スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もやしと納豆昆布のエスニック風さっぱり和え

2011.01.25
もやしと納豆昆布のエスニック風さっぱり和え


●「もやしと納豆昆布のエスニック風さっぱり和え」のレシピ●
【材料】(4人分)
もやし300g
納豆昆布ふたつまみ(約8g)
カイワレ大根1パック
(A)寿司酢50cc
(A)しょうゆ大さじ1
(A)ナンプラー大さじ1
(A)レモン汁小さじ2
(A)塩・コショウ各少々
白すりゴマ大さじ5


【作り方】
(1)もやしは耐熱皿に広げ、ラップをふんわりかけて、1,000Wの電子レンジで約4分加熱して蒸す。
(2)カイワレ大根は根元を落として長さを2~3等分に切る。
(3)ボウルに(A)を入れて混ぜ合わせ、納豆昆布と白すりゴマを混ぜる。
(4)(3)のタレに(1)と(2)を加えて全体になじませるように和える。冷蔵庫で30分以上おいて、味がなじんでからいただく。


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪


今夜の晩ごはんの副菜に作りました。

麻婆豆腐に合う副菜を・・・

麻婆豆腐にはたくさん油を使うので、副菜は酢を効かせ、ノンオイルで作りました!

ナンプラーを香らせたちょっぴりエスニックな和え物です。

納豆昆布のネバネバがクセになる美味しさ♪

ゴマをたっぷり効かせるのがオススメです。

寿司酢を活用して、お手軽調理♪

塩分と糖分がバランスよく配合された、昆布の旨味が効いてる寿司酢は、酢飯だけではなく、こうして酢の物(和え物)の調味料として重宝します☆

今回は、辛~い麻婆豆腐の箸休めとして、ナンプラーを効かせてエスニック風味に仕上げました。

納豆昆布(ネバネバした細切り昆布)を加えてさらに旨味がアップします!

低カロリー&安定価格のもやしとカイワレ大根を使って、カラダにもお財布にも優しい一品です☆

節約といえば、もやしをレンジ蒸しした時にお皿に残る水分。

これは、もやしから染み出た旨味たっぷりの“だし汁”なので、捨てるのはもったいないです!

お味噌汁やスープ、煮物のだし汁にプラスしてみてください。

もやしの旨味は、まろやかな深い味わいで、お料理に奥行き感をもたせてくれます☆


さて、納豆昆布ですが・・・

納豆賞品

先日報告した、

「昆布を使った酒の肴レシピ」優秀作品

の受賞賞品を使わせていただきました!!

こんなに様々な種類の昆布をたくさんいただくことができて、“いつまでたっても、自称『昆布大使』”の私はたいへん嬉しいです☆

今回使ってみた「納豆昆布」とは・・・

★粘りのあるとろろ昆布を削る工程の中で生まれる昆布。
★普通のとろろ昆布より厚く細切に削られている。
★その分、昆布の味と食感と歯ごたえがはっきりしているので、そのまま醤油や三杯酢などをかけて食べられる。
★味付けした納豆昆布を熱々のご飯に上に乗せて納豆のように食べても美味しい。
★北海道名産の「松前漬け」や、山形名産の「だし」によく使われる。

のだそうです。

元気パワーが湧いてきそうな、ネバネバ「納豆昆布」!

いろんなお料理に取り入れていきたいと思います。

ちなみに、我が家では私と娘Kathは、このネバネバ「納豆昆布」にすっかり魅了されましたが、「(酸っぱくて)ヌメッとした昆布」によって昆布が苦手になった夫には不向きだったようです。

夫でも美味しく食べられるような昆布料理を目指さなきゃなぁ、と反省。

また、“こっそり”この昆布を仕込んで、夫にも元気パワーを摂取してもらおうと思います♪


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。