スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶏手羽先と大根の梅じそ煮

2011.02.21
鶏手羽先と大根の梅ジソ煮


●「鶏手羽先と大根の梅じそ煮」のレシピ●
【材料】(4人分)
鶏手羽先12本
(A)酒小さじ2
(A)塩少々
大根1本
生姜、ニンニク各1片
ごま油大さじ1
(A)酒、みりん各大さじ1
(A)梅の漬け汁(シソも含む)大さじ3
(A)砂糖大さじ1と1/2
(A)醤油大さじ1/2
(A)味覇(または鶏がらスープの素)小さじ1
白髪ねぎ、大葉(千切り)各適宜


【作り方】
(1)大根は2cm幅のいちょう切り、生姜は輪切り、ニンニクは芯をとってつぶす。
(2)鶏手羽先に(A)をふっておく。
(3)耐熱皿に(1)の大根を並べ、ふんわりとラップをかけて1,000Wの電子レンジで約4分加熱した後、庫内で数分蒸らす。
(4)熱したフライパン(深型)にごま油を敷き、生姜とニンニクを入れる。香りが立ったら(2)の鶏手羽先を皮目から入れ、中火で両面こんがり焼く。
(5)(4)のフライパンに(3)の大根を加え、ざっと混ぜる。ひたひたまで湯(大根の蒸し汁を含む)を注ぎ、(A)を加えて中弱火で煮込む。
(6)器に盛り、白髪ねぎと大葉を飾って出来上がり。


↓ぽちっとクリックよろしくお願いします!


レシピブログに参加しています♪皆様の応援に励まされています☆
「足あとポチッ!」も楽しみにしています♪


今夜の晩ごはんの主菜です。

母の手作り梅干の漬け汁が余っていたので、調味料として活用しました。

梅の酸味を爽やかに香らせてみました☆

梅の漬け汁の塩分によって、醤油の量は加減してください。

大根の蒸し汁は甘くて美味しいので、煮込み用の水分として活用しましょう!


いよいよ、マイホームへの引越しが約1ヶ月後に迫ってきて・・・

冷蔵庫の調味料や常備品を整理し始めています。

年明けからストックは買い控え、まさに「ありあわせ」で作ってきたので、冷蔵庫や食品庫がだいぶ寂しい状態になってきました。

今日は、梅干の漬け汁を使って煮物にしてみました。

いつも、野菜類を漬けたり南蛮漬けの酢にプラスして再利用してきましたが、はじめて煮物の「調味料」として使ってみました。

梅干と同様、漬け汁も、煮込んでも梅の香りや酸味が残るので、爽やかな仕上がりになります☆

もうすぐ2月25日、かの学問の神様、菅原道真公が延喜3年(903年)の2月25日に大宰府で逝去し、その地(現在の太宰府天満宮)に葬られました。

東風(こち)吹かば 匂ひをこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ

の句を心の中で詠みながら、キッチンで「梅ジソ煮」を作りました。

お散歩の道すがら、咲き誇る梅をKathと一緒に眺め、梅の季節だなぁ、と思い返し、梅の漬け汁を使ってみようと思い立った、という経緯で作ってみた一品です。

残業で遅く帰宅した夫も、「ほっとする味だね」と頬を緩ませながら食べてくれました。

毎年、母が漬けてくれる梅干の漬け汁の活用法が、またひとつ増えました。

私も、新居が落ち着いたら・・・来年くらいから自宅で漬けたいと思います☆


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
「ぽちっ」と応援クリックよろしくお願いします☆
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

mcmaskyさん、おはようございます!

お散歩しながら思いついた梅じそ煮、
爽やかな梅の香りで食欲そそりそう。

旦那・息子が苦手なので
我が家の自家製梅干し、まだたくさん残ってる~
風味づけや隠し味程度なら大丈夫かも。。。
傷みが気になる夏やお弁当にもいいですね♪

Re: タイトルなし

★プクリンママさん★

のどかな郊外に住んでいるので、お散歩道にいろんなお花が咲き始めるのを見ると、「あ~春がもうすぐそこにやってきてるな♪」と感じます^^
梅干は苦手な方も多いですよね~
うちの夫も、得意なほうではないんですよ(^^;
でも、美味しいと食べてくれて安心しました(たいていのものは頑張って食べてくれるので、作り手としてはありがたいです☆)
お弁当にも梅干は重宝しますよね!
プクリンママさんの自家製梅干のレシピが気になります♪
私も、気長に“自家製”保存食づくりをマスターしていこうと思っています(*^-^*)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。