

「あべー」

で感情を表現し、私たちに一生懸命「いま、自分は何を求めているか」を訴えかけてくれています。

Kathの声色や視線の動き、ジェスチャーなど、ことば以外の情報から、Kathの要求が読み取れるようになった私は、夫から

「(『サザエさん』の)タイコさんとイクラちゃんみたいだね!」

と驚かれています。

娘に対してはタイコさんのような母親であり、夫に対してはお舟さんのような妻でありたいと願う私です☆


今日の新しいことばとして注目したいのが、「たべー」と「おめん」です。

●「たべー」

最近、少しずつ動詞が増えてきています。

面白いのが、

「あった」
「おちた」
「できた」

など、過去(もしくは完了)をあらわす助動詞「た」が付属しているかたちで言うこと。

また、今日のように、

「たべー」

そして、これまでのように

「あけー」

と、語幹だけを言うこと。

語幹を言っていることばは、今のところ上記の二語です。

これらは、Kathがよく言っている「あべー(BAD)」と似ています。

しかし、

「たべー」の場合は、語頭「た」の/t/が、

「あけー」の場合は、二番目の音「け」の/k/が、

はっきりと発音されています。

これらの動詞を適切な場面で使っているので、おそらく、Kathは私のことばから、動詞(の語幹)を聞き拾い、使い始めているようです。

これから、どんな動詞が増えていくのか、また、それに伴ってどのような助動詞が増えていくのか、大変興味深いです。


●「おめん」

茶目っ気たっぷりのKathは、こんな風にして遊んでいたのです!

おめん

これは、実はメルちゃんの「リンゴのお風呂セット」の蓋です。

りんごのお風呂

「おめん」と笑いながら何度もつぶやき、“おめん”に見立てたリンゴの蓋を顔に当てて、まるでナマハゲのようにノッシノッシと大股で駆け回っていました♪

なお、このリンゴのお風呂は8月のお盆休みに買ってもらったものですが、その当時から今まで、Kathは蓋を頭にかぶって、帽子やヘルメットのようにして遊んでいました。

自分がかぶるだけでなく、夫や私にそ~っと近づいて、背後からかぶせてきたことも!

このときも、私や夫は「ぼうしにしてるね」「ぼうしみたいだね」などと言って来ましたが、まだ、「ぼうし」ということばは出てきていません。

今日の「おめん」ということばは、即時模倣に近いかもしれませんが、明日以降、同じように顔に当てて遊ぶか、また、その時に「おめん」と自発的に言うか(遅延模倣)、非常に気になっています。


このように、Kathは最近・・・1歳9ヶ月を過ぎた頃からでしょうか・・・、

「見立て」の遊び

が増えてきました。

(*「見立て」:ある物の様子から、それとは別のものの様子を見て取ること。「比喩遊び」とも言う。)

恩師が指摘してくださったように、三角のブロックを積み上げて「屋根」に見立てたり、今日のようにリンゴ型の片割れを「おめん」に見立てたり・・・

ブロックの要塞1
(12/15の「Kathのおうち」)

ブロックの要塞2
(12/16の「Kathのおうち」)

「屋根」に見立てた作品は、毎日作ってくれますが、上の二つは、両親が我が家に滞在していたとき、おじいちゃんやおばあちゃんに見守られながら、Kath自身がひとりでデザインし、数分で作り上げたものです。

ちょうど、マイホームの地鎮祭や打ち合わせなどが立て続いていたので、両親はKathに、

「Kathちゃんの新しいおうちをつくってごらん。」

と話しかけながら、ブロックの作品をつくらせていました。

日々、独創的な作品を次々とうみだしているKath。

ブロック遊びが一番好きだったというおとうちゃんに似たのかもしれません☆


これも1歳9ヶ月頃からですが、Kathは帯状になっている絵本(ディック・ブルーナ著 『ブルーナの0歳からの本』)を腰に巻きつけ、「(変身)ベルト」に見立てて遊ぶのが大ブームです!

ベルト

甥っ子からのお下がりでもらった、仮面ライダーの変身ベルト。

円盤を回すと音が鳴るので、Kathも大変気に入っています☆

これと同じように、『ブルーナの0歳からの本』も、自分で広げ、腰にぐるりと巻きつけて、家中をノッシノッシと強そうに歩きます。

正義の味方になったつもりなのかな?

お姫様ではなくて、正義の味方を目指しているのが、なんとも我が子らしいです☆

子育てスタイル参加中♪


ぽちっとクリックよろしくお願いします☆皆様の応援に励まされてます!
「足あとClick」も楽しみにしています♪

blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。