スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昆布の旨味が効いてる☆すき焼き

2011.01.23
昆布の旨味が効いてる☆すき焼き


●「昆布の旨味が効いてる☆すき焼き」のレシピ●
【材料】(3人分)
牛薄切り肉300g
牛脂適量
白ネギ2本
白菜1/4株
大根1/3本
人参1/3本
椎茸6枚
しらたき1袋(350g)
焼き豆腐(水切りしておく)1丁(300g)
(A)昆布10cm角1枚
(A)水100cc
(A)酒100cc
(A)みりん100cc
(A)醤油100cc
(A)三温糖(砂糖)大さじ3
溶き卵適宜


【作り方】
(1)前日に割り下を仕込んでおく。鍋に(A)の酒とみりんを入れ、煮切る。水、醤油、砂糖を加え、ひと煮立ちさせたら火を止め冷ます。
(2)固く絞ったふきんで表面を拭いた昆布を(1)に加え、一晩ねかせておく。
(3)材料を切っておく。白ネギは斜め切り、白菜は芯を削ぎ切り、葉をざく切り、大根は半月薄切り、ニンジンは斜め薄切りにする。
(4)椎茸は石突を切り落として表面に十文字に切込みを入れる。しらたきは水から茹でてアク抜きし、食べやすい長さに切る。
(5)豆腐は水切りして、1~1.5cm厚さに切る。牛肉を食べやすい長さに切っておく。
(6)熱したすきやき鍋に牛脂を塗り、牛肉と白ネギを焼く。割り下を半量加え、焼き付ける。(ここで、先に肉をいただくか、取り出しておく。)
(7)大根、人参、白菜と残りの割り下を加え、蓋をして蒸し煮する。
(8)(6)の牛肉と白ネギを戻し入れ、煮えばな(グツグツいい始める前)にいただく。


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪


1/22(土)の晩ごはんです。

この日はマイホームの打ち合わせ、そして、ついに住宅ローンの「つなぎ融資」の契約取り交わしがありました。

「この紙1枚で、4,100万円の価値があるんですよ。」

という、資産管理課の担当者さんの重たいひと言を噛みしめつつ・・・

夫が“ご褒美”としてお取り寄せしてくれた、どど~んとたっぷりの黒毛和牛様をすき焼きにして、しっかりと噛みしめてお祝いしました☆

実は、(普段は牛肉を使った料理が少ないため、あまり口にする機会がないけれど、)牛肉大好きなKathも、牛肉、野菜、しらたき、豆腐、そしてごはんをバランス良く箸でつまんで食べてくれました♪

まずは、私たちが食べている様子をじっと観察して、その後、私たちと同じような食べ方をします。

バランス良く、上品に食べるのも、親から子へしてあげられる“食育”のひとつだと痛感します。


すき焼きの肉は、煮込むというよりも鍋肌に焼き付けるようにします。

火を通し過ぎないように、煮えばなを見極めましょう!

割り下は少なめに加えておき、野菜の水分が加わった状態をみながら、割り下を加えていきます。

割り下を分量よりも多めに作っておけば、調整に便利です。

残った分は煮物に活用できます。

前日に作っておくことで、当日の鍋料理の手際が良くなる上に、割り下に昆布の旨味がしっかりと染み渡り、素朴ですが美味しい“我が家の味”に仕上がります。


記事にするのが遅れましたが、12/29(水)、夫の2010年仕事納めの日も、黒毛和牛くんですき焼きでした。

12/29すき焼き

お、お肉が少ない!

お互い遠慮しながら牛肉をいただき、「牛肉の旨味が染み込んだお野菜」をたっぷりといただきました。

夫は私が作ってあげるまで未経験だったようですが、すき焼きに大根も美味しいです☆


和牛と言えば・・・

我が家のお気に入りは、何と言っても、熊本・阿蘇の「あか牛」!

阿蘇高原でのびのびと育った「あか牛」は、脂肪が少なく、肉質がやわらかくて最高です☆

九州・長崎県五島列島でも、知る人ぞ知る、美味しい牛肉が食べられるらしいので、いつか訪れたいと思っています。


マイホーム準備金、住宅ローン・・・

だけど、やっぱり、グルメは幸せ☆


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。