スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/17ことばの記録

2011.01.18
《ことば》《場面》
おちた とったイスに座ってコタツでブロックをしていた時、ブロックが落ちて、「おちた」と言い、拾い上げながら「とった」と言った。その後、しばらく、わざとブロックを落としては拾って「おちた とった」と言うのを繰り返した。
ひろったKathがブロックを落として拾いながら「おちた とった」と言っていたので、私が「Kathちゃん、ブロック落ちたの?拾った、えらいね!」と言った後、Kathも「ひろった」と言った。
こっち洗濯物をたたんでいた時、私が何気なく、たたんだ順に積み重ねていたら、Kathが、タオルはタオルだけ、シャツはシャツだけ、というように、同じ種類、しかも、おとうちゃんの、おかあちゃんの、Kathちゃんの、というように、誰のものかでも仕分けしながら、「こっち こっち」とせわしなく手を動かして並べ替えていた。
てって添い寝してあげていた時、私の親指をギュッと握りながら、Kathの親指で私の親指の爪をグリグリ触り、「てって」と言いながら安心したように笑顔を浮かべ、スヤスヤと眠りに付いた。



昨日は、「おちた」と「とった」(または「ひろった」)の対応を確認するかのように、何度も何度もブロックを落としては拾っていました。

対になる行動、またそれを表す言葉が気になっているようです。

ドアの開け閉めも、何度も何度も繰り返し、1歳9ヶ月頃から「あいた」は言うようになりました。
(指つめの事故をしないように、しっかりと見張り、危ない時には制止しています。)

危ないことは危ないと教えなければいけませんが、子どもの好奇心をまったく削ぎ落とすのも良くないので、いつでも制止できる距離で、そばでしっかりと見守って上げられる時には、多少の「イタズラ」のような行動も見届けてあげています。


Kathをみていて、1歳児とは、こんなにもしっかりしているものなのかと、ある意味予想をはるかに上回るような行動をとるので、いつも驚かされています。

昨日も、私が何気なくたたんで置いていた洗濯物を、Kathなりに、崩さないように気をつけながら、上手に仕分けしてくれました!

私が晩ごはんの準備をしていた時、Kathがお茶をコタツ布団にこぼしてしまった時は、泣いたり、私に訴えかけることなく、スッと立ち上がって引き出しからタオルを取り出し、きちんと引き出しを閉めてから、コタツに向かい、Kathのちっちゃな手で、一生懸命コタツ布団やイスを拭いてくれていました!!

私がいつもしてあげていることを、ちゃ~んと見ていて、「こんなときは、こうする」という“場面と、それに応じた行動”を対応づけて覚えているものなのだと、Kathの様子からみてとれます。


通園バッグ2

昨日から、通園バッグ3点セットを作り始めました。

こちらは、モニターさせてもらっているもの。(なので、後日、完成記事を書きます。)

Kathは、いまは1歳児の乳飲み子とはいえ、来年、3歳になったら翌々月には幼稚園年少さんになります☆

かわいい生地を見つけたので、今のうちに、通園バッグを作ってあげようと思いました。

家事や育児のすきま時間に、ちょこちょこと始めました。

昨日は、Kathがお昼寝している間に、生地裁断と端ミシンに約1時間半、夜、Kathが眠りについた後、夫のワイシャツのアイロンがけのついでに、生地のアイロンがけと折り目付けに約30分、半分くらいの作業ができました。

とっても簡単に作れるキットなので、今日中には仕上げられる・・・かな?


子育てスタイル参加中♪


ぽちっとクリックよろしくお願いします☆皆様の応援に励まされてます!
「足あとClick」も楽しみにしています♪

blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。