スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日で1歳3ヶ月

2010.05.26
Kathは今日で1歳3ヶ月になりました。

いつも26日の節目には、前月齢の1ヶ月間におけるKathの成長を振り返っています。

「この1ヶ月でこんなことができるようになった」「こんなことをしてしまうようになった」
などを顧みたいと思います。



 離乳食を卒業し、大人とほぼ同じものが食べられるようになりました。

今までKath用にやわらかめのごはん(軟飯)を用意していましたが、上下4本ずつ、8本歯が生え揃い、噛む力がついてきたので、大人と同じごはんを食べるようになりました。

お粥の時期から、玄米、雑穀米も食べていましたが、今では普通に炊いた玄米、雑穀米を白米と同様に食べられるようになりました。

子供用のごはん茶碗に7~8分目くらい食べることができます。

おかずも、肉、魚、野菜、豆類・・・生もの以外は何でも好き嫌いなく食べられます。

特に、ニンジンが大好きで、毎日欠かせません。

みじん切りにしたほうれん草も、昼と夜にごはんと一緒に食べています。

なぜか海苔も大好きです。

納豆も1/5~1/4パック(10gぐらい)食べられます。国産中粒納豆が我が家のお気に入り☆

ちなみに、朝ごはんはつぶしたバナナまるごと1本分とヨーグルト大さじ2杯を混ぜたものを食べています。

とにかく、Kathはからだの割によく食べます。

3食、だいたい決まった時間(8時半、12時半、18時半)に食べるので、おやつはほとんど欲しがりません。
その代わり、まだ、「まんま(=母乳)」は欲しがるときにあげています。



 おまるで「しーしー」ができるようになりました。

毎朝、起きたらすぐにおまるに直行して「しーしー」するのが習慣になりました。

おんぶをして降ろした直後や、お散歩から帰ってきてベビーカーから降ろした直後、また、お昼寝から起きた直後にすぐ連れて行くと、だいたい成功します。

「しーしー」してから20~25分後におまるに連れて行って座らせてみるようにしています。
たとえ「しーしー」が出なくても、おまるに慣れること、おまるに向かうことが大事だと思っています。

今日は、お散歩から帰ってきて、ためしにトイレの便座に座らせてみたら、なんと、見事「しーしー」が成功しました!
しかも、私の「しーしー」の呼びかけの声に合わせて、Kathも「りーりー」と、私と同じラの音で歌うようにお話してくれました。

この1ヶ月で、すっかりおまるで「しーしー」が慣れたようです。



 おもちゃを自分で選んで取り出すようになりました。

音の鳴るおもちゃがお気に入りです。

ボタンをポチッと押すのも大好きです。

ニューブロックは、コンテナを自分で開けて、好きな色と形のブロックを選び出し、きちんと蓋を閉めます。

ボールハウスも大好きです。
ボールハウスの中から、好きな色のボールを取り出し、二つのボールをぶつけ合って音を鳴らしたり、ボールを床に転がしたりして遊びます。
私と向かい合って、50cmくらい離れて転がしキャッチボールをして遊びます。
ちなみに、Kathは一度つかんだボールを離しません。

よく観察していると、日によってKathが選び出すブロックやボールに好みの偏りがあるので驚かされます。

絵本も大好きで、本棚の前に行って自分で選ぶようになりました。
触って楽しむタイプの絵本が特にお気に入りです。
『Mama and Me』も大好きで、いつもじっと眺めています。


今日は、なんと初めてニューブロックを組み立てることができました!
しかも、緑色の恐竜の頭と、同じく緑色の工具みたいな形のブロックをくっつけていました。

Kath初作品(ブロック)

偶然の産物とは思うけど、とてもビックリしました!!



 生活リズムが規則正しくなってきました。

今まで、朝はいつも7時半~8時頃起きていましたが、夜寝る時間がいつもマチマチでした。

母子巡回健康相談で、夜21時~夜中2時頃、成長ホルモンが分泌されるとききました。

やはり、脳とからだの発達のためにも早く寝る習慣をつけなければ、と一丸発起しました。

夜21時には部屋を真っ暗にして、添い寝してあげます。

Kathは、はじめはじっとしていても、次第に暗順応して視力が確保されると、ウゴウゴ活動し始めます。

私はまだ見えなくても、Kathは遊びまわり始めます。

1歳児のほうがロドプシン合成の進行が早く、桿体細胞が再び活動し始めるのが早いのだろうか、
それとも、Kathの空間認識、記憶、自己受容感覚の発達のあらわれか・・・
それを明らかにする実験計画とは・・・
などと私が考えながらKathを観察している間に、Kathは自分が納得のいくまで動き回って、ゴロゴロしながら私にくっつき始めると、いつの間にかKathは眠りについています。

まだ、暗くしてから30分~1時間かかりますが、22時までには眠れるようになりました。

夜中、目が覚めることはほとんどなく、9~10時間睡眠が確保できています。

Kathはよく眠る子なので、午前中に30分くらい、午後に1~2時間昼寝をします。

歩けるようになって外で遊べるようになってきたら、疲れて夜早く寝入るようになるかと思います。



 歯磨きの習慣がすっかり身につきました。

Kathは1歳になったとき、上4本、下2本の歯が生えていました。

3食後、私が見守りながらKathに歯ブラシを持たせ、その後私が仕上げ磨きするようにしていました。

かかりつけの歯医者さんに、歯科でのフッ素塗布はまだ早いけど、家で夜寝る前にフッ化化合物入りのフォーム歯磨きで磨くといい、と助言してもらいました。

それ以来、3食後の歯磨きはもちろん、夜はフッ素で歯磨きが習慣になりました。

よく、1歳前後の子どもは歯磨きを嫌がる、ときいていたので心配していましたが、Kathは嫌がるどころか、むしろ歯磨きに興味を持っていて、喜んで磨かせてくれます。

Kathをおんぶして歯磨きすることもあるので、Kathは私の歯磨き姿をじっと見つめていました。

それが功を奏したのかもしれません。

今は、上の歯4本、下の歯4本がしっかりと生えています。

ピンク色の歯茎に、真っ白でつやつやしたかわいい歯がちょこんとのぞいています。

これからも、Kathの健康な歯を守ってあげたいと思います。



 人見知りが少しなおってきました。

Kathは1歳になった頃からものすごく人見知りが激しくなりました。

知らない人と目が合い、話しかけられると、

キャ~!

とものすごく大きな声で泣き出します。

先月、たくさん外出したり、初対面の人に会う機会が多かったので、だいぶ人馴れしてきたのか、今月に入ってからは、叫び声で大泣きすることがなくなりました。



 ますますおしゃべりになって、いろんな声を出すようになりました。

Kathは8ヶ月の頃から「ママ」「パパ」と私たちを呼びかけてくれていました。

ところが、1歳を過ぎた頃から、爆発的におしゃべりし始めたかと思うと、私のことを「ママ」ではなく、
「おかあちゃん」
と呼ぶようになりました。なぜ?

私が実家の母と毎日電話で話しているとき、母に「お母さん」と呼びかけているのを聞いて、Kathは「おかあさん」という言葉を覚えたのかもしれません。
私が頻繁に言っている「おかあさん」が、私自身を指している言葉だと学習したのでしょうか。

思いっきり笑顔で元気に
「おかあちゃん!」
と呼んでくれるKathがとてもかわいいので、つい、
「はぁい、おかあちゃんよ!Kathちゃんのおかあちゃんよ☆」
と私も応答してしまいます。

なので、私のことは「ママ」ではなく、すっかり「おかあちゃん」という呼び方になりました。

ちなみに、夫のことは「パパ」や「パパパ」と呼んだり、「おとうちゃん」とも呼びます。

Kathは本当によくおしゃべりします。
特に、この1歳2ヶ月の1ヶ月の間で飛躍的にことばが増え、連続してことばを発するようになりました。
30分以上もずーっとお話しているときがあります。
ピアノを弾きながら、太鼓をたたきながら、ご機嫌で歌っているときもあります。

眠くなったときは、自分で子守唄も歌います。
私が歌ってあげているのを覚えてきたのかな?

寝言も言うようになりました!
寝入り始め、まだレム睡眠のときなのでしょう。
起きているときと同じように
「まんまんまんま」
「ぬんぬんぬん」
「トゥックトゥックトゥック」(「たかいたかい」のことかな?)
などKath語をお話しています。
この前、
「むにゃむにゃむにゃ」
と言っていたときには、漫画のようで思わずプッと噴き出してしまいました。

また、ことばの種類も増えましたが、いろんな声色で話すようになりました。
鐘が鳴り響くような高い声、狼の遠吠えのような低い声、部屋中に響き渡る大きな声、耳元で囁いてくれる小さな声・・・Kathはいろんな声を出せることが嬉しくてたまらないという感じで、楽しそうにおしゃべりしてます。

調音器官の運動制御を目の当たりにすることができて、本当に興味深いです。



 髪を引っ張るようになってしまいました。

パパやママの髪を引っ張るようになりました。
パパは髪全体を、ママはうなじの髪を引っ張られます。
1歳児といえど、ものすごい力です!とっても痛い!!
Kathが髪を引っ張るときは、単におもしろがっているときもありますが、
「遊んで」
とか
「おんぶから降ろして」
とKathが私たちに何かメッセージを送ろうとしている時が多いと思います。
すぐに叱るのではなく、Kathの手を止めるとともに、目を見てKathのメッセージを受け止めようと努めています。



このように、1歳2ヶ月の1ヶ月間で、Kathはとてつもなく発達しました。
Kathの立派な成長をずっとそばで見守り続けることができて、本当に幸せです。



blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!



スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。